初盆のやり方について準備することから当日の流れまで詳しく解説!

お盆の供養はしたことがあるけれど初盆の供養はしたことがないという方は少なくありません。そこで今回は初盆供養のやり方について解説させていただきたいと思います。準備するべきものから当日やること、供養のやり方まで詳細に解説します。

目次

  1. 初盆のやり方について
  2. 初盆とは
  3. 初盆の準備
  4. 初盆の当日にすること
  5. 初盆に参列する側がすること
  6. 宗派による初盆の違い
  7. 初盆のやり方まとめ

初盆のやり方について

仏壇

故人が亡くなれば葬儀を行い、四十九日法要を行います。
故人の亡くなった日にち次第では翌年になることもありますが、次にやってくる大きな節目となる法要が「初盆」となります。

初盆は普通のお盆とどう違うのでしょうか?
何か特別なものを用意したり、作ったりする必要があれば早めに備えておきたいものですよね。
初盆を経験する機会は少ないものですから、初盆のやり方の知識をつけておく必要があります。

そこで今回終活ねっとでは、初盆のやり方から準備すべきものまでしっかりと解説させていただきたいと思います。
主に、

  • 初盆とは何か

  • 初盆の準備とは何をするのか

  • 初盆の当日は何をするのか

  • 初盆に参列する側は何をするのか

  • 宗派別初盆の違い

の点に的を絞ってお伝えしていきたいと思います。

特に宗派別の初盆のやり方の違いについては必見です。
仏教は仏教でも、宗派によってしきたりが違います。
参列する側も、宗派別の初盆のやり方の違いを知っておいて損はありません。

これから初盆供養を迎える方も、初盆供養に参列する方にも知っておいていただきたい内容ばかりとなっておりますので、ぜひ最後までご一読ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初盆とは

お墓

本題に入る前に、初盆とは何かについて簡単にご説明させていただきます。

初盆の時期

初盆の時期ですが、故人が亡くなってはじめて迎える7月もしくは8月ということになります。
ただし、四十九日法要が済んでいることが前提の話になります。

つまり四十九日法要が済んでいなければ、お盆を迎えても初盆にならないということになります。
四十九日法要が済んだ後に迎えるお盆が初盆となりますので、亡くなった日にちによっては初盆が1年遅れることもあります。

初盆の意味

初盆は「はつぼん」と読み、別名を「新盆(にいぼん)」と言います。
どちらも同じ意味で、初めて迎えるお盆という意味になります。
故人にとってはじめてのお盆を初盆と言い、初盆供養を行います。

普通のお盆との違い

故人が初めて家に戻ってくるお盆ですから、盛大に供養を行う地域もあります。
もちろん質素に供養を行う地域もありますので、お住まいの地域や初盆供養に参列する地域のことを調べておくと良いでしょう。

白提灯を飾るか飾らないかが、普通のお盆と初盆の大きな違いとも言えます。
白提灯は初盆ならではの飾りとなります。
普通のお盆では飾りませんので注意しましょう。

白提灯は玄関先や窓際に飾ります。
こうすることで故人が迷わずに戻ってこられると言い伝えられています。
このような違いが、普通のお盆と初盆にはあります。

初盆の準備

仏壇

それでは本題に入っていきましょう。
まずは初盆の前にする準備について、解説させていただきたいと思います。

僧侶・お寺に連絡する

僧侶に棚経をあげてもらう手配が必要となりますから、お寺・僧侶に連絡をしましょう。
初盆以外でもお盆に読経をお願いするお家もありますから、お盆の時期は僧侶もお寺も大忙しです。
どんどん予定が埋まっていってしまいますから、およそ1ヶ月前にはお伺いを立てておくと良いでしょう。

余裕があればかまいませんが、初盆供養の日にちをずらせないこともありますよね。
そういうことをふまえて、四十九日法要のときから初盆の手配をしておく方もいらっしゃいます。
そのほうが僧侶の予定を押さえることができ、招待する人にもあらかじめ連絡がしやすいですから、早めに連絡しておくことをおすすめします。

招待する人に出欠確認する

初盆は、親族や特にお世話になった友人、知人をお招きするものです。
まずは招待する人の洗い出しを行いましょう。
ここで注意したいのは、呼べる人数の把握です。

例えば自宅で初盆供養を行う場合、広さの都合で招待する人数が限られることもありますよね。
何も考えずに招待できるだけ招待してしまえば、招待をした方に窮屈な思いをさせてしまいます。
会場の広さも考慮して、招待する人の選別を行います。

選別ができたら、招待する人に出欠確認を行います。
ここで日程に都合がつかない人や、遠方で参列が難しいといった回答を得ることもあるでしょう。
早めに招待する人の出欠確認ができていれば、追加で招待する人にも声をかけやすいです。

故人にとってもなるべく多くの方に囲まれた初盆にしたいものです。
このように早め早めの確認をしておくことで、沢山の方に参列いただけることでしょう。

会食場所を予約する

法要後は会食がつきものです。
自宅で会食を行う場合は会食場所の予約は不要となります。
食事の手配をするようにしましょう。

食事の手配についても、配達可能なのか、どのような料理が提供可能なのか、調査が必要です。
お盆は食事を提供してくれるお店も忙しいものです。
早めに予約をしておかないと、お断りをされる可能性もあることを頭に入れておきましょう。

自宅で行わない場合は、猶更早めの会場予約が必要です。
お盆の時期はどんどん会食できる場所が埋まっていきます。
僧侶の手配をするあたりから、会食会場の調査も同時進行で行っておくと良いでしょう。

お返しを用意する

初盆にはお香典やお花、お供えものをいただくものです。
それに対してお返しが必要となります。
お返しは不要であるとする地域もあるようですから、一度ご自分の住んでいる地域のならわしを確認しておくと良いでしょう。

お返しは贈答品店に頼めば予算の金額で揃えることができます。
お返しの内容は「消えもの」「消費しやすいもの」「かさばらない、重くないもの」が喜ばれます。
大体5千円~1万円程度がお返しの相場と言われていますので、その範囲内で用意しておきましょう。

なるべくお返しは多めに用意しておくと安心できます。
使用しなかったお返しは返却可能としている贈答品店がほとんどですので心配ありません。
お礼状も多めにあると良いですね。

お香典やお供えものが、想像以上に高額である場合もあるかと思います。
そのときは後日あらためてお返しを用意すれば問題ありません。

このようにお返しには様々なルールやマナーが存在します。
終活ねっとでは初盆のお返しに最適な品物からマナーまで解説しております。
ご興味を持たれた方は、下記リンクを参考になさってみてください。

こちらも読まれています

初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説

皆さんは、初盆のお返しについてご存知でしょうか?通常の法事では供物を頂いた方にお返しをしますが、初盆でも通常のようなお返しをするのでしょうか?今回は、初盆のお返しにふさわしい品物の選び方や金額相場、贈り方のマナーなどを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

お布施を準備する

僧侶に棚経をあげていただくわけですから、お布施が必要となります。
初盆の供養は通常のお盆の供養に比べて、お布施の相場が高くなっているようです。
1万円~5万円程度が相場と言われています。
ちなみに普段のお盆の供養の相場は3千円~1万円程度です。

お布施以外にも僧侶にお渡しするお金が存在します。
「お車代」と「御膳料」です。

「お車代」はいわば交通費のようなものです。
こちらの相場ですが、初盆ならではの金額といったものはありません。
5千円~1万円が「お車代」の相場となっています。

「御膳料」は会食の代わりになります。
基本的に会食に僧侶もお招きしますが、多忙によりご参加いただけないことがほとんどです。
そんなときにお渡しするのが「御膳料」となります。
こちらの相場も5千円~1万円となっています。

この「お布施」「お車代」「御膳料」は、全て別々にお包します。
お渡しするときは同時で結構です。
普通の濃さの墨を用いて、それぞれの表書きをしっかりと書いておきましょう。

盆棚を設置する

盆棚、精霊棚と呼ばれるものを設置する必要があります。
昔は祭壇のように、段々になったものを設置しておりましたが、現代においてはスペースの問題もありますから、一段だけの机でも問題ありません。

設置場所ですが、仏壇の前が好ましいです。
スペースがない場合は仏間、仏間がなければ窓際に設置をします。
この盆棚は、初盆以降のお盆でも使用しますので丈夫なものを揃えておきたいですね。

盆棚の飾りつけですが、まず両側に提灯を置きます。
これは白提灯でなくてかまいません。
対になるように設置をしましょう。

棚、もしくは机には敷物を敷きます。
できればマコモと呼ばれる植物でできたものを揃えましょう。
その上に生花や果物、ろうそくや位牌を飾ります。

精霊馬などのお供えをする

お供えに欠かせないものと言えば「精霊馬」ですね。
精霊馬は故人が乗って家に帰ってくるものであり、乗って浄土にお帰りになるものです。
乗って戻ってくるときには馬をモチーフとしたもの、お帰りになるときは牛をモチーフとしたものを作ります。

基本的に使用する野菜は季節の野菜です。
夏ですからキュウリやナスが一般的ですね。
これらの野菜につまようじなどを指して、生き物に見立てて立たせます。

最近ではとても個性的な精霊馬をお見かけします。
故人が車好きであった場合は生き物ではなく車の形にしてみたり、ロボットの形にしてみたり、などです。

とてもユーモアのある素晴らしいものですが、初盆供養ではやめておいたほうが無難でしょう。
初盆供養にはたくさんの参列者がいますから、昔からの風習に沿った供養をしておいたほうが禍根が残りません。

気を付けておきたいのは生花です。
最近では故人の好んだ花を飾ったり、生花に近い造花を飾る人が増えています。
初盆供養のときだけは、ならわしに沿ったものをお供えしておくと間違いがありません。

今後お盆は何度もやってきます。
ユーモアのあるお供えは後々に行うことができますから、初盆供養の時は忠実な供養を行っておくことを心がけましょう。

盆提灯を飾る

昔の習慣で言うと、盆提灯はあればあるほど良いとされていました。
確かに盆提灯は華やかであり、故人も喜んでくれそうなものですよね。

ただし現代においてはスペースの問題があって、飾りたくても飾れない場合があります。
また、昔ならではの盆提灯だと火事が心配になったりもしますよね。
以上のことから数多く飾らなくても、盆棚周辺と白提灯のみでも良いとされつつあります。

逆に言うと、この2箇所は絶対に飾るのを忘れないようにしましょう。
白提灯は玄関、玄関に飾れない場合は窓際、窓際も飾れない場合は仏壇の近くに飾るものとされています。
初盆には必要不可欠なので忘れないようにしましょう。

最近の盆提灯は電気式のものがあります。
火事が心配な場合はろうそく式のものではなく、電気式のものを選んでおくと安心です。

初盆の当日にすること

お墓

続いて、初盆の当日にすることについて解説させていただきたいと思います。

迎え火のやり方

まずは迎え火を焚きます。
迎え火とは白提灯と同じような役割があり、故人が家に戻ってくるのに迷わないようにするための道しるべとなります。

戻ってくるのに迷わないようにするためですから、お盆に入る日の夕方に焚きます。
前日に焚いても良いでしょう。
家の玄関などで焚きますが、マンションなどにお住いの場合は難しいですよね。

その場合は白提灯が代わりとなりますので、無理して焚く必要はありません。
大切なのは故人をお迎えする気持ちの在り方ですから、火気厳禁の場合はやめておいた方が良いでしょう。

お墓参り

故人は家に戻ってくるわけですから、お墓にお参りに行ってもしょうがないのではないかという意見もあります。
ですが、年に一度のお盆ですからお墓参りを済ませ、綺麗にお掃除をしておきましょう。

夏の暑い盛りですので、熱中症などに気を付けながらお掃除をします。
夏は特にお供えものやお花が腐りやすい時期です。
後片付けにも気を配っておきましょう。

お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

初盆法要

僧侶をお招きし、初盆の法要を行いましょう。
棚経をあげてもらうことがほとんどで、時間としては1時間もかからないものです。
時間は厳守し、厳かな気持ちで法要を受けるようにします。

ここで準備したお布施などが必要となりますから、しっかりと用意しておきましょう。
それ以外にも冷たいお茶などを準備しておくと良いですね。
僧侶への心配りも忘れないようにしましょう。

会食

法要後は会食となります。
自宅で会食を行う場合は、会場の設営を急ぎましょう。
その際、参列していただいた方たちには別室で寛いでいただくようにします。

お皿やお箸、コップなどはあればあるほど良いものです。
多めに用意しておくといざというときのためになります。
飲み物も多めに準備し、冷やしておくことをおすすめします。

自宅で会食を行わない場合は、車の手配をして会場へ向かいましょう。
準備が少ないので楽ですが、おもてなしをすることを忘れないようにしましょう。
店員さんと一緒になって、参列してくださった方をおもてなしします。

送り火のやり方

最後にやることは送り火になります。
これは、故人をまた送り出すために焚くものとなります。
迎え火と同じく、玄関先で焚くようにします。

マンションなど火気や煙が厳禁な場合は、白提灯のみで大丈夫です。
これで初盆にやることが完了します。

初盆に参列する側がすること

葬儀

ここからは初盆に参列する側の視点となります。
参列する側は何をするべきなのかを解説させていただきたいと思います。

お供えを持参する

お香典だけでもかまいませんが、お供えものを持参しておくとより丁寧です。
お供えものの金額の相場は3千円~1万円程度と言われています。
乾物や水菓子が好まれます。

他にも果物の盛り合わせもおすすめです。
季節の果物が入っていると良いですね。
ビールなどの嗜好品は、初盆では避けておいたほうが無難です。

生花の場合は、前日までにお贈りしておいてもかまいません。
お花が飾られた状態でお盆をはじめたほうが、故人にも喜ばれるためです。
その場合は事前連絡をしておくことを忘れないようにしましょう。

どうしてもお供えものが思い浮かばないときは、現金でもかまいません。
その場合はお香典とは別にお包し、表書きは「御供物料」となります。
お供えものの相場の金額をお包するようにしましょう。

香典を用意する

お香典も用意しておきます。
こちらの表書きは「御霊前」となります。
墨は普通の濃さで書くようにします。

水引は「結び切り」で水引の色は「白黒」「黄白」が一般的です。
地域によって違いがあるものですから、初盆供養に参列する地域のならわしを知っておいたほうが良いでしょう。

終活ねっとでは、初盆のお香典について詳細に解説しております。
もっと詳しく知りたい方は下記リンクを参考になさってみてください。

こちらも読まれています

初盆の香典の表書きはどうする?宗教別の表書きや名前の書き方も解説

夏が近づくにつれて考えずにいられないものの1つがお盆のことです。特に初盆の法要にお参列する場合は香典の金額のことも考えることが多いでしょう。香典は金額も大切ですが、表書きなど作法も重要です。今回は初盆の香典の表書きなどについて見ていきましょう。

宗派による初盆の違い

神棚

最後に初盆の違いを宗派別に見ていきましょう。
ここでは4つの宗派の場合を解説させていただきたいと思います。

浄土真宗

まず浄土真宗ですが、浄土真宗には盆棚を作ったり盆提灯を飾る必要がありません。
それだけではなく、迎え火や送り火、精霊馬も用意しません。
根本的に初盆のやり方が違うということになりますね。

法要がないわけではありませんが、お盆の捉え方が他の宗派とは違うようです。
浄土真宗ではお盆は先祖に感謝をする日としています。
供養をするというわけではないのですね。

お盆に親族で集まり、自分たちの礎となった先祖たちに感謝をして会食を行うのが、浄土真宗のお盆ということになります。

浄土宗

浄土宗の場合は、ほとんど先に挙げた初盆のやり方と同じです。
違うのは、精霊流しを行う地域があるということです。
一体精霊流しとは何のことを指すのでしょうか?

精霊流しとは精霊船と呼ばれる船に、初盆でお供えした花やお供えものを乗せて流すことを言います。
これに故人の霊も乗っているとされています。

船を作るのは初盆のみで、それ以降のお盆ではマコモなどでお供えものを包んで流すようです。
似たようなものに灯篭流しというものもあります。

曹洞宗

曹洞宗の場合の初盆も、基本的なやり方は同じです。
違いがあるとすればご焼香の仕方となります。
初盆供養で曹洞宗の初盆に行く方は、ご焼香の仕方を学んでおいた方がよいでしょう。

まずお線香ですが、曹洞宗では1本しか立てません
右手でお線香を持ち、お線香に火をつけたあと、左手であおぎます。

ご焼香の仕方ですが、回数は2回となっております。
1回目は額まで掲げ、2回目は掲げません。

このような違いが宗派によってありますので、事前に初盆供養がどの宗派で行われるのかを知っておくのが重要と言えますね。

神道

神道にも初盆はあり、やり方も基本的には同じですが、様々な箇所で呼び方が違います。
神道では初盆のことを「新盆祭」や「新御霊祭」(あらみたままつり)と呼んで、故人の霊の供養を行います。
やることはほぼ同じで、迎え火や送り火、精霊棚も用意します。

参列する側で気を付けたいのが、のしの表書きの書き方が変わることです。
神道の場合は表書きを「御玉串料」(おんたまぐしりょう)とします。
水引などは白黒の結び切りで変わりありませんが、蓮などの印刷されていないお香典袋を使用します。

お供えものは「御供」「奉献」となります。

初盆のやり方まとめ

仏壇

いかがでしたでしょうか?
初盆は準備から当日まで、大変忙しいものです。
様々なものを用意しつつ、僧侶や参列者の手配もしないといけないわけですから、少しでも初盆のやり方の順序を頭に入れておきたいものです。

また参列する側も、初盆のマナーや宗派による違いを知っておくことで、相手側に失礼なふるまいをしてしまうことを防げます。
ぜひこの記事を参考に、初盆のやり方や準備、過ごし方を学んでいただければ幸いです。

ここで総括です。

  • 初盆とは故人がはじめて迎えるお盆のことを指す

  • 故人が亡くなったあと、四十九日法要前にお盆が来た場合はカウントせず、翌年が初盆となる

  • 初盆の準備として、まずは僧侶の手配を行うこと。その後参列者への出欠確認をする

  • 宗派によって違いがあるが、精霊棚、盆提灯、お供えもの、参列者へのお返し、僧侶へのお布施を含むお礼などの用意が必要

  • 初盆の当日は、お墓掃除、迎え火、法要、会食、送り火を行う

  • 参列者はお香典、お供えものか御供物料を準備して参列する

  • 宗派によっては初盆の捉え方が違うので、自分の宗派や参列する初盆の宗派をあらかじめ調べておくことが必要

備えあれば患いなしと言いますが、初盆についても同じことが言えます。
早めに備え、初盆のやり方に対する知識を蓄えておくことが故人にとって良い初盆供養をすることに繋がります。
ぜひ心を込めた初盆を成功させていただければと思います。

ここまで読んでいただきまして、ありがとうございました。

シェアする

「初盆・やり方」に関連する記事

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

    真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

    真言宗では初盆はどのように行うのか、また他の宗派との違いはあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は真言宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

    初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

    初盆とはいつからいつまでなのでしょうか。故人がなくなってから初めて迎えるお盆は特別で大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

  • 初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆(新盆)でやることを解説しますのサムネイル画像

    初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆(新盆)でやることを解説します

    「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

  • 曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

    曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

    曹洞宗では初盆はどのように行うのでしょうか。通常のお盆とはどのような違いがあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は曹洞宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

    浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

    故人が亡くなって初めてのお盆を初盆と言いますが、初盆では具体的に何が必要なのでしょうか?今回は宗教の中でも、浄土宗に焦点をあて、浄土宗の初盆に必要なものを解説させていただきたいと思います。浄土宗の祭壇の飾り方についてもしっかりと学んでおきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・やり方」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆(新盆)でやることを解説しますのサムネイル画像

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆(新盆)でやることを解説します

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・やり方」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと