台湾のお墓ってどんなお墓?台湾のお墓参りについても解説します!

台湾のお墓ってどんなお墓?台湾のお墓参りについても解説します!

日本ではあまり馴染みのない台湾のご先祖様を大切にする気持ちをご紹介します。 日本のお盆にあたる「清明節」や、紙を燃やす「紙銭」、お墓の後ろに紙のお金を石でとめる「ウチカビ」といった、日本と台湾で所作が異なるお墓参りについてもご紹介します。

2018-06-22

台湾のお墓について

台湾

皆さんは台湾にはどのようなイメージを持っているでしょうか。

ごはんがおいしい、親日の人が多い、といったイメージがあるかと思います。

しかし、台湾のお墓について知っているという方は意外と少ないのではないでしょうか。
故人を想う気持ちは日本と台湾では変わりません。
そこで今回終活ねっとでは以下の3つを中心に、台湾のお墓について解説していきます。

  • 台湾のお墓と日本のお墓の違い

  • 台湾のお墓参りについて

  • 台湾と沖縄のお墓の相違点

台湾が好きな方や終活中で日本以外の国のお墓について興味がある方は参考にしてはいかがでしょうか?
ぜひ最後までお読みください。

台湾のお墓と日本のお墓の違い

お墓

では最初に、台湾のお墓と日本のお墓の違いについて見ていきましょう。

日本では、それぞれのお墓の場所が碁盤の目のように区切られています。
なので、お墓の場所がひと目でわかるように配置されています。

しかし、台湾ではお墓を作る際、風水などの占いにもとづき故人一人ひとりにとっていい方向を占ってもらい、その方向に向けてお墓を作ります。
なので、台湾のお墓は場所も向きもバラバラになります。

また、日本では一家族につき一基ですが、台湾では一人につき一基です。
したがってお墓の数が台湾はとても多いのです。

台湾のお墓参りについて

葬儀

最初に台湾と日本のお墓の違いについて説明しましたが、続いて台湾のお墓参りについて見ていきましょう。

お墓参りをする時期というと、お彼岸やお盆、命日にお墓参りをする方が多いかと思いますが、台湾では清明節が行われる時期にのみお墓参りをします。

台湾では、清明節の日にご先祖様のお墓を参拝して、さらに草むしりをしてお墓とその周りを掃除する文化があります。
また、清明節は毎年4月5日前後なので暖かい春を迎えて郊外を散歩する、といった文化もあります。
次の項目では、台湾の独特なお墓参りの文化、清明節についてご紹介します。

お墓参りに行く時期

ここでは、台湾のお墓参りに行く時期について見ていきましょう。

台湾では清明節といって、家族で祖先を祀る伝統的な節日があります。
清明節とは中国の先祖祭で旧暦3月、春分から15日目に当たる節日に家族で先祖の墓参りに出かけ、蒸し鶏や豚肉、揚げ豆腐などの料理を家族で楽しみます。

清明節は毎年4月5日前後で、その日は祖先のお墓を参り、草むしりをしてお墓のまわりを掃除します。
日本ではお盆、お彼岸と年に数回ほどお墓参りに行く年中行事がありますが、台湾では1年に一度しかお墓参りに行きません
清明節のときのみお墓参りをします。

お墓参りはいつ行くのかについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

台湾のお墓参りは大変

台湾のお墓は山にあることが多く、そのためお墓参りのために急な山を荷物を抱えたまま歩く必要があるため、台湾のお墓参りは大変です。

また、台湾のお墓は家族ごとではなく、個人のものなのでそれぞれ別々にお参りします。
あちこちに散らばった親族のお墓をひとつひとつ丁寧にお参りし、墓石を磨きます。
そしてその周りの雑草なども掃除するのでとても時間がかかります。

同じ親族でもお墓の場所も向きもバラバラなので、小さな山を越えることもあります。
また、お供え物や線香といった荷物もあるので大変です。

台湾独自のお墓参りのマナー

台湾では、日本では見られない独特なお墓参りのマナーがあります。
ここでは、その台湾の独特なマナーの一つである、紙銭とウチカビについて説明します。

紙銭

台湾ではお墓の前で紙銭と呼ばれる紙を大量に燃やす風習があります。
紙銭は燃やせば燃やすほどにご先祖様が裕福になるとされます。

また、"冥銭"と呼ばれる墓参りで燃やすためのお札は昔からありましたが、最近では人民元やアメリカドル紙幣を忠実に模したものまで見られます。

ウチカビ

続いて、ウチカビについて見て行きましょう。
お墓の掃除と修繕が終わったあとは、鮮やかな色のついた紙をお墓の屋根に等間隔に並べて石で押さえます。
これはをウチカビといい、「家族が来ましたよ」といった印になります。
お墓参りのあとは家族でお墓を囲んでお供えした手料理やフルーツ、お菓子を食べながら楽しく過ごします。

台湾と沖縄のお墓は似ている?

葬儀

実は日本には、台湾の影響を大きく受けたお墓があります。
台湾と地理的に最も近い島国、沖縄です。
台湾と沖縄のお墓はとても似ています。

沖縄には台湾のお墓によく似た亀甲墓(きっこうばか)と呼ばれるお墓があり、その名前のとおり、亀の甲羅に似た形から名付けられたものです。
沖縄の亀甲墓の色はシンプルに灰色一色ですが、台湾のお墓はとてもカラフルなところに違いがあります。

また、沖縄では、清明節が18世紀中期に伝わったといわれ、今日では「シーミー」「シーミーサイ」と呼ばれ、重要な節日として浸透しています。

沖縄のお墓が大きい理由について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

台湾のお墓についてまとめ

台湾

今回終活ねっとでは台湾のお墓についてまとめました。
いかがだったでしょうか。

この記事では日本と異なる台湾のお墓参りの文化について

  • お墓参りは清明節の日のみ

  • お墓の数は一人につき一基

  • お札に見立てた紙を燃やして天国の故人にお金を届ける紙銭の文化

  • お墓の屋根に石を並べて家族が来たことを故人に伝えるウチカビの文化

以上のことを中心に解説しました。

このように、地理的には日本ととても近い距離にある国ですが、台湾のお墓参りの作法は日本とかなり違うことが分かりました。

もし台湾に旅行に行く事があれば、台北のネオン街を散策したり、九份(ジョウフン)で美味しい食事をするのもいいですが、一度台湾のお墓に行ってみるのはいかがでしょうか。
日本とは異なるお墓参りの文化を体験するのも楽しいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「台湾・お墓」に関連する記事

  • 立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?のサムネイル画像
    立派な沖縄のお墓・亀甲墓ってどういうもの?

    沖縄には、とても大きく立派な亀甲墓(かめこうばか・きっこうばか)というものがあります。この亀甲墓には、どのような歴史があるのでしょうか。本州の人には馴染みのない亀甲墓を通して、うちなーんちゅ(沖縄県民)のご先祖様を大切にする気持ちをご紹介します。

  • お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介のサムネイル画像
    お墓が遠いのでお墓参りしにくい!そんな時の解決策をご紹介

    仕事の都合や家族そろってのお引越し。ご先祖様が眠るお墓から遠い場所に、というのはよくある事です。ですが、お墓から遠い場所に引っ越してしまう場合でも、解決策はあるのです。

  • 風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?のサムネイル画像
    風土色を感じる、沖縄独自のお墓のデザインとは?

    沖縄には本州とは違って独自の文化を持っています。その中のひとつ、沖縄のお墓も、独自の形、考え方を元にしていて、中には文化財として指定されていたり、観光の名所となっているほど貴重なお墓もあるほどです。独自のデザインや風習などをご紹介いたします。

  • お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?のサムネイル画像
    お墓参りは1年にどれくらいの回数行くべきなの?

    ご先祖様の供養のために行うお墓参り。お墓参りは、1年でどのくらい行くのが良いのでしょうか。今回はお墓参りの回数について、どのくらいの回数行くが良いのか、そしてお墓参りのマナーについてもまとめてみました。

  • お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!のサムネイル画像
    お墓参りの時期について!お彼岸・お盆や沖縄のお墓参りを紹介!

    みなさんが普段イメージするお墓参りの時期といえばいつ頃でしょうか?お盆あるいは春や秋のお彼岸の季節といった時期を多くの方が思い浮かべるかと思います。このお墓参りの時期にはどのようにお参りをすればよいのでしょうか?お墓参りの時期についていろいろ見ていきます。

  • 沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説しますのサムネイル画像
    沖縄のお墓についてその特徴や種類、最近の事情などを解説します

    日本でも南の方に位置する地域である沖縄。歴史的に本州などとはまた別の独特の文化が花開いたこともあり、お墓の形も、またそこに見られる特徴も本州とは異なっており、沖縄以外の地域の人々でも関心を寄せる人が少なくありません。今回はそんな沖縄のお墓について見ていきます。

  • 知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!のサムネイル画像
    知っておきたい沖縄のお墓参りのマナーや時期を説明します!

    日本国内でも独特の文化を持つ沖縄はお墓参りに関する慣習も非常に独特です。日本の本土に住む方の中にはこの独特さに魅かれて、お墓参りの季節を選んではるばると沖縄へやってくるという方も多いです。そこで今回は、沖縄のお墓参りの時期やマナーなどについて見ていきましょう。

  • 沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説のサムネイル画像
    沖縄のお墓の形についてその種類や特徴、現在のお墓事情まで全て解説

    日本列島の中でも比較的南に位置する沖縄は、お墓の形や特徴も非常に独特です。その外見を見るだけでも非常にエキゾチックで、国内にいながらも外国に旅行に行くような気持ちになります。このような沖縄のお墓の形は歴史的にどう変化し、現在どうなっているのでしょうか?

  • 沖縄のお墓が大きい理由・墓の種類・現代の変化は?のサムネイル画像
    沖縄のお墓が大きい理由・墓の種類・現代の変化は?

    初めて沖縄を訪れた人は、沖縄のお墓が大きいことに驚かされることでしょう。沖縄は歴史や風土に育まれた独特の文化があり、そこにお墓の大きい理由もあります。今回はお墓の大きい理由や知っておきたい現代事情を中心に解説いたします。

  • 沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介しますのサムネイル画像
    沖縄のお墓掃除は独特?お参りの方法や掃除方法についてご紹介します

    お墓参りといえば、ご先祖様への供養などの前にお墓の掃除をします。それは、日本の伝統的な方法に限らず沖縄でも同じことです。しかし、沖縄の場合は本土のそれと異なった独特のやり方が行われます。今回は、沖縄のお墓参りの際の掃除のやり方などについて見ていきます。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み