神棚の「雲」の意味は?意味/種類/貼り方/交換時期について解説!

神棚の「雲」の意味は?意味/種類/貼り方/交換時期について解説!

神棚があるお宅の天井には、たまに「雲」と書かれた紙が貼ってある事がありますよね。この「雲」の字にはどんな意味があり、何故貼ってあるのかご存じでしょうか。今回は神棚の真上に貼ってある「雲」の字の意味について解説し、「雲」の貼り方や種類についてもご紹介いたします。

2019-11-05

神棚の「雲」の意味について

神棚

神棚があるお宅の天井には、たまに「雲」と書かれた紙が貼ってある事がありますよね。
この「雲」の字にはどんな意味があり、何故貼ってあるのかはご存じでしょうか。

今回終活ねっとでは、神棚の真上の天井に貼ってある「雲」の字について解説し、「雲」の張り方や種類についてもご紹介していきます。

  • そもそも神棚とは?

  • 神棚の上に貼る「雲」の意味って何?

  • 神棚の上の「雲」にも種類がある?

  • 「雲」はどのような方法で用意するの?

  • 「雲」の正しい貼り方ってどうするの?

  • 神棚の上の紙、「雲」以外にもある?

以上の項目を軸に解説していきます。
家に神棚があるという方は、この記事をご覧になった後、ぜひご確認してみて下さい。

また終活ねっとではお坊さん手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

神棚とは?

神社

まず、神棚についてご説明いたします。

神棚とは、神道の神様を祀るための小さな祭壇の事です。

神道とは日本古来の宗教の一つで、自然物や自然現象などを信仰しております。
神道で一番偉い神様と言われているのが、「天照大御神(アマテラスオオミカミ)」と言われる太陽の神様です。
これを祀っているのが、三重県にある伊勢神宮です。

江戸時代中期、「御師」と言われる人々が現れ、各地で伊勢神宮のご利益を説いて回りました。
そして彼らは「御神札」というお札を持っており、人々に配り歩いていました。

神棚とは、この御神札を大切に保管するためにできたものだとされております。

現代でも、神棚の中には各地の神社からいただいたお札が入っており、これを大切に祀るのが神棚の役割となっています。

また、神棚には正しい向きや避けるべき場所が存在します。
確認しておきたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

神棚の「雲」の意味とは?

困った人々

次に、神棚の天井に貼ってある「雲」の意味について解説していきます。

どんな意味があって、どのような時に使う物なのか、順に見ていきましょう。

どんな意味?

神棚の上の天井を確認すると、筆文字で大きく「雲」と書かれていますよね。
実はこれ、正式には雲切(くもきり)という名前がついています。

では、この雲切にはどんな意味があるのでしょう。

実は雲切の「雲」はそのまま「雲」という意味です。
これを貼る事によって、この上には何もないということを表しております。

どんな場合に必要?

雲切はどのような場合に必要なのでしょうか?
それは、神棚の上を人が通る時です。

実は雲切の習慣が出来たのは、意外にも新しいです。
このような習慣が始まったのは、昔と今の建物の違いからだと言われております。

詳しく説明すると、昔の建物では平屋建てが主だったのですが、現代では2階以上の建物が増え、神棚の上を人が行き交うのが普通になったのです。

しかし、これはとても失礼な行為に当たります。
神棚の上を歩いたり物を置いたりするのは、神様を踏みつける事と同じだとされているのです。

そして、このような行為を防ぐため、雲切が必要になってくるのです。
雲切は天井に貼る事で「この空間は雲しかありませんよ」という事を表しています。

つまり雲切とは、「この上には何もありません。
2階はありません」という事を表す時に使う、便利な道具なのです。

よって、神棚があるからという理由で、平屋建てにわざわざ引っ越ししたりといった事はしなくても良いのです。

「雲」にも種類がある?

神棚

実は雲切の「雲」には種類がある事を知っていますか。
以下で順に見ていきます。

雲字

雲字とは雲という漢字が書かれた紙を指します。
先ほど説明に上がっていた「天井に貼り付ける雲切」はこの雲字の事です。

ちなみに雲字には、木の板の物もあります。

一般的には四角の板に筆文字で書かれた雲字を指しますが、神具店(神棚に飾る装飾品のお店)に行けば、「雲」の字をくり抜いた物や、雲の絵を模した物もお買い求め出来ます。

このような雲字も、接着剤などを駆使して天井に貼り付けるタイプです。

雲板

また、雲切の種類は雲字だけでなく雲板もあります。

これは、雲をイメージしたさざ波のような物です。
神棚の棚板上部に固定して使う物で、棚板を購入すると一緒についてきます。

これがあると雲字をわざわざ購入する必要が無くなるので、一度雲板がついているか確認してみましょう。

「雲」はどうやって用意する?

神棚

次に、雲切はどうやって用意するのか説明していきます。

用意のしやすさで言ったら、金額的にもお手軽さ的にも雲字を考えるのが良いでしょう。
以下では、雲字を用意する場合に限ってご紹介いたしましょう。

手書きで大丈夫

実は、雲切は手書きでも大丈夫です。

手書きする時は和紙や半紙を用意し、毛筆を使って一筆書くのが丁寧で良いでしょう。

しかし、毛筆で書くのが不安な人もいらっしゃるかと思います。
そんな時は、マジックを使って書くのもまったく問題ありません

またこの際、字の上手い人に思い切って頼んでしまうのも大丈夫です。

神社に依頼する

また、神社に雲字の依頼をする事も出来ます

神社では雲字の依頼も受け付けており、墨字で書くのが不安な場合は依頼される方も多いです。
また、宮司様に書いていただいた雲字なら、どこか霊験あらたかな気がしてきますね。

もし雲字を用意する事に決まったら、近くの神社に聞いてみるのも良いかもしれません。

雲字は基本、「雲」と書かれていればどのような物でも構いませんし、ネット通販で注文する事や、パソコンで自作するのも構いません

ですが、やはり神様に敬意を表すために使うので、心を込めて用意しましょう。

雲の正しい貼り方とは?

困った人々

次に、これから雲字を用意する方向けに、正しい貼り方についてをご紹介いたします。

どこに貼るのか、さらに交換時期についてを順にご紹介いたします。

どこに貼る?

雲切を貼るのは、神棚の真上が一般的です。
「雲」が神棚の真上にないと、そもそも貼る意味がなくなってしまいます。

文字の向きはどちらでも構いませんが、あえて挙げるとしたら神棚側から見て読みやすい向きが良いでしょう。
これは、神様に読んでもらう際に読みやすい向きというわけです。

雲切を天井に貼る際に画鋲やセロテープなど、四方を何で留めるかもまた悩みどころですね。
しかし、特にこれといった決まりはありませんので何を使っても構いません。

ただし、賃貸住宅の場合は、雲切を画鋲で留めると天井が傷ついてしまいます。
この時は、天井に跡が残らないタイプの接着剤を使うか、セロテープ、両面テープなどを使うと良いでしょう。

交換時期は?

交換時期もはっきりとした決まりはありません

ただ、雲字は紙の材質が半紙や和紙などに書かれている場合が多いです。
そのため、非常に色あせやすく、しばらく経てばほこりなどもついてくるでしょう。

よって、出来れば1年に一度、長くても2~3年に一度は取り換える事をおすすめします。

では取り換えるタイミングはいつが良いのでしょう。

もちろんいつ取り換えていただいても構いませんが、年末や大掃除の時などに合わせてやってしまうのが一番かもしれません。

雲の代わりの文字も?

葬儀

実は、雲切には「雲」以外の文字もあります。

それは天・空です。
地域によってはこのような文字を使う場合もあります。

どれも「雲」と同じようにこの上には何もありませんよという意味で使われています。

また、仏壇の上にもまったく同じように雲切を貼る習慣があります。

どれを貼るべきかはっきりとした決まりはありませんが、仏壇には「天」「空」、神棚には「雲」というように貼る文字をしっかり決めている地域もあるようです。

もし何を貼るべきか迷ってしまった場合はご家族の方に聞いてみたり、お近くの神社の神主さんに聞いてみるのも良いでしょう。

神棚の上の雲の意味についてまとめ

神棚

いかがでしたか?
今回終活ねっとでは、神棚の上の雲の意味について、以下の解説をしてきました。

  • 神棚とは、神道の神様を祀るための祭壇のこと。

  • 神棚の上に貼ってある「雲」には、雲切という名がある。
    雲切の意味はそのままだが、天井に貼る事で「この空間には雲しかありません」という意味を持つ。
    雲切が必要な場合は、神棚の上を人が通る時で「雲」を貼る事で、「この上は雲しかありません。2階はありません」と見做す事が出来る。

  • 雲切には「雲字」と「雲板」に2種類ある。
    雲字は「雲」と書かれた紙、木の板を指す。
    雲板は雲をイメージしたさざ波のような物で、棚板を購入すると一緒について来る。

  • 雲切を用意する場合は、半紙を用意して自分で手書きしても大丈夫。
    神社に依頼することも出来る。
    神社では雲字の依頼も受け付けているので、自分で書くのが不安な場合は依頼するのも良い。

  • 雲切を貼る時は神棚の真上に。
    文字の向きは、神棚側から見て読みやすい向きにする。

  • 雲切の交換時期も特に決まってはいない。
    ただ、雲字は半紙や和紙で書かれているため、頻繁に交換する必要がある。
    取り換えるタイミングは年末や大掃除の時などが良い。

  • 雲切には「天」「空」もある。
    どの文字も同じ意味で、どれを使っても良いが、地域によってはどれを使うべきか決まっている場合もある。

もし家に神棚がある場合は、そっと天井に「雲」の字が無いか確認してみましょう。

もし「雲」が天井にあり、紙が今にも破れそうなら、手書きでもいいので新しい「雲」に交換してみて下さい。

雲切が綺麗になる事で、見ていてとても気持ちがいいですし、どことなくその場の運気が上がるような気がしてきます。

終活ねっとでは、他にも神棚に関する記事を数多く掲載しています。
以下の記事では、神棚に必要不可欠なお供え物について選び方や配置を解説しているので、ぜひ参考にしてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

「神棚・雲・意味」に関連する記事

  • 真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?のサムネイル画像
    真言宗の大切なお経【般若心経】の意味とは!?

    ほとんどの宗派で【般若心経】が読まれていますが、真言宗もその一つです。このお経はとても有名で、短くてなじみのあるものですが、この数百数十文字のお経にはどのようなことが書かれ、どんな意味があるのでしょうか?真言宗のことと共に、お経の意味も見てみましょう

  • 3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!のサムネイル画像
    3回忌の引き出物には何を用意すればいいの?のしの書き方も解説!

    3回忌においては、故人にゆかりのある人もたくさんいらっしゃいます。そんな3回忌における引き出物として、何を用意すべきでしょうか?終活ねっとでは今回、3回忌の引き出物についてどのようなものを用意すればよいのか、そして、のしの書き方についても解説していきます。

  • 仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!のサムネイル画像
    仏教で四十九日の法要の意味とは?中陰壇のことまで詳しく解説!

    人が亡くなると節目節目で法要を行います。仏教において、人が亡くなってからの四十九日間の意味は、次の世でどこに行くかが決まる大切な期間とされています。今回は、仏教における四十九日の法要の意味と、その期間に使われる中陰壇について詳しくご紹介します。

  • 地蔵盆で使用する提灯の意味とは?地蔵盆の提灯の由来についても解説のサムネイル画像
    地蔵盆で使用する提灯の意味とは?地蔵盆の提灯の由来についても解説

    地蔵盆という行事をご存知ですか?地蔵盆とは、夏に行われる子供が主役のお祭りです。地蔵盆には子供達の名前が記された提灯が飾られることで有名ですが、この提灯にはきちんとした意味が込められています。この地蔵盆の提灯に込められた意味や由来について紹介します。

  • 三回忌の意味は?法事の内容や命日からの数え方などとあわせて紹介!のサムネイル画像
    三回忌の意味は?法事の内容や命日からの数え方などとあわせて紹介!

    人が亡くなると、法事を続けて行うことになりますが、それぞれの法事にはどんな意味があるのでしょうか?亡くなって2年目なのに三回忌を行います。どうして、2年目なのに三回忌なのでしょう。三回忌の意味や、法事の流れや内容についてもご紹介していきます。

  • 神棚に貼る雲や天の字の意味とは?字の向き/貼り方/書体など解説!のサムネイル画像
    神棚に貼る雲や天の字の意味とは?字の向き/貼り方/書体など解説!

    自宅や会社にある神棚に雲や天の文字を貼ってあることがあります。しかし、その雲や天の字をなぜ貼っているのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?そこで今回は神棚に貼る雲や天の文字の意味や文字の向き・貼り方・書体などについて詳しく紹介していきます。

  • 神棚の飾り方とは?お札の設置/神具の意味/お供えについても解説!のサムネイル画像
    神棚の飾り方とは?お札の設置/神具の意味/お供えについても解説!

    神棚は自宅や会社にあり身近に神様を感じる場所です。しかし実際に神棚についてしっかりとした知識がある人は少ないのではないでしょうか?神棚にお供えする物の飾り方は知っておきたいものです。今回はそんな神棚に飾る御札やお供え物の飾り方を確認していきます。

  • 神棚に飾る葉っぱとは?名前/意味/交換/処分/お供えについて解説のサムネイル画像
    神棚に飾る葉っぱとは?名前/意味/交換/処分/お供えについて解説

    葉っぱのついた植物は、公園や街路樹などさまざまな場所で見ることが出来ます。自宅にある神棚でも葉っぱを飾りますが、どんな植物なのかということを知らない人は多いのではないでしょうか。この記事では神棚に飾る葉っぱについて解説します。

  • 神棚を移動させる際の作法や注意点とは?祝詞/玉串料/吉日も解説!のサムネイル画像
    神棚を移動させる際の作法や注意点とは?祝詞/玉串料/吉日も解説!

    引っ越しの際、必ずしなければいけない神棚の移動。そう何度も移動させる物ではないので、作法なども忘れてしまいがちですよね。また、初めての方もいらっしゃるでしょう。今回は神棚を移動させる際の作法や注意点を解説し、祝詞や玉串料など周辺情報についてもご紹介いたします。

  • 神棚の設置場所はどこが良い?住宅/会社/マンションにわけて解説!のサムネイル画像
    神棚の設置場所はどこが良い?住宅/会社/マンションにわけて解説!

    神棚を設置する際の、適した設置場所がどこかご存知でしょうか。せっかく神棚を設置するのですから、神様を大切にお祀りしたいものです。そこで今回は神棚の設置場所について、一般の住宅と会社や賃貸のマンションに分けて解説していきます。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事

お坊さんの手配に関する
ご相談はこちら

person

法事・法要にお坊さんを手配

お坊さん
assignment

無料資料請求
はこちら

無料資料