四十九日での喪主・参列者の挨拶の例文を紹介!挨拶状の例文も解説

四十九日の法要は、一般的に親族以外の方も招いて行われます。この節目の法要に喪主としてどのような挨拶を行えばいいでしょうか。今回終活ねっとでは、例文を交えて四十九日法要における喪主の挨拶について詳しくご説明します。例文は実用的に挨拶の場面ごとにご用意しました。

目次

  1. 四十九日の挨拶の例文について
  2. 四十九日法要での喪主の挨拶
  3. 喪主・施主の挨拶の例文をご紹介
  4. 四十九日法要での参列客の挨拶
  5. 四十九日法要の挨拶状の例文
  6. 四十九日法要の服装
  7. 四十九日の挨拶の例文に関するまとめ

四十九日の挨拶の例文について

葬儀

四十九日法要では、親族以外の方をご招待することもあります。
この大きな節目となる四十九日の法要で、喪主としてどのような挨拶をすればいいか、あれこれお悩みではありませんか?

喪主ともなれば、挨拶を行う場面が何度もあります。
はたしてどんなことを話せばいいのか。
逆にどんなことを言ってはいけないのか。
押さえるべきポイントはいくつもあります。

そこで今回終活ねっとでは、四十九日法要における挨拶の仕方について、以下の順でご説明いたします。

  • 四十九日法要での喪主の挨拶
  • 喪主・施主の挨拶の例文を紹介
  • 四十九日法要での参列客の挨拶
  • 四十九日法要での挨拶状の例文
  • 四十九日法要での服装

このように挨拶については具体的な例文をご用意しましたので、最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

こちらも読まれています

お坊さん派遣サービスの【費用や口コミ】を一括比較!

近年では特定の職業の方を必要に応じて手配できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

四十九日法要での喪主の挨拶

葬儀

四十九日法要は、まだ故人の面影が強く残っている時期に行うものであり、遺族も悲しみが拭えていない中で執り行われます。

それだけに喪主としては冷静さを保って法要を進行し、参列者へ感謝の気持ちと故人を偲ぶ思いを伝える必要があります。

法要で喪主として挨拶をするという機会は、人生でそんなに経験することではありません。
数少ない機会だからこそ、ポイントをしっかりと押さえ、きちんとした挨拶をしましょう。

四十九日法要での喪主の挨拶はたくさん

四十九日の法要で行う挨拶は、葬儀同様とても重要です。
お寺で行われる法要は、住職の読経とともに自然に法要が始まりますので開会の挨拶は必要ありません。

自宅や会館で四十九日法要を行う場合は、喪主が始まりの挨拶を行うことになります。
それ以降の挨拶をする場面を以下のとおり並べてみました。

  • 法要の始まりを告げる挨拶
  • 法要後の中締めの挨拶
  • 会食前の献杯の挨拶
  • 締めの挨拶

始まりの挨拶は、それほど長く話す必要はありません。
挨拶を終えれば、すぐに住職に読経をお願いします。

法要後、会食の席を用意している場合は中締めの挨拶をします。
会場を移動しますから、会食の案内とともに会食に参加しない方に対して法要に参加していただいた感謝をしっかりと伝えることが大切です。

挨拶のポイント

法要の挨拶で伝えるべき大切なことは、参列者への感謝の気持ちと故人を偲ぶ思いです。
まず挨拶の冒頭に、参列していただいたことへの謝意をのべましょう。
つづく挨拶の中に故人とのエピソードを挟み込むことで、改めて故人を偲ぶことができます。

法要の場合、長過ぎる挨拶は参列者の負担になりますから、簡潔にまとめることが大切です。
挨拶の最後にひと言、参列者への感謝の言葉をのべて締め括りましょう。

喪主・施主の挨拶の例文をご紹介

葬儀

それでは喪主や施主は具体的にどんな挨拶をすればいいのでしょうか。
大切なのは、紙に書いた文面をただ読むのではなく、自分の言葉として伝えることです。
必ず自分が話すことを事前にまとめたうえ、一度は実際に口に出して下稽古をしておきましょう。

法要の場面ごとの例文を並べてみましたのでご覧ください。

法要前の挨拶

僧侶を仏壇の前にご案内した後に、四十九日法要の開会を告げる挨拶をします。
開会の挨拶の例文は以下のとおりです。

<例文>

皆様、本日はお忙しい中、亡き父の四十九日法要にお越しくださいましてありがとうございます。
これより、法要を執り行いたいと思います。
ご住職、よろしくお願いします。

会食前の献杯の挨拶

会食を席を設ける場合には、別室あるいは別の会場に参列者を案内した後、全員が席に着いたことを確認した段階で挨拶をします。
会食前の献杯の挨拶の例文は以下のとおりです。

献杯の挨拶は、喪主に変わって、親族の長老格や故人と関わりの深かった方が行う場合もありますので、その場合の例文もご紹介します。

<例文①>喪主が行う場合

本日は、まことにありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして、四十九日の法要を執り行うことができました。

気持ちばかりのお膳ではありますが、亡き父の思い出話でもしながら、時間の許す限りゆっくりお過ごしください。
それでは献杯させていただきます。

献杯。
<例文②>喪主以外の者が行う場合

ご指名でございますので、献杯の発声を行わせていただきます。
○○君とは、○○社時代の同期として労苦を共にいたしました。

今でも、彼がいないことは信じられない思いがしますが、こうして皆様がお集まりいただき故人もさぞ感謝していることと思います。

それでは、○○君の冥福と皆様のご健康をお祈りしまして、献杯いたします。
献杯。

会食後の締めの挨拶

会食は1時間程度で頃合いを見て終わりにします。
この際、喪主は会食後の締めの挨拶を行います。

いよいよこれが四十九日法要全体を締める挨拶となります。
しっかりと参列者に感謝の気持ちと故人を偲ぶ思いを伝えましょう。
会食後の締めの挨拶の例文は以下のとおりです。

<例文>

本日は、お忙しい中、亡き父の四十九日の法要にお越しくださいましてありがとうございました。
皆様のおかげをもちまして、四十九日の法要を無事執り行うことができました。

思えば、父と酒を飲み交わしたのがつい昨日のことのように思い出されます。
こういう事態になるのであれば、もう少し親孝行をすればよかったと悔いる気持ちは募るばかりです。

ただ父は生前、私の長女と遊ぶことが非常に嬉しかったようで、公園では歳を顧みず夢中で走り回っておりました。
孫の顔を見せられたのが、せめてもの親孝行だったかなと自分に言い聞かせているところです。

四十九日は、閻魔大王が極楽にいけるかどうかの判決を下す日だと聞いております。
皆様ご承知のように、父は私財を投げ出してでも、困っている人を助けたいと奔走する人柄でしたので、極楽にいけるのはもはや間違いないと確信をしております。

お荷物になるかと存じますが、本日は心ばかりのものを用意しております。
どなた様もお忘れ物なきようお持ち帰りください。
本日は、まことにありがとうございました。

会食がない場合の締めの挨拶

会食の席を設けていない場合は、これが四十九日法要の締めの挨拶になりますから、しっかり参列者への感謝の気持ちと故人を偲ぶ思いを伝えましょう。

締めとなる挨拶の例文は以下のとおりです。
会食後の挨拶と共通している点もありますので、ここでは大きく違う部分だけを示しました。
次項の例文と合わせてみていただければ幸いです。

<例文>

(略)

本来であれば皆様とともに粗餐を囲みながら、亡き父の思い出話をしたいところではございますが、遠方からお見えになった方も多いため、本日はこれにてお開きとさせていただきます。

お荷物になるとは存じますが、心ばかりのものをご用意してございます。
どなた様もお忘れなきようお持ち帰りください。
本日は、まことにありがとうございました。

お布施を僧侶へ渡す際の挨拶

しめやかな場であっても、僧侶へのお布施を渡す際には、無言ではなく言葉を添えてお渡しします。

「本日は、まことにありがとうございました 些少ですが、どうぞお納めください」
と短い言葉を添えましょう。

四十九日法要での参列客の挨拶

葬儀

四十九日法要に招かれた際には、参列者は、喪主に挨拶する場面が必ずあります。
特に法要会場に到着し、喪主と初めて接したときの挨拶は重要です。

この法要に招かれるというのは、故人との関係が深かったということであり、生前お世話になったことへの感謝を込める意味でもしっかりと挨拶をする必要があります。
まず参列者の側が挨拶を行う意義を以下に整理しました。

  • 喪主・施主への労いの気持ち
  • 四十九日法要に招いていただいたことへの感謝の気持ち
  • 故人を偲ぶ気持ち
  • しっかりと冥福を祈るという気持ち

四十九日法要まで喪主は気が張っていて疲労を感じていないかもしれませんが、その労苦は相当なものだと考えるべきです。
しっかりと、労いの言葉をかけましょう。

また四十九日法要に招かれたということは、生前の故人との関係が深いものだったとして喪主は捉えています。
したがって招かれたことへの感謝の気持ちを込めなくてはいけません。

喪主と対面したときの口切りの挨拶は以下の例文をご参考にしてください。

<例文> 
本日は。お招きいただき、まことに恐縮です。
心を込めてお祈りさせていただきます。

参列者が多い場合、喪主とじっくりと話をする時間はないかもしれません。
それでも四十九日法要は、故人の生前の活躍ぶりを喪主が知る貴重な機会でもありますから、エピソードや世話になったときの話を短く挨拶に交えると、喪主や遺族の気持ちがずいぶんと和むものです。

話すべき事を予めまとめておくのもいいかもしれません。

四十九日法要の挨拶状の例文

葬儀

葬儀の際への感謝を込めた挨拶状は、四十九日の法要後に送るのが一般的です。
葬儀に参列してもらったお礼や香典やお供物をいただいたことに対してお礼を伝えるものです。
また忌明けの報告をする意味も含まれています。

法要の挨拶状には、故人の名前に戒名を添えることや文面に句読点を使用しないことなど独特の決まりごとがあるので注意が必要です。
なお、戒名は添えなくても問題はありません。

その他お礼状に書く流れとポイントは以下のとおりです。

  • 葬儀へに参列や香典・お供物への感謝

    多忙な中、参列していただいたことへの感謝や葬儀の際に香典やお供物の心遣いをいただいたことへの感謝を表します。

  • 四十九日法要を無事に終えたことの報告

    いつ法要を終えたかを記します。

  • 香典返しや挨拶を略儀で済ませることに対するお詫び

    昔の慣習では、法要後に直接出向いて挨拶をしていました。
    そのため郵送という略式の手段になることをお詫びします。

  • 日付

    四十九日法要の日付を書きます。
    年・月表記にとどめてもかまいません。

  • 差出人の名前

    喪主のみでも、親族一同を加えても構いません。

以下に挨拶状の具体的な例文をご紹介します。
ここでは横書きで表現していますが、必ず縦書きにしてください。

<挨拶状の例文>

謹啓
先般 亡父 ○○○○儀 葬儀に際しましては
ご多忙中にもかかわらず ご会葬を賜り またご鄭重なご厚志を賜り 
心より熱くお礼を申し上げます

おかげをもちまして ○月○日に ○○○○(故人の戒名・法名) の四十九日法要を滞りなく営み 忌明けを迎えることができました
故人生前中のひとかたならぬご厚誼に心より深くお礼を申し上げます。

つきましては供養のしるしにこころばかりの品をお送りいたしますのでご受納いただければさいわいです
本来であれば拝眉の上お礼申し上げるところですが
略儀ながら書中をもちましてお礼のあいさつとさせていただきます
                                           敬白
                               
                               ○○年○○月○○日
                               ○○県○○市○○町○○番地
                                  喪主  ○○○○
                                  親族一同

四十九日法要の服装

葬儀

昔は遺族側は三回忌までは正喪服を着用するのがしきたりとなっていました。
しかし最近では、四十九日法要では遺族側、参列者ともに略喪服を着用する方が多くなってきました。
大事な法要ですので、喪主の方はできるだけ正喪服の方が良いかもしれませんが、参列する方は喪主より格式の高い喪服にならないよう気を付けましょう。

終活ねっとでは、終活に関する様々な記事を掲載しています。
四十九日の服装について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

こちらも読まれています

四十九日法要に参列する際の服装とは?妊婦さんの場合の服装も紹介!

四十九日の法要は重要な法事ですが、服装をどうすればいいかわからない場合が多いです。親族だけでなく、学生である子供や妊婦の方も参列しますが、喪服の格式や服装のまとめ方について正確に答えられる人は多くありません。この記事で、四十九日に適した服装を学びましょう。

四十九日の挨拶の例文に関するまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、四十九日法要の挨拶では何をどのように話せばいいのかについて、以下のことを解説してきました。

  • 四十九日法要では、喪主が挨拶する場面がたくさんある。
  • 締めの挨拶では、参列者への感謝と故人を偲ぶ思いを伝える。
  • 四十九日法要では、参列者もしっかり挨拶をする。
  • 葬儀のときの挨拶状は、四十九日法要の後に出す。

四十九日法要は、まだ故人の面影がみんなの心の中に深く残っている時期に行われる法要です。
悲しみが拭えない中にあっても、喪主として冷静さを保って式を進行し、しっかりと参列者に感謝の気持ちと故人を偲ぶ思いが伝わるように挨拶をしましょう。

「四十九日・挨拶・例文」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    1
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    2
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    3
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    4
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    5

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「四十九日・挨拶・例文」についてさらに知りたい方へ

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介しますのサムネイル画像

四十九日法要でどんな挨拶をすればいい?参列者側の挨拶も紹介します

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説しますのサムネイル画像

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介しますのサムネイル画像

3回忌法要の挨拶では何を話す?タイミング別に例文もご紹介します

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介のサムネイル画像

23回忌の挨拶では何を話すの?挨拶の例文や法要の流れについて紹介

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスを一括比較!お坊さん手配なら終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・挨拶・例文」についてさらに知りたい方へ

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説のサムネイル画像

葬儀での喪主の挨拶についてご紹介!文例や忌み言葉についても解説

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介しますのサムネイル画像

葬儀に関する挨拶を解説!挨拶例文や忌み言葉についてもご紹介します

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説しますのサムネイル画像

家族葬後の四十九日法要の流れは?服装や香典についても解説します

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!のサムネイル画像

一周忌の挨拶のタイミングと文例を紹介!喪主と参列者それぞれ解説!

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説しますのサムネイル画像

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと