お墓の正しい洗浄方法を知ってますか?便利なグッズなども紹介します

お墓を持っていても、めったに行くことができない距離だとか、仕事の都合でお盆や正月ぐらいにしか行くことができない方には、放置しているお墓洗浄のことがとても気になります。お墓の普段の洗浄方法や必要な道具、放置してしまった時にも助けてくれる専門の会社をご紹介します。

目次

  1. お墓の洗浄方法について
  2. お墓の洗浄の流れ
  3. お墓の洗浄において注意すべきポイント
  4. お墓を洗浄するときに持って行くべきもの
  5. 便利なお墓洗浄グッズご紹介
  6. お墓のクリーニング代行とは?
  7. お墓クリーニング代行の費用相場
  8. お墓の洗浄方法についてまとめ

お墓の洗浄方法について

お墓

日本の四季はとても綺麗です。
その分、お墓には春のお彼岸から秋のお彼岸の時期には雑草が生い茂り、日照時間が少ない冬にはコケが生えやすくなり、お墓の洗浄を定期的にしていないと、あっという間に手が付けられない状況になります。

一方で、亡くなられた方のためにもお墓は常にきれいな状態にしておきたいですよね。
では、お墓の洗浄方法や準備すべき物などご存知でしょうか?

今回終活ねっとの記事では

  • 基本的なお墓の洗浄、お手入れの流れ
  • お墓の洗浄を自分達で行う際の注意点は何?
  • お墓を洗浄に行く際の持参すると良いものとは?
  • 市販のお墓洗浄便利グッズ
  • お墓クリーニング代行サービスのご紹介
  • お墓クリーイング代行を依頼する際の費用とは?

についてご説明していきます。

お墓参りの際に必ず行うお墓の洗浄について、普段から行えることや困った時のサービスなどがわかる内容になっています。
この記事を読んでお墓掃除に役立てていただければ幸いです。

ぜひ最後までお読みください。

お墓の洗浄の流れ

お墓

まず、一般的な墓石やお墓の洗浄の流れを紹介します。

無理のないように進めることが長続きする秘訣です。
忘れがちな花立の中の掃除方法など、知っておいて良かったと思うポイントもご紹介します。

雑草や落ち葉の清掃

除草や落ち葉の収集はお墓に到着したら最初に行います。
あとから土のものを触ると洗浄で濡れた墓石に土埃や枯葉がついてしまいますし、雑草で荒れ果てた中で墓石に手を伸ばすのは難しいこともあります。
ぜひ、最初に行いましょう。

とはいっても、久しぶりに訪れたお墓が雑草だらけになっていたなんてこともあるでしょう。
狭い墓地区画でかがみながら草を取る作業はなかなかの重労働なので、雑草の生え方が尋常でない時はお墓の洗浄はあきらめ、その日は雑草取りだけに専念することも大切です。
無理はしないようにしましょう。

墓石を水洗いする

普段のお手入れの際は、洗剤をできるだけ使わず墓石を水洗いしましょう。
水だけで十分綺麗になります。

ただし、墓石に水をかけるだけではなく持参したスポンジで周囲をこすりましょう。
墓地にはタワシが置いてあることがあり、ついタワシで磨くものだと思ってしまいがちですが、タワシはできる限り使わないようにしてください。
タワシに関して詳しくは下の見出しで紹介します。

よほど汚れが強烈なところ以外は基本的にはスポンジで行いましょう。

しつこい汚れには墓石用の洗剤を使う

毎日、外で雨風に耐えている墓石はかなり汚れています。
上から下に汚れを落として洗っていきましょう。

先ほど洗剤は必要ないと述べましたが例外はあります。
普段の墓石のお手入れが相当できていない場合には洗剤が必要になることがあります。
水アカ、コケ、白カビなどそれぞれ洗剤によって汚れの取れ具合が変わります。
迷う場合には墓石用の洗剤を使うと良いでしょう。

身近な洗剤で部分的に強力な汚れを落としたい場合だけに限りますが、塩素系洗剤を薄くスポンジに湿らせて優しくなでるように洗っても良いです。

ただし、塩素系洗剤は注意が必要なので下の記事で詳しく説明します。
余程でない限り塩素系洗剤は使わないでください
そして必ず水でしっかり洗剤を落としてください。

小物類を洗浄する

墓石に目が行き、小物類はつい忘れがちで後回しになってしまいますが、小物類が綺麗になると全体として美しさが増し、気分も爽快になります。
無理は禁物ですが、亡くなられた方のためにもできる限り洗浄するようにしましょう。

水鉢

毎日取り換えなかった水鉢はコケが生えやすく、水アカも強力についています。
お墓の中心など目につく場所に配置する為、綺麗な状態にしておきたいです。
スポンジでしっかりこすって洗いましょう。

水鉢は墓石ほど高価ではなく取り替えが効く小物の為、多少の傷がつくことを覚悟して研磨効果のある重曹や塩素系洗剤を使っても良いでしょう。
決して墓石に洗剤がつかないように注意して磨きましょう。

花立

花立には、土に植え込んでいるタイプやお墓の中央付近に置かれているタイプのものなどがあります。
花立も水鉢同様に汚れやすく、中に草などが溶けてできたドロンとした物体が入っていることもあります。

しっかり中まで綺麗にしないと、次に入れた生花が長く美しく咲くことができません
見なかったことにしたい気持ちはわかりますが、花立を綺麗にすることはお墓参りの大切なポイントです。
大変ですが除草と同じくらい手間を惜しまずに行いましょう。

玉砂利

玉砂利を設置した際はとても美しいのですが、次第に土汚れがついていきます。
洗浄はかなり大変なので年に1度でも構いません。

水をはったバケツに玉砂利を集めていれ、ガラガラとバケツの水を回転させると綺麗になります。
時間がある時はぜひ行いましょう。
玉砂利を集めている時は少し面倒だと感じるかもしれませんが、洗い終わってバケツから取り出した玉砂利は大変綺麗で清掃したことに達成感を得ることができます。

水気を拭き取る

水気を放置すると埃が付きやすいためタオルで拭き上げましょう。
水気を取ることでお墓の綺麗さの維持に繋がります。

お墓の洗浄において注意すべきポイント

お墓

基本のお墓洗浄方法に加え、少しの注意点を覚えておくと良いです。
洗浄において注意すべきポイントを知らないと、ついやりがちなミスに陥るかもしれません。

水アカの落とし方

墓石の下付近で石と石の接着部分など、水がたまりやすい部分に黒ずんだ水アカがつきます。
水垢は、お墓に傷をつけずに剥がすことを念頭におきましょう。
ヘラなど固いもので剥がしていきます。
100円均一ショップでスクレーパーというものが工具や文具売り場にありますので、それを使います。

しかし、水垢を落とす作業は根気強く続けていく必要があるため、墓石を一周する頃にはもう他の掃除はやめようとさえ思ってしまいます。
大変な作業ですが故人のためにもしっかり清掃しましょう。

注意点としては剥がすことに専念しすぎて、接地面の接着材まで剝がしてしまうことがあるということです。
接着剤が剝がれてしまうと墓石に隙間ができて、ひび割れの原因を作ることもあるため、水アカなのか接着材なのか見極める必要があります。

塩素系や酸性系の洗剤は使っていけない

身近にある洗剤で洗浄するという情報が色々出回っていますが、中でも使ってほしくない洗剤があります。

特に塩素系や酸性系の洗剤は使ってはいけません。
一時的に効果は見えるのですが、その後墓石が傷んでしまったり、シミになったりと余計に手間がかかることになります。
そして、墓石はひび割れなどから守るためにコーティングされているのですが、塩素系や酸性の洗剤で墓石をゴシゴシこするとコーティングを剥がすことにもつながってしまうのです。

余程の汚れでない限り塩素系や酸性系の洗剤は使わないようにしましょう。

タワシで強くこすってはいけない

墓石の水アカやカビはタワシでこすってもなかなか取れません。
力が足りないのかなとさらにゴシゴシ強くこすりたくなりますが、墓石に傷を少しずつつけているだけで、汚れを取るどころか汚れをつき易くしてしまっているだけです。

なので金属タワシはもちろん、通常のタワシも基本的には使用しません。
スポンジで優しくこすり洗いをしましょう。

季節

いままで挙げたポイントを日ごろのお墓の洗浄で一通りできれば理想的です。
しかし、常日頃から全ての工程を行うことは難しいでしょう。

せめてお彼岸の頃だけでも立ち寄れると良いです。
というのも、お墓掃除をする季節として、お彼岸は最適だからです。

夏は暑くて蚊や蜂が寄ってきますし、冬は水を扱うのが辛いので洗浄を早く済ませたい気持ちになります。
その点、お彼岸の頃は適度に気候が良く、徹底的に洗浄しようというやる気が長続きします。
ぜひお天気が良い日を選んで行ってみましょう。

お墓を洗浄するときに持って行くべきもの

お墓

お墓を洗浄するときに持って行くべきものを紹介します。
墓地にはバケツ、たわし、ほうき、スコップなどが供えられていることが多いですが、ぜひ定期的に洗浄をするためにも「お墓参り用のバッグ」に洗浄グッズを準備しておくことをお勧めします。

お墓洗浄バッグに必要なものを入れておき、お墓方面に出かける際には「お墓参りに行かないかも」と思っていても念の為、車に積んでおきます。
すると、お墓に行く暇がないと思っていた日常だったのが、いつの間にか「ついでにいくお墓」へと意識づけが変化します。

このお墓の洗浄セットに準備してほしいものは次の通りです。

  • お墓参り用バッグ:お風呂屋へ行くときのような水はけがよい、濡れても良い素材の丈夫な下記の道具が入る大きさのバッグ。
  • 墓石用洗剤:通常は水だけなのでいれなくても良い。
  • 軍手:草取りや墓石を直接手でこする時にも便利。
  • 歯ブラシ:硬めの歯ブラシで名前の細かい部分を磨く時に使用。
  • スポンジ:全体を磨く。
  • 雑巾:拭き上げに使用。
  • 墓石用ワックス:日照時間の少ない冬は不要だが乾きやすい夏場はワックスがけまで行う時間がある。
  • 除草剤・防草剤:適度に使用することがある。
  • ビニール袋:雑草や割れた花瓶などを持ち帰るため。

お墓の正常セットは、通常のトートバッグぐらいの大きさで大丈夫です。
いざ、お墓掃除とばかりに準備を始めるとそれだけで面倒な気分になってしまうかもしれません。
そのため、玄関に常備したり車に積んでも邪魔になったりしない大きさのバッグに常に入れておくことが気分的にも楽になれる秘訣です。

お墓参り用バッグを準備する利点としては、お墓方面に行く親族がいる時に、即座にお墓参り用のバッグを預けられる点もあげられます。

便利なお墓洗浄グッズご紹介

お墓

手軽にお墓洗浄をしたい時に役立つグッズがあります。
素人処理に少しだけ市販グッズを用いるだけで仕上がりがグンと違います。

それぞれのお墓により、汚れの落ち方や傷のつき方が異なってきますので、まずは目立たないところからお試しください。

墓石クリン

墓石クリンには、クリーナーやスポンジや収納袋などがついています。

何といっても花立用のお掃除タワシがついていて便利です。
花立ての中を綺麗に洗浄できます。

墓石専用洗浄の匠 墓石クリーナー

墓石クリーナーは業務用から生まれた一般家庭で使用できる洗浄剤です。
一度、墓石を水とスポンジで洗浄した後、この墓石クリーナーを使うと良い仕上がりが期待できます。

お墓掃除専用ダイヤモンドパッド

お墓掃除専用ダイヤモンドパッドは超微粒子ダイヤモンドパッドを使用しているため、傷を最小限にして綺麗にしていきます。
洗剤を使わない方は、これだけでも揃えると良いでしょう。

お墓のクリーニング代行とは?

人々

きちんとお墓洗浄ができる体力と環境があるうちは良いのですが、入院が頻繁になった、お墓から遠い所に住むことになったなど、様々な要因で気持ちに反してどうしてもお墓の手入れができなくなることもあるでしょう。
お年寄りの方や体が不自由な方はお墓の手入れをしっかりと行うのは大変なことです。

そんなお墓の掃除をするのが難しそうな時、お墓のクリーニング代行サービスを利用するのもお勧めです。
代行サービスを利用する必要をまだまだ感じない方もいらっしゃると思いますが、素人では気がつかないようなところも洗浄してもらえるので、日ごろご自身でお墓洗浄ができる方にもお勧めです。

どのようなサービスか

お墓のクリーニング代行サービスは、以下のようなサービスを2時間程度で行います。

  • お墓周りの清掃:雑草除去、掃き掃除など。
  • 周辺グッズの清掃:水鉢、花立、線香台の洗浄。
  • 墓石掃除:水アカ、コケを洗浄、名前刻字の細かい部分も洗浄。
  • 墓石コーティング:オプションにより追加。これを含むと高額になることもある。
  • 環境整備:お花を添え、線香をあげ、お酒や水をお供えし、合唱礼拝(お供え物はご要望によって変化)。
  • ごみなどの不用品持ち帰り。
  • 洗浄写真:洗浄前後の写真を撮る。

サービス会社ははじめに墓地の管理者に挨拶をすることが多いですが、見ず知らずの清掃員がお墓に入ることになるため、事前に寺や管理者にあなた自身からも清掃員の立ち入りについて可能であれば声をかけておくと良いでしょう。

また、お墓クリーニング代行サービスは結果報告として洗浄写真を提出することが多いです。
離れたところでの作業ですが、写真を提出していただけるので安心です。

お墓クリーニング代行の費用相場

お金

代行内容にもよりますが、先に説明した内容の費用の相場は1万5千~2万円程度です。
また、年間契約などサービス会社との契約によりさらに安くなることがあります。

あくまでお墓クリーニング代行であり、墓石専門クリーニングはこの費用には含まれていません。
(墓石専門クリーニングとは、購入時に近い状態まで徹底的に水アカやコケを取り、コーティングしてくれるサービスです。特殊な洗剤で50年も前からの汚れを落とすなど専門家による洗浄のため、墓石専門クリーニングは高額になります。)

今回ご紹介したのは日ごろのお墓の洗浄、お手入れ代行という位置づけの内容と費用です。
契約時に代行サービスの内容をしっかり確認しましょう。

また、お墓洗浄料金とは別に、清掃員の交通費やお供え物の実費が必要になることもあります。
一般的な墓地の費用でしたが、2区画分など広い墓地をお持ちの方は、その分追加料金がかかることがあります。

お墓の洗浄方法についてまとめ

お墓

いかがだったでしょうか?
お墓の洗浄は予想以上に大変です。
今回終活ねっとで記事で紹介した

  • お墓の洗浄ではタワシなどで強くこするとコーティングを剥がすのでよくない。
  • 塩素系や酸性系など洗剤は使わないがどうしても汚れがひどい時は墓石専用クリーナーなどの使用が望ましい。
  • お墓の洗浄に持っていきたい便利グッズを試すなどして、そのお墓洗浄バッグを作り、気軽にいつでもお墓に行けるようにするのも良い。
  • 普段のお墓洗浄ができない時は、気がつかないところも洗浄してくれるお墓のクリーニング代行を利用することも選択肢に入れておくと、体力的にも時間的にも良い。

以上の内容を活用すれば、効率よく、またより綺麗にお墓の洗浄ができると思います。

毎日お墓の手入れができるようなら汚れもたまらないと思いますが、普通は大変な思いで洗浄されていることでしょう。
あまり無理をせずに、お墓のクリーニング代行サービスに依頼することも視野にいれてみるの良いかもしれません。
頑張る姿をご先祖に見せることも大切ですが、今を生き抜いているご自身の体を大切にすることを一番に考えてください。

終活ねっとではお墓の清掃に関するマナーやお墓参りの作法などに関する記事も掲載しています。
ぜひ、お墓参りの際の参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・洗浄」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・洗浄」についてさらに知りたい方へ

墓石の洗浄はどうやるの?自分できる洗浄方法と必要な道具を解説!!のサムネイル画像

墓石の洗浄はどうやるの?自分できる洗浄方法と必要な道具を解説!!

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介のサムネイル画像

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介のサムネイル画像

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょうのサムネイル画像

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょう

お墓のクリーニングはできていますか?お墓を綺麗に保ちましょうのサムネイル画像

お墓のクリーニングはできていますか?お墓を綺麗に保ちましょう

墓石の掃除はどうしていますか?洗剤を使ってもいいの?のサムネイル画像

墓石の掃除はどうしていますか?洗剤を使ってもいいの?

お墓掃除は大変と思っている人に、ポイントをお教えしますのサムネイル画像

お墓掃除は大変と思っている人に、ポイントをお教えします

お墓磨きについて適切な時期や道具、注意点について徹底解説します!のサムネイル画像

お墓磨きについて適切な時期や道具、注意点について徹底解説します!

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?のサムネイル画像

最近気になる墓石クリーニング 自分で磨く?頼んでみる?

お墓の清掃方法やマナーを徹底解説!清掃代行サービスについても紹介のサムネイル画像

お墓の清掃方法やマナーを徹底解説!清掃代行サービスについても紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・洗浄」についてさらに知りたい方へ

墓石の洗浄はどうやるの?自分できる洗浄方法と必要な道具を解説!!のサムネイル画像

墓石の洗浄はどうやるの?自分できる洗浄方法と必要な道具を解説!!

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介のサムネイル画像

お墓掃除の持ち物や手順、そして今流行りの掃除代行などを紹介

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介のサムネイル画像

お墓を美しく保つ墓石クリーニングの内容と費用相場をご紹介

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょうのサムネイル画像

墓石の掃除方法を解説!正しい手入れの仕方を知ってお参りしましょう

お墓のクリーニングはできていますか?お墓を綺麗に保ちましょうのサムネイル画像

お墓のクリーニングはできていますか?お墓を綺麗に保ちましょう

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと