四十九日法要にかかる費用はいくら?内訳とその目安を徹底説明!

四十九日法要にかかる費用はいくら?内訳とその目安を徹底説明!

四十九日法要は、葬儀の後におこなわれる法要の中でも、重要な行事なので費用がかかります。四十九日法要に、かかる費用がどのくらいなのか何をすればいいのか、わからないことが多くあります。費用の内訳や、目安がわかれば安心です。そんな、四十九日法要の内訳を説明します。

最終更新日: 2020年03月07日

四十九日法要にかかる費用について

お金

四十九日の法要は、なぜ必要なのかわからないことも多くあります。
また、四十九日の法要には、どんなことにいくらかかるのか不安になる人もいるでしょう。

そこで今回、「終活ねっと」では四十九日の法要の意味や、かかる費用の内訳の全てを説明していきます。

  • 四十九日法要とは?

  • 四十九日法要にかかる費用はどのくらいかかるの?

  • 四十九日法要の流れは

以上の項目について解説していきます。

あらかじめ四十九日法要について知ることで、皆さんが抱える疑問・不安を解消できるかもしれません。
ぜひ、最後までお読みください。

またお坊さんを安く手配したいという方は、「終活ねっと」のお坊さんをぜひご利用ください。

四十九日法要とは

葬儀

四十九日法要は、仏教の法要の中でも重要な法要の1つです。
故人の来世での行き先が決まる日とされ、「満中陰(まんちゅういん)」という言い方をします。
また、四十九日法要をもって忌中明けとなり遺族も普段の生活にもどります。

法要をおこなうことで、故人に徳をあたえ極楽浄土へ行くことができるとされています。

原則として、四十九日法要は故人の命日を1日目として49日目に行うとされていますが、親戚も集まるので、都合のつきにくい平日より49日前の土日に早めて行うケースが増えています。
また、法要のタイミングをずらす場合、早めるのは問題ありませんが、49日後に行うのは良くないとされているので注意が必要です

四十九日法要について詳しく知りたい方は下記の記事をご覧ください。

四十九日法要にかかる費用

困った人々

四十九日法要では、費用はいったいどのくらいかかるのでしょうか?

四十九日を行う際は、僧侶へのお布施・引き出物代・納骨のためのお墓代など、多くの費用がかかります。
そんな、四十九日法要にかかる費用を、内訳も含めてそれぞれ説明していきたいと思います。

本位牌の用意

葬儀が終わってから、四十九日法要までは後飾りの祭壇にて白木の位牌でご供養をします。
しかし、四十九日法要以降は仏壇へ移し本位牌での供養になります。

本位牌は、形や素材など飾りによって金額が大きく異なってきます。
高い物で10万円を超えますが、一般的には2万円~3万円位の位牌が選ばれています。

本位牌は長く使うので、基本的には自分の気に入った位牌を選ぶことが一番良いでしょう
しかし、もし先祖代々の位牌があるのであれば、その素材や大きさが同じものを選ぶようにしましょう。
四十九日法要で本位牌は、開眼供養をおこなうことになります。


「終活ねっと」では、位牌の購入・相談を承っております。
メーカー様より位牌を直接仕入れているため、スピーディーかつ手ごろな価格での販売が可能です。
位牌の購入をご検討中の方、位牌についてなにか疑問がある方は、下記のリンクから気軽にご相談ください。

会場費

自宅で四十九日法要をおこなうときは必要ないのですが、会場を借りるとなると会場費が別途でかかります。

お寺で法要を行う場合は、お気持ち程度の金額で済みます。
しかし、ホテルや祭場などで四十九日法要をするときは、3万円~15万円がかかると言われています。

手頃な金額の会場は、早く予約しないと希望の時間が取れないことが多いです。
四十九日法要の日にちが決まったら早めに会場を探しましょう。

会食費

四十九日法要の会場を決めたら、会食費にあわせて会食のコースを決めます。

だいたい、各法要での一般的な会食代は3千円~5千円が相場です。
最近は法事用にコース料理がいくつか用意されていて、予算と好みに応じて選ぶことができます。

自宅で四十九日法要をするときは、料理以外に多く準備が必要となるので、コース料理を選んで負担を減らすご家庭が多いようす。

お寺への費用・お布施

四十九日法要で一番費用がかかるのが、お寺へ渡すお布施などの費用です。
お寺との日頃の付き合い方、また地域によってお布施の金額が異なります。

お寺へのお布施は、多くの宗派ではこれといった基準はありませんが、葬儀のお布施の10分の1程度が相場とされているところが多いです。
しかし、宗派によってはあらかじめお布施の金額を決めている場合もあるので、よく確認することが大切です。

霊園墓地にお墓がある人は、僧侶派遣サービスなどがあり定額で費用が決められています。
お布施の金額が決まっていると、全体の費用を把握しやすいので便利です。

お布施の相場は?

四十九日法要でのお寺へのお布施の金額相場は、3万円~5万円です。
お寺との付き合い方によっては、もっと高額のお布施をおこなう人もいます。

しかし、お寺とは長い付き合いになりますから、お布施はあまり無理して高額にしない方が良いでしょう。
お布施を贈るうえで一番大切なのは、金額ではなく気持ちです。
お布施を渡す際は、しっかり気持ちを込めて渡しましょう。

僧侶派遣サービスだとお布施が明確!

最近では僧侶派遣サービスを行っている業者も増えてきているため、特に菩提寺がない場合や知り合いの僧侶がいない場合におすすめです。
加えて僧侶派遣サービスではお布施の金額が業者によって決まっているため、いくら包むかについて悩む必要がありません。

なお僧侶派遣サービスを依頼した場合、お布施の金額は4万5千円前後が一般的とされています。

おすすめは「終活ねっと」のお坊さん

特におすすめなのが「終活ねっと」のお坊さんです。

全国どこでも対応してもらえるうえ、いつでもネット経由で依頼することができます。
僧籍の確認を徹底しているところも安心できるところです。
法事・法要の読経で4万5千円からという金額相場の安さもおすすめできるポイントといえるでしょう。

「終活ねっと」のお坊さんを利用したいという方はこちらをご覧ください。

お車代

四十九日法要に、僧侶への送り迎えをする場合は「お車代」は必要ありません。
しかし、僧侶みずから車を運転してくるときは「お車代」が必要です。

お車代の費用は、平均して5千円~1万円程度とされています。

御膳料

「御膳料」は、四十九日法要の後の会食に参加できないときに必要になります。
そのため、会食に参加していただけるときは「御膳料」は必要ありません。

「御膳料」の相場は、実際の食事代金を包めば良いので5千円~1万円が相場です。

御膳料の相場についてさらに詳しく知りたい方は、こちらの記事もご覧ください。

納骨式

四十九日法要では、多くの場合納骨式をおこない遺骨をお墓におさめます。
地方によっては、葬儀の後に納骨をおこなうところもあります。

菩提寺を持っている人はいいのですが、持っていない方は納骨をするときにお墓が必要となり、多くの費用がかかってしまいます。
最近では、散骨や樹木葬などお墓をもってなくても供養できる形態が広がり、お墓を建てる費用を抑えることができます

お墓を購入するときは、費用や遺族・個人の意向をよく考えて決めることが重要です。
また、もし四十九日までにお墓が出来上がっていなければ、百箇日や1周忌にあわせて納骨を行います。

お布施とは別に納骨の費用を用意します、だいたい納骨の費用は3万円~5万円が相場です。

彫刻料

お墓への納骨には、墓石へ新しく亡くなった故人の戒名などの名入れをします。
彫刻料は、墓石や墓誌への名入れをするための費用です。
墓石や墓誌へは、「戒名」「没年月日」「俗名」を刻み、故人の記録とします。

彫刻料の相場は1名2万円ほどですが、石材店や地域により金額が異なることがあります。
また、墓石や墓誌を建てる前に名入れをするときは半額程度に済むことがあります
墓石などに刻むときは、建っている状態では彫刻しにくいために金額が高くなります。

卒塔婆供養料

卒塔婆の供養料は1枚3千円ほどですが、宗派によって金額が異なります。
また、地域によっては卒塔婆の供養費が1枚4千円のところもあります。

卒塔婆に関しては、各お寺で供養料が決まっていますので問い合わせください。

お墓代

菩提寺が決まっていて、先祖代々のお墓がある人はそのお墓に入れます。
しかし、お墓がない人は新しく購入しなければいけません。
自分で好きな霊園や、お寺を選ぶことができますが高額な金額がかかります。

お墓を購入するときにかかる費用として、「永代使用料」、「墓石代」などが必要です。
「永代使用料」は、お寺にたいして永代にその土地を使用するための代金になります。
「墓石代」は、お墓にかかわる一式の費用となりますが、他に「管理費」も必要です。

お墓の購入代金の相場は、石の種類や大きさにもよりますが、百万円以上の金額がかかります。
また、「永代使用料」も地域や寺院の格も関係し金額がそれぞれ違ってきます。

最近では、多様な考え方から共同墓地を選択する人も多いです。

開眼法要料

お墓が完成したら、そのまま納骨できる、というわけではありません。
お墓を購入したあとは、僧侶を招いて読経してもらうことで、はじめて供養する対象となります。
このようにお墓を供養する対象にする作業を、開眼供養といいます。

開眼供養料は3万円が相場で、四十九日法要と共に行う場合が多いです。
納骨は、四十九日法要の後に開眼供養をして納骨の順におこないます。

法要とは別に開眼供養をおこなうときは、供養のためのお供えも必要となってきます。

一般的に、法要と合わせてお墓を建てるのが、より費用がかからないとされています。

納骨費の負担を減らすには

一般的に、納骨には納骨費がかかります。
納骨費は、およそ3万円ほどが相場です。
しかし、開眼供養と納骨も一緒であれば納骨料は必要ありません。

お墓を建てたり開眼供養をしたり納骨までするとなると、かなりの負担になります。
四十九日法要で納骨をおこなう地域が多いので、同日におこなうことで負担を減らせます。

引き出物代

四十九日法要をおこなったときには、引き出物も用意します。
法要に参列する人は、皆さん香典を持参してきます。
そのため、引き出物は法要への参列に際してお礼や感謝の意味で送ります。

四十九日法要での、引き出物の相場は3千円~5千円ほどです。

自宅の場合仏具の費用がかかる

自宅で四十九日法要をおこなうときは、仏壇や家の掃除が必要です。

また、僧侶を招いての法事なので、焼香セットを用意する必要もあります。
焼香セットとは、法要の際に参列した人達がまわして焼香するための法具です。
香炉(こうろ)、香木(こうぼく)、香合(こうごう)が焼香セットとなります。

一般的に、法要を自宅でおこなうときは、用意しなくても僧侶が持参してくれます。

相続税から控除できる?

実は葬儀にかかった費用は、相続税から控除できます。
それでは法要の費用はどうでしょうか?

四十九日法要で控除できる費用は、納骨に関する費用のみが控除になります。
納骨は葬儀の行為とみなされて、相続税からの控除ができるそうです。


相続税については、細かい規定が多く、分かりにくく感じる方も多いのではないでしょうか。
「終活ねっと」には相続に関する無料ご相談窓口があります。
提携している相続診断士やファイナンシャルプランナーが遺言や生前対策など相続全般に関するご相談を伺います。
ご相談は初回無料ですので、些細な疑問でも下記のリンクから気軽にご相談ください。

四十九日法要の流れ

葬儀

実際に四十九日法要を、どこでおこなっても費用もふくめてたいへんです。
自宅でおこなったら、法要までに家の片付けや掃除にと忙しくなります。
また、お寺でおこなえば、費用も少なくおさえられます。

そんな、四十九日法要の流れをご説明します。

  • 僧侶入場・着席

    僧侶が入場・着席される前に席についてお待ちします。

  • 喪主(司会)の挨拶

    お寺の場合は、僧侶が祭場では司会者がおこないます。

  • 僧侶の読経

    僧侶による四十九日の読経がおこなわれます。

  • 参列者の焼香

    回し焼香が一般的ですが、お寺では焼香台までいって焼香します。

  • 僧侶のご法話

    四十九日法要の説明などご法話がおこなわれます。

  • 喪主の挨拶(以後の流れの説明)

    法要後におこなわれる、納骨式や会食の挨拶また参列への感謝の言葉。

  • 納骨式・お墓参り

    順番で焼香をおこないます。

  • 会食の冒頭・献杯

    会食の会場にて冒頭に献杯をおこないます。

  • 会食(お斎)

    精進落としをいただきます。

  • 僧侶退席

    僧侶を見送ります。

以下の記事では、四十九日法要当日の詳しい流れと所要時間について解説しています。
興味のある方は、ぜひこちらもご覧ください。

四十九日法要にかかる費用まとめ

お金

いかがでしたか。
今回「終活ねっと」では、四十九日法要の費用について下記のことを解説してきました。

  • 四十九日法要とは、亡くなった人が来世どこにいくのか審判がおりる日でした。
    また、納骨をおこなう重要な法要です。

  • 四十九日法要にかかる費用は、お布施や会食などの他に本位牌も作るので、以外と出費があります。

  • 四十九日法要の流れとして、法要から納骨そして会食までをリストにして説明しました。

四十九日法要は遺族にとって、費用もかかるけれどもあれこれと準備することが多く大変です。
しかし、四十九日法要はとても大切なものです。
ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

「終活ねっと」では、四十九日前の宗派ごとの準備についても解説しています。
ぜひこちらもご覧ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • 2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?のサムネイル画像 1
    2020年お盆の期間はいつからいつまで、来年のお盆休みは?

    お盆の時期は正しくはいつからいつまでなのかご存知でしょうか。実は日本全国で一律なわけではなく、地域によってお盆を迎える時期に違いがあります。お盆がいつからいつまでなのか、その理由や、お盆がどのような行事なのかについても解説していますので、どうぞご覧ください。

  • 2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?のサムネイル画像 2
    2020年のお盆はいつからいつ?東京のお盆休みは違う日なの?

    お盆というと8月の中旬というイメージが強いですが、関東の一部など7月の中旬にお盆を行う地域もあることをご存知ですか?特に東京では7月13日~16日にお盆を行うお宅が多いです。今回は東京のお盆に焦点をあて、お盆の過ごし方や穴場スポットなどもご紹介いたします。

  • 僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっとのサムネイル画像 3
    僧侶派遣サービスの費用・口コミを一括比較!お坊さん手配は終活ねっと

    近年では特定の職業の方を必要に応じて派遣できる派遣サービスが発達しています。そして、中にはお坊さんの派遣サービスというのもあり、最近でもAmazonなどが手がけていることで話題です。お坊さん派遣サービスとは一体どのようなものか、業界各社の比較をご紹介します。

  • 四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!のサムネイル画像 4
    四十九日の香典の金額相場っていくら?香典のマナー・書き方も解説!

    四十九日法要が行われる際には、香典を準備する必要がありますよね。では、四十九日法要に包む香典の金額の相場とはいくらなのでしょうか?今回は、四十九日の香典の相場についてと、香典のマナーから書き方まで解説したいと思います。ぜひ最後までご覧ください。

  • 一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介しますのサムネイル画像 5
    一周忌のお悔やみの手紙の書き方について、例文やマナーを紹介します

    お世話になった方の一周忌などの法事に参列できないときは、お悔やみの手紙に香典を添えて送ります。いざという時に慌てないよう、例文があると心強いですよね。そこで今回の終活ねっとでは、例文をご紹介しながら、一周忌のお悔やみの手紙について解説いたします。

  • 33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説のサムネイル画像 6
    33回忌法要への香典の金額はいくら?香典の書き方や水引きも解説

    年忌法要はお住いの地域や宗旨により方法はそれぞれ異なりますが、33回忌の法要は節目に当たる大きな法要ですよね。法要の際、恥をかかないように基本的な香典マナーはきちんと知っておきたいものです。この記事では、33回忌の香典の相場やマナーについて説明していきます。

  • 13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介しますのサムネイル画像 7
    13回忌の香典の金額相場はいくら?故人との関係別に紹介します

    13回忌法要に参列するにあたり、香典はどのくらい包めばいいんだろうと悩んでいる方はいませんか?久しぶりに親族が一同に会する中で、香典のマナーを知らないことで恥をかきたくないですよね。今回は、13回忌法要における香典の金額相場について詳しく説明します。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事