新盆のお供え物にふさわしい品物とは?掛紙のマナーについても紹介

親戚や知人として新盆に参列するときは、どれくらいの金額のどのようなお供え物を用意すればよいのでしょうか?今回はあまり頻繁にはないものの大切な新盆に、贈る側の心づくしが伝わるようなお供え物のマナーを軸に、いただいた場合のお返しについてまでを解説します。

目次

  1. 新盆におすすめのお供え物とは?
  2. 新盆とは?
  3. 新盆のお供え物の金額相場
  4. 新盆にふさわしいお供え物
  5. 新盆のお供え物の掛紙のマナー
  6. 新盆のお供え物を郵送する場合
  7. 新盆のお供え物にお返しは必要?
  8. 新盆のお供え物に関するまとめ

新盆におすすめのお供え物とは?

葬儀

新盆はほかの法要に比べ参列する機会が多くはありません。
新盆を迎える親戚や知人の法要に招かれた場合には、どのようなお供え物を持って行けばよいのでしょうか?

今回終活ねっとでは、新盆とお盆の違いを解説した上で、新盆におすすめのお供え物とその金額や掛紙のマナー、頂いた立場からのお返しまでをご紹介します。

  • なぜ新盆は大切な法要なのか
  • 新盆にふさわしいお供え物とその金額相場
  • 掛紙の選び方と表書き
  • 参列できないときの郵送について
  • お供え物を頂いた場合のお返しについて

以上の項目を中心に、主に贈る側の立場から解説していきます。
あまり聞きなれない新盆について、贈る立場からの疑問はすべて解決できるように、順次解説していきます。

大切な人の法要に際し、真心が伝わるように詳しく書いておりますので、ぜひ最後までご覧下さい。

新盆とは?

葬儀

新盆とは故人様が亡くなったのちに、初めて迎えるお盆のことです。
故人様にとっては、亡くなってから初めてのお里帰りともいえます。

地域によって「新盆」(にいぼん・しんぼん・あらぼん)、「初盆」(はつぼん・ういぼん)などともいわれます。

新盆の時期とは?

新盆は、故人様の四十九日の忌明けを過ぎたあとに、初めて迎えるお盆のことです。
そのため、四十九日以内にお盆がくるときは、翌年が新盆になります。
また、亡くなった日によっては、四十九日を終えてすぐに新盆を迎えることもあります。

新盆の期間は、東京を中心とした一部の地域では7月13日~7月16日(新盆)ですが、ほぼ全国的に8月13日から8月16日(旧盆)とされています。

新盆と通常のお盆の違いとは?

お盆は亡くなった方やご先祖の魂が、浄土から生前過ごしたこの地上に戻ってくるとされ、その魂をお迎えして供養する時期です。

お盆は毎年やってきますが、新盆は亡くなった人の魂が、初めてご遺族のもとに帰ってくる大切な日です。
また、亡くなってから間もない時期で、ご遺族の悲しみもまだ深いものです。

そのため、祭壇や盆棚を設けたり盆提灯を飾ったりして、お寺様をはじめ親戚のほかにも故人様と親しかった方々をお招きして、毎年のお盆の供養よりも盛大に行われるのが一般的です。

このように新盆は特に大切な法要なので、故人様との関係などを考慮して失礼のないようにしたいものですね。

新盆のお供え物の金額相場

仏壇

新盆のお供えの品物とともに、新盆のお供え物の金額相場はいくらぐらいなのかについても知っておきたいところです。

お供え物と言っても、地域によっては「お供え物のみ」あるいは「現金のみ」を贈るところや、「お供え物に現金」をあわせて贈るところもあります。
現金とお供え物の両方を用意する場合には、お供え物の金額をおさえることも構いませんが、お供え物だけの場合には、相場に合った金額のものを用意しましょう。

以下は、お香典、お供え物に共通の金額の相場です。

  • 知人・友人としての金額相場

    全国的には3千円~5千円くらいが多いとされていますが、 特に故人様と親しい間柄だった場合などには1万円をお包みすることもあります。

    また、法要の後にお食事の席が用意されている場合には、その分を含めて1万円以上と多めに包むことが多いようです。

  • 親戚としての金額相場

    親戚の場合には、ご縁の深さを考慮して、1万円~3万円が一般的な相場となります。

お供え物は新盆を迎える故人様を偲ぶ気持ちを表す贈り物なので、高ければよいと言うものではありません。
あまりにも高額なお供え物は、かえってご遺族の負担になります。
故人様との関係性や地域の慣習などを含めて、常識の範囲内で心を込めてお届けしましょう。

新盆にふさわしいお供え物

仏壇

仏教のお供え物の定番には、五供(ごく)と呼ばれるお供え物の理想とされているものがあります。
五供とは以下の、香・灯燭・花・浄水・飲食の五つの品物のことです。

  • お線香や抹香…仏様は香りを召し上がるといわれます。

  • 灯燭(とうしょく)

    ろうそく…お灯明に従うことで迷いをなくします。

  • お墓や仏壇に花を供えることを「供花(くげ)」といいます。

  • 浄水

    お水…浄土真宗だけはお水をあげないという解釈があるので、お寺に確認したほがよいでしょう。

  • 飲食(おんじき)

    私たちが普段いただいている主食、炊きたてのご飯(ご仏飯)をお供えすることです。

ただし、これらをその通りに持参するのは難しいので、これをベースとしたふさわしいお供え物として、次に掲げるようなものがあります。

現金

お供え物の代わりに、あるいはお供え物と一緒に現金を包むことは失礼に当たらないだろうかと迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
現金をお香典として包むことは、決して失礼にはなりませんのでご安心下さい。

品物が重複することがない現金は、かえって喜ばれます。
特に、大切な新盆には現金を包むことが多いのです。

お香典の金額については、前出のお供え物の金額相場をご覧ください。

提灯

お盆には、遺族に代わり、近しい親族から提灯が贈られることがあります。
新盆に限っては、絵柄のない白提灯を用意します。

近年の住宅事情から提灯を飾るスペースがないこともあり、「御提灯料」「新盆献提料」として現金を包むこともあります。

白提灯は1万円位からあるので、一度しか使われないことを考えると、それほど豪華なものを選ばなくてもよいかもしれません。
個人的に包むか、何人かで包むかなどで判断されればよいでしょう。

お団子

お団子の種類に特に決まりはありませんが、白いお団子をお供えすることが多いようです。

お盆の期間を3段階に分け、盆の入り(8/13)は「お迎え団子」。
8/14~15は「お供え団子」、盆明け(8/16)には「送り団子」として、お団子を変える風習もあります。
しかし、現在では期間を通して同じお団子をお供えすることも多く、それほど厳密ではありません。

お団子の数も、尊い「十三仏」にお供えする由来から13個ずつとする地域もあれば、あまりこだわらない地域もあるので、その土地やご遺族に合わしたほうがよいです。

お花

白花を中心に淡い色彩でまとめたものが無難です。
しかし、故人様が好まれていたお花や、地域によっては色とりどりのお花をお供えする場合もあります。
白い胡蝶蘭をメインにすると、清楚で豪華な雰囲気になります。

また、棘のあるお花、香りの強いお花は好まれない傾向があるので注意しましょう。
鉢植えやアレンジメントなどはすぐに飾っていただけますが、飾る場所を確認してからお持ちするほうがよいかもしれませんね。

線香

上質のお線香は立派なお供え物ではありますが、定番として多くの人から贈られ、大量にたまってしまうこともあります。

香りについても好き嫌いに個人差があり、喜ばれるかどうかは微妙なところです。

お好みや状況がよくわからない場合は、違うものを選んだほうがよいでしょう。

お菓子

常温保存で日持ちするクッキーや和菓子などは、たとえ重なっても困ることがないので、どちらに贈っても重宝されるお供え物といえます。

個別包装されているものならば、親戚や来客にお分けしてお持ち帰りいただくこともできます。

水ようかんやゼリーなどの水菓子も、新盆の暑い時期には爽やかで喜ばれるでしょう。

果物

見栄えがよく、お仏壇を豪華に飾る果物もお供え物の定番です。

「ご縁」を「ご円」にかけて丸い果物を贈ることも多く、「割り切れる=縁が切れる」ことから偶数個ではなく、奇数個を用いることもあります。

ただし、日持ちがしないことや、皮をむく手間などに注意します。

新盆のお供え物の掛紙のマナー

葬儀

ここでは混同しやすい新盆に掛紙をお供えるする際のマナーについて説明します。

本来は品物に紙をかけ、水引を結び、慶事の場合にのみ「のし(熨斗)」を添える形で包まれていました。
しかし、現在では簡略にすべてが一枚の紙に印刷されるようになっています。
すべての掛紙を「のし(熨斗)」と呼ぶことが多くなったために、混乱を招いているようです。

まずは、のし(熨斗)・のし紙・掛紙の違いをご存知でしょうか?

  • のし(熨斗)

    のし(熨斗)はのし紙の右上にある飾りを指します。
    もともとは、熨(の)した(伸ばした)あわびを使っていましたが、その代わりに黄色の紙をあわびに見立て、六角形に折った紅白の紙で包んだ飾りをつけるようになりました。

  • のし紙

    のし(熨斗)と水引の印刷された紙をいいます。

  • 掛紙

    水引だけが印刷された紙をいいます。

微妙な言い方の違いでもこんなにも意味が変わってきます。
マナーとして覚えておくと良いかもしれません。

のしは使用しない

弔事の贈り物(仏前へのお供え物)には、のし(熨斗)がない水引だけの白黒の掛紙を使います

のし(熨斗)はお祝い事に使うものであること、あわびのような生ものは仏前にお供えしないことがその理由です。

仏前へのお供え物に、のし(熨斗)をつけるのは失礼になりますので気をつけましょう。

掛紙の体裁

掛紙の体裁(包装)には、「内掛け(内のし)」と「外掛け(外のし)」の2種類があります。

  • 内掛け(内のし)

    品物に掛紙をかけてから、包装紙で包みます。

  • 外掛け(外のし)

    品物を包装紙で包んでから、掛紙をかけます。

新盆のお供え物は、持参するのならば、外側からすぐに贈り主がわかる「外掛け(外のし)」を使いましょう。
郵送するのならば、掛紙を保護するために「内掛け(内のし)」で包むのがよいでしょう。

掛紙の書き方

新盆のお供え物には水引のみの掛紙(黒白)を使うということがわかりました。

墨の濃さは薄墨を使うのか、普通の黒い墨で書くのか、と悩まれる方はいるでしょう。

結論は普通の濃さの墨で書きます
薄墨は、涙で墨が薄まってしまったという意味を表し、葬儀のお香典までに使います。

ここからはその表書きについて、お香典とお供え物とにわけて解説していきます。

表書きの書き方

水引より上の部分には贈り物の目的を、下の部分には名前を書きます。

いずれも水引にかからないようにしましょう。

仏式では「御仏前」

仏式では御仏前または御沸前と書きます。

お葬儀のときには「御霊前」ですが、四十九日の忌あけを境に「御仏前」となることを覚えておかれるとよいでしょう。

ただし、浄土真宗はお葬儀のときから「御仏前」です。
浄土真宗では、故人はすぐに極楽浄土へ行かれて仏様となるという考え方からです。

提灯代としてお包みする場合には、「御提灯料」「新盆献提料」となります。

神道では「御玉串料」や「御神前」

神道では、四十九日を過ぎた故人は神となるので「御神前」となります。

「御玉串料」は、神社で行う神事や祈祷の際に祭壇に捧げる供物「玉串(たまぐし)」をお供えするために納める、という意味になります。

お香典を包む場合の表書きとして、御供物料は宗旨宗派に関係なく使えるので、覚えておかれるとよいでしょう。

お供え物の表書き

お供え物の掛紙の表書きは御供物(おくもつ)または御供(ごく・ごくう)とするのが一般的です。

名前の書き方

名前の書き方は、お香典、お供え物ともに同じで、水引の下段に名前を記入します。

名字だけでも構いませんが、ご親戚がたくさん集まることを考慮して、フルネームで書いておくほうが親切かもしれませんね。

水引の選び方

たくさんの水引があるなかで、新盆にふさわしい水引とはどのようなものでしょうか。
また、水引の結い方も知っておきたいですね。

水引の色

新盆の水引の色は白黒が基本です。
ただし、関西では黄白を用いることも多く、金額が大きくなると双銀の水引を使うなどの地域性もあります。

ほとんどの場合、黒白で問題はありませんが、気になる場合は地域の人やお店などに確認してみてもよいでしょう。

水引の結い方

新盆を含めた不祝儀の水引は、結び切りまたはあわじ結びを用います。

「結び切り」とは本結びのことで、簡単にはほどけないため「二度と繰り返さない」という意味があり、慶弔いずれにも使えます。

「あわじ結び」もほどけにくく、端を引くと余計に固く結ばれるため「末永いお付き合い」を意味しており、こちらも慶弔に用いられる結び方です。

新盆のお供え物を郵送する場合

年賀状

新盆のお供え物を郵送する場合にも注意するべきことがいくつかあります。

1つずつ見ていきましょう。

送る時期に気を付ける

住まいが遠い、新盆の時期に休みが取れないなど、直接お伺いできない場合にはお供え物を郵送することになります。

送る場合には、新盆法要の一週間前から、遅くとも前日までには届くように手配しましょう。
なるべくならば、余裕をもって早めに届いていると安心です。

ご遺族と親しい間柄であれば、先方のご都合をお聞きしてからお送りすることもできるでしょう。

お手紙を添える

新盆のお供え物に添えるお手紙には、ある程度の書き方があります。

便箋は必ず一枚にまとめ、弔事や謝罪など相手を気遣うお手紙の場合、時候の挨拶は省きます。
便箋・封筒は白色無地を用い、特に封筒は一重のものを使います。
便箋の罫線はついていても問題ありません。

  • 新盆にご案内いただいたことへのお礼
  • 欠席することへのお詫びと理由
  • お手紙が別便であるときには、別便でお供え物が届く旨
  • ご遺族を励ます言葉

実際にどのようなお手紙になるのか、例文をご紹介します。

恭啓

このたびは亡御〇様(差出人から見た故人の間柄)の新盆供養のご案内をいただきまして、ありがとうございました。

ご供養にはぜひお参りさせていただきたいと思っていたのですが、あいにく仕事の都合で伺えそうにございません。
皆様にはまことに申し訳ございませんが、この度の新盆供養は欠礼とさせていただきたく、ここにお詫びを申し上げます。

心ばかりのお供え物として別便で〇〇をお送りしましたので、ご仏前にお供えいただければ有り難く存じます。
〇〇様の面影を偲びつつ、遠方より合掌いたします。

次の機会に改めてお参りをさせていただく所存ではございますが、ご家族の皆様にもくれぐれも宜しくお伝えください。

略儀ではございますが、書面にて欠礼のお詫びとさせていただきます。
まことに申し訳ございませんでした。

                                      敬白

新盆のお供え物にお返しは必要?

仏壇

新盆のお参りに来ていただいた親戚やお知り合いにはお返しの品を用意します。

あらかじめ、お返しを用意しておく場合は、お客様の帰り際にお渡しします。
後日の場合は、法要後、遅くても2週間以内にはお送りしましょう。

お返し物の金額は、いただいたお香典やお供え物の金額の2分の1~3分の1くらいが一般的です。
予期せず、高額なお供えを頂いた場合には、とりあえず用意していた返礼品をお渡しします。
そして、後日お礼状を添えて、お返しとして相当な品を送りましょう

お返しにふさわしい品物

新盆のお返しには、食品、日用品などの消耗品がふさわしいのです。
食べて、あるいは使って無くなってしまうものを選ぶのは、悲しみをいつまでも思い出させない配慮ともいえます。

  • 食品

    そうめんなどの麺類、日持ちするお菓子類、お茶や海苔など

  • 日用品

    タオルセット、ハンカチ、石鹸や洗剤など

お返しにはお礼状を添える

お礼状の書き方で気をつける点は、故人の名前を必ず入れ、法要へのご参列や、お供え物をいただいたことへの感謝の気持ちを伝えます。

縦書きが基本で、文中に句点や読点は使わないという決まりもあります。

お礼状は手書きが丁寧ですが、たくさんの方々にお礼状を書く時間がない場合もあります。
返礼品業者様の多くは、お礼状の手配も行ってくれるので、そちらで用意されてもよいでしょう。

以下が例文です。

拝啓
時下ますますご清祥のことと心よりお慶び申し上げます
亡父 〇〇儀 初盆に際しましては お暑い中をまたご多忙中にもかかわらずお集まり頂きご鄭重なるご厚志を賜り大変有難く存じております
故人も浄土においてさぞかし感謝していることと思います
つきましては亡父の初盆供養のしるしとして心ばかりの品をお送りいたします 
何卒ご受納賜りたくお願い申し上げます
本来であれば拝眉の上お礼を申し上げるべきところではございますが 略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

                                      敬具
                               平成○○年○○月○○日
                               郵便番号 住所
                               喪主 フルネーム
                               親族一同

新盆のお返しについて、もっと詳しく知りたい場合は、以下の記事もお読み下さい。

こちらも読まれています

初盆のお供えにお返しは必要?お返しの選び方やお礼状の書き方を解説

初盆のお供えを頂いたとき、お返しについてどうすれば良いかご存知ですか?マナーに沿った正しい対応ができないと、いざというときに慌てたり、恥ずかしい思いをしてしまいます。今回の記事では、初盆に頂くお供えのお返しについて知っておきたい様々な知識をお伝えします。

新盆のお供え物に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、法要の中でも機会が限られるために、疑問に思われることも多い新盆のお供え物について、以下のことを解説してきました。

  • 新盆は故人様やご遺族にとって、亡くなった後の最初のお盆であり、
    亡くなって間もないことからも大切な法要である。
  • 新盆のお供え物は、重なってもご遺族が困らないものを用意する。
  • お供え物の金額は、3千円、5千円、1万円など。
    お食事の有無や故人様との関係性も考慮する。
  • 包装には、白黒の結び切りの水引だけが印刷された掛紙(のしはつけない)を用いる。
  • 表書きには、普通の濃さの墨を用いる。
    「御仏前」「御神前」「御供物」などの贈り物の目的と名前を記入する。
  • お供え物を郵送するときは、一週間前から遅くとも前日までには届くようにし、あわせてお手紙を送る。
  • お供え物のお返しは、いただいた金額の2分の1~3分の1を目安にし、お礼状を添える。

いかがでしたでしょうか?

新盆はほかの法要に比べて地域性や慣習なども多分に絡んでくるため、これが絶対と断定できない部分もありますが、故人様やご遺族へのご配慮を軸に考えるならば、お気持ちが通じるのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「新盆・お供え物」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「新盆・お供え物」についてさらに知りたい方へ

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけようのサムネイル画像

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介しますのサムネイル画像

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説のサムネイル画像

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

新盆見舞いの表書きはどう書くの?金額相場やお返しの表書きも解説のサムネイル画像

新盆見舞いの表書きはどう書くの?金額相場やお返しの表書きも解説

新盆見舞いにふさわしい服装とは?持参する物についても解説しますのサムネイル画像

新盆見舞いにふさわしい服装とは?持参する物についても解説します

新盆見舞いの金額相場はどのくらい?故人との関係別にご解説しますのサムネイル画像

新盆見舞いの金額相場はどのくらい?故人との関係別にご解説します

新盆までに準備することとは?宗派ごとの準備の違いも紹介します!のサムネイル画像

新盆までに準備することとは?宗派ごとの準備の違いも紹介します!

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説のサムネイル画像

新盆の御仏前はいくら包む?金額相場や表書きの書き方についても解説

新盆の流れ・やり方とは?迎え火や送り火の仕方についてもご解説のサムネイル画像

新盆の流れ・やり方とは?迎え火や送り火の仕方についてもご解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「新盆・お供え物」についてさらに知りたい方へ

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!のサムネイル画像

新盆(初盆)の時、盆棚(精霊棚)の飾り方は?宗派別に解説!

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけようのサムネイル画像

新盆を迎える前に気持ち良く供養するための知識をつけよう

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介しますのサムネイル画像

新盆の「お供え」は何が良い?金額、時期など紹介します

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説のサムネイル画像

新盆には何をお供えするの?のしのマナーや金額相場についてもご解説

新盆見舞いの表書きはどう書くの?金額相場やお返しの表書きも解説のサムネイル画像

新盆見舞いの表書きはどう書くの?金額相場やお返しの表書きも解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと