三回忌の流れを知ってる?法要の準備から当日の流れまで詳しく説明!

三回忌の流れを知ってる?法要の準備から当日の流れまで詳しく説明!

数ある法事の中でも、三回忌は故人が亡くなって丸2年の節目に迎えるものです。そして三回忌では故人を供養するための法要を行いますが、どのような準備が必要で、当日の流れはどのようなものなのでしょうか。今回は三回忌の準備と当日の流れについて見ていきます。

最終更新日: 2020年09月09日

三回忌の流れについて

葬儀

故人が亡くなった後、残されたご家族やご親族などは、仏教の中で決められた日や年に故人を供養するために法事を行うのが一般的です。
中でも故人が亡くなってからちょうど2年の節目で迎えるのが三回忌ですが、三回忌でも故人をしのんだり供養したりするための法事や葬儀などを行います。

このため施主(喪主)は三回忌が近づくと、三回忌法要の準備を進めていくとともに、当日の流れもきちんと把握する必要が出てくるでしょう。
はたして三回忌法要の準備をどのように進め、また当日はどのような流れで進んでいくのでしょうか。

そこで今回「終活ねっと」では、三回忌で行う法要に向けた準備や法要当日の流れについていろいろと見ていきます。

  • そもそも三回忌とはいったい何なのか?

  • 三回忌に向けた準備とは、具体的にどのようなものなのか?

  • 三回忌当日の流れはどのように進むのか?

  • 三回忌では納骨を行うのか?

  • 三回忌以降はどのような流れで法事を行うのか?

故人の三回忌が近づき、喪主として準備しようとしている方や参列者として当日の流れが気になる方にとって、大変役立つ内容となっています。
ぜひとも最後まで読んでいただければ幸いです。

また「終活ねっと」ではお坊さん手配サービスを運営しています。
お坊さんを安く手配したいという方は、終活ねっとのお坊さんをぜひご利用ください。

三回忌の基礎知識について知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

そもそも三回忌とは?

葬儀

法事関係で良く見聞きする三回忌ですが、一体どのようなものなのかがわからない方もいるでしょう。
最初にここでは、三回忌がどのようなものであるのかについて、簡単にご説明します。

三回忌の数え方は?

三回忌とは、故人が亡くなって丸2年の節目に迎える故人の3度目の命日を指します。
このように説明されると、「なぜ三回忌なのに、迎える時期が故人が亡くなって2年なのか」と不思議に感じる方もいるでしょう。
実は回忌の数え方によって、上記のように故人が亡くなって2年で三回忌ということになります。

回忌の最初が一回忌ですが、一回忌とは故人が実際に亡くなった日そのもののことです。
このため故人が亡くなった日の翌年が二回忌として一周忌、さらに翌年つまり2年後に三回忌を迎えるという流れになります。

三回忌の施主(喪主)は誰が行う?

三回忌では、やはり故人をしのび供養するために法要やお墓参りなどを行うのが一般的です。
法要を行う場合、主催する立場である施主が必要となりますが、具体的に誰が担当するのでしょうか。

基本的には葬儀で喪主を務めた方が、引き続き法事でも施主を務め、ご遺族の代表として三回忌法要を催すことになります。
具体的にはその家の長男や故人の配偶者などが選ばれますが、長女や次男などが務める場合もあるためにさまざまです。

三回忌のための準備

葬儀

故人の三回忌が近づいてきて、法要を行うことになった場合、どのような準備が必要になってくるのでしょうか。
ここからは三回忌法要の準備を進めていくうえで、こなしていくべき項目を見ていきます。
三回忌法要を施主の立場で準備していく方は、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

日程を決める

三回忌法要の準備を進めるうえで最初に手掛けるべき段取りが、法要の日程を決めることです。
具体的には故人の3度目の命日を迎えるよりも前に、三回忌法要を行うべきとされています。
加えてなるべく多くの方が参列できるように、土日祝日に法要を行うのが望ましいです。

場所を決める

日程が決まったら、次に法要を行う場所も決めます。
法要を行う場所は、ご家庭などによってさまざまですが、特定のお寺の檀家になっている場合は菩提寺の本堂で行うのが一般的です。
ほかにも施主のご自宅や街中の斎場、霊園の法要室で行うなどいろいろな選択肢があります。

なお日程や場所が決まったら、僧侶に連絡して日程調整をし、正式な日程と場所を確定させます。
特に菩提寺の檀家になっている方は、なるべく早く菩提寺に連絡して住職と打ち合わせをした方が良いでしょう。

仮に菩提寺の僧侶と日程が合わなかった場合は、菩提寺に別のお寺や僧侶を紹介してもらう必要があるためです。
菩提寺がない場合は、葬儀でお世話になった葬儀社やお坊さん派遣サービス、僧侶などに相談すると良いでしょう。

案内状の手配

三回忌法要の日程と場所が確定したら、法要に参列していただきたい方たちに案内状を発送します。
案内状には、決まった日程と場所で三回忌法要を行う旨を記し、別紙として参列の可否を返信できるように返信はがきも作成することがポイントです。

なお法要後に会食を行う場合や香典が不要な場合、服装は平服で大丈夫なようにしたい場合は、その旨も忘れずに記します。

法要の引き出物の手配

三回忌法要では、基本的に香典を持参する方が多くいます。
このため法要を持参していただいた方に、感謝の気持ちとしてお渡しする引き出物の準備も欠かせません。
なお、引き出物には挨拶状も添えることが大切です。

引き出物は、いただいた香典の半額または3分の1にあたる金額の品物を用意します。
そして品物についても、使えばなくなる消えものを準備するのが一般的です。
これは故人のご不幸がいつまでも続かないようにと願う意味があります。

具体的にはコーヒーやお菓子などの保存が比較的きく食べ物や、洗剤やタオルセットなどの日用品などが定番です。
またカタログギフトや商品券を用意する方も増えていますが、こちらについては年配の方のように抵抗を感じる方もいるため、お渡しする相手を選ぶ必要があります。

お布施の準備

当日法要の場で読経していただく僧侶にお渡しするお布施も必要です。
お布施を準備する際は、相場金額やマナーを知っておくことが欠かせません。

三回忌のお布施の相場金額

三回忌のお布施を包む際に気になる点としてよく挙げられるのが、いくらくらいの金額を包めば良いのかという点です。
寺院や宗派などによってさまざまですが、4万5千円前後が相場とされています。

なお法要を行う場所や、僧侶が会食に参加できるかどうかによっては、お車代と御膳料も必要です。
お車代は僧侶にお寺から来ていただいた場合に交通費としてお渡しするもので、御膳料は僧侶が会食に参加できない場合に代わりにお渡しします。
いずれも5千~1万円程度が相場です。

お坊さん手配サービスならお布施が明確!

僧侶や寺院関係への支払いは、お布施やお車代が不明瞭で高額になりがちです。
しかし僧侶手配サービスなら、お布施が定額でいくらお渡しすれば良いのかと悩む必要がありません。

おすすめは[僧侶サービス名称]

特におすすめなのが終活ねっとのお坊さんです。

全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

終活ねっとのお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

薄墨ではなく濃墨を用いる

お布施を包む封筒には、表書きなどを記すのが作法とされています。
そして表書きなどを書く際、薄墨ではなく濃い墨を使うのが一般的です。

薄墨は葬儀の際に香典袋に表書きなどを書く際に使われますが、それは故人のご不幸を悲しむ意味があるためです。
一方お布施については、お寺にご不幸があったわけではないため、薄墨の代わりに普通の濃い墨を使って良いとされています。

三回忌当日について

お墓

三回忌の準備が終わり当日を迎えた場合、どのような流れで法要を行うのでしょうか。
ここでは三回忌法要当日の流れについて、詳しく見ていきます。

流れ

三回忌法要当日は、法要に加えてお墓参りと会食も行われるのが一般的です。
具体的な流れは、以下のリストでご紹介する通りとなります。

  • 僧侶の入場

    法要で読経を行う僧侶が入場・着席する。

  • 法要の喪主による開始の挨拶

    喪主が参列していただいた感謝などを伝える形で挨拶し、法要が開式となる。

  • 僧侶による読経

    僧侶が故人を供養するためにお経を唱えるため、静かに耳を傾ける。

  • 焼香

    参列者全員で焼香し、喪主・ご遺族・ご親族・その他の参列者の順番で行う。

  • 僧侶による法話

    短時間ながら僧侶が法話を行うが、省略されることもある。

  • 僧侶の退場

    法話を終えた僧侶が退場する。

  • 法要の喪主による終了の挨拶

    喪主が無事に法要が終わったことへの感謝を伝えて閉式となる。

  • お墓参り

    故人の眠るお墓にお墓参りし、全員でお線香をお供えする。

  • 会食

    料理店などに移動して、故人の思い出を語り合いながら食事をする。

三回忌法要にかかる時間は?

三回忌法要当日は、どのくらい時間がかかるのか気になる方もいるでしょう。
法要そのものは、読経と焼香などをまとめて1時間程度で終わります。
しかしその後に行うお墓参りや会食、その他の移動時間まで含めると、全体として4~5時間程度かかるという点は覚えておくと良いでしょう。

三回忌法要の服装は?

三回忌法要に参列する際は、ご遺族も参列者も適切な服装を着用していることが重要です。
ここでは三回忌法要で着用すべき服装を、立場と性別ごとに見ていきます。

遺族側の男性

まずご遺族の男性は、基本的にブラックフォーマルを着用します。
具体的には黒系の上下スーツを着用し、さらにインナーとして白ワイシャツに黒ネクタイを締めたものを着用するのが一般的です。

靴についても光沢が目立たず、素材も動物由来には見えない黒色のものを着用します。
靴下についても黒無地のものを履くのが一般的です。

遺族側の女性

ご遺族の女性についても、ブラックフォーマルを着用するのが一般的です。
具体的には黒のスーツやワンピース、アンサンブルを、インナーには黒のブラウスなどを着用します。

靴については、光沢が目立たず、素材も動物由来には見えない黒色のパンプスを履きます。
ストッキングについても黒無地のものを履きますが、伝線した場合に備えて予備を1足分用意しておくと良いでしょう。

参列者側の男性

参列者の男性は、黒か暗色系のスーツを着用し、インナーについては白ワイシャツを着て黒いネクタイを締めます。
もし平服を指定された場合は、暗色系のものを着用しましょう。
靴や靴下については、男性のご遺族と同じです。

参列者側の女性

参列者の女性は、黒か暗色系のスーツやワンピースを、インナーについては黒や暗色系のブラウスなどを着用します。
平服を指定された場合は、暗色系のものを着用しましょう。
靴やストッキングについては、女性のご遺族と同じです。

三回忌の際に納骨をする?

お墓

ご家庭によっては、三回忌法要の機にご遺骨を納骨しようと考える方もいるでしょう。
よく納骨のタイミングは四十九日や一周忌で行うという方も多いですが、三回忌で行うのは問題ないのでしょうか。

納骨の最適な時期は?

ご遺骨の納骨に最適な時期は、厳密には決まっていないため、ご家庭の都合に合わせて行えば良いといわれています。
しかし一般的には、以下がご遺骨の納骨で最適とされているタイミングです。

  • 四十九日

    故人が成仏するとされている節目だが、生前からお墓がある場合は四十九日に合わせて納骨できる。

  • 百カ日法要

    故人が亡くなった後にお墓を建てた場合、早くて百カ日法要のタイミングで納骨できる。

  • 一周忌

    故人が亡くなってちょうど1年で喪が明けるため、心の整理をつけるという意味でも良い節目とされている。

  • 三回忌

    遅くともこの時期までに納骨すると良いとされるタイミングである。

このように生前にお墓を建てていた場合は四十九日に、没後に新しくお墓を建てた場合は百カ日や一周忌に、遅まきながら納骨したい場合は三回忌が良いタイミングとされています。
このため三回忌でも、納骨のタイミングとしては遅くはないでしょう。

納骨式前に準備すること

もし三回忌に合わせて納骨式も行う場合は、以下のような準備が必要となります。
三回忌法要と納骨式を行う際に、ぜひともお役立てください。

菩提寺や寺院へ連絡

納骨式を行う際は、僧侶に読経してもらう必要があるため、やはり菩提寺などへの連絡が必要です。
三回忌法要の日程・場所を決めて、僧侶との日程を調整する際に一緒に相談すると良いでしょう。

石材店へ連絡

納骨式では実際にご遺骨の納骨も行われますが、特に関東のお墓は納骨室の入口になっている蓋が非常に重いため、石材店の方に作業してもらう方が安全です。
このため石材店に連絡して、納骨作業をお願いすることになります。
日程調整も必要なため、早めに連絡するのがおすすめです。

納骨式の流れ

三回忌に合わせて納骨を行う場合、基本的には以下のような流れで納骨式が行われます。
なお具体的には、法要が終わってお墓参りをするタイミングで納骨する流れです。

  • 喪主(施主)による挨拶

    納骨式に先立って、喪主が法要や納骨式への参加に対して、感謝を伝える形で挨拶する。

  • 納骨

    石材店のスタッフが、ご遺骨の納骨作業を行う。

  • 僧侶による読経と焼香

    僧侶が読経を行い、続けて納骨式への参加者全員が証拠する。

三回忌以降の法事の流れについて

困った人々

無事に三回忌法要が終わった後も、この先に七回忌や十三回忌などさまざまな法要があります。
最後にここでは、三回忌以降の年忌法要や弔い上げについて見ていきましょう。

三回忌以降の年忌法要

三回忌が終わった後に行われる年忌法要は、以下の通りです。
今後故人の供養について考える際、ご参考にしてください。

  • 七回忌

  • 十三回忌

  • 十七回忌

  • 二十三回忌

  • 二十七回忌

  • 三十三回忌

  • 三十七回忌

  • 四十三回忌

  • 四十七回忌

  • 五十回忌

  • 百回忌

以上のように三回忌以降も、何度か年忌法要を行うことになります。
ただし宗派によっては、一部行わない年忌法要もあるため、菩提寺などに確認すると良いでしょう。

法事はいつまで行うべきなの?

上記の一覧表を見ると、まるで年忌法要を永遠に続けるかのように見えますが、法事に終わりはあるのでしょうか。
実は法事には弔い上げと呼ばれる、最後の供養とするタイミングがあります。

一般的には三十三回忌を弔い上げとしますが、宗派により五十回忌や百回忌が弔い上げの場合もありますので、こちらも確認すると良いでしょう。

弔い上げについてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事をご覧ください。

三回忌の流れについてのまとめ

葬儀

今回「終活ねっと」では、三回忌法要の準備や当日の流れについて、いろいろと見てきました。
内容をまとめますと、以下の通りです。

  • 三回忌は故人が亡くなって丸2年で迎える命日で、故人の配偶者や長男などが喪主となって、故人を供養するために法要やお墓参りを行う。

  • 三回忌に向けた準備として、法要の日程・場所の決定や案内状の手配、お寺への相談、引き出物やお布施の準備などが挙げられる。

  • 三回忌当日は、僧侶の読経と焼香を中心に法要を行い、その後お墓参りや会食を行う流れで、黒系か暗色系のフォーマルな服装を着用する。

  • 三回忌の際に納骨を行うことは特に問題ではなく、納骨式の際には僧侶や石材店に相談して準備を進め、当日は納骨と読経、焼香を行う。

  • 三回忌以降も年忌法要は多く行われるが、三十三回忌などで弔い上げとするのが一般的である。

三回忌法要に向けて行う準備は多岐にわたりますが、特に日程と場所の決定やお寺への相談、案内状の手配は早めにしておくと良いでしょう。
また当日は法要に加えて、お墓参りや会食も行うため、そちらも合わせて準備が必要です。

今回の記事で触れた内容を、ぜひとも三回忌法要の準備や主催、参列の際に役立てていただければ幸いです。
「終活ねっと」では、この他にも三回忌に関する記事を数多く記載しているので、ぜひ参考にしてください。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事