お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!

お盆期間にやることとは?東京と沖縄のお盆の違いについても解説!

お盆は毎年やってくるものですが、お盆期間中にやることはご存知ですか?改めて問われると即答できる方は多くないのではないでしょうか。今回の終活ねっでは、お盆中にやることと、東京と沖縄でのお盆の違いについても解説していきます。ぜひご覧ください。

最終更新日: 2019年09月28日

お盆にやる事とは?

仏壇

お盆期間中にはどんなことをやればいいのでしょうか。
初めてお盆の準備をする方は、何から始めればいいのか戸惑ってしまうかもしれません。
お盆では何をすればよいのか、そのためにどんな準備をすればよいのかを学んでいきましょう。

今回、「終活ねっと」ではお盆にやることについて詳しくご説明します。

  • お盆とは何?

  • 一般的なお盆にやることとは

  • 沖縄でお盆にやること

  • お盆に実家へ帰省する場合は?

この記事では以上のポイントを中心に解説していきます。
東京と沖縄でのお盆の違いについてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

お盆とは

仏壇

お盆にやることを知るために、まずはそもそもお盆とは何なのかというところから見ていきましょう。

お盆とは、「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という仏教の用語が語源です。
祖先の御霊が家に戻ってきて親族と同じ時間を過ごす行事のことをさします。
日本には8世紀頃から普及するようになりました。

現在では、仏事的な意味合いとは他に、普段は顔を合わせない親族や知人たちと親交を温める行事といった面も持ち合わせています。

お盆はいつからいつまで?

お盆の期間について解説します。

一般的な地域

日本の一般的な地域では、8月13日~8月16日がお盆の期間とされています。
これは新暦盆と呼ばれており、この期間中にお盆行事を行う地域が多数となっています。

また、「新暦盆」と似た言葉で「新盆」がありますが、意味が異なりますのでご注意ください。

東京など一部の地域

東京など一部の地域では、7月13日~7月16日の期間にお盆行事を行います。
こちらは旧暦盆と呼ばれて新暦盆と区別されています。
東京のほかでは、関西地方にこの旧暦盆の期間にお盆行事を行う地域が多いようです。

このようにお盆期間が2種類あることには理由があります。
明治時代に西欧化を推し進めていた当時の政府によって西暦に改歴された際に、お盆は新暦盆の期間となりました。
ですが、それまでの旧暦のお盆期間に行事を行う風習も残ったため、2通りのお盆期間が認知されるようになりました。

初盆と通常のお盆との違いとは?

毎年やってくるお盆とは別に、初盆という行事があります。
はつぼん・ういぼん・しんぼん・あらぼん等、地域によって様々な呼び方をされています。

初盆とは、故人が四十九日法要を終えてから初めて迎えるお盆をさします。
四九日法要を終えていない場合は、初盆は翌年に持ち越されることになりますのでご注意ください。
新歴盆に行事を行う地域では故人の命日が6月25日、旧暦盆では5月25日までが故人の命日の場合が同年に初盆を行うことになります。

初盆では、僧侶をお招きして法要や会食を行い、通常のお盆よりも丁重なご供養を行います。
初盆でのみ必要になる道具や準備もありますので、普段よりも準備期間を長く考える必要があります。

一般的なお盆にやること

お墓

次に、お盆で一般的にやることをご紹介します。
こういった行事は、地域や宗派、お家によって風習が異なることも多くなっていますので、そういった場合は地域やお家の風習を優先するのが良いでしょう。

お盆を迎える準備

お盆を迎える前に、事前にしておく準備です。

  • お墓・お仏壇の掃除

    当日は忙しくなりますので、お墓とお仏壇の掃除は事前に済ませておきましょう。
    お仏壇の掃除をする際は仏具を取り出す前にお仏壇の写真と撮っておくと、再配置するときに迷わずに済むのでオススメです。
    お墓の掃除をするときは、やわらかいスポンジで水洗いをするのが無難です。
    墓石のお手入れには専門の知識が必要になりますので、入念な手入れが必要な場合は、専門家にお任せしましょう。

  • お寺への依頼

    棚経を行う場合は、前もってお寺にお願いしておきます。
    お盆の時期はお寺も忙しくなるので、可能であれば2ヶ月前、遅くても1ヶ月前には手配しておきましょう。

  • お盆飾りの用意

    盆棚・仏具・ロウソク・線香・提灯などを準備します。
    ほかにもお家の宗派やお住まいの地域によって必要なものがあれば用意して下さい。

お墓参り

集まった家族・親族・知人友人たちとお墓参りに行きます。
「迎えは早く、送りは遅く」と言われています。

お墓参りには次のようなマナーがありますのでお気を付け下さい。

  • ロウソクなどで火を扱う際は注意する

  • お供え物をする際に缶や袋は口を開けない

  • 食べ物をお供えする場合は帰りに回収する

墓所はたくさんの人が使う場所なので、帰る時に来訪時より汚れていることのないようにしましょう。

お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

迎え火

13日の夕方に御霊が帰ってくるための目印となる迎え火を焚きます。
玄関先や門口で、平皿にオガラを積んで火を灯し御霊を迎え入れます。
オガラを燃やした時に出る煙に乗って御霊が空から降りてくるとも言われています。

また、この時に盆提灯に火を灯して窓際や仏壇の近くに飾ります。

送り火

16日の夕方や日暮れ後に、オガラや提灯を焼いて送り火を焚き、帰省を終えた御霊をお見送りします。

提灯は河などに流したり、お寺でお焚き上げをしたりといったように、地域や宗派によって大きく扱いが異なるところなので、どうするかは周りの方に訊いていただくのが良いでしょう。

沖縄のお盆にやること

沖縄

続いて沖縄のお盆にやることついてご紹介します。

本州のお盆と沖縄のお盆では、やることは大きく異なります。
沖縄のお盆について見ていきましょう。

ウンケー

「ウンケー」とは、沖縄でのお盆で、ご先祖様をお迎えする初日のことをさします。

ウンケーでは、仏壇を整え、お供え物や飾り物の準備をします。
沖縄では、供花やウチャトウ(お茶)、お酒とお水を並べるのが通例です。
ほかに、タウージ(さとうきび)を束ねたものや、くば笠の皿に果物を載せた「ガンシナ」などを飾ります。

ナカビ

お盆二日目のことを沖縄では「ナカビ」と呼びます。
お盆期間3日間の中間の日(中日)が語源です。

ナカビは、家にお仏壇のないお宅が、親族などのお家に伺ってあいさつ回りをする日です。
この際に、手渡しでお中元を届けるのが沖縄の伝統となっています。
また、沖縄のお中元は、原則として家にお仏壇のない方がお仏壇のある家に伺った際にお渡しするもので、本州のようにお返しをする習慣はありません。

ウークイ

3日目の最終日を「ウークイ」といいます。

ウークイでは重箱に入った名物のお重料理ウサンミ(御三味)をいただきます。
ウサンミは、沖縄ではお盆だけでなく、法要や行事には欠かすことのできない大切な料理です。

日が落ちてからは、ご先祖様の御霊をお見送りする儀式を行います。
仏壇にヒラウコー(お線香の束)をお供えし、御霊に感謝とこれからも親族を見守ってくださいというお参りをします。

その後、ウチカビを焚いて御霊のお見送りをします。
ウチカビは藁製の黄色い紙で、御霊が死後の世界で使うお金である冥銭の一種です。
金属のボール状の器にウチカビやお供え物の食べ物を入れてお焚き上げをし、お酒をかけて消します。

このウチカビは、本州での送り火に相当するもので、中国や台湾でも似た文化が見られます。

お盆に実家へ帰省する場合

人々

お盆にご実家へ帰省する場合のマナーについて解説します。

お嫁さんの服装は?

まずは喪服が必要かということを確認しましょう。
通常のお盆でも、僧侶をお招きして読経してもらうお家もありますので、その際に喪服を着る場合があります。

私服で伺う際は華美なものは控えて、肌の露出の少ない服装を選ぶのが無難です。
夏であってもノースリーブの物は避け、膝まであるスカートやストッキングを着用するようにしましょう。
また、お家のお手伝いができるように動きやすさも考慮する必要があります。
運動のしやすい清潔感のある服装を意識するようにするのがよいでしょう。

アクセサリーも、結婚指輪をのぞいた光りものは外すようにして、目立たないものを選んでください。

手土産には何を持参する?

手土産を持参する際は、先方のお好きなものを選んでいくと心遣いが伝わるかと思います。
お渡しする時に、相手のことを考えて選んだということが伝わるような言葉を添えることを心がけるとよいでしょう。

また、食べ物を持参する場合は品質保持期限が短いものはなるべく避けて、個別包装されているものを選ぶのが喜ばれます。

お供え物のマナーを守る

お供え物をお渡しするにはマナーがあるということを意識しましょう。

お盆は、殺生を避ける期間でもあるので、肉類や魚介類をお供えするのは厳禁です。
お花はとげや毒のないものを選びます。

のしや書き方にも気を配りましょう。
水引は結び切りの物を使い、色は関東では黒白、関西では黄白を使うことが多いですが、地域差があります。
こういった場合は、相手方の風習や決まりごとに合わせるようにします。

表書きは「御共」が広く通じます。
名前は夫婦で送る場合は、連名にするのが一般的です。

お盆にやることに関するまとめ

仏壇

今回「終活ねっと」では、お盆にやることとそれにまつわる知識について解説してきました。
最後に記事の内容を以下にまとめます。

  • お盆とは、ご先祖様の御霊が家に帰ってきて親族と交流する行事のことをさす

  • お盆では、お墓参り・迎え火・送り火などを行う

  • 沖縄ではお盆期間はウンケー・ナカビ・ウークイに分けられ、本州とは違った独自の風習がある

  • お盆で実家に帰省する場合は、ふさわしい服装を選び、マナーを考慮して手土産やお供え物を選ぶ必要がある

お盆にやることについておわかりいただけたのではないでしょうか。

お盆にはやることが多くあるため慣れるまでは準備が大変ですね。
早いうちからやるべきことを把握し、優先度をつけて順番に対処していけばご自分のやることを見失わずに済みます。
「終活ねっと」では、他にもお盆に関する詳細な情報が掲載されておりますので、ぜひ参考にしてください。

今回の記事をみなさんの一助としていただければ幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事