御詠歌の意味とは?御詠歌とは何か、解説いたします

読み方 ごえいか

御詠歌とは

御詠歌は、仏教の教えを「五・七・五・七・七」の和歌にして一般の人々に伝えられたものです。御詠歌には独特な旋律があり、曲に乗せて唱えられています。広く全国に伝わった御詠歌は、真言宗、浄土宗、曹洞宗、臨済宗などがあり、宗派の中でもそれぞれ「流派」があります。

西国三十三寺真言宗の御詠歌の由来

御詠歌で有名なものに、西国三十三寺を巡りながら唱えられるものがあります。

西国三十三寺の御詠歌は、花山法皇が粉河寺を巡拝され「父母の恵みも深き粉河寺、ほとけの誓いたのもしの身や」と歌を一首残されたことがきっかけになったとされています。

西国三十三寺の御詠歌は、1番から33番と番外が3つあります。

西国三十三所御詠歌の歌詞

1番から10番まで

1番(通称:那智山)
補陀洛(ふだらく)や 岸うつ波は 三熊野(みくまの)の 那智のお山に ひびく滝津瀬(たきつせ)

2番(通称:紀三井寺)
ふるさとを はるばるここに 紀三井寺 花の都も 近くなるらん

3番(通称:粉河寺)
父母(ちちはは)の 恵みも深き 粉河寺 ほとけの誓い たのもしの身や

4番(通称:槙尾寺)
深山路(みやまじ)や 檜原(ひばら)松原 わけゆけば 槇尾寺(まきのおでら)に 駒ぞいさめる

5番(通称:葛井寺)
まいるより 頼みをかくる 葛井寺 花のうてなに 紫の雲

6番(通称:壺阪寺)
岩をたて 水をたたえて 壷阪の 庭のいさごも 浄土なるらん

7番(通称:岡寺)
けさ見れば つゆ岡寺の 庭の苔 さながら瑠璃(るり)の 光なりけり

8番(通称:長谷寺)
いくたびも 参る心は はつせ寺 山もちかいも 深き谷川

9番(通称:南円堂)
春の日は 南円堂に かがやきて 三笠の山に 晴るるうす雲

10番(通称:三室戸寺)
夜もすがら 月を三室戸 わけゆけば 宇治の川瀬に 立つは白波

11番から20番まで

11番(通称:上醍醐)
逆縁(ぎゃくえん)も 洩(もら)さで救う 願(がん)なれば 准胝堂(じゅんていどう)は たのもしきかな

12番(通称:岩間寺)
みなかみは いずくなるらん 岩間寺 岸うつ波は 松風の音

13番(通称:石山寺)
後の世を 願うこころは かろくとも ほとけの誓い おもき石山

14番(通称:三井寺)
いで入るや 波間の月を 三井寺の 鐘のひびきに あくるみずうみ

15番(通称:今熊野)
昔より 立つとも知らぬ 今熊野(いまくまの) ほとけの誓い あらたなりけり

16番(通称:清水寺)
松風の 音羽の滝の 清水(きよみづ)を むすぶ心は 涼しかるらん

17番(通称:六波羅蜜寺)
重くとも 五つの罪は よもあらじ 六波羅堂へ 参る身なれば

18番(通称:六角堂)
わが思う 心のうちは六(むつ)の角かど ただ円(まろ)かれと 祈るなりけり

19番(通称:革堂)
花を見て いまは望みも 革堂(こうどう)の 庭の千草も 盛りなるらん

20番(通称:善峰寺)
野をもすぎ 山路に向かふ 雨の空 善峯よりも 晴るる夕立

21番から30番まで

21番(通称:穴太寺)
かかる世に 生まれあう身の あな憂うやと 思わで頼め 十声とこえ一声ひとこえ

22番(通称:総持寺)
おしなべて 老いも若きも 総持寺の ほとけの誓い 頼まぬはなし

23番(通称:勝尾寺)
重くとも 罪には法(のり)の 勝尾寺(かちおでら) ほとけを頼む 身こそやすけれ

24番(通称:中山寺)
野をもすぎ 里をもゆきて 中山の 寺へ参るは 後(のち)の世のため

25番(通称:清水寺)
あわれみや 普(あまね)き門(かど)の 品々に なにをかなみの ここに清水(きよみず)

26番(通称:一乗寺)
春は花 夏は橘 秋は菊 いつも妙(たへ)なる 法(のり)の華山(はなやま)

27番(通称:書写山)
はるばると のぼれば書写の 山おろし 松のひびきも 御法(みのり)なるらん

28番(通称:成相寺)
波の音 松のひびきも 成相(なりあひ)の 風ふきわたす 天の橋立

29番(通称:松尾寺)
そのかみは 幾世(いくよ)経ぬらん 便りをば 千歳(ちとせ)もここに 松の尾の寺

30番(通称:竹生島)
月も日も 波間に浮かぶ 竹生島 船に宝を 積むここちして

31番から33番までと番外

31番(通称:長命寺)
八千年(やちとせ)や 柳に長き 命寺(いのちでら) 運ぶ歩みの かざしなるらん

32番(通称:観音正寺)
あなとうと 導きたまえ 観音寺 遠き国より 運ぶ歩みを

33番(通称:谷汲山)
世を照らす 仏のしるし ありければ まだともしびも 消えぬなりけり

番外(通称:元慶寺)
極楽は よそにはあらじ わがこころ おなじ蓮(はちす)の へだてやはある

番外(通称:法起院)
待てといわば いともかしこし 花山(はなやま)に しばしと啼(な)かん 鳥の音(ね)もがな

番外(通称:花山院御廟)
有馬富士 ふもとの霧は 海に似て 波かときけば 小野の松風

御詠歌の内容は一般庶民にもわかりやすく、現在の私たちが読んでも内容や雅な雰囲気が伝わります。

関連する記事

  • 百人一首の楽しみ方とルール~豆知識も楽しんでのサムネイル画像

    百人一首の楽しみ方とルール~豆知識も楽しんで

    家族が全員集まった時に楽しめるゲームと言ったら、百人一首ではないでしょうか。今回は、百人一首のルールを説明したいと思います。あまり知られていない遊び方のルールもあるので、今までとは違うルールで変化を楽しんでみませんか?

  • 聖徳太子建立の7つの寺の伝説と歴史を紹介します!のサムネイル画像

    聖徳太子建立の7つの寺の伝説と歴史を紹介します!

    実在したのか伝承上の存在なのか、しばしば論争になる聖徳太子。聖徳太子の時代に日本が仏教を受容したことは確かで、たくさんの寺院を建てたと伝わっています。その中から、七大寺といわれる伝説が色濃く残る寺を紹介します!

  • 神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

    神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

    日本人にとって神社と寺は大変身近な存在で、足を運ぶ機会の多い場所です。どちらも純和風な建物で一見区別がつきにくく、違いをうまく説明できないという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、普段から馴染みの深い神社と寺の違いについて詳しく解説します。

  • 浄願寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能のサムネイル画像

    浄願寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能

    今回終活ねっとでは浄願寺にあるお墓の区画や供養形態をご紹介いたします。さらに浄願寺の特徴やアクセス方法も掲載しております。他にも終活ねっとでは霊園についての詳しい解説記事を公開していますので霊園の比較や無料の資料請求とあわせて参考にしてください。

  • 善龍寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能のサムネイル画像

    善龍寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能

    今回終活ねっとでは善龍寺にあるお墓の区画と供養形態を解説いたします。さらに善龍寺へのアクセスもご紹介いたします。他にも善龍寺の周辺にある霊園についての詳しい解説記事を公開しています。霊園の比較や無料で資料請求もすることができるので参考にしてください。

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

百人一首の楽しみ方とルール~豆知識も楽しんでのサムネイル画像

百人一首の楽しみ方とルール~豆知識も楽しんで

聖徳太子建立の7つの寺の伝説と歴史を紹介します!のサムネイル画像

聖徳太子建立の7つの寺の伝説と歴史を紹介します!

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説のサムネイル画像

神社と寺の違いって?それぞれの定義や参拝方法・建物の違いを解説

浄願寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能のサムネイル画像

浄願寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能

善龍寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能のサムネイル画像

善龍寺の供養形態・価格・アクセス・特徴を紹介!資料請求も可能

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと