趣味

趣味に関する用語の意味の解説まとめたページです。終活ねっとでは趣味をはじめ終活全般の用語の意味を調べることができます。

用語一覧

  • 季語

    俳句に用いられる特定の季節を表す言葉を指します。また、俳句に限らず連歌(鎌倉~室町時代に大成した和歌、詩)と俳諧(江戸時代を中心とした文学作品)にも用いられる言葉です。季語は、春夏秋

  • 化粧砂利

    植木鉢の中や庭などの装飾に使用する砂利です。お墓では、墓石と外柵の間に敷かれ墓地の美観を高める効果があるようです。土の上に敷くことによって、防犯効果や雑草が生えにくくなる効果が期待で

  • 鏡台

    鏡台とは文字通り、鏡を乗せる台のことを指します。 昔、鏡は非常に高価なものだったので専用の鏡台が制作されました。 普通の鏡を立てかけている台は鏡立てと呼ばれ、鏡台はもっぱら箪笥つきの

  • インターロッキング

    インターロッキングとは、interlockingと書き、かみ合わせるという意味があります。インターロッキングブロックを組み合わせて作る舗装方法の事です。歩道や公園から車道など、そして

  • 花瓶

    花瓶とは、花をいけるための容器(花器)であり、つぼ形や筒型をしたものが主流です。 一般的な花瓶は、置物でありますが、壁にかけて使用するものもあります。これは特に、掛け花瓶と言います。

  • ホルンフェルス

    熱や圧力、化学反応などの影響を受けた岩の一種です。その中でも、マグマの熱で温められた地層の影響を受けて出来た岩のことを「ホルンフェルス」と言います。「固い岩石」という意味でドイツ語の

  • 砕石

    砕石とは、天然の岩石を粉砕機などを使って細かく砕いたものです。 主にコンクリートの原料として使いますが、砂利の代用として使うことも時々あります。 ただし天然の砂利に比べ、角ばった形状

  • 堆積岩

    風化や浸食された礫・砂・泥が堆積し岩石となったものや、生物の死がい・火山噴出物が水底や陸上に堆積し、物理的・科学的変化を受けて固まり、岩石となったものを堆積岩と呼んでいます。岩石の粒

  • 湯呑み

    湯吞みとは湯呑み茶碗の略です。その名の通り、白湯や茶を飲むための茶碗で、陶磁器製で深い円筒形のものから浅めの椀型のものまであります。いずれにしても西洋のティーカップのように取っ手がつ

  • 盆栽

    陶磁器の鉢などで植物を育てながら、植物の美しい姿を求めていく日本の伝統的な芸術です。 また枝ぶりや全体の姿を鑑賞して楽しむ趣味でもありますが、その中でも盆栽は独自の位置を持っており、

  • バース

    バースとは海につくられている船を係留する場所のことをさします。その単位となっています。1バースに船1隻を係留することを想定しつくられており短いもので数十メートル、長いものであると30

  • 一本釣り

    網を使わずに、一本の釣り糸に一本又は複数の釣り針を付けて行う漁法。網の漁具では漁のしづらい深場や岩礁、潮の流れが速い場所での漁に適しています。また、海、河川、湖沼など幅広い水域で生息

  • 骨董

    骨董とは古い美術品や陶器、刀剣などを表す場合が多い。日本では室町時代より古人が使用した物や道具を座右に置く風習が広まり、江戸中期頃よりそれらを骨董と呼ぶようになった。現代においても古

  • 桟橋

    桟橋とは、船が着岸することを主な目的とした陸地から伸びる橋のことで、係留施設の一つです。 通常「橋」は陸地から陸地、あるいは施設から施設に渡らせてあるものですが、桟橋は海または湖など

  • 雑魚

    雑魚とは、価値の低い魚のことです。釣り界ではサイズが小さい魚のことを雑魚と呼びます。 このような魚は売却するとき値段がつかない、ついたとしても通常価格よりとても低く見積もられます。

  • ナブラ

    ナブラは小魚の群れが捕食者に追われて、逃げ場を失い海面にさざ波を立てて逃げている様子のことを指します。そこに魚群がいることの目印になります。飛び出す魚の様子が、海面が沸騰しているよう

  • 演劇

    「演劇」とは観客に対し、演者が舞台上で身振り素振りや台詞などで、物語や人物などを形象化し、観客に演じて見せる芸術のことです。音楽や舞踊、など複数の分野の芸術を強調・調和して表現する総

  • 文鎮

    紙や書類が風などで飛んだり動いたりしないように、重しとしてのせる文房具のこと。 書道の際によく用いられている文鎮は、金属製やガラス製・色ものまで幅広くつくられており、 現在は、同じ意

  • 長潮

    長潮とは、上弦、下弦を1~2日過ぎた頃で干満差が一段と小さくなり、干潮・満潮の変化が緩やかにだらだらと同じ潮の状態が長く続くように見える小潮末期のことです。 海で仕事をしている人たち

  • 額縁

    絵画や書を入れて掲げるための枠。一般的には、物の周囲に装飾用にとりつけた物の総称を言います。 外来語表記では、「フレーム」「パネル」と読んだりもします。 額縁を構成する素材は、木材・

1 2 3
このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと