神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介

神道の法事での作法を知っていますか?法事の種類や服装をご紹介

神道の法事での作法を知っていますか。 神道の法事は霊祭・式年祭ですが、どんな種類があるのでしょうか。 また作法や服装などは仏教とどのような違いがあるのか、気になりますね。 この記事では、神道の法事について、法事の種類や服装、祭壇の飾り方などを分かりやすく解説します。

最終更新日: 2020年09月09日

神道の法事とは?

神棚

神道の法事ではどのようにふるまったらよいのか、作法を知っていますか。
仏教の法事に相当する神道の祭祀は、霊祭、式年祭になります。
あまり聞きなれない方も多いと思いますが、神道の法事の種類はどんなものがあるのでしょうか。

また作法や服装などは仏教の法事とどのような違いがあるのでしょうか。
最近は、仏教の法事だけでなく、神道の法事に招かれることもあると思います。
そんなとき、神道の法事のことが分からないと心配になりますね。

そこで今回「終活ねっと」では、神道の法事について、以下の事項を解説します。

  • 神道における法事の種類は、どんなものがあるのか?

  • 神道の三年祭と仏式の三回忌の違いは?

  • 神道の法事での作法は、どんなことがあるか?

  • 神道の法事での持ち物は、どんなものがあるか?

  • 神道の法事の服装は、どのようにしたらよいか?

  • 神道の祭壇の飾り方は、どのようにしたらよいか?

  • 神道の法事の引き出物は、どうしたらよいか?

神道の法事について、法事の種類や服装、祭壇の飾り方などを含めて分かりやすく解説します。
ぜひ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

神道における法事の種類

神棚

最初に神道における法事の種類を説明します。
神道の法事は、霊祭や式年祭などと言われる行事があります。
神道では、法事は神社では行わずに基本的に自宅で行います。

霊祭

霊祭は、仏教の法要にあたる神道の法事のことです。
霊祭は、お葬式にあたる神霊祭の一連の行事(帰幽奉告・神棚封じ・枕直しの儀・納棺の儀 ・通夜祭と遷霊祭・ 葬場祭・火葬祭・帰家祭・埋葬祭)に続く神道の儀式です。

霊祭には、翌日祭、十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭、五十日祭、合祀祭、百日祭などがあります。

1年祭までの霊祭は亡くなった故人の霊を弔うことが主眼の儀式で、神葬祭の流れの一環とも言えます。
亡くなってから1年目以降の式年祭も広義の霊祭ですが、ここでは一般に霊祭と呼ばれる百日祭までの霊祭について、それぞれどのようなものなのか見ておきましょう。

翌日祭

翌日祭は、仏式の葬儀に相当する「葬場祭(そうじょうさい)」の翌日に葬場祭が無事に終わったことを自宅の霊璽(れいじ)やお墓・納骨堂などの墓前に報告する儀式です。

霊璽は仏教の位牌にあたるもので、仏壇にあたる祖霊舎(それいしゃ)の中央に納めます。
翌日際は神官を招いて行うものですが、最近は翌日祭を行わないことも多くなっています。

十日祭・二十日祭・三十日祭・四十日祭

仏教では、亡くなってから四十九日まで7日ごとに7回忌日法要が行われます。
これに対して神道では、亡くなった日から数えて10日ごとに十日祭、二十日祭、三十日祭、四十日祭、そして次に説明する五十日祭まで5回の霊祭を行います。

十日祭は、仏教の初七日にあたる霊祭で、通常神主を自宅にお招きし祝詞を奏上していただきます。
ご遺族・親族などが参列されて、玉串を奉奠し故人への感謝の気持ちを込めて拝礼します。

十日祭の霊祭に引き続き、仏式のお斎と同様に故人を偲ぶ会食があり、施主の挨拶に続き友人代表の方などが献杯をして食事をいただくという流れになります。

十日祭も仏式の繰上げ初七日と同様に、葬場祭の日に葬場祭に続けて行うことも多いです。
また、仏式の忌日法要と同様、最近は十日祭の後の二十日祭・三十日祭・四十日祭は身内の方だけが集まって故人を偲び供養することも多く、何もしない場合もあるようです。

五十日祭

五十日祭は、仏式の四十九日法要にあたります。
ご遺族だけでなく親族や友人を招き、自宅か霊園の墓前・納骨堂の拝礼所などで行うことが多いです。
五十日祭の流れは次のとおりです。

