お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

お布施の書き方はどうする?表書きや包み方についても解説します!

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが僧侶の方です。僧侶の方にお経をあげてもらったことへの謝礼がお布施ですが、香典などと違って書き方がわからないという方も多いでしょう。今回はお布施を手渡す際、恥ずかしい思いをしなくて済むお布施の書き方について見ていきます。

最終更新日: 2020年09月09日

お布施の書き方について悩んでいませんか?

僧侶

葬儀やお墓のことなどでお世話になるのが、寺院の僧侶の方です。
また、宗教によっては神道であれば神職の方、キリスト教であれば司祭もしくは牧師の方のお世話になるでしょう。

いずれにせよ、葬儀やお墓に関することで読経などをしてもらった際の謝礼のことをお布施といいます。
お布施を手渡すときに、お札を裸の状態で渡すというのはもちろん一般的ではありません。
きちんと、奉書紙などに包んだ形で手渡すというのが一般的です。

またお布施を包む場合、奉書紙の書き方やマナーなどについてご存知でしょうか?
お布施の書き方についてよくわからないという方も多いのではないでしょうか。
お布施の書き方を知っておくと、今後僧侶の方の前で恥ずかしい思いをせずに済みます。

そこで今回「終活ねっと」はお布施の書き方について、下記のポイントを軸に見ていきましょう。

  • お布施とはどのようなものなのか?

  • お布施の書き方とは?

  • お布施の入れ方や包み方とは?

  • 四十九日法要でのお布施の渡し方とは?

  • 葬儀でのお布施の金額の相場はどのくらいなのか?

また「終活ねっと」では僧侶手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

お布施ってなに?

僧侶

まず、今回の記事でも重要なポイントとなるお布施について見ていきましょう。

お布施とは、僧侶の方に葬儀や法要などの際に導師をやってもらったり、お経をあげてもらったりしたことへの謝礼として手渡す金銭のことです。

お布施は、僧侶の方に対するお気持ちということで遺族や檀家の方が金銭を包んで手渡します。
お寺側から見ると、あくまでも読経などに対する対価ではなく、お気持ちやお礼という位置づけであるのも特徴です。

ただしお布施を手渡す際、どのくらいがおおよその相場であるのかについて知りたいという方もいらっしゃると思います。
お布施の相場について知りたいときは、僧侶の方に尋ねてみると教えてくれます。

お布施の書き方

葬儀

それでは次に、お布施の書き方について詳しく見ていきましょう。
ここでは、主に表書きの書き方と中袋の書き方について見ていきます。

お布施の表書きは?

表書きとは、葬儀の香典などで「御霊前」と書くようなものです。
お布施の表書きの書き方は、宗派や宗教によってさまざまです。

それでは、宗教や宗派別の表書きについてみていきましょう。

仏式の場合

仏教のほとんどの宗派では、お布施の表書きとして「お布施」や「御布施」と書くのが一般的です。
仏教ではほかにも「御回向料」や「御経料」、「御礼」といった書き方もあります。

しかし地域やお寺によっては、これらの書き方が仏教の教えからしてふさわしくないということで避けることもあります。
同じ仏教でも場合によって異なりますので、僧侶の方に事前に確認をしておくと無難です

また、表書きに何も書かないまま手渡しをしても大丈夫です。

さらに、戒名をつけていただいた際には「志」や「戒名料」という表書きを記すこともあります。
こちらの表書きについても、地域やお寺によって避けられることがあります。
あわせて事前の確認が必要といえるでしょう。

市販されているお布施専用の封筒の中には、あらかじめ「お布施」や「御布施」などとプリントされたものが売られています。

しかし、僧侶の方に感謝の気持ちを伝えるという意味からも、手書きで記すようにするとよいでしょう。

浄土真宗の場合

仏教の宗派の中でも浄土真宗の場合は、お布施の表書きの書き方は「お布施」と書きます。

しかし浄土真宗では、表書きの書き方で気を付けなければならない点があります。

浄土真宗では、お布施の解釈が他の宗派とは少し異なります。
浄土真宗の教えでは、お布施を寺や僧侶への読経などに対する報酬やお礼とは考えません。
お布施は、阿弥陀如来に対するお礼と考えます。

そのため、浄土真宗の場合の表書きには「回向料」や「御経料」、「志」、「法名(戒名のこと)料」などと書くのはふさわしくないとされますので気を付けましょう

ただし、御車代や御膳料については普通に「御車代」や「御膳料」と記載して構いません。

神道の場合

日本古来の民族宗教である神道でも、お布施はあります。

神道の場合の表書きは「御礼」や「御祭祀料」が一般的です。
お布施の意味は一般的な仏教と同じように、神道式の葬儀(神葬祭)の進行や祝詞を読んだ神職の方に対するお礼の気持ちを表します。

キリスト教の場合

キリスト教でもお布施に該当するものはあります。
キリスト教の場合の表書きは「御礼」や「御ミサ料」(カトリックのみ)、「献金」、「記念献金」などが挙げられます。

なお、キリスト教の宗派は大きく分けてカトリックとプロテスタントがあります。

宗派によっては、ふさわしくない表書きもあります。
例えば、プロテスタントの牧師に対する「御ミサ料」は使用してはいけません
キリスト教の場合の表書きには、特に注意が必要です。

お布施の中袋には何を書くの?

ご祝儀袋や香典袋に中袋が存在するのと同じように、お布施にも中袋があります。

お布施も中袋にお金を入れた後、奉書紙などで包んで手渡すのが一般的です
なお、お布施の中袋には住所や氏名、金額を書きます。

金額の数字の書き方は?

中袋への金額の書き方は、一般的に金額を書く時とは少し異なります。
縦書きで書く場合は、漢数字の旧字体を用いて「金〇〇圓也」というように書きます。

簡単な文字を使用しないのは、後で金額の表記が改ざんされるのを防ぐための工夫です。
例えば5千円の場合は、「金伍阡圓也」のようになります。

なお「也」は「端数はないです」という意味合いでつけられますが、つけなくても大丈夫です

そのほかの金額については、以下のように書きます。

  • 1万円→「金壱萬圓也」

  • 1万5千円→「金壱萬伍仟圓也」

  • 3万円→「金参萬圓也」

  • 5万円→「金伍萬圓也」

  • 10万円→「金壱拾萬圓也」

喪主の名前を書くの?

お布施を手渡す際の名前については、基本的には「〇〇家」と記載します。
もちろん、家名に代えて喪主の名前(フルネーム)を記載しても大丈夫です。

名前を書くときは、郵便番号や住所、電話番号も一緒に書いておくとより丁寧です
電話番号などを記しておけば、何かあった場合に僧侶の方から喪主の方へ連絡することもできます。

連名の場合はどうする?

お寺との関係から、どうしても連名で書きたいということもあるでしょう。

連名で書く場合は、住所と氏名、そしてそれぞれで包む金額を別々に記載します
なお、連名される方が妻の場合は下の名前を記載するだけで大丈夫です。

会社名を書くことも

企業が主催となって社葬を行った場合、企業側が僧侶の方にお布施を手渡すということもあるでしょう。
会社からお布施を渡す場合は、基本的には会社名やその企業の代表として代表取締役などの名前を記載します。

なお、役員が連名で出す際に人数が多い(4人以上)の場合もあります。
複数人で出す場合は、中袋の中に住所と氏名包んだ金額を記した目録を別紙として同封します。

中袋なしの場合は裏面に書く

お布施用の袋に中袋がついていないということも少なくありません。

中袋が無い場合は、封筒の裏面の左側に住所と家名(もしくは喪主の氏名)を書きます。
また、お布施として包んだ金額も漢数字の旧字体を用いて一緒に書きます。

薄墨で書くの?

お布施の書き方は、香典の書き方とよく似ています。
そのため、香典と同じように薄墨を使うのがマナーだと考える方も多いのではないでしょうか?

実はお布施を書く場合は、薄墨ではなく普通の黒い墨などを使います。
香典で薄墨を使うのは、故人が亡くなったことへの悲しみの気持ちを伝える目的があるからです。

お布施を渡すのは、僧侶の方への感謝の気持ちがあるからです。
お布施を手渡す相手であるお寺の方に悲しいことがあったわけではないため、薄墨を使う必要はありません

お布施の入れ方・包み方

葬儀

お布施の書き方について、ここまで見てきました。
次に、お布施の入れ方や包み方についても簡単に見ておきましょう。

お布施の中に包むお金については、可能な限り新札を用意しましょう。
お布施に新札を使うのは、僧侶の方へのお礼の気持ちを示すための配慮です。

なお、新札は銀行の窓口に申し出れば両替してもらうことができます。
お布施を用意するときには、事前に余裕のあるうちに新札を準備しておくのがよいでしょう。

実際にお金を入れる際には、お札の肖像が印刷されている側が表面に来るようにします
また、肖像が封筒の口に近いところ(上側)になるように入れます。

上包みは必要?

お布施に上包み(奉書紙)はあってもなくても大丈夫ですが、地域などの慣習で必要な場合は用意しましょう

上包みを使う際の包み方については、特に悲しいことがあったわけではないので、上側の折り返しに下側をかぶせるという方法をとります

四十九日法要でのお布施の渡し方

仏壇

四十九日法要は、仏教では故人が成仏し喪が明ける節目に行われる重要な法要です。
ここでは、四十九日法要の際のお布施の渡し方について見ていきましょう。

お盆に載せて渡す

お布施を渡す際、そのまま手渡しするのはマナーに反します。
お布施はお盆などに載せたうえで手渡すのが一般的です。

ちなみに手渡すタイミングは、法要が始まる前の僧侶の方に挨拶できる時が望ましいです
挨拶の際には、一言感謝の言葉を添えるとよいでしょう。

袱紗に包んで渡す

お盆にお布施の入った封筒を載せるにしても、封筒や奉書紙が丸見えの状態ではなく[emp1]袱紗と呼ばれる包みに包んだ状態[/emp1]で渡します。

袱紗はもともと、進物を進呈する際に使われていたものです。
現在では冠婚葬祭でご祝儀や香典、お布施などを渡す際に使われます。
袱紗は多くの場面で使用されるため、冠婚葬祭用に一つ用意しておくとよいでしょう。

なお、袱紗についてより詳しく知りたいという方は以下のサイトをご覧ください。

葬儀でのお布施の金額相場

お金

最後に、お布施として包む金額の一般的な相場についても簡単に触れておきましょう。

葬儀の場合であれば、お布施の相場は20万円~40万円ほどになります。
相場には地域によって差がありますので、お寺や地域の方に事前によく確認しておくとよいでしょう。

法事のお布施の書き方についてまとめ

葬儀

お寺などとの付き合いの中で不可欠なお布施の書き方について見てきました。
いかがでしたでしょうか?

今回の内容をまとめますと、以下のようになります。

  • お布施とは、葬儀やお墓関係などで読経などをした僧侶の方への感謝の気持ちに手渡す金銭のことである。

  • お布施の表書きの書き方は、宗教や宗派によって異なる。仏式の場合は「お布施」もしくは「御布施」と書くか、白紙のまま手渡すのが一般的である。神道の場合は「御礼」や「御祭祀料」、キリスト教の場合は「御礼」や「献金」といった書き方をする。

  • 中袋の書き方は、表側の真ん中に漢数字の旧字体で「金〇〇圓也」と書き、裏側に住所と氏名などを記載する。金額は漢数字の旧字体を使って書く。書くときは薄墨ではなく普通の黒の墨などを使う。

  • お布施には、お札は可能な限り新札を用意する。お札の肖像の方が封筒の表側になるようにしつつ、袋の口側(上側)に肖像が来るように入れる。

  • 四十九日法要でお布施を渡す場合は、お盆などに載せて手渡すのがマナーとされている。さらに封筒や上包みが見えた状態ではなく、袱紗に包んだ形にする。

  • 葬儀でのお布施の金額の一般的な相場は20万円~40万円とされているが、地域によって差がある。

先祖代々からの付き合いや葬儀の後の付き合いなど、お寺との付き合いは一般的には非常に長くなります。
世代を超えることも多いため、終活の一環としてご自身でお布施の書き方を学んだり子供に教えておくとよいでしょう。

特に寺院墓地にお墓を持つことになった場合でも、檀家としてお布施を僧侶の方に手渡す機会も多くなります。
檀家として先祖代々のお墓の管理をされている方は、終活の中でお墓やお布施のことを考えるとともに、お布施の書き方に慣れておくというのも良いのではないでしょうか。

「終活ねっと」では、他にも終活に関するさまざまな記事を掲載してます。
ぜひ他の記事もあわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事