沖縄のお墓はなぜ大きいの?知っておきたい現代事情も説明します!

初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由と現代のお墓事情を中心に解説いたします。

目次

  1. 沖縄のお墓はなぜ大きい?
  2. 沖縄の代表的なお墓の種類
  3. 沖縄のお墓が大きい理由
  4. 沖縄では今でも大きいお墓が多い?
  5. 沖縄のお墓が大きい理由まとめ

沖縄のお墓はなぜ大きい?

沖縄

沖縄のお墓は内地の小さなものと比べ大きく、扉や屋根もありまるで少し小型の家のようなイメージがあります。
お墓の大きさは小さなもので5㎡、大きなお墓ですと30㎡にもなるまさに廟と呼ぶにふさわしいものがあります。

特に有名なのが、琉球王国歴代国王が葬られる世界遺産の玉陵や糸満市の幸地腹門中墓です。

それでは、なぜ沖縄にはこんなに大きなお墓が必要なのか、その理由やお墓の種類について述べていきたいと思います。

今回終活ねっとでは、沖縄のお墓はなぜ大きいのかについて

  • 沖縄を代表するお墓の種類はどんなものがあるのか
  • なぜ沖縄のお墓はなぜ大きいの?
  • 現在の沖縄のお墓事情について

以上のことを中心に解説していきます。
ぜひ最後までご覧ください。

また終活ねっとでは、沖縄県にある人気の霊園をランキング形式で紹介しています。
ぜひご覧ください。

こちらも読まれています

沖縄県で人気の墓地霊園ランキング5選!お墓の値段相場・資料請求

沖縄県で人気の墓地・霊園・お墓を5箇所ランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、沖縄県にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や沖縄県のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

沖縄の代表的なお墓の種類

亀甲墓

それではまず沖縄の代表的なお墓の種類についてご説明いたします。
代表的なお墓としては亀甲墓・破風墓・掘り込み墓などの種類があります。

亀甲墓

亀甲墓は17世紀ころ中国南部から伝来したとされ、台湾や福建省には同じようなお墓を見ることができます。
かつては士族のみに許された墓でしたが、琉球藩から沖縄県になった頃より一般に広まりました。
亀甲墓とは女性の子宮をイメージしたデザインで、人は死んだら母親の子宮に帰るということを意味しています。
また、屋根の部分が亀の甲羅のような形をしていることから、名前の由来となっています。

亀甲墓は丘や傾斜地を利用して掘り込み、周囲は石垣の柵となっています。
このお墓は先祖から受け継いでいく大きな墓であり、奥まったところに石を積み上げ壇を作り、多数の遺骨を納めるようになっています。
お墓の内部の入り口近辺に棺を置く場所を設置していますが、これは風葬の名残と言えます。

亀甲墓の前には祭祀に使われる広いスペースの前庭があって、旧盆や清明祭では家族がそろい食物を供え、お酒やご馳走を出す宴会が開かれます。

亀甲墓は太平洋戦争中では防空壕としても使われましたが多数の被害を受け、また生活様式の変化などもあって現在の規模は小さくなっています。

破風墓

破風墓とは、琉球王国の王室だけが作ることができたお墓で三角形の形の屋根をしており、まさに家を思わせる外観となっています。
破風とは屋根の側面につけられた山形の板をいい、これにより風雨を防ぐことができます。
明治時代の廃藩置県以降、庶民にも解禁され破風墓が広まるようになりました。

有名な破風墓は、琉球王国の歴代国王が葬られている世界遺産の玉陵や、糸満市の幸地腹門中墓がよく知られています。

掘り込み墓

掘り込み墓とは、斜面や砂岩層に横穴を掘って作られたお墓で「フィンチャー」と呼ばれています。
掘り込み墓は沖縄のお墓のルーツともいえるもので、入り口を石や漆喰でふさいだだけのシンプルなお墓です。
きちんとしたお墓を作るまでの仮墓的なものとして使用されていました。

沖縄のお墓が大きい理由

お墓

そもそも沖縄のお墓が大きいのは何故なのでしょうか?
ここでは、沖縄のお墓が大きい理由について解説していきます。

風葬文化だったため

沖縄のお墓が大きい理由の1つは、沖縄が風葬文化だったためであることが言えます。

沖縄では、かつては風葬という埋葬方法が行われていました。
この埋葬方法はご遺体を石で囲まれた部屋に安置し、ご遺体を風化させます。
ご遺体が風化しが骨だけになったところで、親族が遺骨を洗い骨壷に入れ石室に再度納骨します。
それゆえ広い場所を必要とし、大きな墓となっていました。

現在は風葬は行われていませんので、お墓は小さくなる傾向にあります。

門中墓が作られていたため

沖縄のお墓が大きい理由の2つ目は、伝統的な家族制度と関連をして門中墓が作られていたためです。

沖縄のお墓は門中墓、すなわち内地でいう先祖代々の墓が主流でした。
これは父系のつながりによりお墓や位牌を継承することであり、それゆえ納骨される骨壺は必然的に多くなっていました。
門中墓は儒教の影響を色濃く受けており、先祖を敬うという意識から生まれてきています。
父系親族すべての人を埋葬するために、お墓も大きくなったといえます。

また、個人では資金がなくとも、親族すべての人で作る門中墓であれば、資金的余裕も生まれ大きな墓を作ることが可能であったと言えます。
近年では、ライフスタイルの変化から門中から独立する人も多く、終活の一環として自分で墓を作る人も多くなってきています。
これが大きいお墓が作られなくなってきた理由にあげられます。

雨風をしのげるデザインのため

沖縄のお墓が大きい理由の3つ目は、ご存じのとおり沖縄は夏から秋にかけて台風の通り道であり、年間を通じて雨の多い地域です。
それゆえ、激しい雨風をしのげるデザインにする必要があったことが挙げられます。
その為に、お墓の敷地いっぱいに広がる大きい屋根を持つお墓が作られました。

お墓の前で宴会が開かれるため

沖縄では4月に故人を供養するために、一番大きな伝統的な行事である清明祭が行われます。
清明祭では親族全員でお墓の掃除を終えた後、墓前にご馳走やお花を供えます。
参列者が焼香を終えた後、お墓の前にビニールシートを敷き、親族が丸い輪を作りご馳走を食べお酒を飲み宴会が開かれます。

また、お墓が完成したときには魂入れが行われますが、他の会場に場を移すことなしに墓前で宴会が行われます。
その他にも、一年を通してお墓の前で宴会が開かれるため親族が大勢集まります。
これが、沖縄のお墓が大きい理由の4つ目である一因でもあります。

沖縄では今でも大きいお墓が多い?

お墓

ライフスタイルの変化とともに、内地では納骨堂や樹木葬などの自然葬が増え先祖代々墓も少なくなってきましたが沖縄では今でも大きいお墓が多いのか気になりませんか?

昔は沖縄でお墓を作る場合には、家を建てるように個人墓地用の敷地を購入し建てなければなりませんでした。
しかし現代では、広いスペースを得られないことや、無縁仏が増え行政も新たな個人墓を推奨しないことから個人墓は減少してきています。

第二次大戦後、沖縄では火葬が普及し墓地の埋葬方法も変わり、お墓に大きなスペースを必要とすることが少なくなりました。
また、生活様式も変わり、少子化・核家族化が進展し、門中墓のような大きなお墓の必要性もなくなってきています。
お墓の承継者もお墓の維持にお金がかかることや管理が大変なことなどから、小さな管理しやすいお墓にしたり墓じまいをするようなケースも増えてきています。

かつての沖縄のお墓の素材は石灰岩やコンクリートなどで作られ、早く劣化することが多いことなどから、維持管理が大変で改装するにも費用がかかっていました。

以上のような理由により現在では新たにお墓を作る場合には、御影石で作られる小さなお墓が多くなっていることが言えます。
内地と同じように納骨堂や家族墓の需要も増え、お墓のスタイルも多様化してきているのが現状です。

伝統的な琉球墓

伝統的な琉球墓と言えば、すべて述べたように亀甲墓と破風墓です。

現在は徐々に霊園に小さなお墓を作るケースが多くなっていますが、廃藩置県などを機に広く普及した亀甲墓と破風墓を利用する人はいまだに沖縄のお墓の主流となっています。
これはやはり沖縄の歴史や風習に根ざした県民の意識が心底にあるに違いありません。

コンパクトなお墓

近年では門中から独立する人も多くなったり、遠方に居住するためにその近くに自分たちだけのお墓を立てる人も多くなってきました。
その為以前ほど大きなお墓の必要性は低くなり、改修したり新たに管理しやすく費用もさほど掛からないコンパクトなお墓になってきています。

お墓の種類も小さくとも従来の沖縄らしさを生かしたお墓が特徴であり、家族墓や兄弟墓・個人墓などお墓の種類も多様化しています。
中には内地のように納骨堂を利用する埋葬方法も見かけるようになりました。

和型墓と琉球墓を合わせたデザインのお墓

お墓をコンパクトにすると、沖縄の伝統的良さがあるお墓を作ることはできないのではないかと危惧する人もいますが、沖縄風の雰囲気のあるお墓も増えてきています。

デザインは従来の琉球墓の特長を生かし、霊園でも建てられるコンパクトな形亀甲墓・破風墓が増えていています。
亀甲墓や破風墓は形を小さくしたデザインで、下の部分に骨壺を入れる室と扉が配置された形になっています。
ただし多くのご遺骨を納めなければなりませんので、喉仏だけを納骨したり粉骨にすることも多くなっています。

また、霊園に作るお墓としては、急速に増えている軸石型があります。
軸石墓とは和型墓と琉球墓を合わせたデザインのお墓で、近年人気となっています。
軸石型のお墓は上部には和形墓と同様に家名などを彫刻し、下部には骨壺を収納する室がある形となっています。
骨壺を納める室には沖縄独特のデザインの観音開きの扉があり、伝統的なお墓参りができます。

霊廟・共同墓地

沖縄では、納骨堂を霊廟・永代供養墓を共同墓地と言いますが、ライフスタイルの変化・少子化・核家族化の進展に伴い霊廟や共同墓地も着実に増加しています。

その理由は次のようなものがあります。

  • 後継者がおらずお墓を守ってくれる人がいない
  • 子供や孫などに負担をかけたくない
  • 現在はお墓から離れて住んでいるのでお墓の維持管理ができない
  • 経済的な問題があり個人墓地を作ることができない
  • 亡くなった人に直接語りかけられるような気持ちになれる

沖縄の霊園

沖縄の霊園の歴史は浅いですが、お墓を常に管理してくれるという点で近年人気となっています。
沖縄の霊園には公営霊園・民間霊園・寺院墓地があります。

  • 公営霊園…主に自治体が管理する霊園で宗教宗派を問わず料金が安いので人気があります。資格が厳しい点がデメリットです。
  • 民間霊園…民間会社が運営するもので宗教を問わず施設もきれいな点が人気があります。他の霊園と比べると多少値段が高いのがデメリットです。
  • 寺院墓地…寺院の宗派に入らなければならない場合が多い点がデメリットですが、供養してもらえることが実感できるのがメリットです。

沖縄の自然葬

近年内地のみならず沖縄でも自然葬を行う人が増えています。

代表的な沖縄の自然葬には樹木葬や海洋散骨がありますが、自然葬を行う背景として後継者がいない・家族制度の崩壊・価格が安いこと・自然に帰りたいという意識があります。
特に、沖縄の美しい海で海洋散骨をされれば、きっと穏やかで静かな眠りにつくことができることでしょう。

沖縄のお墓が大きい理由まとめ

亀甲墓

沖縄でも、終活の一環としてお墓のあり方を考える人も多くなっています。
今後もコンパクトなお墓に移って行くに違いありません。

今回終活ねっとでは、沖縄のお墓が大きい理由について説明した内容は次の通りです。

  • 沖縄には大きなお墓が多く、特に琉球王国歴代国王が葬られる世界遺産の玉陵や糸満市の幸地腹門中墓が知られています。
  • 沖縄のお墓の種類は亀甲墓・破風墓・掘り込み墓に分類できます。
  • 亀甲墓は屋根が亀の甲羅のような形をしており、母親の子宮をイメージしています。
  • 破風墓は歴代琉球王国国王が祀られる王室だけに許された形でした。
  • 掘り込みは沖縄のお墓のルーツでもありシンプルな形になっています。
  • お墓の大きな理由は古来より風葬が行われ、大きなスペースが必要でした。
  • 大家族制で門中墓が作られていたのも背景の一つです。
  • 沖縄で、墓前で人々が集まり故人を偲び宴会が行われます。
  • 近年は少子化核家族化が進展し、お墓もコンパクト化しつつあります。
  • 沖縄の美しい海で眠りにつきたいという海洋散骨を希望する人も増えています。

この記事では以上のことを中心に解説しました。
沖縄のお墓が大きい理由や沖縄のお墓の種類などを解説して来ましたが、地方によってお墓には様々な特養があります。
終活をして行く中で様々なお墓の特徴のついて知っているとお墓選びの際に参考にできるのではと思います。

また、終活ねっとでは終活に関する様々な記事を書いているで、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「沖縄・お墓・大きい」に関連する記事

  • 沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

    沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    日本列島の中でも比較的南に位置する沖縄は、お墓の形や特徴も非常に独特です。その外見を見るだけでも非常にエキゾチックで、国内にいながらも外国に旅行に行くような気持ちになります。このような沖縄のお墓の形は歴史的にどう変化し、現在どうなっているのでしょうか?

  • 沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像

    沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

    日本でも南の方に位置する地域である沖縄。歴史的に本州などとはまた別の独特の文化が花開いたこともあり、お墓の形も、またそこに見られる特徴も本州とは異なっており、沖縄以外の地域の人々でも関心を寄せる人が少なくありません。今回はそんな沖縄のお墓について見ていきます。

  • 沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!のサムネイル画像

    沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

    沖縄は古くから日本本土とは異なった独特の文化が発達した地域であるため、お墓関係についても独特です。そのため、沖縄でお墓の購入を考えるとなるといろいろと新しく知っておくべき事柄が少なくありません。今回は沖縄でのお墓の購入の際に知っておくと良い情報を見ていきます。

  • 風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

    風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    沖縄には本州とは違って独自の文化を持っています。その中のひとつ、沖縄のお墓も、独自の形、考え方を元にしていて、中には文化財として指定されていたり、観光の名所となっているほど貴重なお墓もあるほどです。独自のデザインや風習などをご紹介いたします。

  • 沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

    沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

    独特な文化を持つ沖縄には、葬儀やお墓にもこの土地にしかない様々なしきたりがあります。今回はそんな沖縄の風習の中から、年行事や納骨やお供えものなど、沖縄のお墓にまつわるしきたりについて詳しくご紹介しましょう。

  • お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

    お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

    なぜお墓を作るのかといった意味について考えたことはありますか?時代ごとにお墓に込められた意味は異なります。今回はお墓を作る意味はもちろん、各宗派のお参りについて、墓石の種類ごとに込められた意味なども解説するのでぜひご覧ください。

  • 立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?のサムネイル画像

    立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

    沖縄には、とても大きく立派な亀甲墓(かめこうばか・きっこうばか)というものがあります。この亀甲墓には、どのような歴史があるのでしょうか。本州の人には馴染みのない亀甲墓を通して、うちなーんちゅ(沖縄県民)のご先祖様を大切にする気持ちをご紹介します。

  • 日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!のサムネイル画像

    日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

    日本のお墓といえば、屋根のない雨ざらしの状態で建っているというイメージを抱く方が非常に多いでしょう。しかし、実は日本には屋根の付いたお墓というものが存在します。日本で屋根付きのお墓が作られるようになった背景や歴史を一緒に探究していきましょう。

  • お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

    お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

    昔はお墓と言うと先祖代々のお墓や家族のお墓がメインでしたが、最近は多種多様なお墓や納骨の方法があり、どのようなお墓にしたら良いのか悩んでしまいます。今回はお墓を種類ごとに徹底比較します。わかりやすく比較しましたのでぜひ参考にしてください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

関連する記事

「沖縄・お墓・大きい」についてさらに知りたい方へ

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!のサムネイル画像

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介しますのサムネイル画像

お墓に込められている意味を時代ごとにご紹介します

立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?のサムネイル画像

立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!のサムネイル画像

日本に屋根付きのお墓があるって本当?歴史や背景も紹介!

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!のサムネイル画像

お墓を種類ごとに徹底比較!様々なお墓の違いをご紹介します!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「沖縄・お墓・大きい」についてさらに知りたい方へ

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像

沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像

沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!のサムネイル画像

沖縄でお墓を購入するには?沖縄特有のお墓や購入手順などご紹介!

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像

風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!のサムネイル画像

沖縄にはお墓にまつわるしきたりがある?年行事など詳しくご紹介!

このページの先頭へ

終活ねっと 〜マガジン〜  Copyright© 株式会社 終活ねっと