法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説します

法事で手渡す引き出物はどんな品物が人気?品物の選び方を解説します

法事では故人のご冥福を祈ってご供養を行ないます。法事では守るべきさまざまなしきたりがあります。今回は参列者のかたにお配りする引き出物について詳しくご説明いたします。どんな品物が最適なのか?人気なのか?定番人気ならどれか?法事の引き出物についての解説です。

最終更新日: 2020年09月08日

法事の引き出物に人気の品物とは?

葬儀

法事については、守りたいマナーとしてのさまざまなしきたりがあります。
それらを知っておくことは、皆様の終活においてとても役立ちます。

法事は、施主として法事を行なう場合と参列する場合とがあります。
施主として法事を行なうときに考えなければならないのが、お香典のお返しとして参列者にお配りする引き出物についてです。

そこで今回は、法事に欠かせない引き出物から、特に人気のある引き出物に注目して解説いたします。
今回の記事では次の点がポイントです。

  • 法事の引き出物の選び方

  • 法事の引き出物に人気の品物

  • 法事の引き出物の金額相場とは?

  • 法事の引き出物ののしのマナー

法事の引き出物の選び方、人気の引き出物を知っておけば、いざという時にも困りません。
少し長い記事ですが、ぜひ最後まで目を通していただければと思います。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

法事の引き出物の選び方

葬儀

法事の引き出物は、時間をさいて法事に参列していただいたお礼とお香典をいただいたお礼を兼ねて、ご遺族から参列者のかたにお配りするものです。
法事の引き出物には返礼品としての意味があります

しかし、実際に引き出物を選ぶとなると、多種多様なギフトのなかで何を選べばよいのか迷ってしまうかたも多いはずです。
法事でお配りする引き出物は、主に次の4点に着目して選ぶことをおすすめします。

日持ちするもの

主に食品の場合に、日持ちするものがあてはまります。
賞味期限が長い、日持ちするものを選ぶことで、参列者のかたが持ち帰った後にあわてて食べる必要はありません。

法事の引き出物は、法事に参列した後に持ち帰ることになります。
暑い時期などは持ち帰る間に食品が傷んでしまうこともあるかもしれません。
真夏の時期の法事の場合でも、日持ちするものならば持ち帰りにかかる時間を気にせずに済みます。

かさばらないもの

法事に参列したかたは、引き出物を受け取って持ち帰ることになります。
参列したかたの手間を考えると、法事の引き出物にはかさばらない軽い品物を選ぶのが最優先です。

たとえば軽い引き出物でも、あまりにサイズが大きな品物は持ち帰るのがたいへんです。
法事には年配のかたも参列します。
帰る際の負担にならないように、法事の引き出物には、小さくて軽いものが人気です。
引き出物にはかさばらないものを選ぶ必要があります。

消えもの

法事は不祝儀の場面ですので、繰り返さずに一度限りという点から引き出物を選ぶようにします。
したがって法事の引き出物には、消えものを選ぶのが原則です。
消えものとは、一度食べたら終わってしまうという意味です。
具体的には、食品と消耗品が消えものにあてはまります。
食品と消耗品は、かねてから法事の引き出物としての定番で、安定した人気となっています。

故人が好きだったもの

法事では、亡くなったかたのご冥福を改めて祈りご供養を行ないます。
そこで亡くなったかたの好物を引き出物に選んで、参列者のかたにお配りするのもおすすめです。
参列者のかたがたが、引き出物をきっかけに故人との記憶を思い出すことができます

その場合も、日持ちする・かさばらない・消えものの3つを兼ね備えたうえで、故人が好きだったものを引き出物に選ぶことが大切です。
故人の好物を引き出物にすることは、一定した人気があります。

法事の引き出物に人気の品物

葬儀

選び方の条件を満たしたうえで、法事の引き出物に適した具体的な品物がいくつかあります。
ここでは法事の引き出物としてよく使われる5つの品物をご紹介します。
いずれも引き出物として人気の品ばかりです。

乾物の詰め合わせ

乾物とは、海苔や干し椎茸などのことです。
軽くて日持ちするというメリットがあり、家庭の台所の常備品として役に立ちます。

乾物は法事の引き出物として定番のひとつです。
華やかというより堅実な食品である面も、乾物の詰め合わせが法事の引き出物に選ばれる理由です。
乾物類は引き出物として昔から変わらない人気があります。

お菓子の詰め合わせ

お菓子の詰め合わせも法事の引き出物の定番人気です。
お菓子の和洋は問いません。
あまり華美なものではなく、ふだんのお茶請けとなるようなお菓子を選ぶとよいでしょう。
お菓子の詰め合わせを選ぶ場合も、重いものは避けて軽いかさばらないものを選ぶようにします。

お茶やコーヒーのセット

お茶やコーヒーといった嗜好品は、日持ちという点で優れています
常温で保存できて、家庭の台所の常備品として多めに保存していても困りません。
近年では、緑茶とコーヒーを合わせたセットも法事の引き出物として多く選ばれています。
お茶やコーヒーのセットは、軽さという点でもおすすめできる人気の品です。

タオルや石鹸などの消耗品

タオルや石鹸はどの家庭でも使用する消耗品です。
法事の引き出物とする場合は、石鹸がけがれを洗い流してくれるという意味も込められています。
消えものというと食品のイメージですが、タオルや石鹸も雑貨品としての消えものにあてはまります。

カタログギフト

近年では、カタログギフトを法事の引き出物に選ぶかたが急速に増えています。
カタログギフトは、一人ずつのご希望に合わせて、欲しいものが自宅に届けられます。
カタログギフトは荷物にならないため、参列者のかたが引き出物を持ち帰る手間を省くことができます。

カタログギフトは1500円から数万円のものまで、さまざまな価格帯のコースがあります。
法事の引き出物ではご遺族のかたのご意向に合わせて、最適な価格帯を決めることができて人気です。

法事の引き出物の金額相場とは?

お金

では、法事の引き出物にはいくらくらいの予算を考えればよいでしょうか?
引き出物の金額相場は、2千円から5千円が目安です。
原則として、いただいたご香典の額に関わらず、一律に同じ金額の引き出物を用意します。

2千円から5千円という引き出物の金額を低いと感じるかたもいらっしゃるかもしれません。
しかし、法事の返礼品としては、法要の後に参列者で行なう会食の費用も含まれるとするのがしきたりです。
会食費用に引き出物の金額を足した額が、法事に参列していただきご香典をいただいた分のお礼となります。

なお、ご夫婦やご家族そろって法事に参列していただいた場合、引き出物は全員で一個をお渡しするのが一般的です。

法事の引き出物ののしのマナー

葬儀

法事の引き出物をお渡しするときは、品物にのし紙を付けます。
ここでは、のしの書き方と水引の選び方について見ていきましょう。

のしの書き方

仏教の場合、のしには「志」と書くのが最も一般的です。
地域によっては「粗供養」と書く場合もあります。

のしを書くときには、四十九日の法要を境として、墨の色に決まりがあります。
初七日の法要では薄い墨で「志」と書きます。
四十九日以降の法事では、薄い墨は使わずに普通の濃い墨で筆書きします。

水引の選び方

法事の引き出物での水引は、黒白あるいは双銀の結び切りが一般的です。
関西では、四十九日以降の法事で黄色と白の水引を使うこともあります。

また、引き出物をくるむ包装紙は、グレーや白、黒といった地味で落ち着いた色と柄を選ぶ必要があります。
法事の引き出物を扱うお店では、法事用の包装紙を準備しています。
それらの中から使いたい包装紙を選ぶとよいでしょう。

法事で人気の引き出物に関するまとめ

葬儀

法事の引き出物としてよく選ばれる、人気の品物についてご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事では、次の項目がポイントでした。

  • 法事の引き出物の選び方は、1.日持ちするもの、2.かさばらないもの、3.消えもの、4.故人が好きだったものを基準にして選ぶ。

  • 法事の引き出物に人気の品物は、主に次の5つである。1.乾物の詰め合わせ、2.お菓子の詰め合わせ、3.お茶やコーヒーのセット、4.タオルや石鹸などの消耗品、5.カタログギフト。近年ではカタログギフトが増えている。

  • 法事の引き出物の金額相場は、2000円から5000円である。

  • 法事の引き出物ののしは「志」または「粗供養」と濃い墨で書く。水引は黒白あるいは双銀の結び切りが一般的である。

法事についてのしきたりを押さえることは、皆様の終活の一環として役に立ちます。
「終活ねっと」では、今回の記事のほかにも法事にまつわるテーマでさまざまな解説をしています。
それらの記事もぜひご参考にしていただければと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事