一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

一周忌のお返しの品物って何を選べばいいの?金額相場や渡し方も解説

一周忌は、家族・親族のほか、故人と縁の深かった友人・知人をお招きし、法要を営むとともに、故人を偲びます。一周忌にご列席の方々へのお礼として御膳のおもてなしと品物をお返しします。こちらでは、お返しの品物の選択から金額相場、渡すタイミングやマナーなどを解説します。

最終更新日: 2019年09月11日

一周忌のお返しの品物について

困った人々

一周忌のお返しの品物選びにも常識やマナーがあることをご存知ですか?
また、一周忌に限らず法事や法要には、地域の慣習などでその常識やマナーが異なることがあります。

受け取った方々が困惑してしまう品物では、せっかくのお礼の気持ちも台無しになり兼ねません。
それは、とても残念なことですよね。

心おきなく故人を偲び、そのままのお気持ちでお帰りいただくためにも、お返しの品物は、慎重に選ぶ必要があります。

では、どのような品物が喜ばれるのでしょう?

今回「終活ねっと」では、一周忌のお返しの品物について、以下のような疑問に応えながら解説していきたいと思います。

  • そもそもお返しの意味とは?

  • 一周忌のお返しにはどんな品物を送るのが良いの?

  • 食品をお返しに送っても良いの?

  • 一周忌のお返しの相場はどれくらい?

  • お返しの品物の包装や「のし」のきまりとは?

  • 一周忌のお返しはいつどうやって渡せばいいの?

ぜひ最後までお読みになり、心づくしの一周忌をお迎えください。

一周忌の基礎知識について知りたい方はこちらをご覧ください。

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

お返しとは?

仏壇

まず、お返しの意味とはどういうことなのでしょう。

また、「香典返し」という言葉を聞いたことがある方も多いかと思いますが、香典返しとはどのような違いがあるのでしょう。

一周忌では、ご列席の方々がお供えくださる金品を「香典」とは呼びません。
お香典は四十九日までのお供えのことを指します。

そのため、一周忌ではお返しも「香典返し」ではなく、「引き出物」と呼び、会食など御膳とあわせてお返しするのが一般的です。
会食をしない場合は、折詰やお酒などをお返しの品物とともにお渡しする地域もあるようです。

一周忌のお返しにオススメの品物

葬儀

では、一周忌のお返しにオススメの品物とはどういったものなのでしょう。

一周忌には、お年を召した方や、遠方からお越しくださる方もおられると思います。
お返しの品物は、そういった方々にもお持ち帰りいただきやすい形状や重さをまず気にする必要があります。

一般的には、実用品や食品など、消費されてなくなるもの(消え物)を選ぶのがよいとされています。
ただ、お香典返しとは違い、記念となるような品物をお返ししてもよいとする慣習もあります。

商品券やギフトカードをお返しすることもあるようですが、現金と同等と感じてマナー違反と考える方も少なくありません。
また、現金を目上の方に差し上げることは、失礼にあたります。

商品券やギフトカードを差し上げることは、明らかなるマナー違反ではないようですが、目上の方やご年配の方へは、避けた方が無難であると言えます。

また、ご夫婦やご家族でお招きした方々からそれぞれお供えをいただくこともあります。
そのような場合は、異なる品物を準備するなどの心配りが必要です。

お菓子・飲料

食品をお返しで選ぶ場合にはお菓子や飲料などが一般的です。

具体的には、おせんべいやおかき、お茶、ドリップコーヒー、ティーパック、クッキーなど、幅広い世代で好まれ、日持ちのするものを選ぶとよいでしょう。

また、おせんべいとお茶、紅茶とクッキーなど、詰め合わせになっているものもお返しとして好まれます。

日用品

日用品では、石鹸や洗剤、タオル、ハンカチ、シーツなど、使用頻度が高く、どんな家庭でも必要とされる物を選びます。

中でも、タオルには「悲しみを覆って包む」といった意味が込められていると言われています。
また、石鹸など洗浄するものは、「けがれを洗い流す」という意味で選ばれることもあるようです。

このような意味を考えて選んでみるのもおすすめです。

乾物

お菓子以外の食品としては、乾物の海苔や昆布、干し椎茸は、軽量なので、お持ち帰りのご負担になりません。

日持ちもしますし、家庭に常備しておくとうれしい品物です。

最近は、手軽な粉末の天然だしなどが豊富に売られているため、ご自身ではなかなか買わないこともあり、かえって喜ばれるのではないでしょうか。

また、暑い季節でしたら、素麺やうどんの乾麺なども多く選ばれます。
鰹節や麺つゆなどとセットになっているものは、お一人暮らしの方に喜ばれるでしょう。

カタログギフト

かさばらずお持ち帰りが楽なこともあり、最近ではカタログギフトが選ばれることが多いようです。

受け取られた方に、お好きな品物を選びながら、ゆっくり故人を偲んで頂けたら素敵ですね。

一周忌のお返しの金額相場

お金

次に、一周忌のお返しの金額相場について見ていきましょう。

一周忌では、お供えの同額、または少なくとも7割程度はお返しするのが一般的と言われています。
御膳を半分程と考えると、お返しの品物の金額相場は、お供えの3分の1から2分の1が目安になります。

ただ、お集まりいただいたその場でお渡しするものなので、お供えの額によってお返しの品物を替えることは出来ません。
そのため、だいたい3千〜5千円で準備することが多いようです。

お返しの渡し方

flower

では、お返しの品物はどのように渡すのが良いのでしょう。

お返しの渡し方としては、持ちやすいように品物を手提げの紙袋などに入れてお渡しするのが一般的です。
では、その際の包み方にきまりはあるのでしょうか。

また、渡す際のタイミング等はどのようにしたらよいのでしょう。

のし紙に包んで渡す

まず、お品物は、落ち着きのあるグレーや青、緑、または白、黒の地に、菊などのお花模様のシンプルな包装紙で全体を覆います。
そして、その上からのし紙で包んで渡すのが一般的なマナーとなっています。

表書きは、「志」や「粗供養」、「御礼」などと書きます。

下段には、喪主・施主の名前を書きますが、名字だけ・フルネーム、どちらでも大丈夫です。
また、喪主・施主の名字に「家」をつける場合もあります。

水引は黒白または双銀の結び切りのものを使用します。

お返しの品物についてもっと詳しくお知りになりたい方は、こちらの記事もぜひお読みください。

渡すタイミング

次に、お返しを渡すタイミングについてです。

一周忌は、お寺などで法要を行ってから会食をするのが、一般的な流れとなります。
お返しの品物は、各手提げ袋に入れた状態にし、先に会食会場へ届けておきます。

今回は、会食に出席される方とされない方の2パターンに分けて、渡すタイミングを見ていきたいと思います。

出席された方

会食に出席された方には、会食のお開きまでに各お席を回り、一言ご挨拶を添えてお渡しします。

通行の邪魔にならないよう、品物を袋に入れた状態で、椅子やテーブルの下などに置かせていただきます。
各席にお返しの品物を置けない事情やご列席の人数が多い場合では、退場時お一人ずつにお渡しすることもあります

欠席された方

会食に欠席された方へは、後日、ご挨拶状とともに郵送します。

お供えを他の列席者の方へお預けになり、お返しもその列席者の方がお届けくださることになった場合でも、後日、ご挨拶状をお送りするようにしましょう。

一周忌のお返しの品物まとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、一周忌のお返しの品物について、以下のことを解説しました。

  • 一周忌では、御膳と品物をお返しする。

  • お返しする品物は、消費されてなくなる品物が一般的。

  • お持ち帰りしやすい大きさ、重さのものを選ぶ。

  • ご夫婦やご家族でご招待した場合は、異なる品物をお返しするなどの心配りも必要。

  • 商品券やギフトカードは、マナー違反と考える方もいるので、目上の人などには避けるのが無難。

  • お返しの金額は、お供えに対して、御膳が5割・品物が3〜5割目安で、だいたい3,000〜5,000円が相場である。

  • 品物は、のし紙で包み、持ちやすいように手提げ袋などに入れてお渡しする。

  • 渡すタイミングは、会食のお開きまでに各席を回り、一言ご挨拶を添えながら。

  • 会場の状況・列席人数などによっては、退場時にお渡ししても良い。

大切な方が亡くなってからの日々は、お通夜・お葬式・初七日・四十九日の法要から遺産や遺品の整理、各種手続きなど、慌ただしくあっという間に過ぎるものです。
故人が亡くなって一年目となる一周忌の頃には、そういった慌ただしさも一段落し、故人を偲ぶ気持ちが改めて強くなるのではないでしょうか。

また、家族や親戚、故人と親しかった友人・知人にとって、一周忌はとても大切な節目となるものです。
故人を介して縁を得た方々との新たな交流の場ともなるでしょう。
ご列席くださった方々にお喜びいただける、心のこもったお返しの品物をぜひお選びください。

「終活ねっと」では、他にも法事・法要に関する記事を多数掲載しております。
以下の記事では一周忌の挨拶について解説しております。
一周忌法要で挨拶をするご予定がある方など、ぜひご覧になってみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事