法事にお供えする花の選び方を知ってますか?金額相場や贈り方も解説

法事にお供えする花の選び方を知ってますか?金額相場や贈り方も解説

法事の際にお供えする物の中でもお花は欠かせないものの1つといえます。ただ、お花にも種類はいろいろあり、特に持参する方にとってはどの種類をお供えすれば良いか悩みどころではないでしょうか?今回は法事でお供えするお花の選び方について見ていきましょう。

最終更新日: 2020年09月08日

法事にお供えする花について

葬儀

私たちは人生の中で割と法事を主催したり、あるいは参列したりする機会が多いです。
主なものを挙げていきますと、葬儀や四十九日法要、年忌法要などがその代表例といえるでしょう。
お墓参りまで含めると、1年に何度か法事の機会を持つということになります。

さて、法事で不可欠なものの1つがお供え物です。
中でも、お花は法事が行われる祭壇や仏壇、お墓を彩るとともに、その香りを仏様やご先祖様に届けるためのものといえるでしょう。

しかし、皆さんご存知のように、一言でお花といっても非常に多くの種類があることから、特に持参する側としてはどのようなお花をお供えすれば良いか悩む場合もあります。
そこで今回「終活ねっと」では、法事の際にお供えするお花の選び方についてご紹介していきます。

  • 法事でお供えするお花の金額相場はいくら?

    法事でお供えするためのお花を用意する際の一般的な金額相場についてご紹介します。

  • 法事にお供えするお花を選ぶ際ののポイントとは?

    法事でお供えするお花を選ぶ際に心掛けたいポイントについて、詳しく見ていきましょう。

  • 法事に適したお花の種類とは?

    法事でお供えするのに適切なお花の種類で代表的なものをご紹介いたします。

  • お供えするお花の贈り方とは?

    お花をお供えするお花を贈る場合、どのようなやり方をとれば良いかをご説明します。

  • お花に添えるメッセージカードの例文について

    お花に添えるメッセージカードの適したメッセージ例をご紹介します。

近くに法事があってお花をお供えする予定のある方にとって役立つ情報をまとめましたので、ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

法事にお供えする花の金額相場

お金

法事の場にお花をお供えするとなると、まずはお花屋さんなどでお花を購入することになるでしょう。
その際に、事前にお供え用のお花に必要な金額の相場を知っておくと便利です。

基本的には3千円から1万円の範囲が一般的な相場となります。
具体的な相場は法事の種類にもよりますが、葬儀の場合で1万円前後、お盆や四十九日、一周忌などの年忌法要で5千円から1万円という具合です。
中には、お彼岸のように3千円から5千円と比較的安い場合もあります。

もちろん、地域によって金額は多少変わって来る場合もありますので、事前にご近所の方に聞いておくなどしておいても良いでしょう。

法事にお供えする花を選ぶポイント

葬儀

法事の際にお供えするお花の種類を選ぶ際にはどのような点を心がけるべきでしょうか?
ここでは、お供えのためのお花を選ぶ際に役立つポイントについて詳しく見ていきましょう。

棘のある花や香りが強い花は避ける

法事の際にお供えするお花については、どの種類を選んでも良いわけではありません。
実は古くから仏教では、お供えにふさわしくないお花の種類にまつわる決まりがあります。

具体的には棘のある種類(バラやアザミ)や香りの強いお花、毒のあるお花(スイセンやヒガンバナ、アジサイ)、ツルのあるお花などです。

これらの種類を避けるべき理由としては、お供えしたお花は直接仏様やご先祖様の元に届くとされている理由があります。
言い換えれば、とげのあるものや毒のあるものがそのまま仏様やご先祖様の前に差し出されるということで、不快な気持ちにさせないようにこれらの種類のものは避けるべきというのが理由です。

49日までは白の花でまとめる

また、お供えのお花は故人の49日が過ぎるまでは白色のものにまとめるというしきたりがあります。
これは、白色は故人が亡くなったことに対する悲しみを示す色とみなされているためです。

もし、白色のほかに別の色のお花を加えたいということであれば、青色や紫色のものであれば問題はありません。
一方、赤色のような明るく派手な色合いのお花は、七周忌になるまで避けましょう。

下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

故人が好んでいたお花の種類でも良い

このほか、生前に故人が好んでいた種類のお花をお供えしても問題はありません
むしろ、故人が好んでいた種類のものをお供えする方が、故人が喜ぶだけではなく、ご遺族にとってもお供えした方の誠実さが伝わるためと好印象といえるでしょう。

しかし、故人が好んでいたお花の色が白色や青色、紫色のもの以外の場合は、49日を過ぎてからお供えするのが無難です。
もちろん、故人が生前好んでいた種類のお花が白色や青色、紫色の場合は49日を過ぎる前であってもお供えして問題はありません。

法事に適した花の種類

葬儀

それではここから、より具体的に法事でお供えするのにふさわしいお花の種類について見ていきましょう。
実際に法事の際に持参するうえで、お役に立てていただければ幸いです。

法事の際にお供えするお花として一般的で、日本人に親しまれている種類が菊です。
色合いは白色や黄色といった、まさにどのような法事の場にも似合うものが多く、法事の場に最もぴったりの種類といえるでしょう。

花言葉は高尚・高潔・高貴であることから、故人を悼みつつ、尊敬の気持ちを示すにはうってつけです。
また、古くから魔除けの力があるとされているため、故人の霊などに邪悪なものが憑りつくのを防いだり、清々しく程よい香りを発するという点でも好まれます。

ユリ

ユリもまた法事の場ではよくお供えされる種類のお花です。
特に49日以前であれば、白色のユリ(白百合)がお供えされる様子が多く見られます。

本来はキリスト教式のお悔やみごとで定番のお花とされていたため、仏式の法事だけではなくキリスト教式のお悔やみごとでも適している種類です。
花言葉は純潔・無垢・威厳で、故人の最期に対して心から哀悼の気持ちを示したり、場の雰囲気を厳粛なものにしたりするうえで適しています。

なお余談ですが、ユリは花言葉に「純潔」と付いていることから、お悔やみごとだけではなく結婚式のブーケにも使われる種類です。

トルコキキョウ

非常に優美な見かけであることから優美・清々しい美しさといった花言葉を持つのがトルコキキョウで、こちらも法事ではよくお供えされる種類です。
実はトルコ原産ではなく、むしろトルコ人がターバンを巻いたさまをほうふつとさせるためこのような名前があります。

さらに白色のものは「良い語らい」、紫色のものであれば「希望」といった前向きな花言葉もあります。
このため、故人に対しても前向きな気持ちで供養するうえでぴったりのお花です。

カーネーション

毎年5月に迎える母の日で、子どもがお母さんにプレゼントするので有名なカーネーションですが、実は法事の際にお供えするお花の種類としても有名です。
花言葉には「真実の愛」や「無垢で深い愛」など愛にまつわるものが多く、故人に対する愛情を示すためにはうってつけといえます。

また永遠の幸福という花言葉もあることから、死後の世界に旅立った故人がずっと幸せに過ごすことができるように願う意味も込められている種類です。
このように非常にポジティブな花言葉があるうえ、花の色も白色のほか青色や紫色が主であるため、どのようなお悔やみごとにも使うことができます。

お供えの花の送り方

葬儀

お供えするお花を選んだものの、都合が悪くて法事に参列できないという場合もあるでしょう。
そのような場合の適切な送り方についてご紹介いたします。

家に送る場合

まず、法事を行う方のご自宅に送る場合は、法要が行われる前日の夕方か当日の早い時間帯に届くようにすることが大切です。
法要が始まったタイミングや行われている最中に届くことは、逆に相手方の家の方の負担を増やしたり、気を遣わせたりしてしまいかねません。

また、事前にどの日にちや時間帯にご在宅なのかも確認しておきましょう。
いくら送ったとはいっても、不在であった場合はそのまま返送されてくることが一般的であるためです。

さらに、当日配送の場合は途中の交通状況により、法要の時間に間に合わないこともありますので、なるべく前日に届くようにするなど時間に余裕をもって送りましょう。

お寺に送る場合

一方、法事の場所がお寺である場合は、最初に会場となるお寺に連絡して確認することが大切です。
事前連絡をしておくことで、送ったお花の受け取りがスムーズにできるようにするコツといえます。

そして、配達票に記す送付先の住所についてはお寺宛(お寺の住所・名前)にしたうえで、宛先人の名前は法事の施主もしくは施主のご家族宛としましょう。

花に添えるメッセージカードの例文

葬儀

お供えのお花には、一言記したメッセージカードを添えておくと、お供えした側の誠実な気持ちが伝わるでしょう。
もちろん、メッセージの内容は相手方が行う法事の内容にもよるため、その場に適した書き方をすることが大事です。

そこでここでは、お供えするお花に添えるメッセージカードの文例をいろいろとご紹介していきます。

葬儀など四十九日前

○○様のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
突然のことで言葉も見つからないほどに悲しい気持ちです。心よりのご冥福をお祈り申し上げます。
○○様のご逝去の報に接し、胸が張り裂けんばかりの思いです。心よりお悔やみ申し上げます。

四十九日

心ばかりのお花を送らせていただきました。謹んで○○様のご冥福をお祈りいたします。
○○様の四十九日法要にあたり心ばかりのお花をお送りさせていただきました。どうぞ御仏前にお供えくださいませ。

下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

年忌法要

早いもので1年経ち、あらためて○○様のご冥福をお祈り申し上げますとともに、ご家族の皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。
故人の在りし日をしのびつつ、ご冥福をお祈りいたします。なにとぞ御仏前にお供えください。

法事にお供えする花のまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、法事の際にお供えするお花の選び方について見てきました。
今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • 法事にお供えするお花を用意する際の金額相場は、5千円から1万円が一般的である。
    ただし、法事の種類によっては金額が前後する。

  • 法事でお供えするお花を選ぶ際のポイントとして、棘のある花や毒のある花、香りのある花などふさわしくない種類のものは避ける。
    また、49日が過ぎるまでは白色または青色や紫色のお花でまとめるようにする。
    なお、故人が生前好んでいたお花をお供えするというのもおすすめである。

  • 法事に適したお花の種類として、菊やユリ、トルコキキョウ、カーネーションが挙げられる。

  • お供えのお花を送る際は、家に送る場合は前日の夕方または当日の早い時間帯に送ることや、相手方のお宅の方が在宅している時間を確認しておくという点を心がける。
    お寺に送る場合は、事前にお寺側に確認の連絡をしておくことや、送付先住所と氏名に注意するという点に気を付ける。

  • お花に添えるメッセージカードの文は、法事の内容に合わせて、故人を悼んだりしのんだりする気持ちやご家族の健康を祈る気持ちを記すと良い。

法事でお供えするお花を選ぶ際のポイントとして、毒やとげのある種類など不適切なものを選ばないことや49日前は白色のお花でまとめる点、故人が生前好んでいた種類を選ぶ点が挙げられます。
選び方さえ気を付けていれば、適切なお花をお供えすることができるため、ぜひともご活用いただければ幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事