浄土真宗本願寺派の法事についてお供えやお焼香まで徹底解説します

浄土真宗本願寺派の法事についてお供えやお焼香まで徹底解説します

十三回忌は亡くなってから何年後?浄土真宗本願寺派のお焼香は何回?法事は日本の昔ながらの習慣ですが、やり方や時期がまちまちで意外と大変。日本で一番多いお寺の浄土真宗本願寺派の法事の時期や作法をわかりやすく解説します。

最終更新日: 2020年09月09日

浄土真宗本願寺派の法事について

葬儀

「四十九日」「三回忌」など法事を表す言葉がたくさんあります。
皆さんは自分の家の宗派が何で、自分の家の宗派がどのようなしきたりで法事を執り行うか、ご存知ですか?

今回「終活ねっと」では日本の仏教系宗派の中でも最もお寺の数が多い、浄土真宗本願寺派の法事や仏壇の作法について、以下のような項目で説明しています。

  • 浄土真宗本願寺派とは?

    他の宗派との違い、香典の表書きなどを解説します。

  • 浄土真宗での「故人」とは?

    「霊」にはならないとする浄土真宗特有の考え方をご紹介します。

  • 浄土真宗本願寺派の法事はいくつあるの?

    法事種類から法事の年の数え方まで、浄土真宗本願寺派での法事のイロハを教えます。

  • 浄土真宗本願寺派の仏壇はどんなもの?

    細かい仏具の種類をきちんと抑えましょう。

  • 浄土真宗本願寺派のお焼香のやり方は?

    お焼香は1回だけ。合掌礼拝はしません。

並べてみると結構ややこしく感じるかもしれませんが、一つ一つの考え方、作法をわかりやすく解説しますので、ぜひ最後まで読んで、浄土真宗本願寺派の法事、しきたりについてきちんと理解しましょう。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

浄土真宗本願寺派とは

仏壇

浄土真宗とは日本史でもおなじみの鎌倉初期の僧・親鸞の没後、その弟子によって広まり、開かれた仏教の一派です。

中でも本願寺派は京都の人たちに「お西さん」として親しまれる西本願寺を本山とし、全国に1万を超す所属寺院を擁し、信者の数も日本の仏教系宗派の中では最大です。

浄土真宗はまた、お盆の風物詩である迎え火や送り火を行わないこと、般若心経を唱えず南無阿弥陀仏の念仏を用いること、冥福や霊前といった言葉を使わないことなど、独特の死生観や人生観に基づく教えがたくさんあることで知られています。

この記事の後半ではそういった浄土真宗特有の死生観からくる本願寺派の法事について、詳しく解説しています。

本願寺派について

京都には西本願寺と東本願寺があります。
もともとは別れていなかった2つの寺院ですが戦国時代に分裂し、西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派、東本願寺を本山とする浄土真宗東本願寺派が存在するようになりました。

歴史ファンの方なら、戦国の世において織田信長を仏敵として激しく争った本願寺顕如の名を聞いたことがあるかもしれませんが、本願寺顕如はこの浄土真宗本願寺派、浄土真宗東本願寺派の両方に第11代宗主として記録されています。

他の浄土真宗との違い

歴代当主全員が用いたかは定かではありませんが、浄土真宗本願寺派は「下り藤」と呼ばれる有名な紋所を家紋としています。
政治的には西洋由来の三権分立を取り入れ、明治政府の仕組み作りにも影響したと言われています。

下がり藤のマーク

下り藤の紋所は平安時代より権勢を誇った藤原家やその所縁の戦国武将も用いたマークとして有名ですが、西本願寺を本山とする浄土真宗本願寺派もこの下り藤を用いています。
藤の花が持つ優雅さ、柔和さがにじみ出ていて、家紋として非常に人気の高いものと言えます。

香典の表書き

浄土真宗本願寺派のお寺で執り行われる葬儀では、香典には「御仏前」もしくは「御香典」と書きます。

ほとんどの仏教式の葬儀では「御霊前」と表書きした香典を備えます。
しかし、本願寺派の葬儀で供える香典には厳密には「御霊前」と書かないこととなっています。
これは次の項目で説明する浄土真宗における亡くなった人についての考え方に深く関わります。

浄土真宗の故人の考え方

仏壇

浄土真宗では亡くなった人について「霊になる」とは考えません。
浄土真宗の中でも各宗派、お寺によって考え方は微妙に異なるかもしれませんが、ここでは浄土真宗に特有の故人についての考え方、そこからくる風習について簡単に解説します。

霊にはならない

浄土真宗での「死」は、西洋的な「霊魂が肉体から離れること」という考え方とは異なります。
浄土真宗における「死」は、肉体や精神というのではなく、「私」「自我」そのものから解放されて御仏になること、極楽浄土に還ることと言われます。

難しいとお感じになるかもしれませんが、「霊」にはならず、「仏様」になることだと考えてください。

従って、「49日の法要を守らねば霊が成仏できずにさまよってしまう」「お盆に迎え火を焚いて先祖の霊をお迎えする」といった他の仏教宗派におなじみの考え方も、浄土真宗においてはそぐわないと言えます。

香典に「御霊前」と書かない理由も、こういった訳があるからです。
そもそも「霊」がいないので、むしろ仏様の前にお供えするという意味で、「御仏前」と書くのですね。

法事は冥福を祈る場ではない

浄土真宗での法事は「故人を極楽浄土に送る」場ではなく、冥福を祈る(死後の幸せを願う)場ではありません。
法事は故人のためではなく、むしろ法事を行う人々が故人を偲び、平安を祈る場とされています。

厳密にはそもそも浄土真宗では「冥福」という言葉が相応しくない、とも言われています。
亡くなると同時に阿弥陀仏様に救われ、浄土で仏となる往生即成仏の考え方が浄土真宗の基本だからです。

日常的にそこまで神経質になる必要はありませんが、ご遺族の方には「ご冥福をお祈りします」ではなく、「この度は御愁傷様です」「お悔やみ申し上げます」と申し上げるようにしましょう。

浄土真宗本願寺派がする法事の種類

お墓

法事というと「死者の冥福を祈る」というイメージがあるかもしれませんが、やはり浄土真宗ではそのような考え方はしません。

忌日法要にしろ、年忌法要にしろ、故人のためというより法事を執り行なう人々のための時間、と考えて良いようです。
ここでは浄土真宗本願寺派のお寺で行われる法事について、行う時期や種類を解説しています。

忌日法要

「忌日法要(きにちほうよう)」とは、人が亡くなった日を1日目として7日ごとに49日目まで7回行われる法要のことです。
初七日、二七日、三七日と続いていきますが、最近では初七日と四十九日の法要の2回だけを行うというのが一般的です。

また、7日後、49日目といった日取りも現代人のライフスタイルに合わせてそれほど厳密なものではなく、それを超えなければ良いという家もあれば、火葬、環骨の後に両方いっぺんに行ってしまうという場合もあるようです。

  • 初七日(しょなのか)

    火葬の後、お骨を持ち帰ることを環骨と言います。
    最近では初七日の法要を環骨の直後、つまり葬儀の日に行うのが一般的になってきました。

    僧侶に読経をあげて頂き、遺族の精進明けの意味合いがあるようです。

  • 四十九日(しじゅうくにち)

    浄土真宗における四十九日の法要は、故人のことを偲び、仏様の教えに改めて感謝を抱くという意味合いが強いです。
    故人のためというよりも、ご遺族などの残された人のため、といって良いでしょう。

年忌法要

一般に法事というと、この年忌法要(ねんきほうよう)をさすことが多いです。
年忌法要も忌日法要と同じく、故人の死後の幸せを祈るというより、故人の命日を機に縁ある者が集い、故人を偲びながら仏様に感謝を捧げるというのが趣旨のようです。

亡くなった年の一年後の命日を一周忌、その翌年を三回忌といいます。
その後は亡くなった年を1年目と数えて、7年目に七回忌、13年目に十三回忌、十七回忌、二十五回忌、三十三回忌、五十回忌と続いていきます。

以降は50年ごとに法要を行う、というのが正式なようですが、地域や家によって考え方はまちまちなので、無理のない範囲で執り行いましょう。

また、二十三回忌、二十七回忌を行う宗派などもあるようですが、浄土真宗本願寺派では基本的に行わないようです。

以下の表は「2019年に亡くなられた方への法要」を行う年をまとめたものです。

法要名 法要を行う年
一周忌 2020年
三回忌 2021年
七回忌 2025年
十三回忌 2031年
十七回忌 2035年
二十五回忌 2043年
三十三回忌 2051年
五十回忌 2068年

また、以下のサイトでは命日を入力すれば自動で法要の年を教えてくれるので、わかりにくいという方でも簡単に法事の年を知ることができます。

浄土真宗における四十九日

仏教の他の宗派では、亡くなってから四十九日の間は故人の霊がさまよい、極楽浄土に行けるよう遺族が祈る期間とされていますが、浄土真宗では亡くなると同時に成仏すると考えられているので、他の宗派とは四十九日についての考え方が異なります。

他の宗派では四十九日まではあの世とこの世の間をさまよっており、四十九日に生まれ変わる先が決まるとされています。
しかし浄土真宗における四十九日は、信心を深め、仏様に感謝する日とされています。

「終活ねっと」ではこの四十九日についてさらに掘り下げて解説していますので、そちらもぜひご覧になってください。
法要の流れや持ち物、当日の服装まで、詳しく解説しております。

浄土真宗本願寺派の仏壇のお供え

仏壇

お供えというと、丸く盛ったご飯、というイメージがあるかもしれませんが、宗派によってご飯の盛り方も異なりますし、果物やお菓子の備え方にもそれぞれ流儀があり、それに合わせて使用する仏具もバリエーション豊かです。
浄土真宗本願寺派ならではの仏壇のお供えについて解説していきます。

仏壇を飾るために準備するもの

浄土真宗本願寺派では仏壇をどのような仏具で飾るのか、どの仏具に何をお供えするのか、見てまいりましょう。

打敷

打敷(うちしき)とは仏壇を飾るきらびやかな布のことで、仏壇の卓の天板の下に挟んで用います。
もともとはお釈迦様が外で説法をなさる際、弟子が自らの着物を敷物として差し出したり、花で飾ったのが打敷の始まりと言われています。

宗派によって紋が異なるので、紋付きの打敷はどこの宗派の紋所があしらわれているのか、注意して用意しましょう。

仏飯器

ぶっぱんき、と読みます。
普段のお供え物として、ご飯を仏飯器に盛ってお供えします。

浄土真宗かそれ以外の宗派か、また浄土真宗の中でも本願寺派なのか大谷派なのかで用いる器具、作法が異なるので、自分の宗派がどこに所属するのか、特に注意が必要です。
浄土真宗本願寺派では黒色の仏飯器を3つ、お供えするのが一般的です。

高坏

高坏(たかつき)は浄土真宗本願寺派では正式には用いられませんが、一般家庭では使いやすいということで広く使用されています。
正式な作法では、この後解説する供笥(くげ)という仏具を用います。

普段のお供え物は主食のご飯などですが、お盆や法事などの仏事の際にはお餅、お菓子、果物をお供えします。

段盛

段盛(だんもり)は読んで字のごとく、お供え物を段状になった盆の上に置くことのできる仏具で、大型の仏壇に備えるのが一般的です。

いくつも段が重なっているので、法事で親戚一同が集まりお菓子などを持ち寄った際に、何種類か同時にお供えすることができます。

香典などのやりとりの際、盆と呼ばれる長方形の器を用いることがあります。
家紋入りのものもあるので、宗派によって用いる盆は選んだ方が良いでしょう。

供笥

くげ、と読みます。
こちらも高坏などと同じくお供え専用の仏具です。
浄土真宗本願寺派では上から見ると6角形のものを2つ用いて、お餅をお供えします。

供える物

仏壇はお供えの順番、ランクが決まっています

  • 仏飯(主食)

  • お餅

  • お菓子

  • 果物

の順です。
仏壇が何段にも別れているようであれば上から順に、中央から順に並べましょう。

ご飯の盛り方

ご飯は仏飯器に盛ります。
本尊の前に1つ、その両脇の脇侍(きょうじ)の前に1つずつです。
ご飯は蓮のつぼみに似せて盛るのが良いとされ、真ん中が小高くなります。

浄土真宗本願寺派では、一般家庭では3つの仏飯器をお供えします。
しかし、小型のお仏壇で3つ置くのが難しい場合は、他の宗派と同じく1つ、または2つで良いようです。

最近では朝はもっぱらパンを食べるという家庭も多く、お供えは主食であればパンでも良いとされ、またお供えのご飯を形どった模型も販売されています。

正式なやり方に仏具を整え、毎日炊きたてのご飯をお供えできるのに越したことはありませんが、それ以上に気持ちが大事ということです。
毎日続けられるやり方を自分で決めて、心を込めてお勤めしましょう。

お菓子

季節に合わせて、それほどこだわらずに選びましょう。
お盆の時期であれば水ようかん、定番の落雁など
カステラやプリンなどの洋菓子でも大丈夫です。

ただし、水気の多いものはカップなどから出さずにお供えしましょう。
基本的にお供えものは、下げた後食べることになるので、暑い時期はなおさら衛生面に気をつけましょう。

果物

お菓子と同じく、時期に合わせて出回っているもので構いません。
匂いの強いものは避けましょう。
またこれも同じく、水気に気をつけて、切らずにそのままお供えするのが良いです。

お餅

上でも述べたとおり、供笥(くげ)という仏具にのせてお供えしますが、それほど厳密にこだわらなくても良いようです。
スーパーなどで売っている普通の丸餅をこんもりと盛るのがコツのようです。

お餅の種類については、以下のページに詳しいのでこちらもご参考に。
新しく仏壇を購入された場合は、紅白の餅を供えるようです。

浄土真宗本願寺派のお焼香

困った人々

ここでは浄土真宗本願寺派でのお焼香のやり方について説明します。
ポイントは以下の2点です。

  • 焼香前に合掌せずに一礼する。

  • 焼香は一回だけ、額に押しいただくことはせずに香炭にくべる。

お焼香の作法は宗派や地域によってまちまちです。
例えば同じ浄土真宗でも、大谷派は焼香は2回くべるようです。

焼香を行う理由としては、香りをお供えするという意味の他、我が身を良い香りで清めて御仏に手を合わせる、慈悲深い仏の心に身を包むといった意義があるようです。

浄土真宗本願寺派の法事についてまとめ

お墓

浄土真宗本願寺派の様々な作法を見てきましたが、いかがでしたか?
結構盛りだくさんでしたが、ざっとおさらいすると以下のようになります。

  • 浄土真宗本願寺派は鎌倉時代の親鸞に始まる仏教の一派であり、下り藤の家紋を用いる。

  • 浄土真宗の香典の表書きには「御霊前」とは書かず、「御仏前」「御香典」と書く。

  • 浄土真宗では「霊」という考え方をせず、人は亡くなると同時に成仏するとされる。

  • 浄土真宗の法事は遺族など残された人が故人を思い、仏に感謝する場である。

  • 法事には大きく分けて忌日法要と年忌法要がある。

  • 宗派によって仏壇の設え、お供え物の盛り方が異なるため、注意が必要。

  • 浄土真宗本願寺派のお焼香は1回のみ、合掌礼拝はしない。

最初に述べたとおり、全部を頭から覚えて完璧にするのは大変ですし、またこれらの作法を完璧にすることが目的でもありません。
浄土真宗で大事なのは、故人へのご縁に感謝し、仏様に心から向き合うことです。

無理なく続けられる形で、法要を行なっていきましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像
    浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

    お盆は先祖の霊が帰ってくると言われています。しかし各宗派によってお盆に対する考え方・過ごし方は様々です。浄土真宗のお盆では、盆飾りの飾り方やお布施の金額などにどのような特徴があるのでしょうか?浄土真宗の、他の宗派とは大きく異なる点を解説していきます。

  • 浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!のサムネイル画像
    浄土真宗の初盆には何を準備する?お供え物や灯篭についても解説!

    浄土真宗の初盆には何を準備したらよいのでしょうか。同じ初盆でも浄土真宗の初盆は他の宗派と違いがあるようですので、準備の仕方も何をどう準備したらよいか心配ですね。この記事では、浄土真宗の初盆について、初盆までの流れや、お供え物、灯篭も含め分かりやすく解説します。

  • 浄土真宗での四十九日法要の意味とは?法要の流れや中陰壇も解説のサムネイル画像
    浄土真宗での四十九日法要の意味とは?法要の流れや中陰壇も解説

    四十九日法要とは亡くなった方が成仏して生まれ変わる節目となる大切な行事です。一方、浄土真宗では誰もが死後に成仏するという考え方に立つことから、四十九日の意味も非常に特徴的です。浄土真宗での四十九日について見ていきましょう。

  • 浄土真宗のお盆の流れは?浄土真宗の教えやお布施ついても解説しますのサムネイル画像
    浄土真宗のお盆の流れは?浄土真宗の教えやお布施ついても解説します

    浄土真宗のお盆は、どのように迎えたらよいのでしょうか。 他の宗派と違うところがあるのでしょうか。 お盆の迎え方や、何をどのように準備してよいか分からないという方も多いでしょう。 浄土真宗のお盆について、浄土真宗の教えやお盆の流れなどを含めて分かりやすく解説します。

  • 初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説しますのサムネイル画像
    初盆のときの浄土真宗の飾り付けとは?大谷派など宗派別に解説します

    浄土真宗の初盆のときの飾り付けは、どのようにしたらよいのでしょうか。 初盆の祭壇の飾り方や迎え方もどのようにしたら良いのでしょうか。 今回の記事では、初盆のときの浄土真宗の宗派別の飾り付けについて、お布施なども含め分かりやすく解説します。

  • 浄土真宗の法事はどんなものがある?準備の仕方やマナーなどを解説!のサムネイル画像
    浄土真宗の法事はどんなものがある?準備の仕方やマナーなどを解説!

    浄土真宗は仏教の中でも変わった存在であり、法事も他から見ると独特なものとなりやすいです。浄土真宗の中での宗派も多いので、作法も一概にはいえず複雑です。今回の記事では浄土真宗の法事について、準備の手順やお布施・服装に至るまで全容を細かく解説します。

  • 法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介のサムネイル画像
    法事で飾る祭壇について解説します!お供え物や飾り方までご紹介

    故人の亡くなった後の節目に行う儀式のことを法事といいますが、法事の場において欠かせないものの1つに祭壇があります。祭壇にはさまざまなお供え物や飾りをお供えしますが、一方でその種類が多岐にわたるため、一見準備する方が大変です。今回は法事の祭壇について解説します。

  • 浄土真宗大谷派の教えとは?|歴史・お仏壇・おつとめ・お墓のサムネイル画像
    浄土真宗大谷派の教えとは?|歴史・お仏壇・おつとめ・お墓

    浄土真宗は親鸞によって開かれ、阿弥陀如来を本尊とします。関が原の戦いを経て、現在の浄土真宗本願寺派と真宗大谷派に分かれました。真宗大谷派は京都の東本願寺を本山とします。真宗大谷派の教えと歴史、お仏壇、おつとめの作法やお墓について調べてみました。

  • 作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょうのサムネイル画像
    作る?作らない?浄土真宗での位牌の扱い方を学びましょう

    日本国内で信徒さんが一番多い浄土真宗。教えや年忌法要など他宗派と違う仏事があり、中でも位牌の扱いが違います。位牌は用いず過去帳を使用します。しかし、昨今では、位牌を希望するご遺族の方も多くなっています。今回は、浄土真宗の位牌に関する扱い方をお伝えします。

  • 南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説のサムネイル画像
    南無阿弥陀仏の意味は?浄土真宗のお経を解説

    浄土宗系、浄土真宗系で、「南無阿弥陀仏、南無阿弥陀仏……」と、僧侶のあげるお経に合わせ、仏壇の前で、お念仏を唱えている方も多いと思います。子供のころから聞き、親しんでいるだけで、その意味をご存知の方は少ないでしょう。浄土真宗とお経からその意味を解説します。

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事