新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説

新盆で渡すお布施の金額相場とは?お車代や御膳料についてもご解説

お盆の際には、僧侶の方を読んで法要を行いお布施をお渡しする必要がありますよね。特に新盆となると、故人にゆかりのある方が大勢集まりますし、経験も少ないのでお布施の相場がわからず迷ってしまいます。そこで今回は新盆の際のお布施の相場について見ていきましょう。

最終更新日: 2020年03月07日

新盆のお布施の相場とは?

お墓

新盆(にいぼん、しんぼん)は、故人がなくなられ、四十九日がすぎてから初めてのお盆に行われます。

新盆は、故人が亡くなって初めてのお盆ですので、通常のお盆とは違う過ごし方をします。
日本では一つの節目としてとても大事にされている法要ですので、一般的には僧侶を呼び供養していただくというケースが多いです。

僧侶を読んで供養いただく場合に必要となるのが、「お布施」です。
「お布施」は僧侶へのお礼として渡されるもので、特に決まった料金表などはなく、いったいいくら渡せばいいのかわからず困ってしまうことが多いですよね。

故人の大事な法要ですから、故人に恥をかかせないようにしっかりと知識・マナーを身につけて、スマートに渡したいところです。

今回「終活ねっと」では、新盆のお布施の相場について

  • 新盆とはどんなものか

    地方によってのお盆時期の違いや通常のお盆との違いについて説明します。

  • 「お布施」の相場はいくらくらいか

    新盆の時の僧侶にお渡しするお布施の金額を宗派別にご説明します。

  • 新盆のお布施の書き方

    お布施を僧侶にお渡しする際に包む袋や袋への書き方についてご説明します。

  • 「お布施」以外に気を付けること

    新盆の際にお布施以外にお渡しするものについてご説明します。

以上のようなことを解説していきたいと思います。

宗派ごとにもお盆に関する様式やマナーの違いもご説明していますので、最後まで読んでみてください。

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

新盆とは

仏壇

新盆とは、故人が亡くなり四十九日が過ぎて初めてのお盆のことで、通常のお盆と違う部分がいくつかあります。

ここでは、新盆の時期や通常のお盆との違いについて簡単にご説明します。

新盆の時期とは?

新盆といっても、時期としては通常のお盆の時期と同じです。
伝統的には旧暦の7月15日にあたる中元節の日に行われていましたが、明治以降の新暦の導入で現在は地方によって時期が異なっています。

具体的には以下のような3パターンになります。

  • 旧暦7月15日 沖縄地方など

  • 新暦7月15日 東京、神奈川、静岡など

  • 新暦8月15日 上記以外の全国

東京と地方でお盆の時期をずらすことで、親族が集まりやすくした7月は農作業が忙しくなる時期なので、地方の盆の時期をずらしたなどの説があります。

新盆と通常のお盆との違いとは?

お盆の時期は、先祖の霊が浄土から自宅に戻ってくる期間といわれており、先祖の霊をお迎えし、供養する期間のことをいいます。

通常のお盆では、一般的には自宅でお供えや提灯をおいてお迎えし、お墓参りをするなど供養をします。
新盆ではそれに加えて、親族や故人と親交の深かった人などを招いて、僧侶に読経をあげていただく法要を行うことが多いです。
つまり、新盆ではより丁寧な法要を行うのが一般的となっています。

また、お盆は故人の霊が自宅に戻られるので、迷わないように提灯を飾りますが、新盆の場合は白提灯を飾り、お盆が終わるとお寺で供養したり、送り火で燃やすというのが習わしです。

新盆のお布施の金額相場とは?

困った人々

お布施はお礼の意味合いが強いため、相場や料金表はなく、はっきりといくらと提示されないことのほうが多いです。
宗派によってもお盆の法要の意味合いが異なり、それに伴ってお布施の相場にも違いがあります。

特に新盆は、親族や故人と親しかった知人なども招き法要を行うため、一般的な法要に比べて時間や手間がかかります。

ここでは、一般的なものにはなりますが、各宗派ごとの金額相場や特徴について整理していきます。

真言宗

お布施の相場は3万円から5万円が目安となっています。

真言宗のお盆では一般的なお供え以外に、精進料理をお供えする風習がありますので忘れずに用意するようにしましょう。

曹洞宗

お布施の相場は3千円から1万円が目安となっています。

曹洞宗の特徴は、一般的にお盆の法要と同時に行う施餓鬼法要(せがきほうよう)を施食会(せじきかい)と呼ぶことです。

まず施餓鬼法要ですが、これは生前に悪行を重ね餓鬼(がき)となった霊や魂に対して、お供え物をし供養することで自身が得を積み、救われるという意味の行事です。

曹洞宗の場合はその教えの中で、施すものと施されるものの間に上下があってはならないという教えがあることから、施餓鬼法要という言葉を使わず、施食会と呼びます。

浄土宗

浄土宗のお布施の金額も他の宗派と大きく変わらず、3万円から5万円が目安です。

浄土宗はお盆の飾りつけに特徴があり、マコモという植物を使って作られたゴザを飾ります。
仏壇の前に机を準備し、机の上にしいたゴザの上にお供え物などを供える習わしになっています。

本来は仏壇の中身を全て出して、お供え物とともにゴザの上に置くのが習わしですが、場所がないなどの場合は、お供え物だけでも大丈夫です。

浄土真宗

浄土真宗のお布施の相場は3千円から5千円前後が目安です。

浄土真宗の場合は、他の宗派と違い、基本的にはお盆という考え方がありません

これは浄土真宗が、亡くなった方はすぐに成仏し、成仏した仏様はこの世にいて見守ってくださっているという考え方からきています。
つまり、他の宗派の一般的なお盆のように故人の霊を迎えるという概念は存在しません

浄土真宗におけるお盆は、先祖や故人に対して感謝をし、自らを顧みる機会としましょうというのが本来の目的とされています。
あくまで先祖への感謝や自らを顧みる機会として、僧侶を呼び読経をしてもらうこととなっており、僧侶に対してお布施を支払うということになります。

上記のように、新盆の場合でも宗派によってお布施の相場や準備するもの、法要の位置づけなどは様々です。

今回は新盆の場合を中心に解説しましたが、通常のお盆の場合の相場などは以下の記事で解説しております。
詳しく知りたい方はこちらもぜひご覧ください。

新盆のお布施の書き方

葬儀

新盆のお布施の書き方ですが、通常の葬儀などと異なるので注意が必要です。

まず、封筒を準備することになります。
通常の慶弔時にはのし袋を用意するのが一般的ですが、お布施の場合は僧侶へのお礼が前提なので、通常の白い封筒が一般的です。

表書きには特に何も書かなくても問題ありません。
書く場合は「お布施」「御経料」と書き、下に施主名をフルネームで書きます。
家名を書くとより正式な形になります。

表書きを書く際に、薄墨を使用せず黒墨やマジック等で書くというのも葬儀の際との違いです。

使うお札についても、葬儀などの際には旧札を使うのがマナーですが、新盆の場合は事前にわかっていることから新札でも構いません
どうしても新札が気になる場合は、一度半分に折るなどしてから包むとよいでしょう。

お布施の書き方や包み方については、以下の記事で詳しく解説しております。
ぜひ合わせてお読みください。

お布施以外に僧侶に渡す謝礼金

お金

新盆の際に僧侶に渡す謝礼金としては、お布施以外にもお車代や御膳料が必要になります。


お布施やお車代、御膳料はそれぞれ別に渡すことがマナーですので、必ず別に用意するようにしましょう。

お車代

自宅などお寺以外で法要を行う場合は、僧侶に来ていただく必要があります。
自動車などの移動手段で来られる僧侶が多いですが、この場合はお布施とは別にお車代をお渡しする必要があります。

これは交通費のような意味合いではありますが、実際の交通費相当をお渡しするのではなく、
多めにお渡しするのが通例です。
相場としては、5千円から1万円ほどが相場で、交通費の実費というよりはご足労いただいた対価としての意味合いが大きいものになります。

御膳料

初盆の際には、親族や故人と近しい友人の方が集まるので、読経の後に参列者が集まり食事をとることが多いのですが、通常この食事会には僧侶もお招きするのが通例です。

ですが、実際は僧侶が参加されることはほとんどありません。
お盆は期間が短い間に多くの家庭が法要を行うため、読経に各家庭を回らなければならず時間がないのです。

こういった場合に僧侶に食事の代わりにお渡しするものが御膳料です。
御膳料の相場は、食事会の内容によって相場が変わりますが、実際の食事代よりも多めに渡すのが一般的です。
仕出しや出前などをとって食事会を開く場合は5千円から1万円、レストランなどで催す場合は1万円から2万円ほど包むのが相場です。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

新盆のお布施の相場に関するまとめ

人々

今回「終活ねっと」では、新盆のお布施の相場について以下のことを解説しました。

  • 新盆とは、故人が亡くなり四十九日が過ぎて初めて迎えるお盆のことである

  • 新盆のお布施の金額は宗派によって異なるため、それぞれの確認が必要だが、大体5千円〜3万円が相場となっている。

  • お布施は香典などとは異なり、通常の白い封筒に入れ、薄墨は使用しない。

  • お盆の法要の時には、お布施の他に「お車代」や「御膳料」が必要となり、それぞれ5千円〜1万円が相場となっている。

特に新盆の法要は、故人が亡くなった後の重要な節目として大切にされています。
親せきや故人の親しい方が集まり、僧侶に読経いただくことで故人を偲び、供養するせっかくの機会です。

故人に恥をかかせることの無いように、この記事を参考に準備してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では他にもお布施に関する記事を数多く掲載しております。
そちらの方も合わせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事