初盆はネクタイを着用するべき?適したネクタイやNGな服装を解説

お盆のなかでも初盆は亡くなったかたの霊をご供養する特別な意味のある機会です。そこで今回は初盆にふさわしい服装について、ネクタイに注目してご説明いたします。ネクタイは着用するべきか?適したネクタイは?初盆でのネクタイ事情についての詳しい解説です。

目次

  1. 初盆のネクタイについて
  2. 初盆とは
  3. 初盆にネクタイはするべき?
  4. 初盆に適したネクタイ
  5. 初盆の服装・喪服はスーツがいいの?
  6. 初盆に避けるべき服装
  7. 初盆のネクタイまとめ

初盆のネクタイについて

葬儀

葬儀について、お墓についてなど終活にはさまざまなテーマがあります。
亡くなったかたのご供養について知っておくことも、終活のテーマのひとつです。

亡くなったかたの霊が自宅にいったん戻るお盆は、夏に恒例の大きなご供養の期間です。
なかでも亡くなって四十九日を過ぎた後に初めて迎えるお盆、初盆(はつぼん)は特に大切な意味が込められています。
初盆での法要に招かれたときは、しきたりを守って参列したいものです。

そこで今回は、喪主として初盆を執り行うときと初盆の法要に招かれたときのネクタイについて解説いたします。
今回の記事は次の点がポイントです。

  • 初盆とは?
  • 初盆にネクタイはするべき?
  • 初盆に適したネクタイ
  • 初盆の服装・喪服はスーツがよいのか?
  • 初盆に避けるべき服装

お盆は亡くなったかたとご先祖様を心こめてご供養する大切な機会です。
なかでも一度しかない初盆は、ご親戚などが一同に集まる大切なご供養の機会ですので、失礼のないようにマナーを守った服装を心がけたいものです。

少し長い記事ですが、今回の記事が皆さまの終活のお役に立てればと思います。
どうぞ最後までお付き合いください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

初盆とは

仏壇

お盆は新暦で行なう場合と旧暦で行なう場合とがあります。
新暦は7月13日から16日、旧暦は8月13日から16日がお盆の期間です。
東京を含む一部の地域で新暦の7月のお盆が、その他の多くの地域で旧暦の8月のお盆が行なわれます。

初盆(はつぼん)とは亡くなって四十九日が済んだ後、はじめて迎えるお盆を指します。
もし四十九日までの間にその年のお盆の期間が含まれる場合は、翌年が初盆となるので注意が必要です。

お盆には、お墓参りをして、亡くなったかたとご先祖様の霊を自宅でお迎えします。
初盆ではご親戚や友人のかたをお呼びして、お坊さんにお経をあげてもらう法要をします。
初盆のことを新盆(にいぼん)と呼ぶ地域もあります。

初盆にネクタイはするべき?

葬儀

初盆はお盆のなかでもとりわけ大切な意味をもちます。
では、初盆の法要の際にはネクタイを着用するべきでしょうか

ネクタイ着用が常識

初盆では、ご遺族の場合も初盆の法要に参列する場合も、いずれもネクタイを着用するのが常識的です。
施主のかたをはじめご遺族の立場であれば、喪服を着用することが多いです。
しかし、お盆のある7月または8月は毎年最も暑い時期にあたります。
きっちりとした喪服を着こまなくても、略式の喪服を着る場合も最近では増えています。
白い半袖シャツに黒いネクタイ、黒いスラックスといった服装が、略式の喪服にあたります。

一方、初盆の法要に参列するかたは喪服でない場合がほとんどです。
暑い中での参列ですので、簡略された喪服に準ずる服装で参列してもよいでしょう。
なお、この場合もネクタイは必ず着用するようにします。

ネクタイを締める理由

古代から形を変えて続いてきた首を飾るスカーフ類が、ネクタイの発祥のもととなっています。
現代でもフォーマルな場面では伝統的な装いが必要です。

ネクタイには身じまいを正す意味が込められています。
そのため初盆の法要では、必ずネクタイを締めるようにします。

お盆は真夏の暑い時期になるため、近年では簡略化した服装で初盆の法要に参列するかたが増えてきています。
初盆の法要に参列するかたよりも、施主のかたのほうがフォーマルな服を着るのが正しいマナーです。

初盆に適したネクタイ

人々

亡くなったかたの霊が初めてご自宅に戻ってくることから、初盆は特別に大切な法要と言えます。
では、具体的にどのようなネクタイを着用すればよいのでしょうか?

初盆に着用するネクタイは、略式の喪服として失礼にならないものを選ぶ必要があります。
ここでは、色・柄・結び方の3つのポイントから、ネクタイの選び方についてご説明いたします。

初盆に着用するネクタイとして最も常識的なのは、葬祭用の黒いネクタイです。
どなたも一本は必ず持っているので、選びやすい一本と言えるでしょう。
参列者のかたを初盆にお迎えする施主としての場合も、弔問客として初盆に参列する場合も、葬祭用の黒いネクタイを着用するのが最もおすすめです。

ただし、もしご家族と近い関係でのご親族のみといった小人数での初盆の法要の場合は、濃紺や濃いグレーのネクタイを着用することもできます。

ちなみにYシャツは白のノーマルカラーを選びます。
フォーマルな喪服としては長袖が正式ですが、お盆の時期の暑さを考えると、最近では半袖でも問題ないとされているようです。

初盆は真夏の法要なので、上着をどうすればいいのか迷うかたがいらっしゃるかもしれません。
正式な場面では喪服の上着も着用するのが、正しいマナーです。
現在では、お寺や葬祭のホール、ご自宅など、冷房を完備している会場で行なわれる初盆がほとんどです。
お坊さんにお経をあげていただく法要の間は、喪服の上着を着用するようにします。
このとき、靴下と靴も黒い色で統一するようにします。

ネクタイの柄は無地を選ぶようにします。

もし濃紺やグレーのネクタイを着用する場合でも、葬祭用の黒いネクタイに準じて、ネクタイの柄は必ず無地を選ぶ必要があります。
レジメンタルや水玉など柄のあるネクタイを選ぶのはマナー違反です。
必ず無地のものを選ぶようにしましょう。

なお、喪服でないスラックスを単独で選ぶ場合ですが、初盆の参列者でしたらグレー系のスラックスを着用することもできます。
この場合は薄いグレーは避けて、濃いグレーのスラックスを選ぶようにします。
ネクタイ、スラックスともに喪服に準じた色と柄のものを選ぶのがマナーです。

結び方

ネクタイには何種類もの結び方があるのをご存知でしょうか?
初盆の際のネクタイでおすすめの結び方は、最も標準的なプレーンノットという結び方です。
プレーンノットは、結び目がやや小さくスタンダードな印象なので、幅広い世代のかたにおすすめできる結び方です。

ネクタイの結び方は、比較的若いかたの間で流行しているウィンザーノットという結び方もあります。
しかし、こちらは結び目を大きめにするおしゃれを意識した結び方です。
初盆の法要の場には向きませんので気をつけたいものです。

ネクタイピンは控える

ネクタイピンは、ネクタイをYシャツに留める機能面での意味とおしゃれの意味があります。

しかし、法事の際にはネクタイピンは使わないのがマナーです。
ご遺族の立場あるいは参列する立場ともに、初盆の法要においても、ネクタイピンの使用は控えるようにします。

初盆の服装・喪服はスーツがいいの?

葬儀

初盆の法要に招かれた場合は案内状を確かめて、略式の喪服で、あるいは平服でという言葉がないかを見てみます。
略式の喪服あるいは平服でと書かれていれば、喪服(スーツ)を着用して行く必要はありません。

なお、ご遺族として参列者のかたを出迎える場合は、参列者のかたよりも正装をする必要があります。
その場合には喪服もしくは濃いグレーのスーツが適しています。

終活ねっとでは、お盆のときの服装について、さらに詳しく解説しています。
そちらもぜひご参考にしていただければ幸いです。

こちらも読まれています

お盆にはどんな服装をすればいいの?初盆の際の服装についてもご解説

夏休みに実家に帰省してお盆を過ごすという方も多いと思います。お墓参りに行ったり仏壇に手をあわせたり、普段はなかなか機会のないご先祖様の供養を行うお盆ですが、服装について考えたことはありますか?今回はお盆にふさわしい服装や持ち物について詳しく解説します。

初盆に避けるべき服装

困った人々

法事の場面ではマナー違反となる着こなしがあります。
初盆の法要に参列する場合は、次の2点に気をつけたいものです。

殺生を想起させるもの

初盆での法要を含め法事全般では、殺生を連想させる小物は使ってはいけません。

具体的には、革製の靴はマナー違反となります。
また、ワニ革やヘビ革のバッグも殺生を連想させるものに当てはまります。

時計や金具付きの小物

初盆での法要を含め、法事では女性の場合、真珠のイヤリングとネックレス以外のアクセサリーは基本的に付けません。

男性の場合、アクセサリーは当然のことながら、腕時計や金具付きのカフスボタンは外すのがマナーです。
ネクタイピンも使わないようにします。
初盆では金具の付いた小物は身に着けない方が良いです
靴に金具が付いているものもありますが、靴も黒無地のものを選ぶようにします。

初盆のネクタイまとめ

仏壇

初盆で着用するネクタイについて、マナーの点からご説明してきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の記事は次のポイントがありました。

  • 初盆とは、亡くなって四十九日が済んだ後にはじめて迎えるお盆のことである。東京と一部の地域では新暦の7月13日から16日、そのほかの地域では旧暦の8月13日から16日がお盆の期間である。
  • 初盆では、ご遺族の場合も初盆の法要に参列する場合も、いずれも正式な装いであるネクタイを着用するのが常識的である。
  • 初盆に適したネクタイとしては、葬祭用の黒無地のネクタイ、または濃紺か濃いグレーの無地のネクタイがよい。結び方はプレーンノットでネクタイピンは使わない。
  • 初盆の服装・喪服は、ご遺族の立場ならば喪服もしくは濃いグレーのスーツが適している。初盆の案内状に略式の喪服あるいは平服でと書かれていれば、喪服(スーツ)を着用して行く必要はない。
  • 初盆に避ける服装は2つ、殺生を連想させる靴やバッグと、腕時計や金具付きの小物は付けていかないようにする。

法事全般には正しいマナーが決められています。
それらのマナーについて知っておくことは、皆様の終活のひとつとして、いざという時に役に立ちます。
今回の記事をご参考に、ぜひ初盆の重要性に気づいていただければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

「初盆・ネクタイ」に関連する記事

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

    永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

    初盆は故人の御霊(みたま)が初めて家に帰ってくる大切な期間です。でも、お墓の管理と供養をお任せする永代供養にした場合に、初盆の法要は行うべきでしょうか。今回は永代供養と初盆についての疑問を解決していきます。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介のサムネイル画像

    初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介

    初盆は、故人が亡くなって初めて迎えるお盆です。初盆の法要では、自宅に僧侶を招き、大勢の方が参列して盛大に行われます。正式な法要の場ですので、きちんとした服装で参加したいですよね。今回は初盆に着ていく服装について、女性の服装やマナーについても紹介していきます。

  • 真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

    真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

    真言宗では初盆はどのように行うのか、また他の宗派との違いはあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は真言宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

    初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

    初盆とはいつからいつまでなのでしょうか。故人がなくなってから初めて迎えるお盆は特別で大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

  • 初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

    初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

    故人が亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを「初盆」と言います。言葉自体は聞いたことがあっても、初盆のマナーを心得ている方は少ないかもしれません。この記事では、初盆の法要に関するマナーや、服装や手土産など詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

    初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

    初盆という言葉を耳にしたことはありますか。実は初盆の時期は地域によって違いが存在します。今回はそんな初盆の時期の違いについて、地域ごとに解説をさせていただきたいと思います。初盆の時期以外にも、初盆にまつわる知識の解説も行っております。

  • 初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

    初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

    初盆のお参りは、普段見慣れない方も多く緊張しがちなものです。言葉遣いやお供えの作法、事前に知っておきたいマナーなど気の抜けない要素がたくさんあります。今回の記事では初盆のお参りをうまく済ませられるように、各項目を余すところなく解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介のサムネイル画像

初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・ネクタイ」についてさらに知りたい方へ

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?のサムネイル画像

永代供養でも初盆・新盆の儀礼は必要なのか?

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介のサムネイル画像

初盆にはどんな服装をしていく?女性の服装やマナーについても紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと