法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!

法事のお供えにおすすめの果物って?選び方や金額費用をご紹介!

法事でお仏壇に果物がお供えされているのを見たことがある人は多いでしょう。しかし、いざ法事に果物を準備しようと思うとお供えの果物の種類や金額など色々と分からないことは多いと思います。そこで今回記事では法事のお供えの物果物について解説いたします。

最終更新日: 2020年09月08日

法事のお供えの果物について

仏壇

法事の際に果物が、お仏壇にお供えされているのを見たことがある人は多いでしょう。
仏教では果物を仏様やご先祖様にお供えするのが良いといわれています。
しかし、いざ自分で法事の果物を贈ろうと思っても、果物の種類や金額など分からないことも多いのではないでしょうか?
そこで今回「終活ねっと」では法事のお供えの果物について解説いたします。

  • 法事のお供え物の果物の選び方について

  • 法事のお供えにおすすめの果物は?

  • 法事のお供えの果物の購入場所は?

  • 法事のお供えの果物の金額相場について

  • 法事のお供えの果物ののしの書き方は?

  • 法事のお供えの果物の渡し方について

  • お寺での法事には果物は持参すべきかどうか

記事の後半ではお供えの果物ののしの書き方や渡し方などマナーについても詳しく説明します。
どうぞ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

法事のお供えの果物の選び方

仏壇

それではまず、法事のお供えの果物の選び方について見ていきましょう。
厳密なルールはありませんが、法事向きの果物の選び方のポイントがあります。

なぜ果物をお供えするの?

まずなぜ果物をお供えするかについて見ていきましょう。
仏教では、「香」「花」「灯明」「水」「飲食」が基本のお供え物といわれ「五供(ごくう)」と呼ばれています。
飲食供養をし、同じものをいただくことにより仏様やご先祖様と私たちのつながりを表すことになります。
また食事がとれるのは、日々仏様やご先祖様が私たちが無事に暮らせるよう見守っていてくれるからです。
この感謝と敬意を表すためにも飲食供養をします。

果物に限らず、ご飯やお餅・お菓子・故人の好きなものなどを、飲食供養としてお供えするのが良いといわれています。
仏教では、肉や魚など殺生をしたもの以外なら何でもお供えすることができます。
また果物は、色も鮮やかなものが多いことからお仏壇回りを華やかに見せてもくれます。

法事のお供えに向いている果物とは?

法事にお供えする果物の種類については特に決まりはありません。
故人の好きだった果物や季節の果物中心にお供えすると良いでしょう。

ただし、法事後は果物は法事の参列者全員で食べるのが供養になるといわれています。
その場ですぐに食べる場合もありますが、参列者が持って帰る場合もあります。
このため、長時間お供えしていても傷みにくい果物や、持ち帰りやすく分けやすい果物も法事のお供えには向いています。
1種類の果物を1つだけお供えするのも良いですが、複数の果物がたくさん入った果物の箱詰めや籠盛りは分けやすく、法事にはおすすめです。

法事のお供えにおすすめの果物

困った人々

続いて法事に向いている果物の種類をご説明します。
比較的入手しやすい果物から、贈答用としても多く出回る果物まで様々な種類を見ていきましょう。

バナナ

バナナは暑い時期以外は、変色もあまりなくお供えしやすい果物です。
また通年入手しやすいこと、房状で分けやすい点もお供え向きです。
さらに比較的安価で常備している人が多い果物のため、法事後に分けると喜ばれやすい果物でもあります。

暑い時期にはシュガースポットという茶色い斑点がでやすくなります。
シュガースポットが出ると甘みが増しますが、すぐに完熟して痛みが早くなります。
暑いお盆には、お供え用の青バナナも販売されます。
青バナナは熟していないため、傷みにくいといった利点があります。

りんご

りんごの旬は10月~12月が主です。
しかし収穫後、3ヵ月以上貯蔵が可能なため長期間出回ります。
常温で置いてもあまり変色がありません。

りんごは美味しく昔から人気があります。
しかし近年の健康ブームからリンゴをジュースにして飲む人が増えており、年々人気が高まってきている果物でもあります。
またりんごは小型で持ち帰りやすい大きさという点でも人気です。
このため、法事のお供えにりんごはよく用いられます。

ぶどう

ぶどうにはデラウェアのような種がなく小粒なものや、巨峰やマスカットのように種があり大粒のものなどたくさんの種類があります。
ぶどうの旬の時期は、主に7月~9月ですが種類により旬の時期は異なります。

ぶどうには、法要や祥月命日など特別な日にぴったりの贈答用も多く出回っています。
もちろん、日常的なお供えに向いている安価なものもあります。
このような価格帯の豊富さもぶどうの魅力です。

メロン

高級な果物のイメージのメロンですが、最近では比較的安価なものも出回っています。
しかし、やはり贈答用として用いられる場合が多いです。
温室メロンは通年入手できますが、露地物のメロンの旬は5月~7月です。

メロンであれば仏前に1つお供えするだけでも、豪華になります。
また法事後にその場で参列者に切り分けて出すにもぴったりの果物です。

季節感のある果物

近年では、温室や栽培技術の発達によりほとんどの果物を通年目にするようになりました。
しかしそれでも季節を感じさせる果物は多くあるものです。
季節感のあるその時期ならではの果物も珍しく法事のお供えには喜ばれるでしょう。

春の果物

例えば春はイチゴやサクランボ、夏ミカンです。
イチゴは水分が多いため長時間のお供えには向きませんが、法事の間だけならお供えしても問題ないでしょう。
サクランボや夏ミカンは小分けしやすいことや持ち帰りやすい点がお供えには向いています。

夏の果物

初夏にはが出始めます。
桃は高級品種も多くあり贈答用も豊富です。
また果実ではありませんが夏にはマクワウリやスイカもお供えには人気です。
スイカを法事後に参列者全員で食べるのも良いでしょう。

秋の果物

秋にも柿や梨、イチジクなど季節感のある果物がたくさんあります。
このような果物を入れてもらい、果物のお供え用の箱詰めを作ってもらうのもおすすめです。

冬の果物

冬はミカンなどの柑橘類が最盛期を迎えます。
ミカンなどは好む人が多く、参列者に分けやすいお供え向きの果物です。

果物の個数

お供えの果物の個数についてですが 偶数より奇数が良いという意見もあります。
偶数は割り切れるため、ご先祖様や仏様との縁が切れるにつながるという見方からです。
もし施主ご家族が、果物の個数を気にされるのであれば、奇数にした方が良いでしょう。

しかし、実際には偶数でも奇数でもどちらでも良いことがほとんどです。
予算などに合わせて果物の個数を選びましょう。
ただし、4つや9つは「死」と「苦」に通じるとされ、贈る場合には避けた方が無難です。

法事のお供えの果物はどこで買う?

お金

法事のお供え物の果物は青果店のほか、スーパーや通信販売などでも購入することができます。
お供え用だからといって、専門店で買わなければならないということはありません。
スーパーなどでも、きちんと贈答用にのし紙と包装をしてもらえます。

お盆や年末などお供え物が必要な時期には、スーパーや青果店の店頭に果物の箱詰めや籠盛りが並びます。
こういった店頭商品からお供え用の果物を選ぶのも良いでしょう。

それ以外の時期であれば、予算に応じて果物の箱詰めや籠盛りを作ってもらうことができます。
入れてほしい果物がある場合は、仕入れの関係もあるため、前もって予約することがおすすめです。

法事のお供えの果物の金額相場

困った人々

法事の際のお供えの果物の金額相場についてご説明します。
法事に参列する人が果物のお供えを持っていく場合についてまず見ていきましょう。
参列者がご霊前とお供え物、両方準備する場合はお供え物の金額は3000円~5000円が良いでしょう。

通常、施主はあらかじめ参列者が包むご仏前の相場を目安に返礼品を用意しています。
しかし、参列者がご仏前のほかにあまりにも高額な果物をお供えした場合は後日施主がお返しをすることもあります。
このような気遣いをさせないためにも、お供え物果物はあまり高額ではない方が良いです。

次は法事に参列しない人や、参列者でもご仏前を包まない人の金額についてです。
この場合は故人との間柄に応じ、5000円~1万円の果物のお供えをするのが一般的です。

5000円でも果物の籠盛りなどであれば果物の点数も多く入り、かなり豪華になります。
また贈答用の高級ぶどうやメロンも5000円前後から良く販売されています。
1万円ほどになると高級な果物も入った果物の籠盛りや箱詰めができるでしょう。

法事のお供えの果物ののし

人々

法事で果物をお供えするのであれば、のし紙などの体裁も大切です。
こちらでは法事の際の果物にかけるのし紙を見ていきましょう。
果物を箱詰めにするか籠盛りにするかで体裁がやや違ってきます。

水引

果物が箱詰めの場合は、水引が印刷されたのし紙をかけます。
この場合の水引の色は法事用のため白黒の結び切りが一般的です。
関西地方などでは水引に黄白が使われることもあります。
お住いの地域の慣習に合わせて水引の色を選びましょう。

籠盛りの場合は、のし紙がかからないため、代わりにリボンがかけられます。
このリボンの色は白黒や黄白、銀、白、紫などが多いようです。

表書き

のし紙の表書きは御供や御霊前、御仏前となります。
御霊前は四十九日の忌明け前、御仏前は忌明け後に使います。

果物のお供えだけを贈る場合は「御供」や「御仏前」、「御霊前」どちらでも良いです。
お金も一緒に包む場合は、お金に「御仏前」もしくは「御霊前」、果物に「御供」とし区別したほうが良いでしょう。

果物の籠盛りであっても箱詰めであっても表書きに変わりはありません。
しかし、箱詰めと違って籠にはのし紙かけることができません。
その代わり、籠盛りの場合は短冊を付けます。
短冊に表書きや贈り主の名前を書きます。

名前

水引の下に贈り主の名前を入れます。
贈り主が1人の場合はその人の名字のみ、またはフルネームを入れます。
親戚同士など名字が同じ人が多く集まる法事では、下の名前だけでも良いようです。

ご夫婦など同一名字の方々が名前を入れる場合は、男性がフルネーム、女性が名前を入れるのが一般的です。

会社の有志や友人同士など3名以上が名前を入れる場合は、場合によっては個人すべての名前を入れません。
3~4名の名前であれば、のし紙に全員の名前をバランスよく書けます。
しかしそれ以上となると「友人一同」や「〇〇会社〇〇部一同」などとした方が見栄えが良いでしょう。
また短冊の場合は書くスペースが限られているため、3名以下でも「〇〇一同」の方が良い場合があります。

内のし・外のしについて

のし紙のかけ方には内のしと外のしがあります。
内のしは、のし紙の上に包装紙をかけます。
包装紙をとかない限り、のし紙は外から見えません。
外のしは、包装紙の上からのし紙をかけるため、送り主の名前がすぐに見えます。

果物のお供えに内のしと外のし、どちらが良いかはあまり厳密な決まりごとはありません。
ただし、手渡す場合は送り主を分かりやすくするため、外のしを使うことが多いようです。
郵送の場合は、のし紙が破損しないように内のしにする場合が多いようです。

法事のお供えの果物の渡し方

人々

法事のお供えの果物の渡し方について見ていきましょう。
せっかく準備したお供えの果物です。
最低限のマナーを押さえて渡すと、相手もより喜ばれるでしょう。

渡すタイミング

法事に参列するのであれば、法事開始前に渡すようにしましょう。
袋やパックに入った果物であれば、施主ご家族に盛り付けをお願いしなければなりません。
その時間も考慮し、早めにご家族にお渡ししましょう。
またそういった手間をかけたくないのであれば、そのまま飾れる果物の籠盛りがおすすめです。

法事に参列しない人が果物を贈る場合は前日までに届くようにしたほうが良いでしょう。
法事当日は何かと施主は忙しいものです。
また法事をご自宅で行わないご家庭もあるため、当日では受け取りが困難なこともあります。

事前に果物を贈ったことを施主に伝え、受け取り時間などを調整してもらいましょう。
傷みにくい果物を選んだとしても、夏の暑さや梱包などが想像以上に果物にダメージを与える場合があります。
より良い状態で果物を受け取ってもらえるよう連絡はしておかれるのがおすすめです。

渡し方

お供えの果物の渡し方ですが、施主に手渡します。
または「仏壇にお供えしてもよろしいでしょうか」と一言施主に声をかけ仏前にお供えします。
施主に声をかけることが大切で、勝手に果物をお供えするのは避けましょう。

施主に手渡す場合は、玄関で立ったまま渡すことはせず、部屋に通されてから渡します。
紙袋や風呂敷に果物が入っている場合は、出しましょう。
のし紙の字が施主から読める方向にして一言「ご仏前にお供えください」と添えてお渡しします。
渡し終えたら果物が入っていた紙袋や風呂敷はたたみ、送り主が持ち帰るようにします。

お供えの果物の飾り方

果物の飾り方ですが、籠盛りの場合ならそのまま飾ることができます。
短冊やかごの正面が参列者側に向くように置きます。

箱詰めの果物の場合は、のし紙の文字が参列者から読める方向になるように置きます。
また、法事当日に贈られた箱詰めの果物ならそのまま飾っても良いでしょう。
しかし、それ以前に贈られた果物は傷み防止のためにも、早めに箱から出した方が良いです。

箱から出した果物はお皿や供物台・高杯に入れて仏前にお供えします。
お皿や供物台に直接果物をのせることもあります。
または、お皿や供物台に折り畳んだ半紙を置き、その上に果物を飾ります。
この時の果物の置き方や果物のへたの向きなどには決まりはありません。

果物を飾る場所ですが、仏壇の中段にお供えします。
またはお供えの果物が大きいときは仏壇の手前に置くこともあります。
その場合は、供物机があればその上に、なければお盆や敷物などの上に置きましょう。
床に直接お供え物を置くのはできるだけ避けましょう。

法事をお寺で行うときに果物は持参する?

困った人々

お寺で法事を行うときのお供えの果物ですが、必要かどうかはお寺に確認した方が良いでしょう。
法事に必要なものをすべて指定するお寺もあれば、施主にすべてを任せるお寺もあります。
また法事後のお供えの果物を施主に持ち帰るように言うお寺もあれば、そのまま本堂にお供えするお寺もあります。

もし、お寺にお供え用の果物を持っていくのであれば、5000円~1万円程度の果物を準備するご家庭が多いようです。

法事のお供えの果物についてのまとめ

仏壇

いかがでしたか?
法事のお供えの果物について解説してきました。
今回「終活ねっと」が解説した内容は

  • 法事のお供えの果物の選び方に決まりはないが、長持ちし皆で分けられるものが良い。

  • 法事のお供えにおすすめの果物にはバナナやりんご、ぶどうやメロンなどがあり、これらを数種類組み合わせた果物の籠盛りや箱詰めもおすすめである。

  • 法事のお供えの果物は、青果店のほかスーパーや通信販売で購入しても問題ない。

  • 法事のお供えの果物の金額相場は5000円~1万円であり、御仏前を包むかどうかで金額を変えると良い。

  • 法事のお供えの果物ののし紙は黒白または黄白の水引を使い、「御供」や「御仏前」、「御霊前」が表書きとなる。

  • 内のしか外のしかの厳密な決まりごとはない。

  • 法事のお供えの果物は持参するのであれば法事当日、郵送であれば法事前日に渡すのが良い。

  • 法事のお供えの果物を勝手に仏壇にお供えすることはせず、施主に一言声をかけるか施主に手渡すのが良い。

  • お寺で法事がある場合はお供えの果物がいるかどうかお寺によって違うため、問い合わせたほうが良い。

以上のことが中心です。
この記事が法事のお供えの果物の選び方のご参考になれば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

また「終活ねっと」では、法事の流れや所要時間について詳しい記事もご用意しています。
法事についてより詳しく知りたい方は下記記事もどうぞご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事