法事で仏壇に供えるお膳ってどんなの?献立や宗派ごとの違いを解説!

法事で仏壇に供えるお膳ってどんなの?献立や宗派ごとの違いを解説!

ご先祖様を供養するために行われる法事ですが、その際に欠かせないお供えの1つがお膳です。お膳についてはさまざまなマナーがあるうえ、宗派によって細かい違いがあるため、気を遣うところといえるでしょう。そこで今回は、法事の際のお膳にについて見ていきましょう。

最終更新日: 2020年09月08日

法事のお膳について

仏壇

私たち日本人はご先祖様の存在を非常に大切に考えることから、日本の文化にはさまざまな種類の法事が存在します。
代表的なものとしては、葬儀や四十九日法要、年忌法要(一周忌や三周忌など)、お盆の法要などさまざまです。

さて、法事の際には仏壇や祭壇などに多くのお供え物をお供えすることで、仏様やご先祖様への感謝と尊敬の気持ちを示して供養します。
そして、数あるお供え物の中でも非常に重要かつ不可欠な存在の1つに数えられるのがお膳です。

お膳は仏様やご先祖様のためにお供えするお食事のことですが、実はその作法については非常に様々なマナーが存在し、宗派によっては細かい違いもあります。
特に不慣れな方にとっては、お膳にまつわる作法で困惑する場合も多いでしょう。

そこで今回「終活ねっと」では、法事の際にお供えするお膳について以下の構成でいろいろと見ていきます。

  • 法事の際にお供えするお膳とはどのようなもの?

    法事の際に仏壇などにお供えするお膳がどのようなものなのかについて見ていきます。

  • 法事にお供えするお膳(霊供膳)の料理とは?

    法事の際にお供えするお膳(霊供膳)がどのようなお料理なのかについて詳しくご紹介していきます。

  • 法事にお供えする霊供膳を並べる作法とは?

    霊供膳の並べ方にまつわる作法について詳しく見ていきます。
    あわせて、宗派ごとの違いについてもご紹介します。

  • 法事でお供えする霊供膳を下げるには?

    お供えした霊供膳は最後にはお下げしますが、その際の作法についてご説明します。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

法事でお供えするお膳は、様々なマナーや宗教によって細かい違いがあります。
法事の際にお供えするお膳について不慣れな方や、全くわからないという方にとってもわかりやすく理解しやすいようにまとめてありますので、最後まで読んでいただければ幸いです。

お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

法事のお膳とは?

仏壇

まず最初に、法事の際にお供えされるお膳についてどのようなものなのかを見ていきましょう。

法事で仏壇に供えるお膳は霊供膳

法事の際に仏壇にお膳がお供えしてあるのを見かけたことのある方は多いでしょう。
お供えされるお膳は、正式には霊供膳(りょうぐぜん)と呼ばれ、ご先祖様の命日やお盆などに法事を行った際にご先祖様に召し上がっていただくお料理としてお供えされます。

霊供膳をお供えすることは、お花やお線香などといったほかのお供え物と同じようにご先祖様を供養し、冥福を祈ることが目的です。

ちなみに、霊供膳をお供えするために使われる器は「仏飯器(ぶっぱんき)」といい、私たちが普段の食事に使うような食器よりも一回り小さいという特徴があります。
仏飯器はふたとセットになっており、仏具店で購入することができるほか、最近ではアマゾンなどのネット通販を通じて入手することも可能です。

霊供膳の意味

それでは、私たちは何のために法事の際に仏様やご先祖様に対して霊供膳をお供えするのでしょうか?
普通に考えてみると、肉体を持たない仏様やご先祖様がお膳の上に用意された食事を口にして飲食することはおろか、お箸を手に取ることさえも不可能です。

実は霊供膳をお供えする真の意味は、仏様やご先祖様をお料理でおもてなしすることで、感謝と供養の気持ちを示すという点にあります。
より正確には、仏様やご先祖様にお料理の香り(湯気)を楽しんでいただき、お下げした後で私たちが召し上がることでともに食事を分かち合うというのが実際の方法です。

2つ用意する意味とは?

霊供膳については、地域や宗派、お寺によっては2つ用意してお供えする場合もあります。
仏壇にお供えするということであれば1つだけで十分なはずですが、なぜわざわざもう1つ用意するのでしょうか?

実は2つのうち1つはそのままご先祖様のために用意するものですが、もう1つは無縁仏となっている方のためのものとされています。
無縁仏というのは、亡くなった後に供養してくれる方が誰もいない故人のことで、お供え物をいただくことがないために常におなかをすかせ、のども乾いている状態です。

このため、地域によっては霊供膳を1つだけ用意したのでは、たちまち無縁仏の方がやってきて食べてしまうために、逆にご先祖様が料理を召し上がることができないと考えられます。
そこで、無縁仏の方が来ても大丈夫であるように、予備としてもう1つ霊供膳を用意してお供えするというやり方です。

ただし、地域や宗派、お寺によっては2つ用意したうちの1つはご先祖様用、もう1つは仏様用と考える場合もあります。
いずれにしても、用意すべき霊供膳の数やその理由について詳しいことは、ご自身のご近所の方やお寺の方などに確認しておくと良いでしょう。

法事に供える霊供膳ってどんな料理?

仏壇

法事の際に仏壇などにお供えするお膳である霊供膳について、大体ご理解いただけたのではないでしょうか?
上記の情報を踏まえまして、ここでは霊供膳でお供えされるお料理がどのようなものかについて、詳しくご紹介していきます。

霊供膳は精進料理

霊供膳としてお供えされるお料理は、精進料理であることが原則です。
精進料理とは、仏教の教えの中にある不殺生戒(他の人や生き物を殺してはいけないという教え)や煩悩(仏教で心をかき乱すとされる欲望や迷い)を断ち切る教えを示したお料理を指します。

このため、霊供膳のお料理の献立は一汁三菜(汁物1品におかずのお料理を3品という構成、日本料理でも基本とされている)が基本で、これに主食であるご飯を加えた5品構成です。
さらに、上記の仏教の不殺生戒を示したお料理である以上、動物を殺すことで得られる肉や魚、卵などは食べないという点が重要なポイントとなってきます。

野菜など植物にまつわるものが中心になる霊供膳の献立ですが、野菜の方もどの種類のものを使って良いわけではありません。
使われない野菜の代表格にはニンニクやらっきょう、ネギなどが挙げられ、これらの野菜は香りが強いうえ、感情を高ぶらせて負の感情を連想させるとされているためです。

霊供膳の献立

霊供膳を構成する各料理には、それぞれどのような役割や具体的なメニューがあるのかについて見ていきましょう。

飯椀(めしわん)

飯椀には、文字に示す通り主食であるご飯が盛り付けられます。
より正確には白飯ですが、ただ盛り付ければ良いわけではありません。

量は山盛りにしたうえで、上の部分が丸く盛り上がった形になるよう整えたうえでお供えするのがポイントです。

汁椀(しるわん)

こちらには文字通り汁物をお供えします。
汁物にもいろいろありますが、霊供膳においてはお味噌汁やお吸い物をお供えするのが一般的です。

実は、中身の具やダシについても細かい決まりがあります。
中身の具については、豆腐・おふ・油揚げ・わかめ・玉ねぎ・季節ものの野菜(夏であればかぼちゃやなすなど)を入れましょう。

ダシについては昆布など植物由来のものを使います。
カツオなどお魚からとれるだしは、精進料理の基本から外れることですので避けましょう。

平椀(ひらわん)

平椀には煮物料理をお供えします。
主な具材としては、人参・こんにゃく・いも類・しいたけ・油揚げ・高野豆腐・えんどう豆などが挙げられ、そこから3、4種類ほどを選ぶのがポイントです。

なお、煮物に使われるだしについては汁物と同じように、昆布などの植物由来のものを使ってとり、かつおだしなどお魚からは取らないようにします。

高坏(たかつき)

一般の食器ではなかなか見ることのない高坏は、昔の日本では一般的な食器で、長い一本足に平たいお皿が載ったような特徴を持っています。
霊供膳では高坏には漬物料理をお供えするのが一般的です。

漬物料理で具体的なメニューとして、たくあん・キュウリの塩もみ・梅干し・ぬか漬け(ナスやキュウリ、大根など)といったものが挙げられます。
地域によっては奈良の奈良漬けや京都の千枚漬けといった独特なものをお供えすることもありさまざまです。

具体的な作法としては、たくあんなどを2切れお供えするという点が基本です。

壷椀(つぼわん)

壺椀には、和え物料理や簡単な煮物料理など軽めのお料理を盛り付けます。
具体的なメニューは、煮豆(いんげん豆など)・胡麻和え・酢の物などが主なものです。

作法としては、見た目が小さな山のように見えるように、高さを意識して盛り付けましょう。

霊供膳の献立の例

以上が霊供膳のそれぞれの器に盛り付けるべきお料理といえますが、これをもとに基本的な霊供膳の献立について見ていきましょう。

ご飯とお味噌汁(具は豆腐・わかめ・油揚げ、だしは昆布)・煮物(具に人参・じゃがいも・こんにゃく・しいたけ、だしは昆布)・和え物(おひたし)・漬物(たくあん2切れ)が基本的な例です。

また、別の例としてご飯とお吸い物(具はわかめ・おふ)・煮物(具に里芋・油揚げ・高野豆腐、だしは昆布)・和え物(煮豆)・漬物(千枚漬け2切れ)といったシンプルなものもありです。

このほかにもさまざまな組み合わせが考えられますので、ぜひともいろいろとアレンジしてみてください。

法事に供える霊供膳の並べ方

仏壇

霊供膳としてお供えするお料理ができたら、次は並べ方が重要となります。
実は霊供膳のお料理の並べ方にもきちんとした作法があるうえ、宗派によって並べ方に細かい違いがあるため、事前にご自身の家の宗派とそれに即した並べ方を確認しておくことが大事です。

ここでは、霊供膳の基本的な並べ方から宗派ごとの並べ方について詳しく見ていきましょう。

霊供膳の基本的な並べ方

霊供膳の並べ方の中でも基本的なものとしては、飯椀と汁椀の並べ方が挙げられます。
この後見ていくように、宗派によって霊供膳のお料理の並べ方はさまざまですが、飯椀と汁椀についてはどの宗派でも共通していますので、どうぞ安心してください。

さて、飯椀と汁椀の並べ方ですが、実はまったく込み入ったものではなく、普段の私たちの食事の中での並べ方と同じです。
つまり、左側に飯椀が、右側に汁椀が来るという配置になります。

霊供膳の並べ方の宗派ごとの違い

お箸と飯椀、汁椀の基本的な並べ方について見てきたところで、残りのお料理の並べ方を見ていきましょう。
平椀、高坏、壺椀の3種類については宗派によって並べ方がさまざまですので、その違いについて詳しくご紹介します。

また、浄土真宗の場合は考え方の理由から霊供膳をお供えしませんが、それについてもより詳しくご説明していきます。

浄土宗

まず浄土宗の場合は、お膳の左上に壺椀が、右上側に平椀が、そして真ん中に高坏が来るという配置です。

曹洞宗・臨済宗

曹洞宗・臨済宗・禅宗の場合は、お膳の左上に平椀が、右上に高坏が、そして真ん中に壺椀が来るように並べます。

天台宗・真言宗・日蓮宗

天台宗・真言宗・日蓮宗の場合は、平椀が左上、壺椀が右上、真ん中に高坏が来るようにする配置です。

浄土真宗

ここまで説明した宗派ごとの霊供膳の並べ方について見てきて、残るは浄土真宗の場合について見ていくと予想する方も多いでしょう。
実は浄土真宗では、そもそも霊供膳をお供えすることはありません
その理由として、浄土真宗が掲げる教義が背景にあります。

浄土真宗では、亡くなった方は仏様(阿弥陀如来)のお力によってすぐに成仏し、極楽浄土に生まれ変わるという考え方が教義の基本です。
そして、他の仏教宗派と異なりご先祖様の霊を供養したり、冥福を祈ったりするという考え方もありません。

このような理由から、浄土真宗では霊供膳の並べ方の特徴が存在するどころか、霊供膳を並べること自体がありません。

霊供膳は仏様の食べやすい向きに

お料理も完成し、宗派ごとの並べ方を心がけてきたところで、いよいよ霊供膳を仏壇にお供えする段階となります。

まず、お膳の一番手前側にお箸をまず並べましょう。
このとき、お箸は右利きの方を意識した置き方、つまり根元が右側で先が左側を向くような置き方にするのが一般的な作法です。
たとえ、故人が実際には左利きであってもこの作法に基づいて並べるようにしましょう。

そして、霊供膳自体の向きについては、お箸の方が仏壇の奥側を向くように置きます
これは、霊供膳を召し上がるのが仏様やご先祖様であるとともに、仏様などが仏壇の奥側にいらっしゃるためです。
そのことを意識して、お箸の方が奥側に来るように並べることが作法とされています。

法事に供える霊供膳の下げ方

葬儀

霊供膳をお供えした後は、必ずどこかの段階でお下げすることになります。
ただ、読者の方の中には霊供膳をお下げするタイミングやお下げした後どのようにすれば良いのかについて悩む方もいるでしょう。

そこでここでは霊供膳の下げ方や、下げた後のお料理をどのように処理するのかについて見ていきましょう。

霊供膳はいつ下げる?

最初に霊供膳をお下げするタイミングから見ていきましょう。
結論から先に書けば、お供えした霊供膳は遅くともその日のうちにお下げするようにしましょう。
特にお盆の場合は夏場の暑さでお料理が傷みやすいため、冷め始めた段階でお下げします。

先ほども見たように、仏様やご先祖様はお料理から立ち上る湯気を召し上がるため、冷め始めたタイミングというのは、いわば仏様やご先祖様が食事を終えたことを意味するためです。

お下げする際には、手を合わせながら仏壇に向かって「お下げします」と一言お伝えすることを心がけましょう。

下げた霊供膳はどうするの?

霊供膳をお下げした後はどのようにすれば良いかで悩む方も多いでしょう。
基本的にはお下げした霊供膳のお料理はご先祖様や仏様に感謝していただくようにします。
仏様やご先祖様とともにお食事をすることもまた、感謝の気持ちを示すとともに、ご先祖様を供養することでもあるためです。

もし、古くなって捨てるということであれば、塩でお清めしたうえで手を合わせて一礼してから捨てるようにしましょう。
ただ、もしできれば古くならないうちにお下げして召し上がるのが一番の理想といえます。

僧侶の方へのお膳料について

ここまで法事の際にお供えするお膳についていろいろと見てきましたが、「お膳」と非常によく似た言葉に「お膳料」というものがあります。
お膳料は法事などで読経をあげていただいた僧侶の方が、法要後の会食に出席できない場合にお食事の代わりにお渡しする金銭のことで、法事などでお供えするお膳とは似て非なるものです。

金額の相場は5千円から1万円ほどで、包む際には香典袋ではなく白無地の封筒を用意します。
なお、表書きには「お膳料」や「御膳料」と記しましょう。

お渡しの際にはお布施などと一緒にお盆や袱紗に載せた状態で挨拶を添えて渡します。

法事のお膳についてのまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、法事の際に仏壇などにお供えするお膳について、その料理の内容や意味、作法を中心にいろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下の4点のようになります。

  • 仏壇にお供えされるお膳は「霊供膳」と呼ばれ、仏様やご先祖様に対して感謝や供養の気持ちを示すためのお供えされる料理である。
    なお、地域や宗派、お寺によっては2つ用意することもある。

  • 霊供膳は肉や魚を使わない精進料理で、献立は飯椀(白飯)・汁椀(汁物)・平椀(煮物料理)・高坏(漬物)・壺椀(和え物)の5種類が基本である。
    なお、各献立には細かい作法が存在する。

  • 霊供膳の並べ方は基本的にはお膳の左下に飯椀を、右下に汁椀を並べる。
    残りの平椀と高坏、壺椀については宗派によって並べ方が異なるため、ご自身の家の宗派のやり方に即して並べる。

    なお、浄土真宗の場合はご先祖様がすでに極楽浄土にて成仏しているという考え方から、霊供膳をお供えするという慣習自体がない。
    霊供膳をお供えする際には、お箸を飯椀や汁椀の手前に置いたうえで、お箸側が仏壇の奥側に向けてお供えする。

  • 法事でお供えした霊供膳は遅くともその日のうちに、特にお盆の場合は冷め始めた段階でお下げする。
    なお、お下げした後はいただくのが最も理想的な処理の方法である。

    ちなみに、「お膳料」は僧侶の方にお布施とともにお渡しする会食代わりの金銭のことで、霊供膳とは関係はない。

法事でお供えするお膳である霊供膳は、仏様やご先祖様に感謝や供養の気持ちを示すための精進料理で、白飯を主食に一汁三菜を加えた5品からなります。
お料理や並べ方については細かい作法がありますので、それぞれの家の宗派の作法に基づいてお供えするようにしましょう。

なお法事そのものの流れや作法、所要時間などについては「終活ねっと」の下記の記事が非常に参考になりますので、ぜひともお役立て下さい。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事