  • (合祀祭)

  • 献饌

  • 祝詞奏上

  • 玉串拝礼

  • 直会(なおらい)

  • (清払いの義)

直会は仏式のお斎に相当する会食で、ご遺族が参列者とともに食事をとります。
清祓いの儀は、本来は五十日祭の翌日に行うものですが、ご遺族が改めて集まるのも大変ですので五十日祭の霊祭に続けて行うことが多いです。

清祓いの儀により、穢れを遠ざけるために神棚や祖霊舎に貼った白い紙をはがして神棚封じを解きます
神道では死を穢れとし五十日祭までは神社の鳥居をくぐりませんが、この後は普段の日常の生活に戻り神社に参拝することもできます。

合祀祭

合祀祭は、亡くなった方の霊璽を仮の霊舎から祖霊舎に移し祖先の霊と合祀する儀式です。
神道では、祖先の霊は家の守り神となりますので、合祀祭により故人の霊も祖先の霊とともに家の守神になります。


合祀祭は、一般に五十日祭から百日祭の間に行われるものですが、最近は五十日祭にあわせて行われることが多いようです。

百日祭

百日祭は、亡くなった日から数えて百日目の霊祭です。
百日祭も、墓前か自宅で行うのが一般的で、神社では行いません

百日祭は合祀祭と兼ねて行うときなどは、五十日祭と同様に、献饌・祝詞奏上・玉串奉奠という流れで行われます。

ただ、最近は百日祭は身内だけで故人を偲び供養するようになり、百日祭を行わないケースも増えています。

式年祭

百日祭の後は、祥月命日に行う1年祭、3年祭、5年祭、10年祭・20年祭・50年祭などの式年祭が行われます。

式年祭では清祓いの儀を行い、祝詞奏上、玉串奉奠、会食という流れで、仏教の年忌法要とほぼ同様の流れになります。

1年祭・3年祭・5年祭

1年祭は、仏式の一周忌にあたる儀式で、故人が亡くなってから1年後の祥月命日に行います。
通常、一周忌と同様に近親者や故人と縁の深かった友人・知人を招いて盛大に行います。
1年祭は参列者の都合などもあり命日の前の休日に行うことも多いです。


1年祭以降の式年祭は家の守り神である祖先を祀る儀式で祖霊祭ともいいます。
つまり1年祭を1つの区切りとして、それまでの故人の死を弔うことが主眼の儀式から、家の守り神を祭る儀式へと意味合いが変わります。

例えば1年祭までは忍び手と言い、音を立てずに手を合わせ拝礼しますが、以降の年祭では普通に柏手を打ちます。

1年祭の後は、3年祭・5年祭と続きます。
亡くなってからの年数は違いますが、仏式の三回忌や七回忌に相応する霊祭ともいえます。
本来は大きな霊祭ですが、最近は身内や近い親族の方だけで行われることが多いです。

10年祭・20年祭・30年祭・50年祭

式年祭は、5年祭の後は10年祭があり、その後は10年ごとに20年祭・30年祭・40年祭・50年祭と続きます。

ただ神道でも仏教の弔い上げと同じく、10年祭や20年祭を区切りとしてそれ以降の式年祭は行われないことが多いです。

50年祭の後は、宮中の慣わしでは100年ごとの式年祭がありますが、一般には長いときでも50年祭で弔い上げと考えてよいでしょう。

お盆・新盆

神道では、お盆に先祖の供養や崇拝も行いますが、その年に不幸がなかったことや日々の健康を祝います
迎え火、送り火を行い先祖に対して敬意を表します。

神道の三年祭と仏式の三回忌の違い

葬儀

神道の三年祭は一年祭の次の大きな式年祭で、亡くなってから満3年目の祥月命日に行います。


仏式の三回忌は一周忌の翌年で、亡くなった年を含めて数えた3年目の祥月命日です。
つまり、神道の三年祭は仏式の三回忌の1年後になり、時期が違います。

神道の法事での作法

神棚

神道の法事の作法は、どのようにしたらよいのでしょうか。

神道には、玉串奉奠や拝礼、手水など独特の礼法があります。
それぞれの言葉の意味や手順を説明しておきましょう。

玉串拝礼のやり方

玉串拝礼とは、神職や参拝者が玉串を神前に奉って拝礼することです。
玉串は榊の小枝に麻や紙を垂らしたものです。

この玉串を神に捧げる行為を「玉串奉奠」と言い、神前でお祈りし拝礼するまでの一連の行為を含めて「玉串拝礼」と言います。

玉串は神道の儀式ではよく使われますが、神様に人の心を取り次ぐものとされていす。
玉串拝礼のやり方は、次のような手順になります。

  • 玉串を受け取る

    玉串の手前の枝先を左手で下から支え、根元を右手で上から持って受け取ります。

  • 神前に進む

    神職に一礼して神前に進み軽く一礼します。

  • 祈念をこめる

    玉串を右回りにまわして立て、胸の前あたりに持ち感謝の気持ちを込めて祈ります。

  • 玉串を奉奠する

    玉串の根元を神前に向け、左手を右手に添えるようにして持ち、玉串を案上に捧げます。

  • 拝礼する

    一歩退き、神前に向って拝礼します。
    ニ拝(にはい)・ニ拍手(にはくしゅ) ・一拝(いっぱい) します。

  • 自席に戻る

    神職に一礼し、自席に戻ります。

神道の拝礼のやり方

神道の拝礼の作法は、二拝二拍手一拝が基本の形です。

拝礼の手順は次のとおりですが、誠意を込めて拝礼しましょう。
また拝礼の前と終わりには軽く一礼をしましょう。

  • ニ拝(にはい)

    「拝」は拝むことですが、手を膝頭に置き、腰を90度近くまで折り、低頭します。
    始めに2回低頭をします。

  • ニ拍手(にはくしゅ)

    手を胸の高さに上げて、2回拍手をします。
    両手を指を揃えて打ち合わせますので柏手(かしわで)を打つといわれますが、柏手を打つときは右手の方を少し下げて打った方がよいと言われています。
    柏手は神さまに誠心誠意からの感謝の気持ちを込めて打ちましょう。

  • 一拝(いっぱい)

    ニ拍手したら、最初と同じ要領でもう一度低頭し一拝します。

手水(ちょうず)のやり方

「手水」とは、神社の手水舎(ちょうずや)にある手や口をすすぎ心身を清めるための水で、その水を使って清める行為を「手水を取る」あるいは単に「手水」ともいいます。

「手水舎」は、神社に参拝に来た方が身を清めるための手水を行える施設で神社の参道や社殿の近くなどにあります。
神社にお参りをしてご加護をいただくためには、自らの心身を清浄にすることが、まず必要だとされています。

そのため、神社に参拝するときはまず何よりも先に手水舎に向かい、手水で心身を清めましょう。
手水の手順は、次のとおりです。

  • 柄杓(ひしゃく)を右手で持ち、水を汲んで左手にかけます。

  • 柄杓を左手に持ち替えて、今度は右手に水をかけて清めます。

  • 柄杓を右手に持ち替えて、左手のひらに水を注いで溜め、その水で口をすすぎます。

  • 口をすすいだら、柄杓に残った水を左手にかけて清めます。

  • 柄杓の柄を椀を上にして立てて手水の流水をかけ流してから、元の位置に戻して伏せて置きます。

神道の法事の持ち物

葬儀

神道の法事の持ち物について、まとめておきしましょう。

お供え物

神前にお供えすることを「献饌(けんせん)」といい、お供え物を「神饌物」と言います。
神道では、「神饌」と「幣帛」をお供えします。

「神饌」は食べ物で、生のままの生饌(せいせん)と調理した熟饌(じゅくせん)があります。

神饌には順位があり、米、酒、餅、魚、鶏卵、海菜・野菜、果物・菓子、塩、水の序列になります。

普段の日常生活のお供え物はお米・塩・水が基本ですが、法事のときなどは祭祀の内容や地域の慣習に応じて他の野菜やお菓子などの神饌を加えてお供えします。

「幣帛」は神饌以外のお供え物ですが、一般に絹や木綿などの布や織物を供えます。
線香や仏花は仏式専用で神道では使いませんので、気をつけましょう。

お供え物を包む熨斗(のし)の書き方

お供え物を包む紙は、熨斗(のし)のないもので水引きは黒白又は黄白の5本結び切りを使います。
表書きの書き方は、「御供」・「奉献」・「奉納」などと書くことが多いです。

お花はお供えするの?

神道のお供え物は、基本的に禁止されるものはありません。
お花をお供えすることは問題ありません

ただ、清潔でないもの、臭いが強すぎるものなど周囲の方に不快感を与えるものや、神道の儀式の雰囲気にそぐわないものは避けましょう。

また飾るスペースがないなどの理由から供花を遠慮されることもありますので、事前に確認したほうがよいでしょう。

香典

神道の法事でも、仏式の香典に相当するものを持参します。
ただ香典は本来は仏教で使う香やお線香の代わりの金品のことですので、神道では正式には香典・香典袋とは言いませんので、注意が必要です。

香典袋の表書きの書き方

神道の不祝儀袋(香典袋)はのしのないものを使い、表書きは、神道にふさわしい「御神前」・「御玉串料」・「御榊料(おさかきりょう)」・「御神饌料」などとします。

「ご仏前」は仏式の法事専用ですので使いませんが、「御霊前」は神道でも使うことができます。
なお「初穂料(はつほりょう)」は神社・神職へのお礼の気持ちの表書きですので、使いません。

香典の書き方についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

不祝儀袋の水引きの選び方

不祝儀袋の水引きは、一年祭までは黒白または双銀5本の結び切りにします。
水引きの色は、金額が多めのときは双銀を使い、また三年祭以降になると双白や黄白が使われます。

香典の金額相場

香典の金額の相場は、仏式やキリスト教式の法事の場合と同様と考えてよいです。
つまり、香典の金額は故人との関係や年齢によって決まります。
故人の友人や知人などの関係のときは、5千円〜1万円程度が多いです。

親や兄弟など故人と近い関係にある場合は3万円~5万円、立場や年齢によっては10万円以上ということもあります。

数珠は不要なことに注意

数珠は仏教の儀式などで使うもので仏式以外では用いません
ですから通常の場合、神式の法事では数珠は持参しませんので注意した方がよいでしょう。

神道の法事の服装

葬儀

神道の法事の服装は仏式と同じく1年祭くらいまでは基本的に喪服を着用しますが、ご遺族でないときは場合によっては略礼服でもよいでしょう。

また、平服で参列をとの案内があったときは、案内に従い喪服での参列は控えた方がよいでしょう。
もちろん、平服でと言っても何を着てもよいという意味ではありませんので注意しましょう。

男性の場合

男性の場合、喪服でなければ、黒やダークグレーのスーツにシャツは白を着用し、ネクタイやベルト、靴下も黒系統のものにしましょう。

平服と言われたときも、派手な服やジーンズなどカジュアルな服装はもちろんNGです。

女性の場合

女性の場合は、黒のワンピースやスーツ、アンサンブルを着用し、バッグや靴も黒にするとよいでしょう。
服の色は、黒以外のときは紺・グレーなどの落ち着いた色でもよいでしょう。
ただし、肌の露出が多い服装はNGです。

神道の祭壇の飾り方

神棚

神道の祭壇の飾り方を説明します。
祭壇には、三種の神器と五色旗、霊璽、神輿、榊などを飾り、お供え物として神饌物や幣帛、お花などをお供えします。
主な祭壇の飾り物などは、以下のとおりです。

  • 三種の神器(じんぎ):八咫鏡、八尺瓊勾玉、天叢雲剣(鏡・刀・勾玉)

    八咫鏡(やたのかがみ)は、天の岩戸に隠れた天照大神が扉を少し開けたとき自身を映させおびき出したとされる鏡です。
    八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)は、八咫鏡と一緒に榊の木にかけられたと言われます。
    天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)は、須佐之男命が倒した八岐大蛇の尻尾から出てきとされます。

    これらの三種の神器は、レプリカの鏡・刀・勾玉を祭壇に飾ります。
    鏡は祭壇の最上段の中央に飾り、刀と勾玉は祭壇の両脇に飾る五色旗に吊るします。

  • 五色旗

    中国の五行説に基づく物で、「青・赤・黄・白・黒」の色は森羅万象を表していると言われています。

  • 霊璽

    仏教の位牌にあたるもので「御霊代(みたましろ)」ともいいます。

  • 神輿(みこし)

    神様の乗り物です。

  • 水引幕

    水引幕は、神聖な場所として周囲と区切るものとして用いられます。
    しめ縄、紙垂(しで)を垂れ下げます。

  • 榊(さかき)・大榊

    榊または大榊1対を飾ります。

  • 神饌・幣帛

    お米・お酒・塩・水などの神饌は、案と呼ばれる白木の台の上に「三方」を乗せ、その上に置いてを神前にお供えします。
    お酒は瓶子(へいし)という白い瓶に入れ、お米や塩は小皿に盛ります。
    魚をお供えするときは、頭は必ず中央に向けます。

  • 御神灯・供花

    御神灯や供花は通常対にして飾ります。

  • (棺の安置場所)

    神葬祭では、棺は祭壇の奥に安置します。

神道の祭壇は3段または4段のことが多いです。
祭壇の飾り方は、神様に近いとされる祭壇の高い位置の中央が最上位で、そこに近くて神様に向って右側が序列が高いとされています。
飾り方は最上段に鏡を飾り、遺影を鏡の下の段の右側に置きます。

最下段の前に仏式の焼香台のかわりとなる玉串を置くための玉串案を設けます。
飾り棚には、その他の飾り物、神饌物・幣帛、供花などを所定の位置に順次お供えしていきます。

神道の法事の引き出物

葬儀

神道の法事の引き出物に適当な品物、引き出物につけるのしの書き方などを説明しましょう。
引き出物にはお礼の挨拶状を添えたほうがよいでしょう。

神道の引き出物に適した品物

神道の引き出物には、お茶や海苔、お菓子などの食品や、タオルや石鹸などの日用品が使われることが多いです。
引き出物は持ち帰っていただくときに邪魔にならないよう小さくて軽いものの方がよいでしょう。

一方で、引き出物には不適当なものもあります。
例えば、お祝いに使われることの多いお酒や、昆布や鰹節などおめでたい意味があるものは、避けたほうがよいとされています。
置物なども不幸が根付くとして良くないとされますし、肉・魚などの生ものも避けたほうがよいでしょう。

最近はお渡しする方で引き出物の選択に悩むよりは、引き出物をもらった方に自分の好みのものを自由に選んでもらった方がよいと、カタログギフトを選ぶ方も増えています。

引き出物につけるのしの書き方

神式の引き出物に付けるのしは、上段に偲び草、志などと書き、その下に施主の家名を書きます。

のし紙の水引きは、黒白の結び切りを使用します。
蓮の絵が描かれたのし紙は、仏式用で使いませんので注意しましょう。

神道の法事についてまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、神道の法事について、法事の種類や服装を含めて解説してきました。

今回の記事の要点は、以下のようになります。

  • 神道の法事は、霊祭や式年祭などと言われる行事がある。
    葬場祭の後、翌日祭、十日祭、五十日祭、合祀祭、百日祭などの霊祭がある。
    その後は、1年祭、3年祭、5年祭、10年祭・20年祭・50年祭などの式年祭がある。

  • 神道の三年祭は亡くなってから満3年目の命日に行うが、仏式の三回忌は亡くなった年を含めて3年目の命日で、神道の三年祭は仏式の三回忌の1年後になる。

  • 神道の法事での作法として、玉串奉奠や拝礼、手水など神道に固有の独特の礼法がある。

  • 神道の法事での持ち物としては、米などの神饌と布などの幣帛をお供えする。
    お花は供えてよいが、臭気の強いものなどは避ける。
    神道でも香典を持参するが、表書きは御神前・御玉串料・御榊料などとする。
    数珠は不要である。

  • 神道の法事の服装は、仏式と同じく基本的に喪服又は略礼服を着用する。
    男性は黒やダークグレーのスーツにシャツは白を着用し、女性は黒のワンピースやスーツなどを着用する。

  • 神道の祭壇の飾り方は、三種の神器(レプリカ)と五色旗、霊璽、神輿、榊などを飾り、お供え物をお供えする。
    鏡を最上段の中央に飾り、遺影を鏡の下の段の右側に置く。
    仏式の焼香台のかわりとなる玉串案を設ける。

  • 神道の法事の引き出物は、食品や日用品などで小さく軽いものがよい。
    引き出物に付けるのしは、偲び草などと書き、その下に施主の家名を書く。

神道の法事はあまり経験はないかもしれませんが、急に招かれて参列することもあるでしょう。
神道の法事の種類や作法、服装などの要点を理解しておけばいざというときにも心配はいりません。
この記事を参考にしていただければと思います。

「終活ねっと」では、他にも終活に関する様々な記事を掲載していますので、ぜひご覧ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事