初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初彼岸の香典の金額相場は?香典の書き方や香典返しについても紹介!

初盆が終われば次は初彼岸です。初彼岸にはお香典は必要なのでしょうか。お香典が必要な場合は、どのくらいお包みするのがマナーなのでしょうか。今回はそんな初彼岸にまつわるお香典のマナーについて解説をさせていただきたいと思います。

最終更新日: 2020年09月08日

初彼岸の香典について

お墓

日本には彼岸と呼ばれる時期が2回あります。
この時期にはお墓のお掃除を丁寧に行ったり、お仏壇を綺麗にしたりと、ご先祖様を大切にする家庭が多いのではないでしょうか。

一体お彼岸とはどのようなことをする日なのでしょうか。
そして初彼岸と呼ばれる彼岸と何か違いがあるのでしょうか。
また、初彼岸の法要に招かれた場合お香典などは必要なのでしょうか。

今回「終活ねっと」では、初彼岸のお香典のマナーについて、解説をさせていただきたいと思います。
彼岸についても解説していますので、知らなかった方にも最適な記事となっております。

  • 初彼岸とはなにか

  • 初彼岸のお香典の金額の相場について

  • 初彼岸のお香典をお渡しするときの注意点

  • 初彼岸のお香典の表書きの書き方

  • 初彼岸のお香典への香典返しはどうすべきか

以上の点を中心に、解説をさせていただきたいと思います。
初彼岸だけではなく、彼岸にも適用できる知識となりますので、ぜひ最後までご一読いただけますと幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初彼岸とは

お墓

まず最初に初彼岸とは一体何なのか、彼岸との違いはあるのかについてご説明させていただきたいと思います。

通常の彼岸との違い

初彼岸とは「はつひがん」と読み、字の如く初めての彼岸という意味になります。
通常の彼岸との違いは初めての彼岸かどうかのみで、やることや迎え方に違いはありません
初盆のように、初盆だから用意しないといけないと言った特別なものもありません。

彼岸は年に二回あります。
一体いつが初彼岸になるかというと、四十九日法要を済ませた後に迎える彼岸が初彼岸となります。
ですから、人によっては春の彼岸が初彼岸になったり、秋の彼岸が初彼岸になったりします。

四十九日法要を迎える前に彼岸が来た場合は、初彼岸とはなりませんから注意が必要です。
親族ならともかく、親族以外の彼岸の把握はなかなか難しいものですが、身近な人が亡くなった時には初盆がいつになるか、初彼岸がいつになるかの確認をしておくと良いでしょう。

今年の春/秋のお彼岸がいつであるか?を知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

初彼岸の期間

気になる初彼岸の期間ですが、通常の彼岸と同じです。
彼岸がいつになるかは毎年3月と9月にある祝日で決まります。
その祝日とは3月の春分の日と9月の秋分の日のことです。

春分の日と秋分の日を真ん中として、前に3日間、後ろに3日間、合計7日間が彼岸の期間となります。
春分の日と秋分の日は毎年日にちが変わりますが、彼岸の日数は変わりません。

春分の日や秋分の日は彼岸の真ん中の日であることから、中日(ちゅうにち)とも呼ばれています。
祝日ですから、主にこの日にお墓掃除をしたり法要を行ったりする人が多いです。
春分の日と秋分の日は、こちらの世界と故人のいる世界がつながりやすいと言われているため、彼岸に供養を行うと言われています。

初彼岸に香典が必要なケース

初彼岸でお香典が必要になる場合はどのような場合なのでしょうか。
まず、初彼岸の法要に招かれた場合、お香典の準備はしておきましょう
また、法要はなくてもその期間に故人の家やお墓に行くことがあるならば、用意しておいたほうが無難です。

初彼岸にはお香典が必要であるとは明確に決められておりません。
法要があれば話は別ですが、法要もないのにお香典をお渡しすると、かえって故人の遺族に気を遣わせてしまう可能性もあります。

法要がない場合であれば、お香典ではなく手土産やお供え物でも結構です。
そうすると遺族も気兼ねなく受け取れますし、故人を思う気持ちに喜んでいただけるでしょう。
また、どうしてもお包みしたい場合は「御供物料」としてお渡しすると良いですね。

初彼岸の香典の金額相場

お金

初彼岸でお香典をお渡しする場合は、一体どのくらいの金額をお包みすべきなのでしょうか。
ここでは初彼岸のお香典の金額の相場について、解説させていただきたいと思います。

一般的な金額相場

初彼岸に法要が行われる場合、お香典をお包みしておいた方が良いです。
その際の金額の相場ですが、大体5千円から3万円となっています。
あなたと故人の関係によって違いが表れますので、もう少し詳細に解説させていただきたいと思います。

まずあなたと故人に血縁関係がない場合でしたが、お香典の金額は5千円から1万円が相場となります。
生前とてもお世話になっていたのであれば、もう少し多めにお包みしても良いでしょう。

血縁関係にあった場合なら、1万円から3万円をお包みするのが相場のようです。
血縁関係が近ければ近いほど、金額が高額になる傾向にあるようです。
ただあなたが未成年の場合は、両親のお香典と同じであるという扱いをされますのでお包みしなくても問題ありません。

会食がある場合

法要のあとに会食はつきものです。
もしも会食にも招かれている場合は、お香典の金額を多めにする必要があります
会食費用分ということですね。

一体どこで会食が行われるかによって、多めにする金額が変わります。
会場の名前を聞いて、会食の費用が高額そうだなということが分かった場合なら、相場のお香典の金額より1万円程度多めにしておくと良いでしょう。

血縁関係にない場合や、自宅で会食が行われる場合などでしたら5千円程度をプラスしてお包みします。
お香典が連名の場合は、会食に参加する人数分金額を多めにしておくことを忘れないようにしましょう。

初彼岸の香典の注意点

困った人々

初彼岸にお包みするお香典で注意しておきたい事項があります。
ここではお香典の注意事項について解説させていただきたいと思います。

新札でもいいの?

お香典にお包みするお札について、新券(新札)を用いるか旧券(旧札)を用いるかで迷ったことはありませんか。
結婚式であれば新券を用いますが、初彼岸などの場合はどうすれば良いのでしょうか。

結論から申しますと、新券でも旧券でもかまいません
ただし、昔からの習慣を気にする方がいらっしゃることを考えれば旧券を用いた方がトラブルにならず良いでしょう。

弔事で新券を用いると、弔事のために新券を用意したと思われてしまいます。
このことから弔事では新券を使用しないという風習が生まれました。
現代においてはあまり気にしない人も増えましたが、習慣を大事にする人たちにとっては重要なことになります。

ですからなるべく旧券を用いた方が良いでしょう。
ちなみに新札という表現ですが、真新しいお札のことを指すのではなく、今流通しているデザインのお札のことを指しますので、新品のお札のことを表現したい場合は新券としておくと間違いありません。

避けるべき数字

お香典だけではなくご祝儀にも言えることですが、お包みする金額やお札の枚数には避けるべき数字があると言われています。
これを「忌み数」と呼びます。

ではお香典において、避けた方が良い数字は何なのでしょうか。
まず、「4」や「9」のつく金額や枚数は避けましょう
「死」や「苦」といったものを連想させるため、避けるべき数字とされています。

そのほかにも割り切れる数字の枚数、金額は包まないでおきましょう。
簡単に申しますと偶数ですね。
これは割り切れてしまうと故人との縁が切れるだとか、故人とこちらの世界の縁が切れてしまうといういわれがあるからです。

お香典の金額の相場が5千円から3万円ですから、よっぽどのことがない限り偶数や割り切れる数のお札の枚数にはならないと思います。
しかし連名でお包みしたときにうっかり偶数や割り切れる数のお札になってしまうこともありますから、注意が必要です。

初彼岸の香典袋の書き方

葬儀

お香典の金額についてご理解いただけたかと思います。
次はお香典を包む、香典袋の書き方の解説をさせていただきたいと思います。

表書きの書き方

気になる初彼岸のお香典の表書きですが、御香典もしくは御仏前となります。
御香典でしたら宗教問わず幅広く使うことができます。
御仏前の場合も、仏教であれば宗派を問わず使用できるのでおすすめです。

よく間違いそうになる表書きに「御霊前」というものがあります。
こちらは故人がまだ仏様になっていない時期にお渡しするお香典の表書きとなります。
初彼岸のときには四十九日法要も済んでおりますから、御霊前ではなく御仏前になるというわけです。

初彼岸というと仏教のものというイメージがありますが、神道でも彼岸は行う人がいます。
神道の方へのお香典の場合は「御玉串料」もしくは「御榊料」と書くようにしましょう。

キリスト教の場合は彼岸は関係がなく本来ならば何も行いませんが、日本に住んでいる以上、キリスト教であってもお盆や彼岸に供養を行う方が多いです。
キリスト教の方へのお香典の場合は「御花料」と書くと良いでしょう。

名前の書き方

お香典の名前の書き方ですが、表にフルネームで書きましょう。
夫婦で出す場合は、右側に夫となる人の名前を書き、その左隣に妻となる人の名前を書きます。
会社などでお香典を出す場合は、一番右側に位の高い人が来るように名前を書きます。

連名の場合も表に名前を書きますが、多くても3名までの名前のみを書きましょう。
3名以上でお香典をお包みする場合は、代表者のみの名前を表に書き、お香典の中に別紙に書いた名前の表を入れておきましょう。

忘れがちですが、中袋の裏側にも名前と住所を書いておきましょう。
これは内袋と外側が、万が一バラバラになってしまったときのために必要となります。
連名の場合は代表者の名前と住所のみで大丈夫です。

水引の種類

水引の種類ですが、お香典に用いるのは黒と白のもの、銀のもの、黄と白のものになります。
黄と白のものは主に関西や西の方の地域で用いられると言われていますので、お香典をお渡しする地域の習慣に沿ったものを選ぶと良いでしょう。

水引は香典袋に印刷されているものを用いても構いません。
お香典の金額が少ない場合であれば、なおさら印刷された香典袋を用いた方がつり合いが取れます。
逆に1万円以上お包みするのであれば、印刷されていないものを用いた方が良いです。

数字の書き方

香典袋の内袋には、金額を書いておきましょう。
その際の書き方ですが、

  • 内袋の真ん中に書く

  • 縦書き

  • 漢数字を用いる

  • 漢数字の前には「金」・後には「円」

となります。
つまり1万円をお包みした場合は「金壱萬円」となるということです。
万は旧字体を用いますが、円は円でも圓でもどちらでもかまいません。

また「也」をつけるか迷うところではありますが、お香典に端数の金額にはなりえませんから省いていただいて大丈夫です。

墨の種類

香典袋は薄墨で書かなければいけない、という話を聞いたことはありませんか。
実際に香典袋に名前や金額を書くときは、濃い墨で書いてはいけないのでしょうか。

薄墨の話が生まれたのは昔のことで、香典袋に名前などを書く際に墨をすっていたら涙が混ざって薄い色になってしまったというのが話のはじまりです。
悲しみの真っただ中である、お葬式やお通夜のときは薄墨で香典袋に記入します。

お葬式やお通夜のあとはある程度悲しみもおさまっています。
ましてや初彼岸になると四十九日法要も終え、遺族の方たちも立ち直られている頃です。
その頃にお渡しする香典袋は通常の濃さの墨を用いてかまいません。

一般的には薄墨はお通夜、お葬式のみで、それ以降は通常の濃さの墨を用いると言われています。
ぜひ参考になさってみてください。

初彼岸の香典返し

困った人々

さて、初彼岸でお香典をいただく立場になった場合、気になるのが香典返しですよね。
もちろん必要となる香典返しですが、金額や品物はどのように決めると良いのでしょうか。

金額相場

初彼岸の香典返しに限らず、お香典をいただいた場合の香典返しの相場は半分返しと言われています。
つまり、いただいたお香典の金額の半分相当の金額の品物をお返しするということです。

数が多かったり金額的に厳しい場合は1/3相当でも良いとされています。
血縁以外の方に5千円のお香典をいただいていた場合は、2千円から2千5百円相当が相場ということになります。

ただお香典をもらったその場でお香典の金額を確認するわけではありませんから、明確に半返しとなる香典返しをお渡しすることはほぼ不可能です。
そのため大体5千円程度の香典返しを用意しておくことが多いようです。

万が一、お香典の額が多いことにあとから気がついた場合は、相応の分の香典返しをお贈りすれば良いので心配は要りません。

具体的な品物

香典返しに最適な品物ですが、

  • 好みが分れれそうにないもの

  • 誰でも消費ができるもの

  • 日持ちし、さらに保管場所をとらないもの

が良いとされています。
食品系でしたら、定番なのがお茶やコーヒー、紅茶になります。
乾物系として、海苔やお茶漬けのセット、少々時期が外れますがそうめんもおすすめです。

食品系以外でしたら、タオルセットや洗剤が喜ばれます。
ただし洗剤は持ち帰るのに少々重いので注意が必要となります。
タオルや洗剤でしたら使わないという家はまずありませんから、不要になる心配がありません。

逆にやめておいたほうが良いものは生ものや好みの分かれそうなものです。
生ものは消費を急ぐ必要があり、さらに誰かにおすそ分けもしにくいものです。
持て余してしまうようなものだと相手の手をわずらわせてしまいます。

表書き

香典返しの表書きですが、初彼岸にかかわらず「志」を用いると良いでしょう。
もしも神道や仏教以外の場合は「偲草」と書きましょう。

熨斗は内熨斗とし、水引は黒と白が一般的です。
外熨斗でも問題はありませんが、御供物は外熨斗、香典返しは内熨斗とする風習があるようです。
このときの名前は喪主や施主の名前でかまいませんが、「苗字+家」としてもかまいません。

初彼岸の香典についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、初彼岸のお香典について解説をさせていただきました。

四十九日法要や初盆と違い、明確に法要をしないといけないという決まりがないのが初彼岸です。
ですから場合によっては初彼岸に法要をしない人もいて、お墓掃除などを済ませたら身内で供養をするのみということもあります。

どれが良くて正しいというわけではありませんが、もしも法要があったならお香典はお渡しすべきですし、知っておきたいマナーもたくさんあります。
今後初彼岸の法要に招かれた場合の知識として、この記事を参考にしていただければ幸いです。

今回の総括です。

  • 初彼岸とは四十九日法要後に迎える初めての彼岸のことである

  • 初彼岸は彼岸と同じく、春分の日・秋分の日とその前後3日間の合計7日間の期間がある

  • 初彼岸だからといって法要があるわけではなく、法要があればお香典が必要となるし、ない場合でもお墓参りの際に手土産などを持参したい

  • 初彼岸のお香典の金額の相場は、親族であれば1万円から3万円程度、親族以外であれば5千円から1万円程度

  • 初彼岸のお香典に限った話ではないが、お香典はなるべく旧券(一度使用されたお札)を使用し4や9、割り切れる数字の金額や枚数は避けること

  • 初彼岸のお香典の表書きは「御香典」「御仏前」で宗教によって違いもあるのでお渡しする相手の宗教を確認する

  • 初彼岸の香典返しは半額程度、もしくは1/3程度の金額のものとし、乾物やお茶、タオルなどの好みのわかれないものを選ぶと良い

法要は故人のためのものでありながら、生きている人達のものでもあります。
故人へ哀悼の意を表し、さらに遺族を労わってあげられることができるのが初彼岸です。
法要がなくお香典が不要そうな場合でも、ぜひ手土産やお供え物を持ってお墓参りなどをしてあげてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事