お盆に行う棚経とは?断り方やお布施の書き方についても紹介します

お盆の時期になると、棚経(たなぎょう)という言葉を耳にしたことがあると思います。 一体、お盆に行う棚経とは何なのでしょうか? 今回は、お盆に行う棚経で使用する精霊棚の作り方とふさわしい服装や僧侶への謝礼金などについてご説明します。 ぜひ最後までご覧ください。

目次

  1. お盆に行う棚経って何?
  2. お盆に行う棚経とは
  3. 棚経に使用する精霊棚の飾り方
  4. お盆の棚経にふさわしい服装とは?
  5. お盆の棚経で僧侶に渡す謝礼金
  6. お盆に行う棚経の断り方とは?
  7. お盆に行う棚経に関するまとめ

お盆に行う棚経って何?

仏壇

みなさんは棚経(たなぎょう)という言葉を耳にしたことがありますか。
この棚経はお盆に行われる儀式の1つです。
では、お盆に行う棚経とは一体何なのでしょうか?

お盆には、亡くなった方のお墓を尋ねて供養するのが一般的ですが、都合によりお墓に行けずお墓参りをできない時もあります。

棚経は、行わなくても問題ないのでしょうか?
また、用事がある場合は断ってもよいのでしょうか?

棚経という言葉は聞いたことはあるけれども、何か準備が必要なのだろうかと疑問に思う方もいらっしゃると思います。
宗派によって棚経のやり方は違うのかも気になるところです。

そこで、今回終活ねっとではお盆に行う棚経について

  • お盆に行う棚経とは何?
  • 宗派ごとの棚経で使用する精霊棚(しょうりょうだな)の作り方は?
  • お盆に行う棚経の際のふさわしい服装は?
  • お盆に行う棚経の際のお布施やお車代など僧侶に渡す謝礼金は?
  • お盆に行う棚経は断ってもいいの?

といったことを中心にご説明します。

詳しくご説明しますので、ぜひ最後までお読みください。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の期間はいつからいつまで?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

お盆についての詳しい知識やマナーはこちらをご覧ください。

こちらも読まれています

お盆の期間はいつからいつまで?お盆の準備やしきたりを徹底解説!

日本ではよく耳にするお盆とは一体どんなものなのでしょうか。お盆の由来、お盆の期間、お盆のために準備すること、お盆に参列する際のマナーや宗教別のお盆についても解説していきます。お盆におすすめの海外旅行スポットもご紹介しています。

お盆に行う棚経とは

仏壇

お盆に行う棚経とは、お盆と称される盂蘭盆会(うらぼんえ)の時期に、僧侶が寺院に所属する檀家を訪れてお供え物などが飾られた精霊棚の前でお経をあげることです。

古くから、精霊棚の前で僧侶に読経をしていただく供養はありましたが、檀家関係を僧侶が回る風習ができたのは江戸時代からです。

江戸時代にはキリスト教を禁止していましたが、隠れてキリスト教を崇拝する方もいました。
隠れたキリスト教信者がお位牌に十字架を刻んでいないかを確認するために、江戸幕府がお寺に檀家を回るように命じたと言われています。

そんな歴史のある棚経ですが、最近では仏壇にお位牌を置いたままお供え物を飾って簡易的に供養することが多くなりました。
また、お盆に行う棚経の代わりに、檀家の信徒を集めて合同で法会を開き供養を行う宗派もあります。

お盆の中でも初盆は、亡くなった方が初めて家に戻っていらっしゃると言われています。
そのため、初盆では家族や親族以外に故人の知人などにも法要への参加を呼びかけて特に丁寧にお迎えをします。

お墓がある場合は亡くなった方のお墓まで御霊を迎えに行き、僧侶を自宅に呼びお供え物などと一緒に精霊棚に飾ったお位牌の前でお経をあげていただきます。
このように、初盆の棚経は丁寧に行うため早めに準備を行うとよいでしょう。

初盆は一般的に故人の死後初めて迎えるお盆のことを指します。
ですが、亡くなられてから四十九日前にお盆を迎えた場合には、翌年のお盆が初盆となりますので注意しましょう。

また、通常でもお盆はお寺が多忙な時期ですから、僧侶を自宅に招くときは早めにお寺に連絡し日程調整するようにしましょう。

棚経に使用する精霊棚の飾り方

仏壇

精霊棚は盆棚とも呼ばれ、お盆に行う棚経に使用するお供え物を飾った棚のことです。
一般的に精霊棚には、以下のものが飾られます。

  • お位牌

    仏壇から出して精霊棚に並べ、仏壇の扉は閉めます。
    精霊棚の中央奥へ配置するのが一般的です。

  • 盆花

    キキョウ・オミナエシ・ハギなどが一般的です。
    毒・ツル・トゲのある花は控えます。

  • キュウリの馬とナスの牛

    亡くなった方があの世とこの世を行き来するために使う乗り物をあらわします。
    精霊棚に飾らない地域があります。

  • 季節の野菜や果物、ハスの葉またはサトイモの葉

    精霊棚の上に置いたお膳の上にハスの葉と季節の野菜・果物を置きます。
    お盆のお供え物としては、肉や魚などの生臭いものは控えます。

  • 水の子

    餓鬼道に落ちた無縁仏へのお供え物で、キュウリとナスで作ります。
    精霊棚に飾らない地域があります。

  • 閼伽水(あかみず)とミゾハギの花

    悪霊除けとしてお墓にお供えする地方もあります。
    精霊棚に飾らない地域があります。

また、精霊棚の左右には、一般的に柄のついたカラフルな盆提灯を飾ります。
初盆のみ白色の盆提灯を飾るところがほとんどです。

棚経での精霊棚の飾り方ですが、実は宗派によっては方法が様々異なっています。
中には、精霊棚を別に設けない場合や位牌を仏壇から出して飾らない場合もあります。

そこで、ここからは宗派ごとに精霊棚の作り方を見ていきたいと思います。

浄土真宗

浄土真宗では、お盆に棚経は行いません。

親鸞聖人の教えを説く浄土真宗では、亡くなった方は浄土に往生して仏になるためあの世で迷うことがなく現世に帰って来ないと考えます。
また、お釈迦様の説かれた説法は亡くなった方のためのものではないとの考えもあります。

そのため、浄土真宗では、お盆のときに亡くなった方がこの世に戻ってくる道しるべとなる迎え火も送り火を焚いたり精霊棚を飾ったりしません

では、浄土真宗ではお盆をどのように迎えるのでしょうか?
浄土真宗では、お盆のことを歓喜会(かんぎえ)と呼び、お盆のときにはご先祖様や亡くなった方に感謝することを趣旨として生きている方向けに法会が開かれます。

浄土宗

浄土宗では、盆花としてホオズキ、枝豆、ガマの穂などを使用します。
その他の特徴としては、煙草やお酒などの嗜好品はお供えしないことが挙げられます。

真言宗

真言宗では、精霊棚の四つ隅に立てた青竹を真菰縄で結んで結界を作り、亡くなった方以外の霊は入れない空間を作ります。

精進料理を作ってお供えするのも特徴です。

曹洞宗

曹洞宗では、精霊棚を施食棚(せじきだな)と呼び、白色の布をかけてお供え物を飾ります。
配置が決まっているお膳を飾るのも曹洞宗の特徴です。

日蓮宗

日蓮宗では、曼荼羅をかけた仏壇の前に精霊棚を設置しますが、特に飾り方については決まっていません。
その地方の風土に合わせて精霊棚を飾っても問題ないとされています。

お盆の棚経にふさわしい服装とは?

仏壇

法要では喪服を身に着けるのが一般的ですが、自宅で行うお盆の棚経にふさわしい服装は喪服だけなのでしょうか?

男性・女性・子どもの場合の棚経にふさわしい服装をご説明します。

男性の場合

初盆は親族以外にも参列者がいる法要ですので、喪服すなわち礼服を着用します。

男性の場合、黒色のスーツに黒色のネクタイ・靴下・靴が一般的です。
時計などのアクセサリーは、派手なものは控えるようにしましょう。

2回目以降は黒色や紺色などを基調とした地味な服装がよいでしょう。

女性の場合

女性の場合、初盆では黒色のワンピースまたはスーツが一般的です。
ストッキングや靴も黒色を着用しましょう。
ネックレスなどのアクセサリーは、派手なものは控え白色の真珠などを着用するようにしましょう。

女性の場合も男性と同じように、2回目以降は地味な服装ならば礼服でなくても構いません

子どもの場合

初盆では、子どもの場合、制服で参列するのが一般的です。
制服がない場合は、白色のシャツと黒色のズボンまたはスカートを着用しましょう。

2回目からの棚経は、制服でなくても地味な服装であれば問題ありません。

お盆の棚経で僧侶に渡す謝礼金

お金

法要では、お布施と呼ばれる僧侶に渡す謝礼金が必要です。
では、お盆の棚経でのお布施はいくらぐらいなのでしょうか。

また、法要で僧侶に渡す謝礼金は、お布施とお車代に分けて渡すのが一般的です。
これはお盆の棚経においても例外ありません。

では、それぞれどれくらいの金額がそうばなのでしょう。
お布施等は地域や宗派によっても異なりますが、相場を知っておくことで余分な出費が抑えられる可能性があります。

お盆の棚経で僧侶に渡す謝礼金について、表書きや金額など、詳しく見ていきたいと思います。

お布施

まずはお布施についてです。

地域によっては、僧侶にお食事やお土産をお布施としてお渡しすることがありますが、お金を法要の謝礼としてお渡しすることがほとんどです。

表書きの書き方

お布施は、白無地の封筒に入れてトレーにのせるかまたは袱紗(ふくさ)に包んで渡します。
表書きは黒色の墨か筆ペンで「御布施」または「お布施」と書きますが、何も書かなくても問題ありません

名前は、表書きの下に一家の姓または施主の氏名を書くのが一般的です。
封筒の裏には、お寺の記録に役立つように住所・電話番号・漢数字の金額を書くとよいでしょう。

お盆でのお布施の書き方については以下の記事で詳しく解説しております。
詳しく知りたい方はご参考にしてください。

こちらも読まれています

お盆で渡すお布施の正しい書き方とは?金額の書き方も徹底解説します

お盆で渡すお布施の正しい書き方をご存知でしょうか。お盆になってお布施を用意しなければならない時に、悩まれる方も多いと思います。今回はお盆で渡すお布施の正しい書き方とその金額の書き方も詳しく解説いたします。

金額相場

お盆に行う棚経のお布施の金額相場は、5千円~1万円です。

初盆の場合は、親族以外にも亡くなった方の友人などを招き丁寧に法要を行うため、お布施は3万円~5万円が相場と言われています。

お車代

家に来ていただいた場合には、僧侶に交通費としてお車代を渡します。

僧侶の送り迎えをした場合やお寺に伺った場合は、お車代は不要です。

表書きの書き方

表書きは、白無地の封筒に黒色の墨か筆ペンで「御車代」と表書きをします。
お布施同様、何も書かなくても問題ありません。

表書きをする場合、「御車代」の下に一家の姓または施主の氏名を書きます。

金額相場

お車代の金額相場は、距離に関わらず5千円~1万円が一般的となっています。

御膳料

僧侶が棚経の後のお食事を辞退された場合には、代わりに御膳料を渡します。

表書きの書き方

表書きは、白色無地の封筒に黒色の墨か筆ペンで「御膳料」と書きます。
何も書かなくても問題ありません。

表書きをする場合、「御膳料」の下に一家の姓または施主の氏名を書きます。

金額相場

御膳料の金額相場は、5千円~2万円です。

この御膳料は、仕出し料理なのかレストランや料亭の料理なのかによっても金額が変わるので、その時に応じて金額を定めると良いでしょう。

お盆に行う棚経の断り方とは?

困った人々

棚経は、お寺と檀家のお付き合いの上からも、亡くなった方が家に戻っていらっしゃるのをお迎えするという棚経の趣旨からしてもお断りするのは良くありません。

しかし、外せない用事がある日に僧侶の来訪日が重なってしまった場合など、どうしても行けないということも少なくありません。
そんな時どのように断ればいいのか困ってしまう方が多いかと思います。

お盆に行う棚経の断り方としては、「今回は」ということを強調した上で「事情があり遠慮させていただきたく存じます」と誠意を持って伝えるのがポイントです。

棚経をお断りする場合は、お盆中お寺が繁忙期であることを念頭において、早めにお断りすることも重要です。

忙しい時期に棚経の間近になってキャンセルされるとお寺は日程調整が大変で困ってしまいますので、直前になってお断りすることは絶対にしないようにしましょう。

お盆に行う棚経に関するまとめ

仏壇

いかがでしたか?

今回終活ねっとでは、お盆に行う棚経についてご説明しました。
その結果、

  • 棚経とはお盆のときに檀家を訪れた僧侶が精霊棚の前で読経を行うことである。
  • 棚経に使用する精霊棚の飾り方は宗派によって異なり、中には飾り付けをしない宗派もある。
  • 棚経での服装は、基本的には地味な服装であれば良いが、初盆の際など多く人が集まる場合には礼服を着るべきである。
  • 棚経で僧侶に渡すお布施・お車代・御膳料には正しい表書きの方法と金額の相場がある。
  • やむを得ない場合には棚経を断ってもよいが、早めに伝えるようにしなければならない。

ということがおわかりいただけたと思います。

お盆は、亡くなった方を家の精霊棚にお迎えし僧侶にお経をあげていただき供養するという大切で身近な行事です。
宗派によって異なるものの、精霊棚の飾り方は亡くなった方をおもてなしする心で溢れています。

毎年繰り返される法要ですから、精霊棚の飾り・服装・お布施についてしっかりと学びお盆直前で慌てることがないように早めに準備を進めてください。

また、終活ねっとではこの他にも法事や法要に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事ではお盆の迎え火について解説しております。
詳しく知りたい方はぜひお読みください。

より良いお盆をお迎えできることを心より願っております。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました。

こちらも読まれています

お盆の迎え火はどう焚くの?提灯やいつ焚くのかについても解説!

お盆の迎え火の焚き方についてご存知でしょうか。お盆の迎え火は年に一度行うものですが、そのやり方を意味も踏まえつつ知っている方は少ないかもしれません。そこで今回はお盆の迎え火の焚き方について、焚くべき時期にもふれつつ解説していきたいと思います。

シェアする

「お盆・棚経」に関連する記事

  • 浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

    浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

    お盆は先祖の霊が帰ってくると言われています。しかし各宗派によってお盆に対する考え方・過ごし方は様々です。浄土真宗のお盆の飾り方やお布施の金額などはいったいどのようなものなのでしょうか?浄土真宗の他の宗派とは大きく異なる点を解説していきます。

  • お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

    お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

    お盆の時期は、いつもはお墓にいるご先祖様がご自宅に戻ってくると言われています。ご先祖様が不在になったお墓はどうしたら良いのでしょうか?お盆にはお墓参りをすると言いますが、いつしたら良いのでしょうか?そんな、お盆のお墓参りにについて、解説していきます。

  • 初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

    初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

    夏になるとやってくるお盆のシーズン。その中でも初盆は、故人が初めて迎えるお盆なので、手厚く供養するのが慣わしです。けれども、初盆を経験している方は少なく、どうように供養をすべきかわからない方も多いことでしょう。今回は、初盆の供養の仕方をおさらいします。

  • 初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

    初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

    身内の方が亡くなった後に初めて迎えるのが初盆です。初盆の際にはお墓参りと法要を執り行いますが、お盆の時期に初めて故人を偲ぶひと時を持つため、どのような準備が必要なのかがわからないという方も多いでしょう。初盆のお墓参りの準備や作法などを一緒に見ていきましょう。

  • お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説のサムネイル画像

    お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

    お盆はご先祖様にとって大切な法要です。お盆に渡すお布施はどのようにすれば良いのでしょうか?ここではお盆に渡すお布施について、金額の相場や僧侶への渡し方のマナー、お布施の袋の選び方や書き方についての注意点など、詳しくご説明をします。

  • お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!のサムネイル画像

    お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!

    お盆飾りはなぜ飾るのでしょうか?実際にやってみようと思っても、なにをどのように飾るのか、飾り方に決まりはあるのか、お盆飾りについてご存知ない方も多いのではないでしょうか。この記事では、盆棚の作り方や飾り方について詳しく解説します。ぜひ、最後までご覧ください。

  • お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!のサムネイル画像

    お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!

    お盆に行う棚経についてご存知でしょうか。棚経を行う機会は多くないですから、その内容や断り方、御布施の相場について知らないとお困りの方は多いかもしれません。そこで今回はお盆に行う棚経について、棚経の断り方やお布施の相場も合わせて解説していきます。

  • お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!のサムネイル画像

    お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!

    お盆にわたすお布施の相場についてご存知でしょうか。法要によってはお布施の金額は様々ですから、お盆のお布施の相場をついつい忘れてしまうかたは多いことでしょう。そこで今回はお盆のお布施の相場について新盆や宗派別の場合にも触れつつ解説していきたいと思います。

  • 曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

    曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

    曹洞宗では初盆はどのように行うのでしょうか。通常のお盆とはどのような違いがあるのでしょうか。このようなことを疑問に思っている方は多いかと思います。今回は曹洞宗における初盆の礼法をご紹介します。お布施やお供え物についても解説しますのでぜひご覧ください。

  • お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説のサムネイル画像

    お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説

    お盆供養は、毎年行われているとても身近な仏事です。各地のお盆の様子が報道されるだけでなく、不特定多数の人が参加する盛大な行事として執り行われていることもあります。今回の記事ではお盆について、供養の方法からお布施に至るまで、法事の手順を徹底的に解説します。

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お盆・棚経」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説のサムネイル画像

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!のサムネイル画像

お盆飾りはなぜ飾るの?盆棚の飾り方・飾る期間も解説します!

お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!のサムネイル画像

お盆に行う棚経ってなに?棚経の断り方やお布施の相場を解説します!

お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!のサムネイル画像

お盆に渡すお布施はいくら包む?新盆の場合や宗派別の相場も解説!

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説のサムネイル画像

曹洞宗の初盆はどのように迎える?法要の流れや精霊棚の飾り方も解説

お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説のサムネイル画像

お盆供養はどうやって行うの?供養の方法やお布施の書き方をご解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「お盆・棚経」についてさらに知りたい方へ

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説しますのサムネイル画像

浄土真宗のお盆の考え方とは?お供えやお布施についても解説します

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?のサムネイル画像

お盆のときお墓はどうするの?お墓参りはいつするのが正解?

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。のサムネイル画像

初盆の供養、何をしたら良いの?基本をおさらいします。

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!のサムネイル画像

初盆のお墓参りに必要な準備や服装について詳しくご紹介します!

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説のサムネイル画像

お盆に渡すお布施はいくら?お布施の金額相場や渡し方について解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと