一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

一周忌の服装はどうする?家族のみの場合の平服についても解説!

故人の供養をするときには、礼節に則った正しい服装で臨みたいですよね。一周忌法要は家族のみで行うこともあるため、どのような服装が適切なのか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、一周忌における服装を、場合別に詳しく解説していきます。

最終更新日: 2020年02月19日

一周忌の服装について

葬儀

一周忌は、冥界にいる故人の功徳を高めるための追善供養の一つです。
故人を偲び、故人のこれからの幸せを祈るための大切な法要行事ですから、その時の服装はとても大切です。

一周忌で適切な服装を知っておくことによって、一周忌法要を執り行うときに慌てることなく、落ち着いた心で故人を送り出すことができます。

そこで今回「終活ねっと」では、以下のテーマに沿って一周忌法要の服装に関することをご説明してまいります。

  • 喪服ってなに?

  • 一周忌の基本的な服装

  • 家族のみの一周忌での服装は?

  • 一周忌のアクセサリーの注意点

  • 一周忌の服装についてまとめ

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

一周忌の服装についてのご紹介だけではなく、家族葬での服装やアクセサリーについても解説を行っておりますので、知識として頭に入れていただければ幸いです。

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
ぜひ最後までお読みください。

一周忌の基礎知識について知りたい方は「終活ねっと」の以下の記事もあわせてご覧ください。

お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

喪服ってなに?

葬儀

喪服とは、遺族が「喪に服している」ということを表すための服装を指します。
基本的には黒で統一し、シンプルで地味であることを第一とします。

喪服について、「終活ねっと」の以下の記事にて詳しく説明をしておりますので、あわせてご覧いただければ幸いです。

一周忌の基本的な服装

葬儀

一周忌での服装は、マナーとして定められています。
そのマナーが意味することも忘れてはいけません。

故人が亡くなってから1年間は、仏教の教えでは「喪に服す」期間とされています。
喪中であれば、祝い事や祭ごとは控えるのが基本です。
お正月や初詣なども喪中であれば控えますし、年賀状ではなく寒中見舞いなどに置き換えますよね。

仏教の考え方にのっとれば、一周忌は非常に大きな意味合いを持っているのです。
一周忌を執り行うことで、故人が亡くなってから丸1年が過ぎて、「喪が明ける」こととなるからです。

だからこそ、他の追善供養行事や法要行事の中でも最も大きな意味と重要性を持っているのです。
お葬式についで、2番目に大きな規模で行われる行事といえます。

親族の男性

一周忌の際の服装について、詳しく解説していきます。
まずは、故人の親族の男性から見ていきましょう。

基本的には喪服を着用

親族の男性が一周忌法要に参加するときには、基本的には喪服を着用します。
喪服とは、礼服の中でも葬儀や供養行事のときに着用する服装です。

基本的にはジャケットとパンツ、すなわちスーツを黒で統一します。
中に着るシャツだけは白で、柄などがついていないものを着用しましょう。

ネクタイは黒

男性が一周忌のときに着用するネクタイも、黒のものが望ましいです。
ネクタイピンを付けるのは極力やめましょう。
その他アクセサリーに関してもくれぐれも奇抜なものを着用してはいけません。

親族の女性

続いては、故人の親族である女性の服装について解説してまいりましょう。
また、妊婦さんや授乳中のマナーについてもお伝えしていきますよ。

基本的には礼服を着用

女性の場合は、基本的には礼服を着用すればマナーを守っているとみなされます。
ブラックフォーマルと呼ばれているスカートスーツを着用することが一般的です。

妊婦さんの場合

一周忌に参加するときの服装については、基本的には妊婦さんも一般の女性も変わりはありません。
しかしながら、長く座っていたり窮屈なこともある一周忌法要ですから、お腹の赤ちゃんのことは一番に気にかける必要があります。

赤ちゃんに負担がかからないワンピースタイプのものを着用したり、冷えないようにストッキングではなくタイツを選ぶなどしましょう。
もちろん、このときに身につけるものも、黒を基調としたものである必要があります。

妊婦さん向けの喪服を貸し出してくれるところもあるようですから、そういったサービスを利用するのもいいでしょう。

授乳中の場合

授乳中の場合にも黒を基調とした喪服で参加する必要がありますが、やはり喪服によっては、授乳をすることが困難になってしまいますよね。
そこで、前開きのブラックワンピースや授乳口つきの喪服で参加するということも視野にいれておきましょう。

ただし、そういった場合には、あらかじめ親族に相談をしておくことがベターです。
赤ちゃんを連れていくとなれば、自分とより近い血縁にある親族であることが多いでしょう。
相談して許可を得ることができたならば、赤ちゃんのことを配慮した服装で臨みましょう。

子供や赤ちゃんの服装

ここでは、一周忌に参加する子供や赤ちゃんの服装について触れていきます。
大人とはマナーが少し異なりますので、詳しく解説してまいります。

就学児(学生)は制服

就学児すなわちすでに学校に通っている子供は、その学校の制服で参加することが一般的です。
学校の制服は、子供が社会と接する上で最もかしこまった服装といえます。
特別派手な制服を着ている場合でなければ、通っている学校の制服で問題ありません。

赤ちゃんは地味を心掛けて

赤ちゃんが一周忌に参加するときには、決まった服装があるわけではありません。
しかしだからこそ、地味な服装を心がけるようにしましょう。

周囲の大人の喪服と比べて浮くことがないように、極力目立たない黒やグレーの洋服で臨むのが一般的といえます。

故人との関係が友人の場合

故人との関係が友人であった場合には、一周忌にはダークスーツやダークグレーのスーツで臨むことが一般的とされています。
これは略喪服や略式喪服と呼ばれる服装で、目立たず地味目なものを心がけましょう。

一般的な喪服よりは少々崩れる形となりますが、もしもすでに社会に出ている年齢ならば、間違っても平服で参加してはいけません。

家族のみの一周忌での服装は?

人々

亡くなってから1年が経過した一周忌は、故人の家族だけで営まれることもあります。
故人の意向であったり、家族の事情であったりその理由は様々です。

家族だけで一周忌法要を行う場合には、香典返しや引き出物等の出し物が不要になるため、比較的安価に一周忌を行うこともできます。
核家族化が進んだ現代では、親族の高齢化も進み、家族だけで行う一周忌法要も増えていくこととなるでしょう。

しかしながら、家族だけだからといっても、追善供養をするときのマナーはもちろんあります
しっかりとマナーにのっとって、故人を送り出すことが大切なのです。

男性はグレースーツでも良い?

家族だけで一周忌法要を行う場合にも、男性は喪服を着用することがマナーです。
特に寺院や施設を借りて行う場合には必須となります。

ただし、家族だけとなれば自宅で一周忌法要を行うこともありますよね。
そんなときには、お寺のお坊さまと相談の上で、喪服を着用しないで行うこともあります。
もちろん、家族とも話し合い決める必要があります。

自宅で平服で一周忌を行う場合には、グレースーツなどの目立たない服装であれば問題ないでしょう。
また、暑さや寒さが厳しく、家族の中に高齢の方がいる場合にも、気遣いとして平服で行うという選択肢もあります。

女性も平服でいいの?

家族だけで一周忌を行う場合には、女性ももちろん喪服の着用がマナーです。
しかし了承が得られた場合には、平服で参加する選択肢もあります。

ただしもちろん、極端に丈が短いスカートや肌の露出が多い服装は避けてください。
地味目で目立たない服装で、スカートが理想とされています。

ストッキングに注意

家族で一周忌を行う場合にも、女性はストッキングに注意するようにしてください。
通夜などであれば、想定外の事態に急いで来た意味を示すために、肌色のストッキングを着用する女性もいます。

しかし、一周忌では基本的に黒のストッキングを着用しましょう。
ストッキングとは、30デニール以下の薄さを持ったものですが、極端に薄いストッキングは避けましょう。
また網タイツや光沢があるストッキングもNGとなります。

一周忌のアクセサリーの注意点

葬儀

一周忌法要に参加するにあたり、アクセサリーにも注意を払わなくてはいけません。
「喪に服している」ということを忘れないようにしましょう。

バッグ

一周忌には、光沢のない布素材の黒のバッグで臨みましょう。
ワンポイントで色が入っていたりするものは避けるべきです。

また、予備として黒の手提げ袋を持っておくとよりスマートでスムーズです。

一周忌の際の靴は、黒で統一しましょう。
こちらも光沢のない素材であるものが望ましいです。

女性の場合には、3センチ前後のヒールがあれば、よりフォーマルとされています。

ピアスやネックレス

親族として一周忌に参加するとき、アクセサリーを着用するならば、必ず黒か白の真珠のものにしましょう。
そして、全て一連であることが必須です。

一周忌に参加する立場であっても、黒系のオニキスなど地味なものを揃える必要があります。

一周忌の服装についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか?
今回「終活ねっと」では、一周忌の服装について解説を行ってまいりました。
服装やアクセサリーなど、守るべきマナーは多くあるのです。

以下が、この記事でお伝えしたことのまとめとなります。

  • 喪服とは、「喪に服している」ことを示すための服装。
    故人を送り出すために、遺族がマナーを遵守することが大切。

  • 一周忌には、基本的に喪服着用で参加する。
    亡くなって1年の喪が明ける大切な法要であるため、マナーはしっかりと。

  • 家族のみでの一周忌も、基本的には喪服。
    しかし自宅で行う場合などは、お寺や周囲と話し合って平服でも可。

  • 一周忌で着用するアクセサリーは、派手なものは用いない。
    靴やバッグは光沢のないものを選び、ピアスやネックレスは黒または白の真珠。

喪が明ける節目の大切な法要だからこそ、一周忌法要ではしっかりとマナーを守ることが大切になります。
故人を偲び、自分の気持ちを示すために、服装は大きな意味を持ちます。
マナーを知ることは、気持ちよく故人を送り出すことにも繋がるのです。

ぜひとも、ご参考にしていただければ幸いです。
最後までお読みくださり、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、終活に関する様々な記事を掲載しています。
一周忌の挨拶について詳しく知りたいという方は、以下の記事も合わせてご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事