お盆休みには長崎旅行がいいかも!定番のイベントや費用相場をご紹介

お盆休みといえば休暇の取りやすい時期となります。次のお盆休みには長崎県へ旅行へでかけてみてはいかがでしょうか。今回は長崎県のおすすめの旅行スポットやイベントとともに、どれくらいの費用がかかるのかについて解説をさせていただきたいと思います。

目次

  1. お盆の長崎旅行について
  2. お盆はいつからいつ?
  3. お盆の長崎旅行にかかる費用の相場は?
  4. お盆の長崎の混み具合は?
  5. お盆の時期の長崎の気候
  6. お盆に長崎旅行をする際の注意点
  7. お盆の長崎でオススメのイベント
  8. 長崎以外のお盆にオススメの観光地
  9. お盆の長崎旅行についてのまとめ

お盆の長崎旅行について

長崎

お盆休みといえば社会人が長期休暇を取得できる時期であり、ご先祖様の供養をするのはもちろんのことですが、この期間をつかって旅行にでかける方も多くいらっしゃいます。
子供さんもちょうど夏休みですし、家族の思い出を作るのにも最適な時期だと言えます。

そんなお盆休みの時期を利用して海外旅行も良いですが、比較的行き帰りも混雑せず、言葉の心配や食べ物の心配もしなくて良い国内旅行はいかがでしょうか。
お盆休みの時期は国内のいたるところで様々なイベントが開催されますので、お盆休みの時期しか経験できないイベントもあるでしょう。

そこで今回終活ねっとでは、お盆休みの時期を利用した長崎県の旅行について解説をさせていただきたいと思います。
長崎といえば九州地方であり、夏に訪れるには暑そうなイメージがあるかもしれませんが、楽しいイベントや観光地がたくさん存在します。

  • お盆休みはいつからか

  • お盆休みに長崎旅行をした場合の費用はどれくらいかかるか

  • お盆休みの時期の長崎の混雑具合

  • お盆休みの時期の長崎の気候

  • お盆休みに長崎へ旅行をする場合の注意点

  • お盆休みの時期の長崎のおすすめのイベントのご紹介

  • お盆休みに長崎以外を旅行する場合のおすすめスポットのご紹介

以上の点を中心に、解説をさせていただきたいと思います。
旅行の醍醐味には「ふらり旅」といって、プランを決めずに思いつきで旅立つというものも存在します。
しかしお盆の時期となりますと、公共交通機関は混雑し、イベント会場や観光スポットに入れない可能性もでてきます。

快適なお盆休みの旅行を実現するには、プランニングが重要となります。
ぜひこの記事を参考に、次回のお盆休みの旅行のプランを練っていただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

お盆はいつからいつ?

困った人々

本題へと進む前に、お盆休みの時期について簡単に解説をさせていただきたいと思います。
2018年ですとお盆休みの時期は、8月13日から8月15日の間でした。
前後の土日を含めるともっと長くなりますし、お盆休みの時期に有給休暇取得の奨励をしている会社もありますから、人によっては1週間程度のお盆休みとなる方もいらっしゃいます。

2019年も8月13日から8月15日がお盆休みの期間になりそうですが、8月10日から8月12日が土日祝となるため、大型連休が簡単に取りやすくなっています。
ぜひこの機会を利用して旅行にでかけてみてくださいね。

以上のとおり、お盆休みの時期は全国共通ですがお盆の供養をする時期というものは地域によって違いが存在します。
新盆と呼ばれる7月13日前後にお盆の供養をやる地域と、旧盆である8月13日前後にお盆の供養をやる地域があります。

このようなお盆の供養の時期についての違いについてもっと詳細に知っていただくために、終活ねっとではお盆の地域の違いについて解説をさせていただいております。
ぜひ下記リンクを参考にしていただければ幸いです。

こちらも読まれています

お盆の時期はいつからいつまで?地域による違いや理由を解説します

お盆の時期は、地域によって様々であることをご存知ですか?新暦を元にする地域もあれば、旧暦を元にする地域もあります。各地域のお盆の特徴を知ることで、供養について改めて見直すきっかけが得られるでしょう。この記事では、お盆の時期の地域ごとの特徴を説明していきます。

お盆の長崎旅行にかかる費用の相場は?

お金

ここから本題である、長崎へのお盆休み旅行について解説をさせていただきたいと思います。
まずは長崎へ旅行に行くのにどれくらいの費用がかかるのか、相場を見ていきましょう。

航空券

飛行機での移動は手軽であり、快適に旅ができるので選択をする方が多い移動手段です。
ここでは主要都市から長崎へ飛行機で行く場合の金額の相場について解説をさせていただきたいと思います。

まずは羽田から長崎へ行く場合です。
羽田から長崎へ全日空、日本航空を利用して旅にでる場合は片道で3万円程度の費用がかかります。
全日空や日本航空の場合は早割が存在しますので、なるべく早めに飛行機の予約をすることで費用を抑えることが可能です。

LCCを利用した場合ですと、片道おおよそ2万円程度が相場のようです。
東京から長崎まで1,200km以上ありますから、移動距離を考えると少し飛行機の費用も高額になってしまう傾向があるようです。

今度は伊丹から長崎へ行く場合です。
伊丹から長崎へ全日空、日本航空を利用して旅に出る場合は片道で3万円は必要となるようです。
羽田から長崎へ行く場合と費用に変わりがないのには驚きますが、早割を使えば2万円、時間帯によりは1万円程度となりますので、ぜひ早割を使用しましょう。

LCCを使用する場合、伊丹から長崎への発着はなく、関西国際空港を使用することになります。
関空発長崎行きのLCCは片道1万5千円程度となります。
手荷物を預ける場合はもっと費用がかかりますが、2万円程度を予算とすれば十分でしょう。

以上のことから、長崎へお盆休みに旅行をする際は、早割を使用してお得に飛行機を予約するかLCCを使用すると費用を抑えることができそうです。
LCCの場合でも早めに予約が埋まっていきますから、予約が可能となる時期に予約をするくらいの早期行動をおすすめします。

宿泊料金

宿泊料金に関して、長崎の相場はどうなっているのでしょうか。
高級ホテル、ビジネスホテル、ゲストハウスの3種類にわけて、どれくらいの費用がかかるのか見ていきたいと思います。

まず高級ホテルの部類に入る「セトレ グラバーズハウス長崎」ですと、お盆休みなどの繁忙期は1泊5万円程度はかかります。
朝食のみつきでこの価格となりますが、長崎にいるのにヨーロッパにいるような気分にさせてくれるセトレ グラバーズハウス長崎はおすすめのホテルとなっています。

対して全室露天風呂付の「小浜温泉 プライベート・スパ・ホテル≪オレンジ・ベイ≫」は繁忙期でも1泊3万円程度で宿泊が可能となっています。
金額がお手軽な分予約が埋まるのも早く、お正月の予約なども4か月前から埋まっている状態ですので、お盆休みに利用する場合は早々に予約をしておく必要があるでしょう。

リッチモンドホテルやドーミーインホテルなどの全国チェーンのビジネスホテルであれば、早期に予約をすることで素泊まり1万円から宿泊をすることができます。
泊まるところに高級さを求めないのであれば、ビジネスホテルを選ぶことで旅の費用を抑えることができそうです。

最近話題のゲストハウスの場合ですと、「カサブランカゲストハウス」「ホステルカサノダ」が1泊5千円程度となっています。
どちらも長崎市内にあるホテルですので、利便性はばっちりであると言えるでしょう。

以上のことから長崎の宿泊に関しては、そう高い金額になりそうにないことがお分かりいただけたかと思います。
ニーズにあった高級ホテルも選べますし、とことん宿泊費を抑えるゲストハウスも選べますので、あなたにあった長崎旅行を実現することができることでしょう。

ツアーの場合

意外と航空券や宿泊施設の予約は面倒なものです。
そんな面倒さを解消してくれるのがツアー旅行です。
ツアー旅行なら移動費、宿泊費、メジャーな観光スポットへの移動まですべてお任せすることが可能です。

そんな長崎へツアー旅行を使っていく場合、どのくらいの金額がかかるのでしょうか。
東京発と仮定して、ツアー料金の解説をさせていただきたいと思います。
すべて自由時間にすることができるフリープランでのご紹介です。

まず2泊3日の場合、6万円程度が相場のようです。
九州内の空港でフライトの選択ができ、ホテルも複数の選択肢から選ぶことができますので、かなりお得に旅行をすることが可能なのではないでしょうか。

続いて3泊4日の場合です。
3泊4日の場合でも6万円から6万5千円の範囲内でツアー旅行を楽しむことができるようです。
このことからわかるように、連泊するのであればツアー旅行で宿泊をしたほうが格安で旅行をすることができます。

最近のツアー旅行はプランが決められているものもあれば、決められていないものもあります。
自分で航空券から宿泊施設までプランを組むよりも、フリープランのツアーを使用したほうが安く仕上がることもありますので、ツアー旅行の使用も視野にいれておくとよいでしょう。

生活費

長崎で旅行を楽しむために必要な費用は、食費に観光費、そして移動費ですよね。
長崎の場合は公共交通機関で移動するよりも、レンタカーを使用したほうが小回りもききますし、遠い観光地へ行くのも簡単なのでおすすめです。

レンタカーはお盆休みの期間は割高となりますが、1日あたり1万円程度あれば借りることができます。
車種によって金額が変わりますので、旅行に行く人数に応じた車種を選択しましょう。

食費に関してはご当地グルメを食べるといったことをした場合は高額になることも考えられますが、基本的には日本国内で物価も同じですので高額になる心配はありません。
長崎名物である佐世保バーガーやちゃんぽん、皿うどんに関しても2千円あればおつりが返ってくるくらいの価格設定になっています。

以上のことから長崎旅行に必要な生活費は、移動費が多くかかると思っておきましょう。
また、食事に関して贅沢をしたいと考えている場合は、普段の食費よりも多めに持っていくことをおすすめします。

おおよその費用

上記の費用内訳から、おおよそ長崎への旅行には10万円以上もっておくと十分な観光と食事ができることが分かります。
もっと詳細に見ていきましょう。

まずツアー3泊4日で6万円程度の費用がかかります。
航空券、宿泊費、朝食代がここに含まれていますから、食費を1日5千円、細かい移動費を5千円として3日間で3万円となり、ここにお土産代も含めても10万円でまかなうことが可能です。

ツアー以外で行った場合、LCC使用で航空券が往復4万円、宿泊費が3泊で3万円で7万円は最低でも必要となります。
それでもやはり合計12万円もあれば十分贅沢な旅行を楽しむことができるでしょう。

旅行において重きを置くところは人によって違います。
食事で贅沢をしたい人、宿泊施設を豪華にしたい人、移動手段を快適なものにしたい人、といった風にそれぞれです。

すべてを贅沢にしていては高額になってしまいますが、どこかを抑えて、どこかを奮発することでとても楽しい長崎旅行をすることができるでしょう。

お盆の長崎の混み具合は?

困った人々

お盆休みはほとんど全国共通です。
そうなれば旅行に出かける人も多く、もしかしたら旅先が混雑している可能性もあります。
お盆休みの長崎県は混雑するのでしょうか。

お盆の期間はそこまで混まない

お盆休みだからといって、長崎県内が大混雑するということはないようです。
しかし通常の土日などと比較したら、観光客や帰省してきた人で混雑します。
東京や大阪の混雑を知っている方であれば、あまり混雑しているなぁという印象は受けることがないでしょう。

しかしそれでも土地勘のない人たちが集まれば、どうしても交通の便が悪くなったり、観光地で人の流れが悪くなるものです。
あまり長崎は混雑しないと分かっていても、時間に余裕を持って行動をしておくと焦ることにならないのでおすすめですよ。

長崎市の中心地は渋滞する可能性も

長崎県は車社会です。
公共交通機関よりも車移動を選ぶ方が多いので、必然と車の数が多くなります。
普段から通勤ラッシュなどで渋滞が発生していますから、お盆の時期になると余計に混雑して渋滞することが予想されます。

恐らく旅行に行った際も、便利なレンタカーを使用することがあるでしょう。
慣れない土地での運転は慎重になり、そのせいで車の流れが悪くなります。
そういった方が他にもいらっしゃるので渋滞が発生しやすくなるというわけです。

安全運転は悪いことではありませんので、十分に運転に気を配りながら時間に余裕を持ったスケジュールで旅行を楽しみましょう。

お盆の時期の長崎の気候

長崎

お盆休みの時期の長崎の気候はどのようになっているのでしょうか。
気候が分かっていれば服装も決めやすいものです。
長崎市内の気温について解説をさせていただきたいと思います。

気温はどれぐらい?

長崎市の8月の平均気温ですが、最高気温が32度、最低気温が25度となっています。
やはり九州地方に位置していることから、気温は高いと思っておいて良いようです。
そして最低気温もかなり高いですから、寒さの心配をする必要はありません。

基本的に南の地方の太陽の照り付けは強いです。
気温以上に暑さを感じることになる可能性もありますから、熱中症や日射病には十分に気を付けておきたいところです。

帽子や日傘を用いながら、しっかりと水分補給をし、時には塩分もとりながら旅行を進めるようにしましょう。

オススメの服装

長崎旅行へのおすすめの服装ですが、半そで半ズボンやスカートで問題ありません
確実に暑いでしょうから、涼しい服装でお出かけすることをおすすめします。
また8月はあまり雨も降りませんから、折りたたみ傘程度の備えをしておくと良いでしょう。

ただし、建物内は冷房が効いているせいで建物の外と中の寒暖差が激しい可能性があります。
そうなると建物内で寒い思いをするかもしれませんので、レーヨン素材などの薄手のカーディガンや羽織ものがあると安心ですね。

足元は歩きやすいヒールの低い靴をおすすめします。
観光地では歩きまわることが予想されますから、ヒールが高い靴であったりサンダルを履いていたりすると靴ずれや疲労の原因となってしまいます。

お盆に長崎旅行をする際の注意点

長崎

ここでは長崎県へ旅行にでかける際に、気を付けておきたいことを解説させていただきたいと思います。
ここでの注意点は長崎県への旅行に限った注意点ではなく、どんな旅行に応用が利く注意点ですのでぜひ覚えておいていただければと思います。

観光地を回るルートを予め決めておく

旅番組などでルートを決めず、その場の気分で観光地をまわるというものがあります。
気楽で気負わずに済むので大変楽なのですが、あれは観光シーズン以外の時期だからできるものでもあります。

お盆などの混雑する時期にルートも決めずに観光をはじめてしまうと、思わぬ渋滞やトラブルに巻き込まれて観光ができなかった、という事態にも陥りかねません。
混雑する時期の旅行では、必ず観光するルートを決めておきましょう。

さらに注意点として、1日にまわる観光地を詰め込み過ぎないことと、余裕をもったプランの作成をするというものも挙げられます。
詰め込み過ぎたプランはゆっくり観光をすることもできませんし、何か問題が発生したときにし以降のプランが全てずれてしまいます。

余裕のあるプランをつくっておけば、ゆっくり観光したいという気持ちになった時にも応用が利きますし、トラブルに見舞われたときも焦らずに済みます。
タイトなルートやプランにはしないほうが無難であると言えます。

観光地のルートを決めるときから旅行ははじまっているようなものです。
ぜひ楽しみながら、長崎の観光地を探してみてくださいね。

イベントの日にちを早めから確認する

お盆の時期にはたくさんのイベントが催されます。
いつ開催されるのかを知っておかないと、旅行の時期を合わせることができません。
大体例年開催されるイベントがほとんどですから、前年はいつ頃開催されていたのかを調査しておくと良いでしょう。

また残念なことにイベントが中止もしくは延期となることもあります。
特に夏は台風などの影響がある時期です。
こういった場合も想定して、行くつもりのあるイベントのホームページなどで日程の確認を細かく行っておくと良いでしょう。

お盆の長崎でオススメのイベント

長崎

お盆の時期におすすめしたい長崎のイベントについて解説をさせていただきたいと思います。
長崎にお盆の時期に旅行を行くなら外せないイベントばかりですよ。

精霊流し

精霊流しは毎年8月15日のお盆の時期に開催されています。
そもそも精霊流しとは長崎を中心とした九州地方に残る伝統行事であり、川に亡くなった人の鎮魂ノ気持ちをこめて作った船を流します。

長崎市内に限らず長崎県内で行われますので、長崎市に行かなくても見物することができます。
灯籠流しと似ているなぁと思われるかもしれませんが、精霊流しをするときは派手な爆竹を鳴らすので、長崎に行かないとできない体験をぜひしてみてくださいね。

ハウステンボス・スペシャルテーマ花火

ハウステンボス・スペシャルテーマ花火は、長崎県佐世保市にあるハウステンボスで行われる花火大会のことを言います。
やはり夏といえば花火ですよね。

普通花火大会といいますと一夏に一度というイメージがありますが、ハウステンボスのスペシャルテーマ花火は違います。
2018年ですと2週にわたって花火大会が行われました。

2週もあれば旅行の時期に合わせることもできそうですね。
ちなみに2018年は8月14日と18日に行われました。
両日とも有名アーティストとコラボした花火大会となっていましたので、熱い夏を過ごすことができるでしょう。

ただしコラボしただけで直接アーティストが来場しているわけではありませんので注意が必要です。
昼間はハウステンボスで遊びながら、夜は花火を楽しむというお盆の楽しみ方はいかがでしょうか。

アメリカンフェスティバルinSASEBO

こちらも長崎県佐世保市で開催されておりますイベントとなっており、2018年は8月25日、26日に開催されました。
お盆の時期とは外れていますので、お盆休みをずらして取らないといけない人や1泊2日程度の旅行の方向けのイベントと言えますね。

こちらはかなりアクティブなイベントとなっており、主に開催されるのがダンスバトルとなっています。
それ以外にもフットサルができるということなので、スポーツ好きの方におすすめしたいイベントとなっています。

最終日の夜には花火を楽しむことができます。
ご当地グルメである佐世保バーガーの早食い大会も催され、会場内で佐世保バーガーを食べることも可能ですから、ぜひご当地グルメを堪能してみてくださいね。

長崎以外のお盆にオススメの観光地

人々

最後に長崎以外でおすすめのお盆の時期の観光スポットをご紹介させていただきたいと思います。

国内

まずは国内からのご紹介です。

石川県・金沢駅周辺

石川県金沢市の金沢駅は新幹線が停まる駅ということで、都内からアクセス良好で人気の観光地となっています。
実際駅周辺の観光地化が進んでおり、駅周辺のみでも十分金沢を堪能することができます。

金沢といえば兼六園や21世紀美術館ですよね。
この2つの観光スポットにいくためにも金沢駅は最適な位置にあります。
ぜひ金沢駅周辺を拠点に、石川県の旅行を楽しんでみてくださいね。

三重県・志摩地中海村

国外に旅行に出かけたいけれどそこまで休みが取れない、というときにおすすめなのが三重県にある志摩地中海村です。
村、と銘打っていますがリゾート施設です。

三重県ではありますが、まるで地中海にいるような雰囲気を楽しめるのが特徴となっています。
特に建物の外観はヨーロッパの街並みのようで、非日常感を味わうには十分の出来となっています。
手軽に海外感を感じたいという方はぜひ、志摩地中海村に足を運んでみてください。

国外

続いて国外のおすすめ観光地です。
海外旅行ができるくらいの長期休暇が取れる方におすすめです。

ロシア・ウラジオストク

ロシアは日本から行くことのできる最短距離にあるヨーロッパ地方の国です。
ですから手軽にヨーロッパ旅行を楽しみたいなら、ウラジオストクがおすすめというわけです。

ロシアといえばとにかく寒いイメージがありますが、ウラジオストクの8月の最高平均気温は25度、最低平均気温は18度となっており、大変過ごしやすい気候となっています。
避暑として旅行をするのも良いかもしれませんね。

ウラジオストクは博物館や美術館が多くあるので、知的な夏を過ごしてみてはいかがでしょうか。

マルタ島

マルタ島は正真正銘の地中海に浮かぶ島であり、正式名称をマルタ共和国といいます。
絵に描いたような青い海に白い壁の建物が並ぶマルタ島では、最高のバカンスを楽しむことができるでしょう。

美しい海や街並だけでなく、世界遺産や古代遺跡が残ることで有名なマルタ島なので、遺跡好きな人にもおすすめできる島です。
比較的夏でも過ごしやすい気候なので、お盆の時期でも快適に過ごせるでしょう。

難点なのは少し遠いところでしょうか。
日本から行くとなると飛行機の乗り換えが必要になったり、半日以上のフライト時間が必要です。
ゆっくり観光をしたいとお考えなら、長期休暇が取れるときに旅行をすると良いですね。

終活ねっとでは、お盆休みにおすすめの国内外の旅行先をたくさんご紹介しています。
もっと旅行先について知りたい方は、下記リンクをご参考になさってみてください。

こちらも読まれています

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

GWの次にやって来る長期休暇のお盆休み!この機会に行ってみたかった場所へ足を運んでみてはいかがでしょうか?国内の人気の旅行先やおすすめの海外旅行先、また、混雑するお盆休みの意外な穴場スポットまで、旅行計画を立てたくなる場所をご紹介します。

お盆の長崎旅行についてのまとめ

人々

いかがでしたでしょうか。
長崎県は国内の中でもかなり南の方に位置しますから、都内に住んでいる方にとっては遠出となり旅行気分が高まる地域とも言えます。

国内の旅行でしたら言葉の心配や交通の心配もあまりいりませんから、ぜひ来年のお盆休みの旅行先の候補に長崎県を入れてみてはいかがでしょうか。
ここで総括です。

  • お盆休みは大体8月13日から15日くらいの期間であり、人によっては土日や有給休暇を使用して大型連休とすることがある

  • 長崎県への旅行は最低でも10万円の予算があれば十分に楽しむことができる

  • お盆休みの時期の長崎県は混雑はするが、そこで大きな混雑はしない
    しかし車の渋滞は発生しやすい

  • 長崎県の8月はとても暑いことが予想されるので涼しい服装で、日射病や熱中症対策を取ることが必要である

  • 旅行をする際は余裕を持ったプランを立て、あらかじめ観光ルートを決めておくとスムーズな旅ができる

終活ねっとでは、宗派別にお盆の迎え方のご紹介も行っております。
お盆の迎え方について知りたい方は、ぜひ下記リンクをご参考になさってみてください。
最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆の迎え方を宗派ごとにご紹介!送り方も合わせて解説します!

古来から日本にある習慣としてのお盆ですが、迎え方や送り方の細かいしきたりについて知らない方は多いのではないのでしょうか。準備するものや宗派によっての違いなどお盆の迎え方をこちらではご紹介します。マナーやしきたりを押さえてお盆を迎えましょう。

「お盆・長崎」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・長崎」についてさらに知りたい方へ

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介のサムネイル画像

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

お盆におすすめの海外旅行先は?金額相場や安くいける国をご紹介!のサムネイル画像

お盆におすすめの海外旅行先は?金額相場や安くいける国をご紹介!

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介しますのサムネイル画像

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介します

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介しますのサムネイル画像

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介します

お盆の時期の穴場旅行スポットとは?国内から海外までご紹介します!のサムネイル画像

お盆の時期の穴場旅行スポットとは?国内から海外までご紹介します!

お盆には京都に行きましょう!オススメのイベントや注意点をご紹介!のサムネイル画像

お盆には京都に行きましょう!オススメのイベントや注意点をご紹介!

お盆に安く韓国旅行へ行くには?おすすめの観光スポットもご紹介のサムネイル画像

お盆に安く韓国旅行へ行くには?おすすめの観光スポットもご紹介

お盆の海外旅行は安い?高い?金額相場や穴場の旅行先までご紹介!のサムネイル画像

お盆の海外旅行は安い?高い?金額相場や穴場の旅行先までご紹介!

お盆のツアーをご紹介!おすすめのツアーから注意点まで解説します!のサムネイル画像

お盆のツアーをご紹介!おすすめのツアーから注意点まで解説します!

お盆には何をする?おすすめの過ごし方や旅行先をご紹介します!のサムネイル画像

お盆には何をする?おすすめの過ごし方や旅行先をご紹介します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・長崎」についてさらに知りたい方へ

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介のサムネイル画像

お盆休みどこに行く?国内外の人気のおすすめ旅行先をご紹介

お盆におすすめの海外旅行先は?金額相場や安くいける国をご紹介!のサムネイル画像

お盆におすすめの海外旅行先は?金額相場や安くいける国をご紹介!

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介しますのサムネイル画像

お盆のひとり旅特集!国内から海外までオススメの場所をご紹介します

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介しますのサムネイル画像

お盆休みの国内旅行はどこがオススメ?定番から穴場までご紹介します

お盆の時期の穴場旅行スポットとは?国内から海外までご紹介します!のサムネイル画像

お盆の時期の穴場旅行スポットとは?国内から海外までご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと