東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!

東本願寺の納骨堂へ納骨する費用や手続きについて解説します!

京都で「お東さん」として親しまれてる東本願寺は浄土真宗大谷派の総本山です。浄土真宗で納骨堂があり、葬送の一環としてとても安い費用で納骨をしてもらえます。東本願寺の納骨堂がどのようなもので、どれくらいの費用で葬送してもらえるかをお話しします。

最終更新日: 2020年02月18日

東本願寺の納骨堂について

お墓

京都にある東本願寺は真宗大谷派の総本山で、京都では浄土真宗である西本願寺と区別するために「お東さん」と呼ばれて親しまれています。

浄土真宗は親鸞が開いた阿弥陀如来を本尊とする宗派ですが、現在は真宗十派を始めとして幾つかの派閥に分かれており、いわゆる「浄土真宗」と名乗っているのは真宗十派の中でも東本願寺の「浄土真宗本願寺派」だけで、他は自らを「真宗」と名乗ります。

真宗十派の間では所作などで多少の違いがあるだけで教義に大きな違いはなく、大谷派は浄土真宗東本願寺派と双璧を成す大派閥です。

浄土真宗の大きな特徴として、他の宗派と違い死後に故人の供養を行わないことが挙げられます。
他の宗派では人は死後も成仏するために様々な苦難をするため、忌日ごとに故人の救済を目的として供養を行います。

ですが、浄土真宗では人は死ねば直ちに阿弥陀如来に導かれ極楽浄土に往生し仏となることが出来ると考えられているので供養の必要が無く、お墓も仏壇も本来必要ではないともされています。

また位牌を使用せず、故人は死んで仏になっているので、死んだときに付ける仏弟子となったことを意味する戒名も法名と呼びます。
法名の前には仏となっていることをあらわす釈(女性であれば釈尼)の字を加えるなど、多宗派とは生死感がかなり異なります。

しかし浄土真宗でも仏壇はありますし、お墓もあります。
日本の法律では「墓埋法」があるので浄土真宗の信徒とはいえ葬送にはお墓などの埋葬場所が必要です。
浄土真宗では仏壇やお墓は故人を祀る場所ではなく、仏壇は極楽浄土を表した空間であり、お墓は阿弥陀如来を奉献した仏塔であるといった解釈がなされます。

また浄土真宗では古くから遺骨を分骨し本山に納骨する本山納骨という風習があり、真宗大谷派の総本山である東本願寺でも納骨堂があり納骨を受け付けています

今回「終活ねっと」では以下の項目を中心に、東本願寺における納骨堂に関することや費用についてお話ししたいと思います。

  • 東本願寺には2種類の納骨堂がある?

  • 東本願寺で納骨堂を利用すると費用はどれくらいかかるの?

  • 東本願寺で納骨する際はどんな手続きが必要なの?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

東本願寺の納骨堂について様々な情報をお伝えしていきます。
費用や手続きについても解説をしていきますので、ぜひ最後までお読みください。

またご遺骨を納骨するための納骨堂をお探しの方は「終活ねっと」のお墓探しもご利用ください。

納骨堂をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「終活ねっと」は全国各地の斎場と提携しているため、お近くの斎場で葬儀を執り行うことが可能です。
葬儀/家族葬の事前相談・資料請求も受け付けております。
状況やご要望に合わせて選べるお葬式のセットプランをご用意しておりますので、ぜひ一度ご覧ください。

place 終活ねっとで斎場を探す
エリアを選択してください

東本願寺の納骨堂の2種類

お墓

東本願寺には大谷祖廟真宗本廟と2つの納骨堂があります。
それぞれどのような納骨堂かご説明いたします。

大谷祖廟への納骨

大谷祖廟とは浄土真宗の開祖である親鸞聖人の墓所で、本堂のある東本願寺の境内には無く、飛び地の境内にあります。
東本願寺が京都駅から近い下京区にあるのに対し、大谷祖廟は東山区の円山公園の近くなのでかなり離れたところにあります。

一度納骨したら返却はできません。

大谷祖廟についてさらに詳しく知りたい方はこちらから無料で資料請求をしてください。

霊園詳細情報

おおたにそびょう 大谷祖廟

keyboard_arrow_right
重厚な階段が続いてます。

浄土真宗

寺院墓地

train 京都市営地下鉄東西線「東山」駅から徒歩16分

place 京都府京都市東山区円山町477

真宗本廟収骨

真宗本廟収骨は御影堂に安置されている親鸞聖人御真影の須弥壇の下にご遺骨を収める納骨で、区別するために収骨と呼びます。
信徒にとっては大変名誉なことだとされています。

浄土真宗の信徒でなければならず、取り次ぎのために自分が檀家となっている菩提寺に申し込みをする必要があります。

東本願寺の納骨堂利用に必要な費用

お金

まずは気になる費用についてお話しします。

大谷祖廟御影堂ではそれぞれ費用はどれくらい必要なのでしょうか?

大谷祖廟への納骨に必要な費用

まずは大谷祖廟の費用を見てみましょう。

大谷祖廟の費用は、特別・1種・2種・3種・4種の五段階に費用が分かれています。

なお、浄土真宗では故人を供養するという概念はありませんので、真宗大谷派では永代供養とは言わず、代わって永代読経と呼びます

納骨だけの場合

いわゆる納骨だけの4種の場合の費用は2万円以上で、以上は志納金としてお気持ちです。
他の申込者と一緒に読経をする一座読経のみが行われ、以後は何も行われません。

永代読経してもらう場合

3種の場合の費用は4万円以上で、一座読経の他に彼岸会で永代読経が行われます。

2種の場合の費用は7万円以上で、一座読経の他に命日と彼岸会の回永代読経が行われます。

1種の場合の費用は10万円以上で、一座読経の他に毎月の命日と彼岸会の永代読経が行われ、命日に永代経法要の案内状が届きます。

特別の場合は費用は15万円以上で、毎月の命日と彼岸会の年12回永代読経が行われるだけでなく、親族のみで執り行う特座読経が行われ、命日に永代経法要の案内状が届きます。

御影堂への納骨に必要な費用

御影堂への真宗本廟収骨は直接納めるのではなく、真宗大谷派に所属する寺院・教会の住職に取り次いでもらった上で、相続講金という形で1体あたり12万円以上をその住職に納めます。

相続講金を30万円以上お納めると、真宗本廟収骨の際にお斎を3名分接待してくれます。

東本願寺の納骨堂への納骨方法

困った人々

この2つの東本願寺の納骨堂を利用する場合にはどんな手続きをしなければならないのでしょうか。

火葬したご遺骨を納骨するための手続き

東本願寺の納骨堂を利用する前に、埋葬に必要な法的な書類が必要になります。

まず人役場で死亡届を発行してもらい、火葬許可証を発行します。
この火葬許可証を持って火葬場で火葬してもらうと、火葬場から火葬証明書が発行されます。

火葬した遺骨を全て納骨堂に納める場合は火葬証明書で問題ありませんが、分骨した骨を納骨堂に納める場合には火葬場で分骨証明書を発行してもらいます。
この証明遺書を遺骨と一緒に持っていかなければ、いかなる墓地・納骨堂も納骨を受け付けてくれません。

またお墓に納骨した遺骨を納骨堂に納め直すには改葬許可証が必要になりますので、お墓のある市町村で改葬証明書の交付手続きをしてもらってください。

大谷祖廟への納骨に必要な手続き

まず手続きの前に服装ですが、法事に相応し略式礼服が望ましく、もしあるようでしたら真宗門徒の正装である略肩衣を召してください。
また読経を行いますので念珠は必需品です。

遺骨は骨壺に納めて箱に収容し風呂敷で包み、遺骨と共に火葬証明書か分骨証明書、改葬証明書のいずれかの書類を持参して納骨してもらいます。

ただし、浄土真宗の本山納骨では遺骨の一部である胴骨までしか受け取ってもらえないので、永代供養を希望する場合には他の遺骨を火葬場などで処分してもらう必要があります。

大谷祖廟での納骨は当日に直接大谷祖廟の受付に持って行っても問題ありません。
受付は午前の部が8:45~11:45、午後の部が12:45~15:45までで、それぞれ15分前には受付を済ませてください。

最初に受付で申込書が渡され、申込者の住所氏名を記入します。
普段菩提寺と交流のない遺族の方で祭祀主催者となった方は、故人が菩提寺の教区と名称及び故人が菩提寺の住職に付けてもらった法名を記載する欄があるので、その菩提寺にあらかじめ情報を聴いておいた方が良いでしょう。

受付が終わると係りの方が順番に呼び出してくれるので、係員に従い本堂で読経をします。
読経が終わると今度は御廟で納骨が行われ再度読経が行われ終了となります。

真宗本廟収骨の手続き

真宗本廟収骨を望まれるかたは大谷祖廟で納骨する場合とは異なり、直接本山で受付することはできません
まず親鸞聖人の教えを聴聞し、相続講の精神である本願念仏の教えを受け継ぎ、真宗本廟を崇敬し護持していくことを誓う法義相続・本廟護持の趣旨に賛同する必要があります。

その賛同の証として、相続講金を真宗大谷派に所属する寺院の住職に納め取り次いでもらうことで収骨證が発行されます。

収骨證と一緒に参拝案内冊子『参拝される皆さまへ』が渡されるので、その中にある申込書「事前届出ハガキ」に参拝予定日・人数等を記入の上、参拝される2週間以上前に参拝接待所宛に郵送してください。

当日の収骨は午前の部と午後の部に分かれていますので、午前の部であれば9:00~10:10までに、午後の部であれば9:00~13:10までに受付を済ませます。
受付をすると遺骨は7㎝角の桐箱に移され、入り切れなかった遺骨は返却されます。

その後法話と収骨、本山読経が行われ終了となります。

分骨時に返却されたご遺骨を納骨する先をお探しの方は、こちらの「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。

納骨堂をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、納骨堂の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

東本願寺の納骨堂についてまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか?

東本願寺の納骨堂は他の宗派の終活のための納骨堂とは意味合いが異なり、浄土真宗の信徒の栄誉と親鸞聖人への敬愛の念を示すための習慣であることがご理解いただけたかと思います。

最後に東本願寺の納骨堂の費用についてリストにまとめておきます。

  • 浄土真宗においては、人は死ねば直に阿弥陀如来に救われたのち極楽浄土で成仏できるとされているので、供養という概念はありません。そのため納骨堂での納骨は永代供養ではなく、崇敬する親鸞聖人と共にその教えを万世に伝えたいという信徒の気持ちの表れとして行われます。

  • 東本願寺の納骨堂は大谷祖廟と真宗本廟の2箇所があります。費用は大谷祖廟2万円以上からで5種類あり、それぞれ法要の仕方が異なります。真宗本廟の費用は12万円以上からで法要は1種類のみです。

  • 東本願寺の納骨堂は東本願寺大谷派の信徒しか納骨できません。大谷祖廟は当日受付ですが、真宗本廟は大谷派に属する寺院の住職に取り次いでもらう必要があり、収骨も事前予約が必要です。

同じ仏教と言ってもそれぞの宗派によって教えや死後の世界観は異なります。

浄土真宗の納骨堂の意味合いが他の宗派と一線を画すと言っても、どの宗派も人が成仏して救済されることを目的としているのでその想いは同じなのです。

最後までご拝読頂き誠にありがとうございました。

「終活ねっと」では他にも納骨堂に関する記事を掲載しています。
一般的な納骨堂の料金について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

  • 火葬の後、納骨するまでの時間について解説しますのサムネイル画像
    火葬の後、納骨するまでの時間について解説します

    火葬した後のお骨は、骨壺に入れて持ち帰ります。その遺骨をお寺などに納めるのが納骨です。納骨するまで長い時間、自宅で供養しても良いのでしょうか。この記事では、納骨の方法や時間について説明します。

  • 東本願寺に納骨する際の手続きなどをまとめました。のサムネイル画像
    東本願寺に納骨する際の手続きなどをまとめました。

    真宗大谷派の本山である「東本願寺」。宗派に関係なく観光として一度は訪れたことがあるのではないでしょうか?今回はそんな東本願寺の歴史と納骨の手続きについてまとめてみました!納骨の手続きについては真宗大谷派の門徒の方は是非に参考にしてください!

  • 真宗大谷派ではどのように納骨するの?|大谷祖廟・費用・歴史のサムネイル画像
    真宗大谷派ではどのように納骨するの?|大谷祖廟・費用・歴史

    納骨とは、火葬した遺体の骨をお墓や納骨堂などにおさめることを言います。真宗大谷派の納骨はどのように行われるのでしょうか?真宗大谷派の歴史を交えながら解説していきます。

  • 浄土真宗の納骨方法とは?|時期・お布施・費用・期限・喉仏・お供えのサムネイル画像
    浄土真宗の納骨方法とは?|時期・お布施・費用・期限・喉仏・お供え

    浄土真宗といえば鎌倉時代に親鸞が開いた仏教の宗派で、全国に多くの信徒を抱えています。仏教の宗派によって納骨の方法も違ってくるものですが、浄土真宗の場合はどのようなものなのでしょうか?今回は、浄土真宗における納骨事情を確認していきます。

  • 納骨の時期はいつがいい?宗教による違いものサムネイル画像
    納骨の時期はいつがいい?宗教による違いも

    奏法には、土葬、風葬、火葬などがありますが、現在の日本では、ご遺体を火葬するのが主流です。骨壺に入れられたお骨をお墓に入れる納骨には決まった時期があるのでしょうか?そこで宗教によっても違いがある納骨の時期について解説します。

  • 浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?のサムネイル画像
    浄土真宗本願寺派の【納骨】はどんなもの?大谷派とはどう違う?

    浄土真宗の本願寺派は、親鸞聖人に始まる浄土真宗の中でも京都の西本願寺を本山とする代表的なグループの1つです。そしてその納骨の方法は一般のものとは少し異なったユニークなものとして知られています。今回は、浄土真宗本願寺派の納骨のやり方を見ていきましょう。

  • 西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!のサムネイル画像
    西本願寺を本山とする本願寺派の永代供養法を1から解説します!

    浄土真宗には供養に関する独特な風習が色々とあります。さらに大谷派と本願寺派でも風習が違ったりして、どう供養したらいいのかもなかなか難しいですよね。今回は西本願寺の永代供養法について解説します。この記事を読んで、西本願寺の永代供養についての知識をつけましょう。

  • 納骨の手順をはじめから終わりまで全て解説します!!のサムネイル画像
    納骨の手順をはじめから終わりまで全て解説します!!

    遺骨を納める納骨。この納骨がどのような手順で行われるか知っていますか?納骨という言葉は知っていても、実際どのような手順で行われるか、よく知らないという人が多いのではないでしょうか?今回は、納骨がどのような手順で行われるのか、納骨の手順を紹介していきます。

  • 納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!のサムネイル画像
    納骨堂の購入の際に絶対に知っておきたいポイントを解説します!

    最近では、お墓を新たに建てるよりも納骨堂を購入する方が増えてきています。しかし納骨堂もいろいろあり、どれを選んだら良いか迷いますよね。そこで、納骨堂を購入する時に知っておきたいポイントを解説しますので、ぜひ、参考にしてくださいね。

  • 西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説のサムネイル画像
    西本願寺で永代供養はしてもらえるの?浄土真宗の永代経について解説

    通称「お西さん」と呼ばれる浄土真宗本願寺派こと西本願寺。京都にある世界遺産として有名ですが、どのような教義でまたどのように永代供養するかを知っている方は多くはないのではないでしょうか。今回はそんな西本願寺における永代供養について見ていきたいと思います。

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す