子供が負担する親のお墓にかかる費用について!わかりやすく解説!

少子化が進み、お墓の費用を負担する子供が増えてきています。昔は兄弟が多かったので、皆で費用を負担していましたが、子供の数が減ってきたことでお墓を維持するための費用負担が大きくなってきています。では、実際に親のお墓にはどのような費用がかかっているのでしょうか。

目次

  1. お墓の費用と子供について
  2. お墓にかかる費用の内訳と相場
  3. 親のお墓の費用は子供が払うのか?
  4. 親のお墓の費用を子供で分担してもいい?
  5. 子供がいない場合のお墓の管理はどうする?
  6. お墓の費用と子供まとめ

お墓の費用と子供について

お墓

昔は兄弟が多かったので、親のお墓の費用を負担するにしても、兄弟で助け合えば、一人にかかる金額は少なくて済みました。
また、長男がお墓を承継し費用を負担する場合は、家の財産を長男が引き継ぐのでその中から費用を出していました。

しかし、最近は少子化が進み子供の数が減ったことで、子供一人が負担する親のお墓の費用金額が多くなってきました。
実際に子供が負担する親のお墓にかかる費用は、どのようなものがあるのでしょうか。

今回、終活ねっとではお墓の費用と子供について

  • お墓にかかる費用の内訳と相場
  • 親のお墓の費用は子供が払うのか?
  • 親のお墓の費用を子供で折半してもいい?
  • 子供がいない場合のお墓の管理はどうする?

について、詳しく解説します。

親のお墓の費用について気になる方も、子供にお墓の負担をかけることが心配な方も参考になる記事になっていますので、ぜひ最後までお読みください。

お墓にかかる費用の内訳と相場

お金

お墓を建てるのに平均で200万円以上の費用がかかると言われています。

また、お墓は建てたらそれ以降、費用がかからないというわけではありません。

それではいったい、お墓にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。
ここでは、お墓にかかる費用の内訳と相場を解説します。

墓地の永代使用料

お墓を購入するとき、「墓石代」とお墓の土地の使用料である「永代使用料」がかかります。
永代使用料とは、お墓の土地を永代に渡って使用するための権利を取得するための費用であり、お墓を建てるときに必要になります。

永代使用料の費用は1平方メートル当たりで計算されることが多く、墓地の地価、アクセスの良さや広さなどによって金額に違いがあります。
全国的な平均相場は1.2平方メートルで60万円程度と言われていますが、東京都内は160万円〜200万円といったように地域によって差があります。

墓石代

墓石代とは、墓石本体の費用と柵・カロートなどのためにかかる工事費用などを含めた金額の総額のことをさします。

お墓の面積や墓石の形状、種類、宗派によって費用に差が生じます。
また、寺院や民営の霊園、公営の霊園など管理者の違いによって費用の違いも大きく、管理者によっては指定の石材店がある場合や、墓石の形状が決まっていることがあります。

全国の墓石代の平均相場は130万円程度と言われています。

管理料

管理料とは、霊園や墓地を維持管理するために必要な費用のことで、年額数千円~2万円程度かかるといわれています。

管理料の支払い方法や金額は霊園や墓地によって違いがありますので、事前に管理者に確認することをおすすめします。

開眼法要・閉眼法要

開眼法要とは、お墓を建てたときにお祝いをし、神仏に感謝を込めて家族や先祖の供養をする儀式のことです。
開眼法要は魂入れとも言われます。

また、開眼法要のときにはお布施が必要になります。
お布施代には決まった金額はありませんが、3万円〜10万円が相場と言われています。

閉眼法要とは、お墓を撤去するときにお墓に宿っている魂を抜く儀式のことで、お魂抜きとも言われます。
開眼法要と同じく「お布施」が必要となり、金額も開眼法要と同じくらいの3万円〜10万円が相場です。
お布施は固定料金ではないので、金額に決まりはありません。
どれくらい渡せばいいのかわからない場合は、管理者や僧侶に聞いてみるのも良いでしょう。

また、寺院でなく霊園で行うときは僧侶に来てもらう必要があり、その場合にはお車代が必要となります。

その他の費用

永代使用料・墓石代・永代使用料・管理料や開眼法要・閉眼法要などのお墓にかかる費用以外にかかる、お墓を維持するためにかかるその他の費用があります。
以下でその他の費用をまとめました。

  • お寺にお墓を用意した場合は、檀家になる必要があるため入檀料がかかることがあります。
  • 法要のたびにお布施がかかる場合があり、目安として一回3万円~10万円程度です。
  • お寺や霊園によっては寄付金を募るときがあります。この場合の金額は、お寺や霊園から指定されることが多く、今後の付き合いを考えると支払うことをおすすめします。
  • 護持会費とは、檀家が支払っているお寺を維持するためにかかる費用のことです。霊園の管理料と同じ位置づけで、年間数千円~数万円のところが多いです。

親のお墓の費用は子供が払うのか?

お金

親が自分のお墓やお墓にかかる費用を生前に用意しておけば問題はありませんが、用意していなかった場合は親のお墓の費用は子供が払うのでしょうか?

親がお墓やその他かかる費用を用意していなかった場合、親の残した遺産からお墓の費用を出すことが理想的です。
しかし、親の遺産からお墓の費用を出すことが無理な場合には、のちにお墓に入ることになる喪主が費用を負担することが多いです。
お墓を用意した後にかかる法要などの費用も、お墓に入る長男が負担することになります。

しかし、お墓は法律的には誰が入っても良いので、管理者が認めれば長男でなくても入れます。

親のお墓の費用を子供で分担してもいい?

お金

親のお墓に入る子供が複数の場合は、費用を分担して負担することもあるでしょう。

のちに、トラブルにならないように兄弟で話し合うことはとても大切です。
金銭的なことでトラブルになると、兄弟同士でも裁判になることがあり、精神的にも大変な負担になることがあります。

また、費用負担の割合は、兄弟の経済事情によって負担できる金額に違いもあります。
お墓は建立して終わりではなくその後の管理にも費用がかかります。
お墓の費用負担や誰がお墓を承継するのかも含めて話し合うことが必要ですが、親のお墓を建てるということは供養する意味もありますので、兄弟で少しずつ費用を負担することが良いのではないでしょうか。

お墓にかかる費用を負担しなかった場合は、お墓を建立した時に費用を出した兄弟にお祝いとしてお金を包むのが一般的です。

子供がいない場合のお墓の管理はどうする?

お墓

少子化に伴い、子供がいない家庭も増えてきました。
子供がいない場合、将来的なお墓の管理はどうしたらいいのでしょうか。
誰にお願いできるのでしょうか。

お墓の管理をしてくれる子供がいない場合は、故人が指定した人がお墓を継承することが優先されますが、指定した人がいない場合にはその地方の習慣やしきたりによって決まります。
それでも、お墓を承継する人を決められない場合は、家庭裁判所が承継者を指定することになっています。

そうならないように、子供がいない場合のお墓の管理をどうするのか、事前に決めておく必要があるでしょう。
お寺によっては認められない承継者もいるので、管理者に確認する必要が出てきます。

家族や親戚に管理してもらう

家代々のお墓で、子供がいない場合は家族や親戚に管理してもらう、もしくは事前に家族や親戚と相談して誰がどのように管理していくのか、誰が承継していくのか決めておくことが大切です。
親戚と養子縁組をして長男になってもらい、お墓を継承してもらう方法もあります。

しかし、お墓の管理には費用もかかり、掃除や法要なども定期的に行わなければなりません。
家族や親戚が管理しきれなくなった場合は、無縁仏や無縁墓になってしまうこともあります。
それらを含めて、お墓についてしっかり考えておくことが必要です。

生前に墓じまいをして永代供養墓を利用する

家代々のお墓ではなく、分家したお墓などの場合で、お墓を承継する人がいない、親戚などにも迷惑をかけたくないと考えて生前に墓じまいして永代供養墓を利用する方が多くなりました。

永代供養には、現在お墓がある霊園で永代供養墓に代える場合と、全く違う場所に永代供養墓を確保する場合があります。
永代供養には最初から合祀される場合と個別埋葬し、期間が過ぎれば合祀される場合があります。
また、永代供養には納骨堂や合祀墓、樹木葬などのタイプがあり、生前予約することができます。

今あるお墓の墓じまいの費用と永代供養料、合祀されるまでの管理料がかかる場合がありますが、それ以上費用がかかることはなく、無縁仏や無縁墓にはならないことがメリットと言えるでしょう。

こちらも読まれています

墓じまいとは一体何のこと?墓じまいの流れや必要な費用について紹介

将来お墓を守ってくれるという方がいなくて困っていませんか?そこでおすすめなのが墓じまいや改葬という選択肢です。ただ、墓じまいや改葬とはどのようなものかがわからないという方も多いでしょう。そこで今回は、墓じまいや改葬とはどのようなものかを徹底解説していきます。

お墓の費用と子供まとめ

お墓

いかがでしたか。
今回終活ねっとではお墓の費用と子供ことについて解説しました。

  • お墓を建てるときには墓地の永代使用料と墓石代がかかり、平均相場は200万円以上と言われている
  • お墓の管理料も必要になる場合がある
  • お墓は開眼法要と閉眼法要が必要になり、お布施を用意しなければならない
  • その場合の相場は3万円~10万円となる
  • 他にも法要のたびにお布施が必要
  • お寺や霊園によっては寄付金や護寺会費がかかる場合がある
  • 親のお墓やお墓にかかる費用は、そのお墓に入る子供が負担することが一般的で、長男である場合が多い
  • 親のお墓に関する費用を兄弟で折半することもあるが、話し合うことが大切
  • 子供がいない場合は、家族や親戚にお墓の管理を依頼することがある
  • 承継者がいない場合は、家庭裁判所によって承継者を指定する場合がある
  • 承継者がいない場合は、今あるお墓を墓じまいして永代供養に代えることもある
  • 子供や親戚がお墓を承継できなくなった場合は、無縁仏や無縁墓になる

以上のことを中心に解説してきました。

従来は、親のお墓は子供に任せることが普通でした。
子供も親のお墓を守っていき、将来は自分も入ることが当たり前と考えていましたが、昨今は少子化も進みお墓の管理を任せることが難しくなってきました。

今あるお墓のことやこれからお墓を用意しようと考えている方は、後に誰がお墓を守ってくれるのか、その場合の費用などはどうするのかを事前に家族で話し合っておくことが、のちのトラブルを防ぐことになり大切なことなのではないでしょうか。

お墓のために、家族や兄弟の仲が悪くなることはだれも望んでいません。
お墓をとおして、家族や兄弟が話し合い、絆を深めることが望ましいのではないでしょうか。

終活ねっとでは、他にも家族とお墓についての記事がたくさんあります。
ほかの記事も併せて参考にしてみてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・費用・子供」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・費用・子供」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説のサムネイル画像

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!のサムネイル画像

お墓の費用の相場っていくら?様々なお墓の費用についても解説!

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!のサムネイル画像

永代供養の個別墓とは?永代供養墓の種類・特徴をご説明します!

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説のサムネイル画像

墓じまいで墓石を撤去したい!改葬の手順や費用を解説

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!のサムネイル画像

永代供養の夫婦墓とは何か?詳しく解説いたします!

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?のサムネイル画像

お墓の費用負担は兄弟間でどのように決めたらいいのか?

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・費用・子供」についてさらに知りたい方へ

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!のサムネイル画像

親のお墓にかかる費用について。費用は誰が負担するのか解説します!

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れますのサムネイル画像

お墓の費用は誰が負担すべきなの?負担者の決め方についても触れます

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説のサムネイル画像

お墓の費用を揉めずに分担したい!注意点から費用の種類まで解説

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説のサムネイル画像

お墓の建立・維持に必要なお金はどのくらいか?お墓のお金事情を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと