お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

お盆を迎えるために準備すべきこととは?精霊棚の飾り方も解説します

夏の中でも最も楽しみとされるお盆の季節が近づいています。お墓参りに出かけたり棚経をあげてもらったりするにしても事前の準備が欠かせません。しかし、お盆の準備と聞くとかなり大変そうなイメージも持たれがちです。今回はお盆の準備でやるべきことについてご紹介いたします。

最終更新日: 2019年09月28日

お盆に準備すべきこととは?

お墓

暑い日々が続く中、少しずつ近づいてくるのがお盆の時期です。
皆さんにとってお盆とは地元に帰省してお墓参りに出かけたり、行楽地で過ごしたりといった非常に楽しい時期というイメージが強いでしょう。

さて、お盆は本来はご先祖様のことをしのび感謝するための時期とされていることから、ご先祖様の霊をきちんとおもてなしするためにもお盆に向けてさまざまな準備が必要となります。
ただ、お盆の準備と聞くといろいろとやるべきことがあって大変そうなイメージも付きまといがちです。

そこで今回「終活ねっと」では、お盆に向けて準備するものについてご紹介いたします。

  • お盆とはどのような時期であり、どんな流れで過ごすのか?

    お盆について時期や流れなどからどのような時期なのかについて簡潔に見ていきます。

  • お盆の準備はいつから始めるべきなのか?

    やることが多いイメージのあるお盆の準備について、いつ頃から始めれば良いのかについてご説明します。

  • お盆に向けて準備すべきこととは?

    お盆に向けて準備すべきことを具体的にご紹介します。

  • 精霊棚はどう飾る?

    お盆に欠かせない精霊棚の飾り方について、宗派ごとのやり方をご紹介します。

  • マンションでお盆の準備をするときに気にすべきことは?

    マンションでの準備の際に戸惑うと思われる迎え火・送り火と精霊棚についてご紹介します。

  • 京都を中心に行われる地蔵盆とは?

    京都を中心に行われている地蔵盆とは何なのか、何を準備すればいいのかについてご紹介します。

お盆に向けての準備に対して大変なイメージを持っている方がわかりやすく理解できるようにまとめましたので、最後まで読んでいただければ幸いです。
お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆の基礎知識について詳しく知りたいという方は下記の記事をぜひご覧ください。

お盆とは

お墓

最初にお盆がどのようなものであるかについてを、時期や流れの面から見ていきます。
あわせて、普通のお盆と初盆との違いにも触れていきます。

お盆はいつからいつまで?

まず、お盆がいつからいつまでであるかについて見ていきましょう。

8月中旬に迎えるイメージが強いお盆ですが、実は地域によって7月(日付は8月の場合と同じ)に迎える場合もあります。
このため、お盆の時期は7月または8月の13日から16日というのが一般的です。

初盆と通常のお盆の違いとは?

お盆の中には初盆と呼ばれるものがあり、1年以内に四十九日を迎えたご家庭がこのケースに当てはまります。

お盆期間中の法事が四十九日を過ぎた故人のために行われるものである点や、その故人の霊を迎えるために白提灯を飾るという点が主な通常のお盆との違いです。

初盆の準備は通常のお盆とは少しちがう点がいくつかあります。
「終活ねっと」では、初盆にすべき準備の記事も書いていますので、ぜひこちらの記事もご覧いただくと幸いです。

お盆の流れ

一般的なお盆の流れとしては、まずお盆の時期までに仏壇の掃除や精霊棚の設置などお盆を迎える準備を行います。
そして、お盆の初日(迎え盆)の夕方に、ご自宅の玄関先や庭先などで迎え火を焚いてご先祖様の霊をお迎えすることがお盆の始まりの儀式です。

お盆の2日目と3日目にあたる7月または8月14日と15日にはお墓参りや法事をとり行い、最終日の16日(送り盆)の夕方に送り火を焚いてご先祖様の霊を送り出すことで、お盆が明けます。

お盆の準備はいつからするべき?

困った人々

ご先祖様に感謝したりおもてなしをするための時期であるお盆ですが、ご先祖様を敬う気持ちを示すためにも、それなりにきちんと準備をしておく必要があります。
そうなると気になってくるのが、いつ頃からお盆の準備をはじめれば良いのか、という点です。

結論から先に書けば、お盆を迎える月に入った段階で準備を始めると良いでしょう。
毎日少しずつ念入りにやれば、およそ2週間くらいで準備できるためです。

最初のうちは、ご自宅にある仏壇の掃除や手入れから始めると良いでしょう。
特に普段なかなか掃除しない部分はほこりが積もっていることもありますので、ご先祖様を迎えても恥ずかしくないように念入りに掃除をします。

7月または8月も10日を過ぎた段階で、お墓の掃除も合わせて行うようにすると良いです。
お墓の方も普段なかなか訪れない場合は、かなり汚れがついているため、できればご家族総出できちんと掃除をすると良いでしょう。
特にお墓掃除に時間がかかりそうな場合は、早めに手を付けるのがおすすめです。

前日や当日の午前中には精霊棚などを用意し、そこにお供え物を配置していきます。

お盆に準備しておくべきこと

仏壇

それでは具体的にお盆の準備として、どのようなことをやれば良いのでしょうか?
ここでは、お盆の準備に欠かせない項目を挙げてご紹介します。

仏壇の掃除

毎日のようにお線香などをあげている仏壇については、日々掃除をしている方も多いでしょう。
しかし、お盆前にはより念入りに掃除をして、ご先祖様の霊が気持ちよく過ごせる環境にするべきです。

具体的には、普段仏壇で目が行き届きにくい場所のほこりを払ったり、香炉の中に残っているお線香の残りかすを取り除いたりしましょう。

お墓の掃除

仏壇とともにきちんと掃除をしておくべき場所がお墓です。
特にあまりお参りしていない場合は、墓石の水拭きにとどまらず、お墓回りの草むしりや掃き掃除も合わせて必要となりますので、掃除用具も持参する必要があります。

お墓参りの時の掃除の仕方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

僧侶を手配する

お盆の期間中にはご先祖様を供養するために法事を行うことも重要です。
法事を行うとなれば、お経を読む僧侶の方が不可欠であるため、前もって僧侶の方を手配しましょう。

ただし、お盆の季節はお寺にとっては非常に忙しいため、僧侶の方への依頼はなるべく早いうちに行うべきといえます。

精霊棚(盆棚)や盆提灯の用意

精霊棚も盆提灯も、お盆の間にご先祖様の霊がとどまる場所であるため、念入りな準備が必要です。

本格的なやり方として、経机やひな壇にまこものござや白布を敷き、青竹を立てて縄を張り巡らし、その中にお供え物などを配置していきます。

また、盆提灯も箱から出した後で軽くはたき、精霊棚に飾ったうえで火をつけて照らしましょう。

お供え物の用意

精霊棚にはさまざまなお供え物をお供えするため、少しずつで良いので念入りに用意しましょう。

そうめん・水の子・夏野菜・果物・団子などいろいろ挙げられますが、スーパーなどで簡単に用意することができます

可能であれば、直前になって焦らないように早めの段階で準備すると良いでしょう。

精霊馬をつくる

ご先祖様が死後の世界から乗ってきたり、逆に戻ったりする際に使う乗り物として飾るのが精霊馬です。

キュウリを馬に、ナスを牛に見立てて、それぞれに割りばしなどを刺すというやり方で、非常に簡単に作ることができます。

お布施の準備

お盆の最中に菩提寺での法要に出かけるにせよ、またご自宅で棚経をあげてもらうにせよ、僧侶の方へのお布施は用意しましょう。

特に棚経をあげてもらう場合は、お車代などの用意も必要です。

お盆中の精霊棚の飾り方

仏壇

お盆の飾りで不可欠なものに精霊棚がありますが、宗派によって飾り方の作法が若干異なります。
ここでは、宗派ごとに精霊棚の飾り方についてご説明します。

曹洞宗

曹洞宗では経机の上にまこものござや白布を敷いたうえでさまざまなお供え物や故人の位牌を配置します。

位牌については普段仏壇の中に安置してあるものを、お盆の時期だけ精霊棚の正面に置くようにしましょう。
また、お供え物についてはお膳・夏野菜・果物・そうめん・団子をお供えし、さらに盆提灯を飾ります。

ちなみに団子をお供えするのは曹洞宗だけです。

日蓮宗

日蓮宗の場合も基本的なお供えの仕方は曹洞宗と同じですが、精霊棚の一番奥側に宗祖である日蓮聖人像を、さらにその奥に曼荼羅を安置するのが独特の特徴です。
さらに、仏壇の両脇に青い笹竹を立てておくことも忘れないようにしましょう。

真言宗

真言宗の精霊棚も基本的には他の宗派と同じですが、独特な特徴にお供え物として精進料理や野菜、果物をお供えする点が挙げられます。

また、普段なかなか供養してもらえない霊のために水の子と呼ばれる、笹の葉の上に洗った米やさいの目状に切ったナスやキュウリを載せたものもお供えするのも特徴です。

浄土宗

浄土宗も基本的な精霊棚関係の作法は他の宗派と同じです。

しかし1点だけ、迎え火や送り火の際に使うおがら(麻の茎の芯の部分)を井桁状に積んだものも一緒にお供えします。
麻には魔除けの効果があるとされているためです。

浄土真宗

浄土真宗では精霊棚を飾るということはありません
というのは、浄土真宗では亡くなった方は極楽浄土に生まれ変わってずっと暮らすため、わざわざお盆の時期に戻ってくるとは考えないためです。

このため、お盆もご先祖様を供養するためではなく、仏様への感謝のための時期とみなしています。

マンションでのお盆の準備は?

仏壇

都市部などでは一軒家ではなく、マンション・アパートでお盆期間を過ごす方が多くなっています。
忙しく帰省もできないが、せめてマンションでもご先祖様を供養したいと思ったときどうすればいいのでしょうか?

現代のマンションでは様々な規制があったり、大々的にお供え物をするスペースがない場合もあります。
ここでは、マンションでお盆の準備をするときに特に困るであろう迎え火・送り火の準備と精霊棚の準備について紹介します。

迎え火・送り火の準備はどうする?

マンションで「迎え火・送り火」をする方法はおおかた2つになります。

1つ目として、小規模に玄関やベランダで迎え火・送り火をする方法です。
焙烙に通常よりも少量のおがらを入れ火柱がたったら黙とうをしすぐさま消します。

しかし、現在のマンションではベランダで火の扱いそのものを禁止にしているところが多く、玄関でしようにも火を焚けば少量といっても危険ですし、火災報知器が反応してしまう可能性もあります。

そのため現在では2つ目の方法である、火の代わりに盆提灯を用いる方法をお勧めします。
盆提灯は本来その明かりでご先祖様が道に迷わないように目印として用いるものなため、迎え火・送り火の代わりに盆提灯を用いても問題ありません。

迎え火の際は玄関に盆提灯をお供えし、一礼後に黙とうをしご先祖様を迎え入れましょう。
送り火の際は夕方に盆提灯を手に持ち、玄関先で一礼後に黙とうでご先祖様を見送りましょう。

マンションでも精霊棚は準備すべき?

マンションでは仏壇のスペースだけでいっぱいで、精霊棚を置くスペースがないとする家庭が多いようです。
その場合には、小さな机やテーブルで簡易的な精霊棚を作ることをお勧めします。
ござなどの敷物に花や果物などのお供え物をするだけで充分なようです。

また、仏壇がない場合でもご先祖様を供養する気持ちがあれば、簡易的な精霊棚を作っても問題がないようです。

京都:地蔵盆の準備

お墓

京都を中心とする関西地方で行われている地蔵盆というのを知っているだろうか?
昔は旧暦の7月24日から行われていたが、今ではほとんど8月23日から24日に行われている、地蔵菩薩様に無病息災を願う子供が主役のお祭りのことです。

8月23日から始まることもあって、京都を中心とする関西地方ではお盆の時期に地蔵盆の準備も進めないといけない。
そこで今回は、地蔵盆では何をお供えして何を準備するべきなのかについて簡単に紹介します。

地蔵盆でのお供え物はお菓子などの食べ物やお金をお供えしますが、お金の準備で戸惑わないようにしておきましょう。

お金のお供えの相場金額は3000円です。
地域によって金額に幅はありますが最低でも2000円、最高でも5000円なので3000円で失敗することは少ないでしょう。

現在では、町内会からお供えのお金を支出する場合もあるようなので確認しておきましょう。

お盆の準備に関するまとめ

お墓

今回「終活ねっと」では、お盆の準備で必要なものについていろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お盆は地域により7月の場合と8月の場合があり、日付はどちらも13日から16日である。
    初盆の場合は普通のお盆よりも、近くに四十九日を迎えた故人を供養する意味が強い。
    大まかな流れは、初日で迎え火を焚き、中2日で法要やお墓参りを行い、最終日に送り火を焚くというものである。

  • お盆の準備は基本的にお盆を迎える月に入った時点で仏壇の掃除などから始めると良い。
    お盆が近づいたらお墓の掃除や精霊棚の準備も行う。

  • お盆に準備しておくべきこととして、仏壇やお墓の掃除、僧侶の手配、精霊棚やお供え物の準備などが挙げられる。

  • 精霊棚の基本的な飾り方はどの宗派でも同じだが、宗派ごとに若干の違いが見られる。
    なお、浄土真宗では教えの上での理由から精霊棚は設置しない。

  • マンションでの迎え火・送り火の際には盆提灯で代用し、精霊棚はスペースがない場合には簡易的な精霊棚を作ってもよい。

  • 京都を中心とする関西地方では地蔵盆と呼ばれる無病息災を願う子供が中心のお祭りがある。

お盆の準備で必要なものは、今回の記事で触れたとおりですが、お盆の月を迎えてからでも念入りに準備をしてもお盆には十分間に合います。
このため、少しずつでも焦ることなくご先祖様の霊をきちんと迎える準備をすれば、気持ちよくお盆を迎えることができるでしょう。

また、「終活ねっと」ではお盆にお供えすべきものについての記事を書いていますので、ぜひ合わせて読んでみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事