浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

故人が亡くなって初めてのお盆を初盆と言いますが、初盆では具体的に何が必要なのでしょうか?今回は宗教の中でも、浄土宗に焦点をあて、浄土宗の初盆に必要なものを解説させていただきたいと思います。浄土宗の祭壇の飾り方についてもしっかりと学んでおきましょう。

目次

  1. 浄土宗の初盆について
  2. 初盆とは?
  3. 浄土宗での初盆までに準備するもの
  4. 浄土宗での精霊棚の飾り方
  5. 京都の初盆で行う「六道まいり」とは
  6. 浄土宗の初盆のまとめ

浄土宗の初盆について

仏壇

故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことを「初盆」と言います。
皆様は初盆とは具体的に何をすれば良いかご存知でしょうか?
普通のお盆と初盆とでは、することや用意するものが違うのでしょうか?

普段のお盆を何気なく過ごしていても、初盆ははじめて、という方もいらっしゃるかと思います。
初盆は限られた身内だけではなく、親族や故人と親交の深かった友人を呼ぶ場合も多いです。
そんなときに、不備がないようしっかりと備えておきたいですよね。

今回終活ねっとでは浄土宗の初盆について

  • 初盆とは何か
  • 浄土宗では初盆に何が必要か
  • 浄土宗における精霊棚の飾り方
  • 京都の初盆に行われるまつりについて

詳細に解説させていただきたいと思います。

初盆と言っても宗派によって違いがある場合があります。
終活ねっとはこの記事では、浄土宗の初盆についてに絞って解説させていただきます。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

初盆とは?

仏壇

本題に入る前に、初盆とは何かについて、簡潔に解説させていただきたいと思います。

初盆法要でやること

初盆とは、故人が亡くなってからはじめて迎えるお盆のことです。
精霊棚を整え、お墓を綺麗にお掃除し、霊をお迎えする準備をします。
お盆の夕方になったら迎え火を焚き、故人を含むご先祖様たちの霊をお迎えします。

ご先祖様たちの霊をお迎えした翌日、お坊さんを招いて法要を行います。
このときは親族や知人など、ご先祖様に縁の強かった方々をお招きしましょう。
翌日、夕方以降の遅い時間帯に送り火を焚いて、ご先祖様の霊をお見送りします。

これが初盆の法要の流れとなります。
このように、初盆は1日では終わらず、合計3日間ほどかかって行う法要となります。

時期は7月か8月の13日から16日までです。

施餓鬼とは

お盆は自分たちに縁のあるご先祖様の法要を行う場でありますが、餓鬼の供養も同時に行うものとされています。
施餓鬼とは、無縁仏や生前の行いの悪さにより、死後も苦しんでいる霊たちへ施しを行うことをいいます。

施しとは供物を捧げることを言います。
ご先祖様にするように、お水や食べ物をお供えします。
仏教では施餓鬼を行う宗派が多く、浄土宗でも施餓鬼を行います。

しかし、施餓鬼を行わない宗派もあります。
それが浄土真宗です。
浄土真宗は何故施餓鬼を行わないのでしょうか。

理由としては、浄土真宗では亡くなれば、皆極楽浄土にいけるという教えを説いているのが一因です。
生前の行いがどんなに悪くとも、亡くなれば極楽浄土にいけるというのが浄土真宗の教えです。
ですから浄土真宗の中では餓鬼というものは存在しないということになっています。

それと同じように、浄土真宗では初盆やお盆に、特別な法要を行いません。
このように同じ仏教であっても宗派の違いにより、法要の内容が変わるということをお分かりいただけたかと思います。

浄土宗での初盆までに準備するもの

仏壇

ではここから本題に入らせていただきます。
浄土宗の初盆に置いて用意しなければならないものをご紹介します。

お供えものを飾る祭壇

お供えものを飾る祭壇のことを「精霊棚」と呼びます。
盆棚とも呼ばれるもので、昔は祭壇のように段々にしてお供えものを置いていました。
マンション住まいなど、スペースが限られている方も増えてきた現代では、小さな机で代用することがほとんどとなりました。

祭壇、もしくは小さな机の上にマコモや敷物を敷き、お供えものや迎え火・送り火用の芋幹を置きます。
そして両脇に提灯を置きます。
これで簡単な精霊棚の完成となります。

初盆の場合はお供えものの中に、故人の好きだったものや、嗜好品をお供えすることがよくあります。
嗜好品とはタバコやお酒のことを指します。
故人の好物であれば、お供えしてあげたい気持ちにもなりますよね。

しかし浄土宗の教えでは嗜好品はお供えしない、と説いているようです。
これも地域によって差があったり、菩提寺によって方針が違うことがあります。
初盆を迎える前に、菩提寺に一度問い合わせをしてみる

精霊馬

精霊馬(しょうりょうま)とは精霊棚に飾るもので、野菜を用いて、動物型にしたものを言います。
用いられる野菜は、キュウリやナスで、野菜に楊枝や割りばしを刺して足に見立てて、立てます。
宗派に関わらず一般的な迎え方です。

精霊馬にはご先祖様がこの動物に乗って戻ってこられるように、といういわれがあります。
この精霊馬は地域によって作り方や作る順番が違うのも特徴です。
例えば、ご先祖様に早く帰ってきていただきたいので迎え盆には馬型を、ご先祖様にはゆっくり帰っていただきたいので送り盆には牛型を、というものです。

最近はユニークな精霊馬をつくる方が増えているようです。
故人が車好きだったからナスを車のように組み立てていたり、キュウリやナス以外の夏野菜を使用したりする方もいます。

時代の流れにより、ユニークなものが増えたようですが、年配の方ですと習わしを大切にする方が多いものです。
親戚や菩提寺などと話しをしながら、手作りすることが大事ですね。

白提灯

お盆には提灯がつきものです。
通常のお盆では絵柄のついた提灯を使いますが、初盆の場合は白提灯を用います。
これは浄土宗でも同じことが言えます。

提灯はたくさんあることで、故人が慕われていたことを示すことができますが、白提灯の場合はひとつのみ用意します。
白提灯の意味は、故人がはじめてお盆で戻ってくるときに、迷わないようにするためと言われています。

ですから玄関先、仏壇の横、窓際などに1つだけ白提灯を飾ります。
提灯は親族や友人からの贈り物としていただくことが多いですが、白提灯は身内で揃えたほうが良いとされています。

白提灯は初盆にしか使用しませんので、初盆が終わったら処分してしまって問題ありません。
個人でお焚き上げしてもかまいませんし、菩提寺に持ち込んでお願いしても良いです。

お布施

法要にお布施はつきものですね。
お経を読んでもらう場合にお気持ちとして払うものになりますので、参列する場合に持参する香典とは異なります。
浄土宗でも他の宗派の仏教でも、同じことが言えます。
初盆の法要の場合は、3万円~5万円程度が相場と言われています。

僧侶に家までお越しいただいた場合は、お車代をお渡しすることも忘れないようにしましょう。
ちなみに初盆以降の法要の相場は少し下がり、5千円~2万円程度とされています。
相場の金額の下がりようからも、初盆は重要な法要であることが分かります。

浄土宗での精霊棚の飾り方

葬儀

では初盆にはかかせない、精霊棚の作り方の解説をさせていただきたいと思います。
宗派によって違いがありますので、今回は浄土宗に絞って精霊棚の作り方を解説いたします。

用意するお供え物

精霊棚にお供えするものですが、盆花・果物・季節の野菜・お菓子を用意します。
先にも申しました通り、浄土宗では嗜好品をお供えすることは控えましょう。

盆花は、故人の好きだったお花でも問題ありません。
おおむね鬼灯(ホオズキ)が定番で使用されるようです。
もちろん他の生花でも問題ありませんが、とげのある花は避けましょう。

果物も変わったものを揃える必要はありません。
故人の好物の果物で結構です。
夏ですとスイカやブドウがおいしい季節です。
たくさんお供えをしてあげると良いでしょう。

季節の野菜は、夏ですからキュウリやナス、トマトなど新鮮なものを用意しましょう。
キュウリやナスは、精霊馬でも使用していますから、簡単にお供えできるのではないでしょうか。
お菓子もお盆のお供え用の和菓子でも結構ですし、故人の好みのお菓子でもかまいません。

精霊棚の飾り付け方

お供えもののことが分かったところで、次に、飾り付け方について解説させていただきたいと思います。
浄土宗の精霊棚では、ゴザを使用します。
マコモという植物でできたゴザを用意しておきましょう。

そして仏壇の前に机を置き、仏壇の中のものを仏壇の外に出します。
机の上にゴザを敷き、その上に仏壇の中のものとお供えものを供えます。
スペースの関係上、仏壇の中身を出すほどの余裕がない場合は、中身は出さなくても結構です。
その場合は、お供えものだけ机の上に供えます。

また、浄土宗の場合は、枝豆や鬼灯(ホオズキ)、ガマの穂といった盆花を逆さまに釣るします。
特に鬼灯は、提灯に代わりを表す植物ですので、精霊棚のまわりに提灯を置けない場合は釣るしておきたいですね。

白提灯を玄関に飾れない場合は、精霊棚の横、仏壇の横に飾るようにしましょう。
ろうそくを入れてもかまいませんが、火事が心配な場合は、火をともす必要はありません。
また、最近ではろうそくのような形をしていながら、電池で火がともっているように見えるタイプのものもあります。

京都の初盆で行う「六道まいり」とは

葬儀

京都では、8月13日~16日の間のいわゆる盂蘭盆(うらぼん)の間に、ご先祖様をお迎えする初盆の供養を行います。
その一週間ほど前に、六道珍皇寺に参詣にいくという習わしが存在します。
これを「六道まいり」と言います。

特に初盆だから参詣しないといけないわけではありません。
毎年のお盆の前に、ご先祖様をお迎えする準備として、京都の方々は参詣をしているようです。
そこで初盆の方向けに、追善供養の受付もしてくれます。

大施餓鬼法要の前日まで、朝課において、日々ご回向をしてくれます。
17日の大施餓鬼当日においては、故人が餓鬼道に落ちる苦難から逃れられるよう、残された遺族のためには幸せと健康と長寿になるよう、気持ちをこめた供養をしていただけます。

浄土宗の初盆のまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
初盆は、故人がはじめて家に戻ってくる、大切な節目となります。
初盆は準備万端にしてご先祖様をお迎えしたいものですね。

浄土宗の初盆についてまとめますと、

  • 初盆とは故人が亡くなってはじめて迎えるお盆のことを言い、精霊棚を整え、お墓を綺麗にお掃除し、霊をお迎えする
  • 初盆には、精霊棚、精霊馬、白提灯を用意する
  • 初盆で僧侶に読経してもらう場合はお布施も用意しておく
  • 浄土宗のお供えものには嗜好品は用いない
  • お供えものは盆花・果物・季節の野菜・お菓子
  • 浄土宗の場合は、初盆は仏壇の中のものは外にだし、マコモのゴザの上に、お供えものと一緒におく
  • 京都の場合は「六道まいり」で初盆向けの供養の依頼ができる

となります。
今回は浄土宗をメインとして解説させていただきましたが、仏教において共通している部分も多数あります。
わからないことがあればお寺に聞いてみましょう。
初盆前に備えるための情報として、お役に立てば幸いです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

「初盆・浄土宗」に関連する記事

  • 慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

    慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

    初盆は、故人の死後、四十九日が明けてから初めて迎えるお盆のことです。初めてお迎えするため、僧侶や親族、知人を招いて盛大に法要を行うことが多く、準備も例年とは異なります。そこで、今回は初盆を迎える前に知っておきたい、初盆の準備や流れについてご紹介します。

  • 初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

    初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

    ご家族の方が亡くなって四十九日の法要が済んだ後、初めての夏に行うのが初盆です。初盆の仕方は、通常のお盆よりも手厚くお迎えするのが慣わしです。事前の準備も必要ですので、直前に困らないように、今から初盆の仕方を学んでみませんか?

  • 初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

    初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

    初盆とは、故人の四十九日法要を終えて最初のお盆を指します。毎年のお盆よりも特に手厚くお迎えするのが、初盆の慣わしです。初盆の祭壇はどんなものを準備したら良いのでしょうか?直前に困らないように、宗派ごとの祭壇の飾り方の違いをご紹介します。

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • 初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

    初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

    初盆とはいつからいつまでなのでしょうか。故人がなくなってから初めて迎えるお盆は特別で大切ですよね。初盆の準備などの段取りをするためにも初盆の時期は知っておきたいものです。今回は初盆とはいつからいつまでなのか、初盆の時期や法要の準備について解説いたします。

  • 初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

    初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

    「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

  • 曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

    曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

    曹洞宗では初盆はどのように行うのでしょうか。通常のお盆とはどのような違いがあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は曹洞宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • 初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

    初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

    故人が亡くなってから、初めて迎えるお盆のことを「初盆」と言います。言葉自体は聞いたことがあっても、初盆のマナーを心得ている方は少ないかもしれません。この記事では、初盆の法要に関するマナーや、服装や手土産など詳しく解説していきます。ぜひ、最後までご覧ください。

  • 初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

    初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

    初盆という言葉を耳にしたことはありますか。実は初盆の時期は地域によって違いが存在します。今回はそんな初盆の時期の違いについて、地域ごとに解説をさせていただきたいと思います。初盆の時期以外にも、初盆にまつわる知識の解説も行っております。

この記事に関するキーワード

ランキング

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・浄土宗」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説しますのサムネイル画像

初盆では何を準備すればいいの?初盆でやることを徹底解説します

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!のサムネイル画像

初盆を行う時期はいつ?宗派別・地域別の初盆の時期についても解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「初盆・浄土宗」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方についてのサムネイル画像

初盆の準備はどうしたら良い?お供えとお参りの仕方について

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!のサムネイル画像

初盆の祭壇、どんなものを準備する?宗派ごとの飾り方を紹介!

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと