お寺での法事について解説!お供え物や法事までの流れも紹介!

お寺での法事について解説!お供え物や法事までの流れも紹介!

私たちはご先祖様を偲び供養するために葬儀や回忌供養などの法事を節目ごとに行います。法事の会場といえばご自宅で行う場合もあればお寺で行う場合もあるでしょう。お寺で行う場合の準備や作法についてをご紹介します。

最終更新日: 2020年09月09日

お寺で法事をする場合について

葬儀

先祖供養を重んじる私たち日本人はお盆やお彼岸、年末年始などのお墓参りの時期や、故人の亡くなった後の節目(四十九日法要や一周忌法要など)に法事を行います。
ご家庭によってはご自宅で行う場合もあれば、菩提寺となっているお寺さんで行うという場合もあるでしょう。

もし、お寺で法事を行うということになれば、ご自宅で法事を行う場合とは別にさまざまな準備や作法が必要となってきます。
どちらで法事を行う場合にしても、その準備すべきことやあらかじめ知っておくべき作法が多いために、法事の準備に対して煩わしい気持ちになる方もいるのではないでしょうか?

そこで今回「終活ねっと」では、お寺で法事を行う際に必要となる準備や知っておくべき作法についてご紹介いたします。

  • 法事を行うのはいつなのか?

  • お寺で法事を行う際にはどのような準備が必要なのか?

  • お寺で法事を行う際に必要な費用やお布施はいくら?

  • お寺で法事を行う際の服装とは?

今度お寺で法事を催す予定のある方や準備の仕方で戸惑っている方向けにわかりやすくまとめてありますので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

法事はいつ行う?

困った人々

最初に、私たちが法事を行うべき節目について簡単に見ていきましょう。
大きく分けると、忌日法要や回忌法要が挙げられます。

忌日(きにち)法要とは、亡くなった方の葬儀が終わってから四十九日法要までの間、初七日法要から7日ごとに行われる法事を指します。
近年では、初七日法要を故人の葬儀と同日に行うことや、初七日法要から四十九日法要の間にある忌日法要を省略することも多くあります。

それに対して、回忌法要とは、故人が亡くなった後の決まった年の故人の命日に行う法事のことを指します。
代表的なものとして、一周忌や三回忌(二年後)、七回忌(七年後)、十三回忌(十二年後)などがあります。
また、宗派によって異なりますが、三十三回忌や五十回忌を弔い上げにする場合が多いです。
ご自宅やお寺において法要を行い、その後お墓参りや会食をするのが一般的です。

また、曹洞宗や日蓮宗、浄土宗などといったほとんどの宗派の場合、塔婆供養(お墓の周囲に卒塔婆を立てて冥福を祈ること)も行われます。

お寺で法事を行うまでの流れ

仏壇

ここまで、菩提寺についてと法事を行う時期についてご説明してきました。
続いて、実際にお寺で法事を行うまでの流れについて解説していきます。
お寺での法事を考えている場合は、参考にしていただけると幸いです。

日付を決める

忌日法要や回忌法要など基本的に日付は決まっています
しかし、遠方な場合や平日で集まるのが難しい場合は別日を定めます。

電話などでお寺に連絡をする

日付が決まったらお寺へ連絡をいれます。

その際、お祭りなどの忙しい時間に連絡をいれないように注意します。
時期や曜日によっては、お坊さんの予定が埋まってしまう場合もあります。
およそ1ヶ月から2ヶ月前には連絡をするようにするのがいいとされています。

お供えなどの確認をする

本堂用のお花やろうそく・線香の用意について確認します。
施主らお寺に持参する場合や、お寺が注文した上で実費を負担する場合などがあります。
電話で連絡した時などにあわせて確認しておくことが必要です。

施主がお寺での法事の際に準備するもの

葬儀

お寺は故人のご自宅とともに法事がよく行われる場所といえます。
ただし、ご自宅の場合と違って本堂などを借りて行うため、きちんとマナーを守ることが大切です。

まず、ここではお寺での法事で準備すべきものについてご紹介いたします。
あくまで一例ですので、ご不明点や不安な点に関しましては年長者に聞くなどの方が確実です。

お供え

お供え物のにのしをつける場合、表書きは御仏前(四十九日前は御霊前)や御供物などが一般的です。
ただし御霊前については、宗派によっては使うことができない場合もありますので注意しましょう。

供花を選ぶ際にはいくつか注意点があります。
故人が好きだった花をお供えする、花屋に「法事でお供えする」と伝えて準備してもらうのが一般的です。
四十九日以前の場合は、白い花をお供えします。
棘のある花や匂いの強い花は避けるべきとされています。

お菓子

故人が生前好んでいたお菓子があればそれをお供えするのが良いとされています。
このほかお菓子を選ぶ時のポイントとして、個別包装してあるものであることや長持ちするものであること、1箱の中の個数が多めであることなどが挙げられます。

果物

故人が生前好んでいた果物や季節の果物をお供えするのが良いとされています。
青果店などの専門店や通販などでかご盛りを注文することもできますが、スーパーによってはのしをつけてもらうこともできます。

数珠

僧侶の方の読経が終わった節目や焼香を行う際などでは必ずといって良いほど使いますので、忘れないように持参しましょう。

なお、数珠には大きく分けて、108個の珠からなる正式なものと27個の珠からなる略式のものとがあります。
しかし、日頃から数珠の扱いに慣れていない場合は略式のものでも問題ないととされています。

位牌

故人の位牌は、本堂に設置された祭壇の一番上に安置される場合がほとんどです。

ただし、浄土真宗本願寺派や浄土真宗大谷派では位牌は持参しなくても良いとされています。
浄土真宗で法事とは故人の供養のためというよりも、仏様との縁に感謝し、仏様の教えに触れるためのひと時であるとされているためです。


「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

遺影

位牌とともに故人の遺影もまた、祭壇の一番上に安置されることが一般的です。
お通夜や告別式で安置したものをそのまま使うという形で特に問題はありません。

なお、遺影についても浄土真宗では用意しなくても良いとされています。
先述したように浄土真宗での葬儀は、あくまで故人の供養が目的ではないためです。

本堂用の生花

供花とは別に、法事の会場となる本堂に設置する生花も用意すべきものの1つに数えられます。
先に紹介したように、お寺と連絡をとる段階などで準備について確認する必要があります。

親族側で本堂用の生花を依頼する手順としては、まずお花屋さんに依頼したうえで、お寺での法事で使うことを伝えましょう。
また、お寺側にもお花を本堂に飾る旨を確認したほうが、準備がよりスムーズに進むため欠かせません。
この手続きを通じてお花屋さんがお寺の方に直接送って、本堂に飾られることになります。

お寺側がお花を用意してくれることもありますが、この場合も喪家の方で実費負担が必要な場合、お布施と合わせて用意することが大切です。
お寺と連絡をとる中で、どのようにすればいいのかをしっかり確認することが必要です。

お墓参りの用意

菩提寺での法事の際には、寺院の敷地にある故人のお墓へのお参りも行われる場合が多いです。

この場合は、お墓参りができるようにお花やお線香、ろうそく、お菓子、果物・野菜などのお供え物も忘れずに用意しましょう。
もちろん、故人が生前好んでいたものであればなお良いです。

基本的な手順として、お墓の掃除・お供え・読経・お参りという順番になります。
お参りの際には、お線香をお供えした後、頭が墓石よりも下の高さになるようにお辞儀して手を合わせるのが作法です。
特にお線香をお供えする際には子供や赤ちゃんがやけどしないように気を付けましょう。

お墓参りについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

費用などの必要なお金

一口にかかるお金と言っても、お布施や御膳料にわかれています。
それぞれについて相場などを解説します。

お布施

法事を行う際に僧侶の方の読経は欠かせないため、謝礼(お礼)の意味を持つお寺へのお金であるお布施がまず大事です。
お布施の相場は、忌日法要や四十九日法要、一周忌法要で3万円から5万円、三周忌法要以降の回忌法要で1万円から5万円が一般的とされています。

ちなみに、お布施を用意する際には、普通の黒い墨を使って白無地の封筒に「御布施(お布施)」と表書きで記し、その下には施主や喪家の名前を書きましょう。
封筒の中には郵便番号欄などが印字されている場合もありますが、逆に僧侶の方があまり良い顔をしないため避けるべきです。

なお、僧侶の方に遠方から来ていただいたことへのお礼としてお渡しするお車代(普通であれば5千円から1万円が相場)は、法事をお寺で行うため必要ありません

御席料(会場費)

お寺で法事を行うということは、お寺の施設を借りるということになります。
このため、本堂を使用するための費用である御席料(場所代)の支払いも重要です。

御席料の料金は、3千円から2万円が一般的な相場とされています。
ちなみに、お寺にある座布団を使用する費用も御席料に含まれますのでご安心ください。

なお、お寺の本堂を借りる際の頼み方としては、遅くとも法事を行う2ヶ月前までには予約の電話を入れるようにしましょう。
加えて、一度決まった日時はなるべく変えるということがないようにする工夫も大切です。
もし、どうしても変更が必要ならば、早めにお寺側に連絡し調整してもらいましょう。

このほか、お寺で法要の後の会食を行うという場合も場所代は別途発生します。
この場合は、追加で1万円ほど包んでおけば無難といえるでしょう。

御席料を包むのしは?

御席料を包む際にはのし袋のマナーも重要となります。
表書きの書き方は、上半分の真ん中に「御席料」と記すのが一般的なやり方です。

水引は僧侶の方にお渡しするため、お布施の場合と同じように基本的には必要ありません。
ただし、水引を掛けるのであれば地域により色が違いますので、事前に確認するようにしましょう。

参考までに記せば、京都など関西地方の場合で黄白、栃木など関東地方や広島など西日本地域では黒白が一般的です。
ただ、御席料の金額が高くなる場合は双銀の水引も使う場合もあります。

お支払いのタイミングについて

御席料の渡し方は、切手盆や袱紗(ふくさ)に包んだ状態でお布施と一緒にお渡しします。
お渡しするタイミングは法事が始まる前か、または法要が終わった際が一般的です。

お渡しする際には、一言お礼の言葉などを伝えることを忘れないようにしましょう。
なお、切手盆に載せて渡す場合は僧侶の方が文字を見やすい向きにすることも大切なポイントです。

御膳料(お食事代)

お寺で法事を行う場合、法要の後に本堂とは別の部屋で会食(お斎)の時間を持つことが一般的です。
ただし、僧侶の方がこの会食に参加できない場合は、お食事代として御膳料をお渡しします。

御膳料の相場は5千円から1万円が一般的ですが、用意する際にはお布施の袋とは別に用意するのが作法とされています。
これは、お布施と御膳料とではそもそもの目的が異なるためです。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

お寺への手土産は必要?

お寺での手土産は必要なのでしょうか?

お寺との関係性や風習にもよるため、一概にいうことはできません
手土産を持参する場合は日持ちするものや個包装されているものを選ぶなどの注意が必要です。

参列者がお寺での法事の際に準備するもの

香典

ここまで施主らが用意するべきものなどを紹介してきました。
続いて、参列者がもっていくべきものについてご紹介します。

繰り返しになりますが、あくまで一例ですので、ご不明点や不安な点に関しましては年長者に聞くなどの方が確実です。

香典

お寺での法事の際も、香典を包んで持参する必要があります。
香典の金額ですが、故人との関係性や地域によって大きく異なるため一概に表せるものではありません。
近しい関係だと10万円近くなる場合もあります。

以下の記事で、目安の金額や香典袋の書き方などを紹介していますので、あわせてお読みください。

数珠

施主が準備するものの中でも紹介したように、法事では数珠が必要となる場面があります。
略式のものでも構わないとされていますので、忘れずに持参するようにしましょう。

お供え物など

香典だけでなく、果物や花などのお供え物を持参する場合もあります。
これは、家族のしきたりや地域の慣習、故人との関係性によって異なります。

また、お供え物として持参するのではなく、お供物料として現金をもっていく方もいます。

お寺での法事の際の服装マナー

葬儀

仏様がいらっしゃる場であるお寺で法事を行う際には、服装にも気を配ることが大切です。
ここでは、お寺での法事の場にふさわしい服装がどのようなものであるかについて見ていきましょう。

男性の場合

男性の場合は、黒系のスーツに黒色のネクタイの組み合わせが基本です。
装飾品については結婚指輪のみにとどめ、腕時計やネクタイピンなどの光物はつけないように気を付けましょう。

スーツの下に着けるワイシャツは白色のものを選ぶほか、靴下やベルト、革靴もすべて黒にします。
ただし、7回忌以降は基準がやや緩くなり、ネクタイも地味なものであれば色はどのようなものでも構わず、スーツについても黒系のほかダーク系のもので大丈夫です。

女性の場合

一方、女性の場合は法事の際の服装についてはより注意が必要です。
基本としては黒系のスーツやワンピースを着用し、その下はワイシャツを着るのがふさわしいとされています。

アクセサリーについては結婚指輪以外は極力着けないようにします。
ネックレスやイヤリングについては真珠が一般的ですがオニキスなども良しとされています。

ストッキングや靴については黒のものを履くのが基本ですが、ヒールはお墓参りのことを考えた場合に転倒しやすいため避けた方が無難です。
カバンについても黒色のものであれば良いでしょう。

7回忌以降であれば、グレーや紺などといったダーク系のスーツやワンピースでも大丈夫です。
このほか靴やバッグも黒だけではなく、地味な色遣いのものであれば無難といえます。

子供の場合

子供の場合は、小学生・中学生・高校生などの場合は制服があれば、それを着て参列すると良いでしょう。

もし制服がない場合、男の子であれば黒や紺などの地味な色遣いの子供用のスーツやブレザー女の子の場合であれば同じような色遣いのブレザーやスカート、ワンピースがおすすめです。

靴についても制服と同じように決まったものがあればそれを履けば良いですが、ない場合は黒や白などのスニーカーでも構いません。

お寺にお参りに行く時の服装

もし、お寺にお参りや挨拶をしに行くということであれば、基本的に見た目が不快でなければ大丈夫です。
このため、スーツやワンピースだけではなく、普段着でも派手さのないものであれば大丈夫といえます。

逆に露出の著しいもの(タンクトップやミニスカートなど)や派手な色遣いの服装、毛皮のコート(不殺生の教えに反するため)はお参りの際にはふさわしくない服装ですので避けましょう。

お寺の住職など僧侶の方にご挨拶するということであれば、それに合わせたお布施や手土産も一緒に持っていくと良いでしょう。

お寺で法事をする場合についてまとめ

お墓

今回「終活ねっと」では、お寺にて法事を行う場合に準備するものや金額相場についていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 法事を行う節目としては、故人が亡くなってから四十九日法要までに7日ごとに行う忌日法要や四十九日法要後に決まった年の故人の命日に行う回忌法要がある。

  • お寺で法事を行う際に準備すべきものとして、お供えや数珠、故人の位牌・遺影、本堂用の生花が挙げられる。
    お供えについては、故人が好んでいたお花やお菓子、果物・野菜などが挙げられるが、ものによっては選ぶうえで注意が必要である。

  • 本堂用の生花については、事前にお花屋さんに依頼したりお寺にも確認の連絡を入れたりして手配する。
    このほか、お墓参りの場合もお線香やお花などの墓前へのお供えが必要となる。

  • お寺で法事を行う時に必要な費用としてお布施や御膳料、御席料が挙げられる。
    お布施については忌日法要や3回忌法要までの回忌法要の場合は3万円から5万円、3回忌法要以降は1万円から5万円が一般的な相場である。
    御膳料については5千円から1万円が相場である。

  • お寺の本堂などを借りる際には御席料をお渡しする必要があるが、その相場は3千円から2万円が一般的である。
    法事の開始前か法要終了後に、お布施などとともにお渡しする。

  • お寺での法事の際にふさわしい服装としては、基本的に黒のスーツやワンピースが挙げられる。
    装飾品については結婚指輪以外は極力避け、特に光物は着けないようにする。
    ただし、7回忌以降であれば多少は基準が緩くなる。
    お寺にお参りする場合は他人から見て不快でなければ普段着でも良いが、露出の著しいものや派手な色遣いのものは避けるようにする。

お寺で法事を行う際は、基本的にご自宅で法事を行う場合と同じようなお供え物や飾りなどが必要といって良いでしょう。
ただし、お寺の本堂などを借りるため、お布施に加えて場所代に相当する御席料も一緒にお渡しすることが重要となってきます。

服装に関しても、菩提寺の敷地にお墓がある場合はお墓参りの準備も合わせて行うことが大切です。
また、お寺という仏様がいらっしゃる場所である以上、服装についてもその場にふさわしいように気を配るようにしましょう。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事