2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

2019年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

2019-09-04

2019年(令和元年)のお盆・お盆休みはいつ?

お盆休みは8月に取ることが全国的には一般的となっており、8/13日〜8/16日までの一般的なお盆休みを取れば9連休になります

2019年(令和元年)の旧のお盆は、8/13日〜8/16日で8/13日が迎え火で8/16日が送り火となっています。

下のカレンダーに緑色で示している日にちが大型9連休のお盆休み期間となります。

2019年の新のお盆:7/13~7/16

東京などの一部の地域には7月にお盆を行う地域があります。
正確な数値はわかりませんが、半分ほどの地域が7月にお盆を行っているようです。
具体的には2019年の東京のお盆は、7月13日が盆の入りで盆明けが16日となります。

お盆はいつからいつまで? 

人々

夏になると何かと会話に出てくるのがお盆です。
普通の会社員であれば、年に2回取れる長期休暇のうちの一つがお盆休みです。
しかしなぜお盆という時期に休みがあるのか、またお盆とは何かご存知でしょうか。

お盆休みは毎年8月の中旬頃になるところが多いと思いますが、実はお盆がいつからいつまでかは地域によって違います。
どの地域がいつお盆となるのか、またお盆の期間には何をするのか、などの疑問について解説いたします。

今回終活ねっとではお盆はいつからいつまでなのか、

  • お盆とは

  • お盆がいつからいつまでか地域による違い

  • お盆の準備

  • お盆のお供え物

以上の順で説明していきます。
お盆のお供え物についてもご紹介しているので、ぜひ最後までお読みください。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

2019年のお盆・お盆休みについて知りたい方は下記の記事をご覧ください。

お盆とは

人々

お盆とは、亡くなった先祖の方々を供養する行事の一つです。
仏教の多くの宗派では、先祖の霊がお盆には帰ってくるとされています。
そのため、ご先祖のお迎えとお送り、滞在する期間のおもてなしなどを行います。

お盆の考え方は苦しんでいる人を救った仏教の伝説が基となっていますが、日本に元々あった祖先信仰と結びつき現在の形となりました。
江戸時代頃までは上流階級の世界でのみ行われていましたが、それからは市民にも普及してきました。
今では、多くの家庭で

お盆がいつからいつまでか地域による違い

人々

本題であるお盆がいつからいつまでかについてです。

一般に想像される8月の中旬以外にもお盆は行われています。
ここでは旧盆・新盆・月遅れの盆に分けて、お盆がいつからいつまでかの地域による違いを解説していきます。

関東地方では主に新盆

関東地方には全国から人が集まっていますが、そのような地域におけるお盆はいつからいつまでかご存知でしょうか。

東京などの関東地方では、新暦の7月13日〜16日となっています。
つまり現代の暦での7月です。
7月15日の前後の土日などには花火大会や夏祭りが開催されています。

7月の13日の夕方には商店街などで火を焚き、迎え火をしている光景が見られることがあります。

一ヶ月遅れのお盆

関東地方以外の場所ではお盆はいつからいつまで行うのでしょうか。

他の地域では主に8月13日〜16日に行われることが多いです。
本来は7月でしたが、7月は農作物の収穫の時期と重なるため一ヶ月遅らせた月遅れのお盆となりました。

今はこの期間にお盆を行う地域がほとんどです。
そのため、多くのお盆休みと呼ばれる交通機関が混雑する期間は8月なのです。

沖縄地方では主に旧盆

日本の暦は明治大に旧暦から新暦に移り変わったため、それまでの旧暦を採用している地域と新暦を採用している地域があります。
それがお盆に如実に反映されているのです。

旧盆とは旧暦における7月13日〜16日を指します。
旧暦は1年の期間が違うので、新暦に当てはめると毎年時期が変わります。

沖縄では特に本州とは変わったお盆の迎え方をします。
沖縄ならではの食べ物をお供えしたり、エイサーを踊ったりするのもお盆です。

2019年のお盆は9連休!?

お盆の期間は先に述べた通り8月13日~16日の4日間ですが、2019年のお盆は、休日や祝日の影響で最大9連休となります。
というのも、10日~12日は休日と祝日、13日~16日はお盆期間、17日・18日もまた休日となるからです。

お盆の準備

人々

お盆がいつからいつまでなのか解説してきました。
ご自宅の地域のお盆の時期を確認してからお盆を迎えましょう。

以下では、お盆を迎えるにあたってどのような準備をするべきなのかまとめました。
きちんとお盆を迎えたい方はチェックしてから迎えるようにしてください。

  • 精霊馬

    なすときゅうりに棒を刺したものです。
    先祖の霊が行き来するための乗り物となります。

  • 供え花

    仏花を供えます。

  • 食べ物のお供え

    仏壇に毎食供え、一緒に頂きます。

  • お墓参り

    先祖の霊を迎えにいくためにお墓を綺麗にします。

欠如してはならないということではありませんが、それぞれ意味がありますので、故人への気持ちを表すために準備をしっかりとした方が良いでしょう。

お盆に準備することについて詳しく知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

お盆のお供え物

人々

お盆にお供えするものの代表例は五供(ごくう・ごく)です。
五供とは、香・花・燭台・水・飲食を指し、仏事では欠かせないお供え物となっています。

逆に、迷った場合にはこの五供の中から選べば無難です。
他には個包装で日持ちのするお菓子や故人の好きだったものが挙げられます。

お盆のお供え物について詳しく知りたいという方は以下の記事も合わせてご覧ください。

お盆供養に参列する際のマナー

葬儀

お盆に参列するにあたって、服装や香典などのマナーについて解説していきます。

お盆での服装は?

お盆での服装は基本的に喪服とされていますが、平服でも構わない場合もあります。
ちゃんと確認をとるようにしましょう。

服装についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

香典の書き方・金額相場は?

香典の表書きは基本的に「御仏前」が使われます。
神式の場合は「御神前」が一般的です。

香典の金額相場は3千円・5千円・1万円が一般的です。

香典についてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。

お盆で渡すお布施の相場は?

お盆で棚経を上げて頂く場合は、僧侶の方にお布施をお渡しします。
お布施の表書きは「お布施」と書くのが一般的です。

お布施について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

お盆はいつからいつまで?まとめ

人々

いかがでしょうか。
今回終活ねっとではお盆はいつからいつまでなのか解説してきました。
以下、まとめとなります。

  • お盆がいつからいつまでかは地域によって異なり、主に関東では新盆の7月13日〜16日、一般的には月遅れの8月13日〜16日、沖縄では旧盆の7月13日〜16日である

  • 主なお盆の準備としては、精霊馬・供え花・お膳・お墓参りなどがある

  • お盆のお供え物としては、五供が代表的である
    それらは香・花・燭台・水・飲食である

お盆がいつからいつまでかは地域によって異なることを説明してきましたが、より細分化すると上記の時期に当てはまらないこともあります。
間違いではありませんが、家のしきたりなどわからないことがあればお寺やご両親などに聞くのが最善でしょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。

「お盆・いつから・いつまで」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料