13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

13回忌の香典の費用相場や表書きの書き方を解説!

回忌法要における13回忌は最後の法事となることが多いため、13回忌法要には多くの方をお招きするのが一般的です。今回はその13回忌の香典について、書き方やマナーなどを解説していきます。香典に関するマナーについて、改めて整理しながらみていきましょう。

最終更新日: 2019年09月28日

13回忌の香典について

葬儀

13回忌は、故人が亡くなってから12年目にあたる年に行われる法事です。

法事に関するマナーについては、普段はあまり触れる機会が少ないことから、詳しくご存じでない方も多いのではないでしょうか。

さらに、13回忌は10年以上たってからの法事のため、そのマナーや香典の書き方などについて忘れてしまっている方も多いと思います。

そこで今回「終活ねっと」では、13回忌の香典について、下記のポイントを中心に解説していきます。

  • 13回忌法要とは

  • 香典の「のし袋」の書き方

  • 13回忌の香典の金額相場

  • 13回忌での香典の渡し方

  • 13回忌の香典のマナー

  • 香典のマナーは回忌ごとに変わるの?

葬祭におけるマナーを知っているか否かで、与える印象は大きく変わりますので、今回の記事を参考に、13回忌の香典のマナーについて整理してみてください。
お坊さんを安く手配したいという方は、DMMのお坊さんをぜひご利用ください。

13回忌法要とは

葬儀

13回忌などの年忌法要は、末尾に3と7のつく日に行われる法要で、13回忌のほか17回忌や23回忌などといったように法要が続きます。

13回忌法要は、死後満12年が経過した日に行われる法要で、金剛界大日如来様とひとつとなる日とされる節目の法要です。

「終活ねっと」では、終活に関する用語をわかりやすく解説した用語集を用意しています。
13回忌についてもっと詳しく知りたい方はぜひ以下の用語記事もあわせてご覧ください。

香典の「のし袋」の書き方

葬儀

最近では100円ショップなどでも簡単に手に入るようになった香典ののし袋ですが、その書き方にも色々とマナーや種類があることをご存知でしょうか?

のし袋は、宗教・宗派に合わせて選ぶ必要があり、まずは宗教・宗派を確認することが大事となってきます。

それぞれの宗教に合わせた表書きの書き方をご紹介していきます。

表書きの書き方

香典ののし袋の表書きは、宗教に合わせて書く必要があり、法要にはそれぞれの宗教に応じて、以下のような場合があります。

  • 仏式の場合

  • 神式の場合

  • キリスト教の場合

  • 無宗教の場合

法要のそれぞれのケースに応じた表書きの書き方がありますので、宗教に合わせた表書きを書くようにします。
もし宗教がわからない場合には、先方に確認するようにしましょう。

また、蓮の花がついたのし袋を選ぶ場合は注意が必要です。
蓮の花のついているものは、仏教の場合でないと使えない種類であるため、どののし袋を選ぶかにも気を付ける必要があります。

それでは、それぞれの宗教に応じた表書きの書き方について、以下で詳しく解説していきます。

仏式の場合

仏式の場合の表書きは「御仏前」「御供物料」などと書いた香典を用意します。
「御霊前」と書かれたものも売っていますが、13回忌法要など、四十九日を過ぎた法要においては「御霊前」ではなく「御仏前」と書かれた表書きのものを用意します。

仏教においては、四十九日を過ぎたあと「霊」から「仏」になると考えられていることから、「御仏前」の表書きを使用します。

神式の場合

神式の場合の表書きには、「御玉串料」「御榊料」などがあります。

神式の場合はのし袋にも注意が必要です。
一般的にコンビニエンスストアなどで販売しているものは仏式のものがほとんどであり、文房具店などにいかないと神式ののし袋が販売されていない場合があります。

近くに文房具店が無い場合など、神式ののし袋がみつからない場合は、「御霊前」と書かれたものを購入すれば問題ありません。

キリスト教の場合

キリスト教の場合、「御花料」「御ミサ料」などの表書きを使用してください。

キリスト教の場合カトリックかプロテスタントによって違いがありますが、「御花料」はカトリックとプロテスタントの共通で使える表書きであり、「御ミサ料」はカトリックのみとなります。

カトリックかプロテスタントであるかは不明の場合も多いと思いますので、御花料としておくことが無難でしょう。

無宗教の場合

無宗教の場合、あまり形式にこだわる必要はありません。
香典の表書きについても決められたものはありませんが、「志」「御香典」「御花料」などを書くことが望ましいでしょう。

のし袋も、不祝儀袋や白い無地の封筒を使って問題ありません。

名前の書き方

次に香典袋の名前の書き方を解説します。

個人で香典を出す場合にはあまり悩むことはないと思います。
しかし、場合によっては「連名の場合」や「複数人で出す場合」などが出てくることもあるでしょう。

この場合、名前はどのように書くべきか頭を悩まされた経験がある方も多いのではないでしょうか?

ここでは、「連名の場合」と「複数人で出す場合」に分けて、名前の書き方について解説していきます。

連名の場合

会社などで、香典を連名で出す場合、最大でも3名までで出すことが一般的です。
名前を記載する場合には、右側に目上の人がくるように全員の名前を記載するようにするか、五十音順で記載するようにします。

また、夫婦の連名で香典を出す場合は夫婦揃って参列できる場合には夫婦連名で記載します。
妻が代理で出席する場合には、夫の名前を記載し左下に「内」と記載するようにします。

妻の名前は夫の名前の横に書きます。

複数人で出す場合

4名以上の複数人で出す場合、「○○株式会社 ○○課一同」と記載したり、中央に代表者の名前を書いて左に「外一同」と記載するようにします。

全員の住所、氏名、用意した金額を記載した別紙を用意し、中袋に入れておくようにしましょう。

中袋の書き方

次に、中袋の書き方を見ていきましょう。
中袋には、「住所氏名」と「金額」を記載していきます。

中袋の書き方にもマナーがありますので、記載事項やそれぞれの書き方について整理していきましょう。

住所氏名を書く

住所氏名は中袋の裏側の左下に書きます。

氏名の書き方については、表書きの名前と同様に記載するようにしてください。
主に、住所は名前の右側に2行ほどで書くようになっています。

金額を書く

用意した金額は、中袋の表面に記載するのが一般的ですが、地域によっては裏面に記載する場合もあります。

金額を漢字で記載する場合、一般的に使われている漢数字ではなく難しい旧漢字を使用します。
これは、記載した金額が書き換えられることのないように、旧漢字を使用して記載することが正式な金額の書き方とされています。

中袋が無い場合

地域によっては、袋が二重で不幸が重なることで縁起が悪いとの理由で、中袋がないのし袋が販売されている場合もあります。

この場合、「住所氏名」「金額」はのし袋の裏面に記載します。
名前については表面に記載がありますので、裏面の左下に「住所」と「金額」を記載するようにしましょう。

「住所」や「金額」の書き方については、上記した中袋への記載方法と同じです。

13回忌の香典は薄墨で書くの?

香典は薄墨で書くべきと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

しかし、香典をすべて薄墨で書くのではなく、どのような法事・法要に香典を出すかによって薄墨で書く場合と黒墨で書く場合に分かれてきます。

基本的に薄墨で書く場合は、通夜や葬儀の場合とされています。
これは、「突然の訃報で墨を磨る時間がなかった」「悲しみの涙で滲んでしまった」などの理由から薄墨とする風習ができました。

しかし、四十九日後は、その法要がいつ行われるか事前に知ることができ、事前に準備できるということから黒い墨で書くとされています。

したがって、各回忌においても墨で書くことが基本になりますので、13回忌の香典は黒い墨で書くようにしましょう。

この場合、表書きをボールペンや鉛筆で書くことはマナーとして良くありませんので、墨でなくても筆ペンなどを使って書くと良いでしょう。

13回忌の香典の金額相場

お金

では、いくら包むのが適当なのでしょうか?
香典を包む前に金額の相場を知っておきたいですよね。

香典の金額の相場については、故人との関係によって包む金額には差が出てきます。
また、「4」や「9」という数字が入る金額は、「死」や「苦しむ」を連想される数字とされますので避けるように金額を用意することがマナーとされます。
偶数の金額も、葬祭においては避けるべきとされていますが、2万円は例外的に認められているケースも多いです。

では、香典の金額相場について、故人との関係も含めて詳しくみていきましょう。

親戚など故人と血縁がある場合

親戚など故人と血縁がある場合の相場は、法要後に会食があることを見越して1万円~2万円となります。

故人と血縁のある方の場合、他にも参列者がいらっしゃいます。
金額は他の血縁者と同程度に合わせるのが基本となりますので、事前に確認しておくと良いでしょう。

夫婦連名で包む場合

夫婦連名で包む場合も、一人で参加する場合と同様の金額を包むことが基本となります。
したがって、2名分の金額として包むことになりますので、2万円~4万円程度が相場となります。

故人の友人として参列する場合

故人の友人や知人である場合には、ご遺族よりも少なめに包むのが一般的です。
したがって、ご遺族の相場が1万円~2万円程度が相場として考えると、1万円程度を包むのが良いでしょう。

13回忌の香典の渡し方

葬儀

葬祭には意外と知らないマナーや細かい配慮が必要で、知らずに何気なく取った行動で、周囲の方に不快な思いをさせてしまう場合もあります。

香典の渡し方もその一つで、マナーを知らないと何気なく渡してしまい、マナーを知らない人と思われてしまいます。

知っていて損のないマナーばかりですので、改めて確認してみてください。

香典を渡すタイミング

細かいところですが、香典を渡すタイミングは施主の方に迷惑をかけないように配慮しなければなりません。

13回忌などの法要においては、会場に到着したら施主に挨拶をする際に直接お渡しするようにします。
ただし、地域やその土地の風習などもありますので、事前に確認するか、当日の周りの人の状況を見て判断することも大事となってきます。

袱紗に包んで渡す

法要においては、香典を直接手渡しすることはマナー違反となります。
基本的には袱紗(ふくさ)に包んで持っていき、施主にお渡しする際に、袱紗(ふくさ)からさりげなく取り出してお渡しするようにしましょう。

袱紗(ふくさ)については、以下のリンクから詳細を確認できますのでぜひご覧ください。

お悔やみの言葉を述べてから渡す

香典を渡すときにはどのような言葉を添えれば良いのでしょうか。

基本的には「この度は御愁傷様でございます」などのお悔やみの言葉を述べます。
そして「心ばかりですが、仏前にお供えください」という言葉を添えてお渡しするようにします。
この時、法要における香典は、法要の会場に到着したら施主にお渡ししますので、挨拶も兼ねてお渡しすることとなります。

注意点として、施主にご挨拶する際に「ありがとう」という言葉は避けましょう。
マナーを知らないと、「お招きいただきありがとうございます」などと言ってしまいがちです。
しかし、回忌などの葬祭におけるあいさつにおいては、「ありがとう」という言葉は基本的に使用しません。

さらに笑顔や大きな声は控えましょう。

13回忌の香典のマナー

葬儀

ここまで、香典の表書きや中袋の書き方、包む金額の相場について解説してきました。
その他、13回忌の香典についてはどのようなマナーがあるのでしょうか?

ここでは、包み方やお札の包み方など、上記以外の重要なマナーについて解説していきます。

香典の包み方は?

まず香典の包み方から説明します。

香典は、慶事の包み方と逆の包み方になります。
中袋をのし袋の中にいれ、のし袋の下側を先に折り、上側を折るように包むようにします。
これは、不浄なものを上から下に流すという意味が込められています。

新札は使ってもいいの?

包むお札の種類としては、旧札を使用するようにし、新札は避けるようにしましょう。
もし手元に新札しか用意できない場合は、一度折り目をつけてから包むようにします。

ただし、旧札でもあまりにもしわの多いお札や破れてしまっているお札は避けましょう。
このような場合は新札を用意して、折り目をつけて包むようにしましょう。

お札の入れ方に気を付ける

お札の入れ方にも気を配りましょう。
中袋にお札を入れる際には、お札の向きがポイントになります。

肖像画が書かれている面を裏返し、お札の裏面が見えるように中袋にお札を入れます。
さらに全てのお札の向きを揃えて入れるようにしましょう。

のし袋の水引きについて

のし袋の水引きにも様々な色のものが用意されて販売されており、どの宗教の法要かによってその種類は異なってきます。

それぞれの宗教に対応した水引きについて、以下で解説していきます。

仏式の場合

仏式の法要の場合は、白黒のものが一般的であり、銀と白のものも使われます。
白黒の水引きは、宗派を問わず仏教全般に使われるものなので、白黒の水引きのものを用意しておけば問題ないでしょう。

神式の場合

神式の法要の場合には、銀の水引き、白黒の水引き、白一色の水引きが使われるのが一般的です。

キリスト教式の場合

キリスト教式の場合には、水引きがないものが使われるのが一般的です。
白い封筒か、ユリの花が書かれた封筒を使用すると良いでしょう。

お供え物と香典はどちらも持参する?

法要に参列する際、お供え物と香典の両方を持参する必要があるのでしょうか?

この点については、一般的にどちらか一方を持参すれば良いとされています。
香典にはお供えという意味も込められていますので、ご自身の事情等を考慮してお供え物か香典を用意しましょう。

ただし、地域や風習によっては両方を持参する場合もありますので、事前に確認しておくことも必要です。

香典のマナーは回忌ごとに変わるの?

困った人々

様々な法要があり、その法要ごとにあるマナーも存在します。
では、香典のマナーは回忌を迎えるたびに変わるのでしょうか?

一般的に、3回忌以降の法要ではマナーは変わりません
年忌法要は3回忌が大きな法要とされているため、3回忌以降の法要でも、これまでのマナーと共通のものと考えていただいて問題ありません。

13回忌の香典についてまとめ

葬儀

いかがでしたでしょうか。
今回「終活ねっと」では、13回忌の香典についてまとめてきました。
記事のポイントは以下のとおりです。

  • 13回忌法要は、死後満12年が経過した日に行われる法要で、金剛界大日如来様とひとつとなる日とされる節目の法要である。

  • 「のし袋」は、宗教・宗派に合わせて選ぶ必要があり、事前に宗教・宗派を確認することが大事となる。

  • 香典は袱紗(ふくさ)に包んで持っていき、会場に到着したら施主に直接お渡しするようにする。その際に、「心ばかりですが、仏前にお供えください」という言葉を添えてお渡しする。

  • 香典の金額は,親戚など故人と血縁がある場合、1万円~2万円くらいが相場。夫婦連名で包む場合、2万円~3万円程度、故人の友人などが参列する場合1万円程度が相場。

  • 香典は旧札を使って慶事の包み方と逆に包み、お札の入れ方にも注意する。水引きも宗教に合わせて選ぶ。香典とお供え物は一般的にはどちらか一方を持参すれば問題ない。

  • 3回忌以降は香典のマナーは変わらない

香典のマナーについてはご存知の方も多いかもしれませんが、改めて細かいマナーや宗教に対応したマナーを整理してみるのも良いでしょう。

今回の記事を参考に、香典のマナーについて改めて整理してみてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

「終活ねっと」では他にも法事や葬儀に関する記事を紹介しています。
ぜひご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説のサムネイル画像
    法事の香典ってなに?表書き・名前の書き方や金額相場について解説

    皆さんは、法事の香典の意味や金額などを知っていますか?法事の香典は、どの位の金額でどのようにして持っていくのが良いのでしょうか。香典の慣習や礼儀・作法が分からないと困りますよね。今回は法事の香典について表書き・名前の書き方や金額相場など分かりやすく解説します。

  • 13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!のサムネイル画像
    13回忌の香典の書き方は?表書きや名前の書き方についても解説!

    13回忌の法要に招待されたけど、香典の書き方やマナーは完璧と言える自信はありますか? 法要に何度も参列することの方が少ないので、香典の書き方やマナーは忘れがちです。 今回は、13回忌の香典の書き方などが不安という方には嬉しい情報をまとめています。

  • 3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介しますのサムネイル画像
    3回忌法要で気をつけたいのし袋の選び方とは?相場金額も紹介します

    3回忌の法要でものし袋に香典を包みますよね。 それでは3回忌の法要ではどんな水引が使われるのかご存知ですか? 今回は3回忌でののし袋の書き方や渡し方など、マナーについてご説明していきます。 ぜひ最後までご覧になって、今後の参考にしてみてください。

  • 7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!のサムネイル画像
    7回忌法要の香典の金額相場は?故人との関係別に紹介します!

    故人が亡くなった後には7回忌などの年忌法要があり、その度に香典金額はどうしたらいいかと迷うことがあると思います。 そういった方にとって今回の記事は必見です。 今回この記事では故人との関係別での香典金額や7回忌での香典袋の書き方などを詳しく解説しています。

  • 17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説のサムネイル画像
    17回忌の香典はどうすればいいの?書き方や金額相場について解説

    命日に合わせて行われる年忌法要は、ご遺族にとって大切なご供養の場です。今回は年忌法要のなかでも、17回忌の香典袋の書き方や金額の相場など役立つ知識について詳しく解説いたします。また、17回忌のご香典の知っておきたいマナーについてもご説明いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介のサムネイル画像
    13回忌の香典袋の書き方はどうする?選び方やマナーについても紹介

    13回忌の香典袋には何を選べば良いのでしょうか。香典袋にもいろいろな種類があって迷う方も多いと思います。今回はそんなお悩みをお持ちの方のために、13回忌の香典袋の選び方とそのマナーについて紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

  • 四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像
    四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説

    四十九日法要は多くの人が参加する規模の大きな法要です。年忌法要と比べて参列する機会は多いため、四十九日のマナーはしっかりと身に着けておきたいものです。中でも香典の書き方に迷う人は多いのではないでしょうか?今回は四十九日法要の香典の書き方についてまとめました。

  • 3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説しますのサムネイル画像
    3回忌ののしの書き方はどうする?表書きや中袋の書き方も解説します

    3回忌で渡すのし袋ですが、書き方にいくつかの決まりがあるというのはご存知でしょうか? のし袋の書き方がマナー通りになっていないと施主に失礼に当たりますし、3回忌という厳粛な場で恥をかいてしまいます。 今回はのし袋の書き方に不安があるという方には必見の内容です。

  • 3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介しますのサムネイル画像
    3回忌の香典袋はどうやって書く?水引の選び方や表書きも紹介します

    3回忌法要には親族や関係者など、故人が生前に関わりのあった方を多く招待することがあります。皆さんは、3回忌法要に持参する香典袋の書き方についてはご存知でしょうか?今回終活ねっとでは、3回忌法要における香典袋の書き方や水引の選び方などについて詳しくご紹介します。

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事