四十九日後に送るお礼状の例文は?お礼状の書き方や送り方も解説!

四十九日法要後は、お礼状を送らなければいけませんが、書くべき内容やマナーなど経験がなくて戸惑うこともありますよね。実際にはどのようなことを書けばよいのでしょうか?今回は四十九日後のお礼状について、具体的な書き方や印刷、送り方まで解説します。

目次

  1. 四十九日後のお礼状について
  2. 四十九日後に送るお礼状とは?
  3. 四十九日後のお礼状の書き方・文例
  4. お礼状の送り方
  5. 四十九日後に送る香典返しの品物は?
  6. 四十九日後のお礼状のまとめ

四十九日後のお礼状について

葬儀

四十九日後には、無事に法要を終えた報告としてお礼状を出します。
では、実際にはどのような内容を書けばよいのでしょうか?

お礼状に使ってはいけない言葉はあるの?
宗教によって文面を変えないといけないの?
このような疑問を抱える方もいらっしゃるでしょう。

四十九日後のお礼状には故人の生前の感謝を、ご遺族が代わって伝えるという意味もあります。
お礼の気持ちをしっかりと伝えられるよう事前に準備をしておきたいですね。

そこで今回の終活ねっとでは、四十九日後のお礼状について

  • お礼状の具体的な書き方とポイント(宗教別の例文つき)
  • お礼状を自分で印刷する方法と注意点
  • お礼状の送り方
  • お礼状と一緒に送られる香典返しの品物

以上のことを中心に解説していきます。
詳しく説明しますので、ぜひお礼状を書く際の参考にしてください。

また終活ねっとでは僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

下記の記事では四十九日法要についての基礎知識を全て解説しておりますので、ぜひ参考にしてください。

こちらも読まれています

四十九日とは?香典・服装・お供え・挨拶・お布施・お返しを解説!

大切な方の葬儀が終わってから1ヶ月と少しで迎える節目が四十九日です。四十九日は実のところ、葬儀と同じくらい大切な節目や儀式とされています。四十九日法要をつつがなく行ったりするにはいろいろな知識や作法を知ることが大切です。

四十九日後に送るお礼状とは?

葬儀

四十九日後に送るお礼状は、法要後に送るのが一般的です。
葬儀に参列してもらったり、香典やお供物をいただいた方にお礼を伝えるものです。

亡くなった方は四十九日経つと、仏様になると言われています。
そのため亡くなってから四十九日間は、故人の冥福を祈り喪に服す期間となります。
この期間を忌服期間といい、四十九日後に遺族は忌明けを迎えます。

四十九日後のお礼状には、無事に忌明けを迎えたことを報告する意味もあります。
そのため忌明けのお礼状とも呼ばれています。

四十九日後のお礼状の書き方・文例

困った人々

では実際にお礼状にはどのようなことを書けばよいのでしょうか。
ここからは、四十九日後のお礼状に書く内容・例文を具体的に紹介していきます。

お礼状に書く内容

お礼状は、概ね決まった流れで書きます。
お礼状に書く内容は、以下の通りです。

  • 葬儀への参列やいただいた香典・お供物への感謝

    忙しい中に葬儀に参列していただいたこと、葬儀に際して香典やお供物など
    心遣いをいただいたことに感謝の気持ちを述べます。
    葬儀や法要でお手伝いしていただいた場合もここで感謝の気持ちを
    伝えます。

  • 四十九日法要を無事に終えたことの報告

    親しい方に出すお礼状では、ここで故人との思い出やお世話になったこと
    など記載しても構いません。

  • 香典返しやお礼の品を送ることの報告

    香典や供物をいただいていない場合は省略します。

  • 直接お礼に伺わず、略儀で済ませることに対するお詫び

    昔はお礼状は、法要後に直接持参していました。
    そのため郵送で済ませることへのお詫びを伝えます。

  • 日付

    四十九日法要の日付を書きます。
    年月までの記載でも構いません。

  • 差出人の名前

    喪主のみでも親族一同と記載しても構いません。

以上が、お礼状の基本的な内容になります。

お礼状の例文・テンプレートを紹介

ここからはお礼状の例文を具体的に見ていきましょう。
宗教により記載する内容や用いる言葉が変わりますので、宗教別の例文もご紹介します。
実際にはお礼状は、全て縦書きとなることにご注意ください。

仏式の場合

拝啓
亡父(名前)儀 永眠に際しましては ご多用な中 鄭重なるご厚志を賜り御礼申し上げます
お蔭を持ちまして この程 戒名(○○○○○○)四十九日の法要を滞りなく相営むことが
できました
つきましては心ばかりの品ではございますが 供養のしるしにお送りいたしますので
何卒ご受領いただけますようお願い申し上げます
本来であれば 拝眉の上 お礼申し上げるべきでございますが 略儀ながら書中にて
ご挨拶申し上げます
敬具

平成○○年○月○日
喪主(名前)
親族一同

仏式のポイントとして、まず故人の名前には「亡父○○」「亡母○○」「故○○儀」「弊社社長○○儀」といった書き方があります。

そして「拝啓・敬具」「謹啓・謹白」など頭語と結語を入れます。
戒名は入れても入れなくても構いません。

「逝去」は身内への敬語になるため、用いないようにしましょう。

神式の場合

拝啓
亡父(名前)儀 永眠に際しましては ご多用な中 鄭重なるご厚志を賜り 御礼申し上げます
お蔭を持ちまして○月○日に五十日祭を滞りなく 相営むことができました
つきましては心ばかりの品ではございますが 偲び草のしるしにお送りいたしますので
何卒ご受領いただけますようお願い申し上げます
本来であれば 拝眉の上お礼申し上げるべきでございますが 略儀ながら書中にて
ご挨拶申し上げます
敬具

平成○○年○月○日
喪主(名前)
親族一同

神式では四十九日法要を「五十祭」といいます。

「供養」の代わりに「偲び草」という言葉を使います。

キリスト教式の場合

謹啓
先般亡父(名前)召天に際しましては ご多用の中鄭重なるご厚志を賜り御礼申し上げます
お陰を持ちまして 無事(儀式名)を無事に済ませることができました
つきましては偲び草のしるしに心ばかりの品をお送りいたしますので
何卒ご受領ください
本来であれば 拝眉の上お礼申し上げるべきでございますが 略儀ながら書中にて
ご挨拶申し上げます
謹白

平成○○年○月○日
喪主(名前)
親族一同

キリスト教式では亡くなることを「永眠」の代わりに「召天」といいます。
儀式名として、プロテスタントでは亡くなられてから1ヶ月後の「召天記念日」、カトリックでは亡くなられてから30日後の「追悼ミサ」が該当します。

神式と同じく「供養」の代わりに「偲び草」という言葉を使います。

お礼状の書く際の注意点

ここからは、お礼状を書く際の注意点について説明します。

句読点や繰り返し言葉は使わない

文中では「、」や「。
」などの句読点は使用しません。
理由については諸説あるようです。
句読点は文章に区切りをつける役割があるため、法要がスムーズに進行するようにとの思いを込めて句読点を使用しないという意味があるそうです。

文中では「ますます」「重ね重ね」「たびたび」などの繰り返し言葉は
使用しないようにしましょう。
繰り返し言葉は不幸が重なることを連想させるため、忌み言葉とされているためです。

このように、句読点や繰り返し言葉を使わないように注意しましょう。

季節の挨拶は使わない

四十九日のお礼状では、季節の挨拶は使用しないのが一般的です。

書き出しには「拝啓/敬具」といった頭語と結語を使用しましょう。

お礼状の送り方

お金

ここでは、お礼状の送り方について具体的に説明します。

香典返しの品物と一緒に送る

香典やお供物をいただいた方に対しては、四十九日法要を終えてから香典返しの品物と一緒に送るのが一般的です。

もともと神式やキリスト教式では四十九日法要はありませんが、日本の一般的な習慣として、四十九日後に香典返しやお礼状を送ることもあります。

自分で印刷して送る

お礼状は印刷屋さんに頼むことが一般的ですが、自分で印刷して送るという手段でも問題はありません。
「家族葬のため参列者が少ない」「オリジナルのお礼状を送りたい」といった理由で、最近では自分で印刷する方も増えているようです。

自分で印刷するとなると、どのような用紙に印刷すればいいのか?封筒の選び方は?などと迷いますよね。
ここではお礼状を印刷する際の注意点等をご紹介します。

何に印刷するべき?

ここでは、印刷する用紙について、説明します。

はがき大のポストカード

奉書紙に印刷しない場合は、はがき大のポストカード用紙に印刷します。
用紙の色は白や薄い色調が良いでしょう。

コンパクトなお礼状になりますが、奉書紙と比較するとカジュアルな印象になります。

郵送する際は、封筒に入れて送ります。

奉書紙

奉書紙とは和紙の一種であり、日本では古くから儀礼や古文書に用いられてきました。
そのため格式高い雰囲気になります。

奉書紙は右から左への縦書きで、折りたたんで封筒に入れます。

ポストカードと奉書紙どちらを選ぶかということについては、高額の香典に対しポストカードではカジュアルすぎますし、香典の額に見合わいません。
また、格式高い奉書紙を選ぶのもバランスが取れません。
いただいた香典やお供物とのつり合いを考慮して選ばれるとよいでしょう。

自分で印刷して送る際の注意点

自分でお礼状を印刷する場合、どういった点に注意すべきなのでしょうか。

自分で印刷する際の注意点について見ていきましょう。

一枚の用紙に収める

文章が長すぎないよう、1枚の用紙に収めるようにしましょう。

お礼状の文章は概ね内容が決まっています。
これまでにご紹介した例文をご参考にしてください。

封筒は2重になっていないものを選ぶ

封筒は2重でなく1重のものを選びましょう。
これには「不幸が重なる」ことを避ける意味があると言われています。

一般的に封筒は白の専用のものを使用します。
封筒は郵便局や印刷屋さんで購入することができます。

奉書の場合には奉書封筒を選ぶと、更に格式高い雰囲気になります。
奉書封筒の表書きは、縦書きで「挨拶状」と記載しましょう。

四十九日後に送る香典返しの品物は?

葬儀

四十九日のお礼状と一緒に、香典返しを送る方も多いでしょう。
四十九日の香典返しの品物について、定番のものを中心に説明します。

弔事関係の品物では「消えて無くなるもの」を選ぶのが基本的なマナーです。
また「白いもの」も白装束を意味しており、よいとされています。
定番の品物としては

  • 緑茶
  • 海苔
  • 洗剤
  • タオル

といったものがあります。
また詰め合わせのギフトやカタログギフトを送られる
こともあります。

一方送ってはいけないものは、昔から四つ足生臭物とされる肉や魚類があります。
昆布やお酒などお祝いごとで送る品物も避けたほうがよいです。

なお香典返しの一般的な金額はいただいた金額の1/3〜半額程度が相場です。
一つの目安としてください。
また、親族の方からは多めにいただくことがあります。
この場合は1/4〜1/3程度でも構いません。

四十九日後のお礼状のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、四十九日後のお礼状の具体的な内容や印刷・送る方法などを中心に解説してきました。

  • 四十九日後のお礼状の基本的な内容について
  • お礼状の内容は宗教によってそれぞれ用いる言葉や内容に
    決まりがある
  • お礼状を書く際の注意点として、句読点や忌み言葉を使わない
    季節の挨拶も使わない
  • お礼状は香典返しと一緒に送る
  • お礼状を印刷する用紙はポストカードや奉書紙が一般的である
  • 香典返しの品物は洗剤や食品など「消えて無くなるもの」が
    定番である

いろいろな決まりはありますが、お礼状に関するしきたりには、故人の成仏を願う気持ちと相手への配慮の気持ちが込められているのですね。
今回の記事が、四十九日後のお礼状を書く際のお役に立てれば幸いです。

終活ねっとでは、他にも四十九日法要や挨拶状に関する記事を多数掲載しております。
ぜひ併せてご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

シェアする

「四十九日・お礼状」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「四十九日・お礼状」についてさらに知りたい方へ

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説しますのサムネイル画像

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説します

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説しますのサムネイル画像

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

四十九日の計算方法(数え方)をご紹介!自動スケジュール計算も!のサムネイル画像

四十九日の計算方法(数え方)をご紹介!自動スケジュール計算も!

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

四十九日の香典は?入れ方・書き方や親・孫・夫婦・祖父母の金額相場のサムネイル画像

四十九日の香典は?入れ方・書き方や親・孫・夫婦・祖父母の金額相場

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説のサムネイル画像

四十九日法要の当日の流れを知っていますか?所要時間とともに解説

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説のサムネイル画像

四十九日法要はいつ行うべき?案内状やお返しを送るタイミングも解説

浄土真宗での四十九日法要の意味とは?法要の流れや中陰壇も解説のサムネイル画像

浄土真宗での四十九日法要の意味とは?法要の流れや中陰壇も解説

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!のサムネイル画像

四十九日後の香典返しの挨拶状はどう書く?宗教ごとの例文もご紹介!

満中陰志に送るお礼状の書き方とは?お礼状の例文やマナーを解説!のサムネイル画像

満中陰志に送るお礼状の書き方とは?お礼状の例文やマナーを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像

僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

1
火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像

火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

2
一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像

一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

3
33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像

33回忌法要へ香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

4
13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像

13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

5

関連する記事

「四十九日・お礼状」についてさらに知りたい方へ

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説しますのサムネイル画像

忌明けの挨拶状の書き方をご紹介!文例と共に解説します

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説しますのサムネイル画像

四十九日の挨拶状はどうやって書く?例文や送り方について解説します

四十九日の計算方法(数え方)をご紹介!自動スケジュール計算も!のサムネイル画像

四十九日の計算方法(数え方)をご紹介!自動スケジュール計算も!

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介のサムネイル画像

四十九日のお返しについて解説!金額相場やのし紙の書き方までご紹介

四十九日の香典は?入れ方・書き方や親・孫・夫婦・祖父母の金額相場のサムネイル画像

四十九日の香典は?入れ方・書き方や親・孫・夫婦・祖父母の金額相場

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと