13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

13回忌の挨拶は何を話せばいいの?例文や注意点について解説します

13回忌法要には親戚の方などが参列されますので、施主の方はしっかりとした挨拶で法要を進行したいですよね。今回は13回忌の挨拶について例文や注意点なども交えながら、詳しく解説していきます。ぜひ今回の記事を参考に、13回忌の挨拶を把握してみてください。

2019-07-01

13回忌の挨拶について

葬儀

13回忌法要においては、法要の開始から会食まで、施主が挨拶をしながら全体を進行していかなければなりません。

親戚の方も参列されますので、施主の方はしっかりとした挨拶をしたいですよね。
しかし、挨拶のタイミングがわからないという方や、どのような挨拶をすればよいのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。

そこで、今回終活ねっとでは、13回忌の挨拶について以下のポイントを中心に解説していきます。

  • 13回忌の法要とは?

  • 13回忌法要の挨拶のタイミングと例文

  • 施主による挨拶の注意点

  • 13回忌における参列者の挨拶

今回の記事を参考に、ぜひ13回忌法要における挨拶について知識を深めてくださいね。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

13回忌の法要とは?

葬儀

故人が亡くなってから、故人を偲んで定められた年に実施される法要を年忌法要といいます。
年忌法要の中でも、死後満13年目に実施する法要を13回忌法要といいます。

一般的に3回忌までは、故人と親しかった友人や知人を招いて実施します。
そして3回忌以降の法要においては、親族のみで実施するケースが多いです。

終活ねっとでは、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌法要についてもっと詳しく知りたい方は、ぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

13回忌法要の挨拶のタイミングと例文

葬儀

13回忌法要では、参列者への挨拶から法要開始の挨拶、さらには会食の挨拶まで、一通りの挨拶を施主が担当することとなります。

施主が法要の挨拶に詰まってしまうと、全体の進行に支障がでてしまう可能性もあります。
挨拶は法要を行う上で重要な行程になりますので、どのような挨拶をすべきか悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

ここでは、法要における挨拶のタイミングと例文を、法要の流れに沿ってご紹介していきます。

必要なタイミングで適切な挨拶をしっかり把握しておき、スムーズに法要を進行するための参考にしてみてください。

参列者への挨拶

まずは受付において、参列者からの挨拶に対して短めの挨拶をします。

施主は、参列者に対しておもてなしをする役割を担っています。
法要を開く側として、参列者にはふさわしい挨拶をするよう心掛ける必要があります。

受付時における挨拶の例としては、以下のような挨拶が良いでしょう。

例文
「本日はご多忙の中、「○○(故人)」の13回忌法要にお越しいただきましてありがとうございます。」

施主による法要開始の挨拶

開始の挨拶に故人の戒名を述べるのが一般的ですが、故人の本名でも問題ありません。
また、13回忌の法要である旨を明確に述べます。

法要開始時の挨拶の例としては、以下のような挨拶がよろしいでしょう。

例文
「本日はお忙しいなかお集まりくださりありがとうございます。それではこれより「○○(故人)」の13回忌法要を執り行いたいと存じます。ご住職、よろしくお願いいたします。」

僧侶による読経・焼香

施主による法要開始の挨拶があった後、僧侶による読経が行われます。

宗派によって読む経は変わります。
しかし基本的には、経を読むことで参列者に説教を説くという意味があります。

読経が始まると、途中で僧侶から焼香の案内があります。
焼香は施主が最初に行い、施主の後は血縁関係の濃い順番に行うこととなります。

施主による法要終了の挨拶

法要終了の挨拶は、開始の挨拶と同様、13回忌の法要であることを述べます。
そして、無事に法要を済ませることが出来たことに対するお礼を述べます。
また、法要終了の挨拶をすると同時に会食への案内も併せて行うことになります。

法要終了の挨拶の例文を以下に記載しますので参考にしてみてください。

例文
「本日はお忙しい中、お集りいただきありがとうございました。おかげさまで「○○(故人)」の13回忌の法要を無事終えることができました。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 心ばかりではございますが、ささやかな席をご用意しております。お時間の許す限り、どうぞごゆっくりなさってください。本日はまことにありがとうございました。」

僧侶への挨拶

お経を読んでいただいた僧侶への挨拶も必要です。

僧侶への挨拶は、僧侶が会食に参加しない場合と参加する場合で、挨拶をするタイミングやお布施等をお渡しするタイミングが異なってきます。

以下、会食に参加しない場合と参加する場合に分けて解説していきます。

僧侶が会食に参加しない場合

僧侶が会食に参加せずに法要が終わって帰られる場合は、僧侶が帰られる前に挨拶をしてからお車代やお布施をお渡しします。

以下に、挨拶の参考を記載しますのでご参照ください。

例文
「本日はご多用のところ「○○(故人)」のために、大変丁寧なお勤めをたまわり、ありがとうございました。おかげさまで、無事に13回忌法要を終えることができました。どうぞこちらをお納めください。」

僧侶が会食に参加する場合

僧侶が会食に参加する場合には、会食が終わった後に挨拶します。
僧侶が帰る際に挨拶を述べてお布施などを渡します。

以下に、挨拶の参考を記載しますのでご参照ください。

例文
「本日はご多用のところ「○○(故人)」のために、大変丁寧なお勤めをたまわり、ありがとうございました。また、ご多忙の中、最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。おかげさまで、無事に、13回忌法要を終えることができました。どうぞこちらをお納めください。」

会食での挨拶

法要後の会食においても、会食開始や献杯、会食終了の挨拶を施主が行います。

法要後に設けられている会食のことを、仏教ではお斎(とき)といいます。
「斎」という言葉には、仏をまつる前に飲食を行うことで心身を清めるという意味があります。

挨拶の際には「お斎」という言葉を使う必要はありません。
しかし、施主としてはぜひ知っておいてほしい言葉です。

献杯の挨拶

故人を偲んでお酒を飲むことを、献杯といいます。
献杯の挨拶では、集まって頂いたことに対するお礼を述べるようにしましょう。

以下に、献杯の挨拶の例を記載しますのでご参照ください。

例文
「本日はお忙しい中お集まりいただきましてありがとうございました。こちらの席では「○○(故人)」が好きだったお酒を味わいながら、「○○(故人)」についての思い出話を皆様から伺えればと思っております。まずは献杯させていただきます。献杯。」

会食終了の挨拶

会食の終了をもって、13回忌法要のすべてが終わったことを意味します。
会食終了の挨拶においては、参列者に時間を割いていただいたことへのお礼を述べ、今後もお付き合いいただく旨を述べます。

以下に会食終了の挨拶の例を記載しますのでご参照ください。

例文
「本日はお忙しい中、最後までお付き合い下さりありがとうございました。そろそろお時間となりましたので、これにてお開きにしたいと存じます。これからも変わらぬご支援のほどよろしくお願い申し上げます。本日はまことにありがとうございました。」

施主による挨拶の注意点

葬儀

13回忌を進行するにあたり、施主はさまざまな場面で挨拶をする必要があります。
法要における挨拶では、使ってはいけない言葉などのマナーがありますので、どのような場面の挨拶においても、マナーや注意点を守って挨拶をすると良いでしょう。

感謝の気持ちを込める

どの場面の挨拶でも、故人を偲ぶ思いを込める必要があります。
また、故人のために参列してくれた方々へ感謝の気持ちを込めることが大事です。

使ってはいけない言葉

挨拶の際には、「死」や「生きていた時」などの直接的な表現は避けましょう。
また「重ねる」や「再び」など、不幸が重なることを連想させる忌み言葉は使わないようにします。


終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
13回忌の案内状について知りたい方は、こちらをご覧ください。

13回忌における参列者の挨拶

葬儀

13回忌法要の参列者は、受付時に施主の方へ挨拶をします。
挨参列者の拶のポイントを以下で紹介します。

招いていただいたことへのお礼を述べる

まずは、法要に招いていただいたことに対するお礼を述べます。
「本日はお招きいただき恐れ入ります。
」など、端的に感謝の意を伝えるようにしましょう。

法要において使用を避けるべき言葉

葬儀やお通夜では、ご愁傷さまでしたなどの言葉を使っても問題ありません。
しかし、13回忌など時間の経った法要においては相応しくありません。

1周忌以降の法要においては、「もう○周忌なのですね」などの言葉に代えて挨拶すると良いでしょう。

故人との思い出話

13回忌などの年忌法要は、故人が亡くなられてから時間が経過したあとの法要です。
故人を偲んで行われる行事であり、故人を懐かしんだり思い出すことが目的となります。

したがって、法要が開始されるまで時間がある場合、ご遺族の方と故人の思い出話をしても問題はありません。

終活ねっとでは終活に関する様々な記事を紹介しています。
13回忌に参列者が持参すべき香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

13回忌の挨拶についてまとめ

お墓

終活ねっとでは今回、13回忌の挨拶についてまとめてきました。
今回の記事のポイントは以下のとおりです。

  • 13回忌の法要とは、故人が亡くなってから満13年目に実施する法要で、親族のみで実施するケースが多い。

  • 13回忌法要で施主の挨拶が必要となるタイミングは「参列者への挨拶」や「法要開始の挨拶」、「法要終了の挨拶」、「僧侶への挨拶」、「会食での挨拶」がある。

  • 挨拶をするにあたっては、感謝の気持ちを込め、「死」や「生きていた時」などの直接的な表現や「重ねる」や「再び」などの忌み言葉は避ける。

  • 受付時に参列者から施主へ挨拶する際には、招いていただいたことへのお礼を述べ、「ご愁傷様でした」などの言葉は使わないようにする。また、法要開始までに時間がある場合は、故人の思い出話をしても良い。

いかがでしたでしょうか。
法要における施主のマナーとして、しっかりした挨拶ができるか否かはすごく重要となります。

法要は一生に数回しかない行事ですので、しっかりとしたマナーや挨拶を心がけたいですね。
今回の記事を参考に、13回忌法要における挨拶をしっかり行えるよう、挨拶時の注意点なども含めて整理してみてください。

「13回忌・挨拶」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2019年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!のサムネイル画像 4
    火葬炉はどうなっているの?火葬炉の種類や仕組みを徹底解説します!

    葬儀を終えると火葬のため、ご遺体は火葬場に運ばれます。最後のお別れのために火葬場へ行かれた方は多くいらっしゃっても火葬炉の仕組みを詳しく知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回は火葬炉の種類や温度、仕組みについて解説します。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

十三回忌にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料