曹洞宗の初盆(新盆)の迎え方は?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

曹洞宗では初盆はどのように行うのでしょうか。通常のお盆とはどのような違いがあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は曹洞宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

目次

  1. 曹洞宗の初盆(新盆)とは?
  2. 初盆(新盆)とは
  3. 曹洞宗の初盆(新盆)の準備の仕方
  4. 曹洞宗の初盆(新盆)の法要の流れ
  5. 精霊棚(初盆の祭壇)の飾り方
  6. 曹洞宗の初盆(新盆)のときのお布施
  7. 曹洞宗の初盆(新盆)にふさわしい服装
  8. 初盆(新盆)と一周忌は一緒にしてもいい?
  9. 曹洞宗の初盆(新盆)に参列する際の持ち物
  10. 曹洞宗の初盆(新盆)に関するまとめ

曹洞宗の初盆(新盆)とは?

仏壇

曹洞宗の初盆とはどのようなものなのでしょうか?
初盆と通常のお盆とではどんな違いがあるのか、どのような準備が必要なのかといった不安を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

お供えやそのお返し、他の宗派との差異など、気になることはたくさんあるかと思います。

今回終活ねっとでは曹洞宗の初盆について詳しく説明します。

  • 初盆とは?
  • 曹洞宗の初盆の準備の仕方は
  • 曹洞宗の初盆の法要の流れとは
  • 曹洞宗の精霊棚(盆棚)の飾り方を解説
  • 曹洞宗の初盆のときのお布施は?
  • 曹洞宗の初盆にふさわしい服装
  • 曹洞宗の初盆に参列する際の持ち物について

これらのことを中心に解説していきます。
曹洞宗の礼法も紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

2019年のお盆の期間はいつ?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

初盆(新盆)とは

仏壇

初盆とは、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことをいいます。
にいぼん・しんぼん・あらぼんなど地域によって様々な呼ばれ方をしています。

正確には、四十九日法要が終わって初めてのお盆のことをさすので、忌明けをせずにお盆を迎えた場合、初盆は翌年に持ち越されることになります。

初盆(新盆)はいつからいつまで?

初盆の時期は二通りあります。
それぞれが新歴盆と旧暦盆と言われています。

新歴盆の期間は8月13日~8月16日となっています。
全国的には新歴盆を「お盆の期間」とする地域が多いようです。

旧暦盆は7月13日~7月16日の期間をさします。
東京近辺や関西の一部地域が旧暦盆でお盆を行うようです。

お盆と初盆(新盆)の違いとは?

初盆は故人の霊が初めて家に帰ってくる特別な日です。
毎年行うお盆とは違い、4日間にわたって行われます。

迎え火・送り火を焚いたり、お坊さんを呼んで法要を行うといった、篤いご供養を行います。
精霊棚という祭壇を用意することも大きな特徴です。

親族や税銭故人とご縁のあった方をお招きし、会食の場を設けたり、お供えやお返しを贈り合うといったことも行います。

曹洞宗の初盆(新盆)の準備の仕方

神棚

曹洞宗の初盆の準備をどのように行うのかを解説します。

初盆は通常のお盆とは違い、多くの方が集まり、法要も行うために多くの準備が必要となります。
事前の手配が必要となることもありますので、余裕をもって準備を初めましょう。

お仏壇・お墓の掃除

お仏壇を掃除するのはなるべく天気の良い日に行いましょう。

雨が降っていると湿度が高くなり、木製の仏壇にはよくありません。
仏壇に湿気が残るとカビや傷みの原因になりますのでご注意ください。

また、掃除を始める前にお仏壇の写真を撮影しておくことをお勧めします。
配置がわからなくなってしまう場合があるからです。
写真を撮っておくと、元の状態に戻す時に迷わずにスムーズに行えます。

お墓の掃除はまずは墓所区画の清掃から始めます。
落ち葉を集め雑草を抜いて、玉砂利が汚れていたら水洗いしましょう。

墓石はやわらかいスポンジで水洗いします。
家庭用の洗剤を使うと、石材の内部に入り込み変色の原因になるため推奨されません。
石材用の洗剤もありますが、汚れや石材の種類によって適切な洗剤は変わってきますので、専門知識がない場合は水洗いするのが無難です。

お寺・お坊さんの手配

初盆法要でお坊さんに読経をあげてもらうためには事前の手配が必要です。
お盆の時期はお坊さんは多忙となるため、なるべく早いうちに連絡をして予約をしましょう。
できるなら2か月前、遅くても1か月前には予約を入れるのが望ましいです。

お坊さん手配サービス

お坊さんを手配するといっても、近年は菩提寺(お付き合いのあるお寺)を持たない方も少なくありません。
そのような際に便利なのがお坊さん手配サービスです。
お寺やお坊さんへの支払いは、不明瞭で高額になりがちですが、お坊さん手配サービスならお布施が定額でいくら包めばいいのかと悩む必要もありません。
以下の記事ではお坊さん手配サービスを一括比較しております。
ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

おすすめは終活ねっとのお坊さん

特におすすめなのが終活ねっとのお坊さんです。
全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。

すべてのプランで定額料金を採用しており、追加料金は発生しません。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

会食の手配

お家に大勢が集まることができる大きな部屋がある場合はお家で会食を行うこともできますが、近年では料亭や旅館、セレモニーホールなどで会食をすることが増えています。

どちらにせよ、仕出し料理や料亭のご利用には予約が必要となりますので、忘れずに手配しましょう。

こちらも初盆の1か月前には連絡をするようにしましょう。

案内状の送付

法要に参加していただきたい方へ案内状を送ります。
先方の都合もありますので、間近に迫ってからからではなく余裕をもって送付しましょう。

案内状を書く際は以下のことを留意して下さい。

  • 縦書きで書くこと
  • 必ず故人のフルネームを入れること
  • 必ず施主のフルネームを入れること
  • 文中には句読点を使わないこと

白提灯(盆提灯)の準備

初盆では白提灯を用意する必要があります。
白提灯を玄関や仏壇の間の窓辺などに飾り、故人の霊をお迎えする習慣があります。

なぜ白提灯を使うのかというと、白提灯の白木には無垢や清浄といった意味があるため、最初に故人の霊を迎えるのにふさわしいとされているからです。

白提灯は必ず新品のものを準備して下さい。

返礼品の準備

初盆のためにお供え物をもってきて下さった方にお渡しする返礼品を準備します。

返礼品の金額相場は3千円~5千円ほどが相場となっています。

贈る品は菓子・そうめん・お茶・調味料といった食べ物や、タオル・洗剤・石鹸といった生活消耗品が人気となっています。

精霊棚(盆棚)・お供え物の準備

初盆では精霊棚を作り、故人の霊をお迎えします。
その際に、棚にお供え物をする準備です。

ほおずき・白い布・水の子・閼伽水・団子・そうめん・ぼた餅・精霊馬などを用意します。

曹洞宗の初盆(新盆)の法要の流れ

葬儀

曹洞宗の初盆の法要を行う際の流れをご説明します。
初盆ではどのようなことが行われるのかを事前に把握しておきましょう。

迎え火

13日の夕方に迎え火を焚きます。
迎え火は故人の霊が自宅に戻ってくるための目印となるものです。

迎え火は焙烙(ほうろく)という素焼きの平皿の上にオガラを載せて燃やします。
これを門口や玄関先で焚いて、故人の霊をお迎えします。

お墓参り

集まった方たちとお墓参りを行います。
お墓参りを行う際は以下のことに気をつけましょう。

  • お供え物のペットボトルや缶は口を開けない
  • 果物やお菓子などをお供えする場合は帰るときに回収する
  • ろうそくや火の取り扱いには注意する

また、線香をあげる時は束のままでもかまいませんが、禅宗である曹洞宗では1本の線香をふたつに折って横向きに寝かせて置く、「寝線香」が正しい作法となっているので覚えておくとよいでしょう。

お墓参りのあれこれについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お墓参りの仕方は?正しいマナーや注意点、手順を説明します!

お墓参りには行くけれど、正しいお墓参りの仕方や手順は分からないということはありませんか?今回はお墓参りの仕方について詳しく解説します。持ち物や服装などの基本的なお墓参りのマナーについても説明しますので一般的な知識としてご参考にしてみてください。

精霊棚の前でお経を読んでもらう

お坊さんをお迎えして法要を行い、精霊棚の前でお経を読んでもらいます。

このように、お坊さんが檀家の家を一軒ずつ周り、お盆のお経をあげることを棚経といいます。
精霊「棚」の前でお経をあげることが由来になっているといわれています。

法要のあとは、集まった方たちで会食を行うことが多くなっています。

送り火

送り火は、お里帰りをしていた故人の霊が迷わず死後の世界へ帰ることができるように送り出すために焚きます。

15日か16日の夕方や日没後に行います。
このあたりは地域によって差異がありますので、お住まいの地域ではどうしているのかをあらかじめ確認しておきましょう。

迎え火と同様に門口や玄関先で焙烙の上で火を燃やして故人の霊を送り出します。

この送り火の際に、白提灯を燃やして処分する場合もあります。
地域によっては、お寺にもっていってお焚きあげするところもありますので、こちらも確認しておきましょう。

精霊棚(初盆の祭壇)の飾り方

神棚

曹洞宗における精霊棚の飾り付け方を解説します。

精霊棚には故人の霊にお供えものを捧げるための祭壇の役割があります。

まずは棚となる台の上にまこもを敷きます。
まこもがなければ白い布で代用しましょう。

台の奥の中央にご本尊を配置します。
ご本尊のかわりに十三仏掛け軸をかける場合もあります。

次に、ご位牌が複数ある場合はご本尊の左右に、ひとつの場合はご本尊の前に置きます。

そしてご位牌の前に浄飯を配置します。
浄飯とは、茶碗に山もりのご飯を盛り、中心に箸を建てたものです。

浄飯の周囲に水の子・浄水・そうめん・精霊馬といったお供え物を配置していきます。

相当の周の精霊棚はこのように作りますが、宗派によって精霊棚の飾り方は異なるのでご注意ください。
また、このような習俗は地域によって様々なやり方があるものです。
今回ご紹介したのは一例ですので、地方の慣習にお供えをするのがよいでしょう。

曹洞宗の初盆(新盆)のときのお布施

お金

曹洞宗の初盆供養の際にお寺に渡すお布施について解説します。
のしの書き方や渡し方についても解説するので参考にしてください。

お布施の金額相場とは?

まずは、曹洞宗の初盆のときのお布施はいくら包めばいいのかということから見ていきましょう。

まず、お布施には決まった額というものはありません。
お布施は感謝の気持ちを示すものですので、渡す側の気持ちの問題ということになります。
お寺にいくらお渡しすればいいのか尋ねても、「お気持で結構です」といった返答が返ってくることも多いようです。
ですが通俗的な相場というものはあります。

一般的に、初盆の際のお布施の金額相場は3万円~5万円前後となっています。

お布施のほかに、お寺からの距離に応じてお車代として5千円~1万円ほどお包みすることもあります。
お坊さんが会食を辞退された場合は、御膳料として5千円~1万円ほどお包みします。
お布施の額はお寺との関係性や法要の規模によって変わることもありますので、参考までにご覧ください。

お布施の書き方

続いて、お布施を入れる袋の書き方を解説します。

まず、お布施を入れる袋は無地の白いものを選びましょう。
郵便番号を書く枠の入っていないものであれば市販のもので問題ありませんが、のし袋は使いませんのでご注意ください。

また、袋は一重のものが望ましいとされています。
「不幸が重ならない」といった縁起があるからです。

表書きは、上部の中央に「お布施」「御布施」「御経料」と書きます。
その下に施主のフルネームを入れます。

裏には、施主名と郵便番号・住所・電話番号といった連絡先を記載します。

包んだ金額は必ずしも記載する必要はありませんが、入れる場合は漢数字は旧字体を使うようにしてください。

お布施の渡し方

お布施を渡す際に気をつける点をご紹介します。

まず、お布施を袋に入れる時は、お札の表側を上にして、かつ人物の顔が袋の入り口側に来るように入れます。
お札を取り出した時にすぐに人物の顔が出てくる入れ方です。

渡す際は直接手渡しはせずに、小さめのお盆に乗せてお渡しします。
法要が始まる前や、お坊さんが帰られるときにお渡ししましょう。
初盆のお布施についてより詳しく知りたいという方はこちらの記事をご覧ください。

こちらも読まれています

新盆のお布施の金額はいくら?書き方や渡し方についても解説します!

夏といえばほとんどの地域で8月にお盆を迎えますが、ご家庭によっては新盆という形で迎える方もいるでしょう。基本的に新盆でも僧侶の方を呼んで法要を行いますので、お布施の用意も大切です。そこで今回は新盆の場合のお布施の金額について見ていきましょう。

曹洞宗の初盆(新盆)にふさわしい服装

葬儀

曹洞宗の初盆行事に参加する際の服装について解説します。
失礼な格好で参列することがないように確認して下さい。

迎える側

訪問客を迎える施主側の服装について解説します。

初盆法要では基本的に喪服が適切な服装となります。
迎える側がお客様よりも軽装であるのは失礼とされているので、正装をすることが望ましいとされています。

また、近年ではお盆の季節がらも鑑みて、初盆では略式礼装で行うことが増えています。

男性なら黒の礼服かスーツに、白いシャツと黒いネクタイをつけていれば失礼とはならないでしょう。
女性の場合は黒無地のワンピースや黒無地のアンサンブルで問題ありません。
子どもは夏用の学校の制服で大丈夫です。
制服がない場合は、白いシャツと黒かグレーのズボン・スカートであれば私服でも問題ありません。

招かれた側

招かれた側も基本的には施主側と同様です。

ただ前述の通り、本来は施主側は招かれた側より軽装ではならないという習わしがありますので、案内状などに「平服でお越しください」といった記載があった場合は、特に略式礼装で臨んだほうがよいでしょう。

正装で訪問した場合、施主に恥をかかせてしまうことになりかねないのでお気を付け下さい。

初盆(新盆)と一周忌は一緒にしてもいい?

初盆と一周忌が重なってしまった場合、結果から言ってしまえば同時に行っても大丈夫です。
お盆はお坊さんにとって繁忙期で、同時に行ったほうが時間がとりやすいです。
また、親族の方々も同日に行った方が集まりやすいでしょう。

初盆と一周忌を同日に行う場合のお布施や案内状の書き方など詳しく解説していますので、こちらの記事を参考にしてください。

こちらも読まれています

初盆と一周忌法要を同時にしてもいい?案内状やお布施の相場を解説!

亡くなる日というものは選ぶことができませんので、初盆と一周忌が重なってしまう方もいるかもしれません。そこで初盆と一周忌法要を同時にしても良いかなどを解説します。併せて案内状の書き方やお布施の相場も解説しますのでぜひ参考にしてください。

曹洞宗の初盆(新盆)に参列する際の持ち物

葬儀

曹洞宗の初盆に参列する際の持ち物をご紹介します。
招かれた側がどんなものを持参すればよいのかご確認ください。

香典

初盆ではお供え料として香典を渡すのがマナーとされています。

包む香典の金額は、故人との関係性や包む側の年齢によって相場が変わってきます。
故人との関係が深いほど、包む側の年齢が高いほどに相場は上がっていきます。

一般的には、故人との関係が友人・知人であった場合は3千円~1万円ほどが相場となっています。
親族の場合は1万円、親や兄弟など関係が近い親族の場合は3万円~10万円前後が相場となります。

お供え物

お供え物は五供(ごくう)がお供え物の基本とされています。
五供とは以下のものの総称です。

  • 「香」(線香)
  • 「花」(生花)
  • 「灯明」(ロウソク)
  • 「水」(お水やお茶など)
  • 「飲食」(果物や菓子など)

これらの中から故人との関係を考慮して選ぶのがよいでしょう。

曹洞宗の初盆(新盆)に関するまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは、曹洞宗の初盆に関する知識などについて解説してきました。
最後に記事の内容を以下にまとめます。

  • 初盆とは、故人が亡くなって初めて迎えるお盆のことをさす。新歴盆と旧暦盆の二通りがあり、新歴盆の期間は8月13日~8月16日、旧暦盆は7月13日~7月16日となっている
  • 曹洞宗の初盆の準備は・お仏壇、お墓の掃除・お寺、お坊さんの手配・会食の手配・案内状の送付・白提灯の準備・返礼品の準備・精霊棚、お供え物の準備といったものがある。それぞれの詳細と注意点を解説した
  • 曹洞宗の初盆の法要は①迎え火②お墓参り③棚経④送り火といった流れで行われる
  • 曹洞宗における精霊棚の飾り方を解説した。地位性の強い習俗であることを留意
  • 曹洞宗の初盆のときのお布施の金額相場は3万円~5万円前後となっている。お布施のほかにお車代として5千円~1万円、御膳料として5千円~1万円ほど渡す場合もある
  • 初盆行事の服装は近年では略式礼装で行われることが多い。男性は黒の礼服かスーツ、女性は黒無地のワンピースやアンサンブルがよい
  • 初盆行事に招かれた際は、香典とお供え物を持参する。香典は3千円~1万円ほどが相場となっている

曹洞宗の初盆についておわかりいただけたかと思います。
初盆行事は事前の準備が大切ですので、宗派ごとの差異や地域性を把握して万全な迎え方をしたいですね。
今回の記事をみなさんの初盆準備の一助としていただければ幸いです。

終活ねっとでは、初盆に関する記事がたくさん掲載しております。
ぜひ併せてご覧ください。

こちらも読まれています

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆(新盆)でやることを解説します

「お盆」は毎年夏になればよく耳にするものであり、また楽しみな季節といえるでしょう。一方で身内の方の四十九日が過ぎて最初のお盆を場合は初盆といい、故人が初めて戻ってくる大切な時期でやることも多いです。故人を気持ちよく迎えるために初盆でやることを見ていきましょう。

シェアする

「初盆・曹洞宗」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

    2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

    1
  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

    2
  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

    3
  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みをご存知の方は少ないでしょう。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

    4
  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

    5
  • 33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

    33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

    6
  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

    7

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「初盆・曹洞宗」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆(新盆)の準備はどうしたら良い?お供え/お参りの仕方など解説!のサムネイル画像

初盆(新盆)の準備はどうしたら良い?お供え/お参りの仕方など解説!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説しますのサムネイル画像

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説します

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説しますのサムネイル画像

浄土宗の初盆で用意するものとは?祭壇の飾り方なども解説します

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説しますのサムネイル画像

初盆の法要でのマナーとは?服装や挨拶についても詳しく解説します

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!のサムネイル画像

初盆のお参りの作法とは?お参りをする日にちやマナーを解説します!

初盆のやり方について準備することから当日の流れまで詳しく解説!のサムネイル画像

初盆のやり方について準備することから当日の流れまで詳しく解説!

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説のサムネイル画像

初盆供養の仕方とは?お布施の包み方や服装のマナーについてもご解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

1
2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像

2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

2
僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

3
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

4
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

5
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

6
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

7

関連する記事

「初盆・曹洞宗」についてさらに知りたい方へ

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもののサムネイル画像

慌てないために知っておきたい!初盆の流れと準備するもの

初盆(新盆)の準備はどうしたら良い?お供え/お参りの仕方など解説!のサムネイル画像

初盆(新盆)の準備はどうしたら良い?お供え/お参りの仕方など解説!

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説のサムネイル画像

真言宗における初盆の流れって?祭壇の飾り方やお供え物も解説

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説のサムネイル画像

初盆(新盆)とはいつからいつまでなの?初盆の時期や法要の準備について解説

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説しますのサムネイル画像

初盆(新盆)では何を準備すればいいの?初盆でやることを解説します

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと