遺骨から作るアクセサリーとは?|作り方・人気・ペット

遺骨から作るアクセサリーとは?|作り方・人気・ペット

亡くなった方の思い出を偲び、心を込めて遺骨を供養することは、遺族としてのとても大切な務めです。遺骨の供養方法は時代と共にさまざまなスタイルが登場しています。近頃では、愛する故人をいつも身近に感じることができる遺骨アクセサリーが注目を集めています。今回は遺骨を加工するアクセサリーの種類や注意点などを解説します。ぜひ最後までご覧ください。

2019-11-23

遺骨をアクセサリー加工することについて

葬儀

亡くなった方の思い出を偲び、心を込めて遺骨を供養することは、遺族としてのとても大切な務めです。
遺骨の供養方法は時代と共にさまざまなスタイルが登場しています。
近頃では、愛する故人をいつも身近に感じることができる遺骨アクセサリーが注目を集めています。
今回は遺骨を加工するアクセサリーの種類や注意点などを解説します。
ぜひ最後までご覧ください。

今回の記事では、特に以下のポイントに注目していきます。

  • 手元供養の一種としての遺骨アクセサリー

  • 遺骨アクセサリーの種類と作り方

  • もっとも安い遺骨アクセサリーはどれか?

  • 一度埋葬した遺骨をアクセサリーにできるのか?

  • 遺骨を身に着けるのはよくないこと?

  • 遺骨アクセサリーの注意点

  • ペットの遺骨もアクセサリーにできるのか?

遺骨アクセサリーは手元供養の一種

仏壇

遺骨の手元供養とは、これまでは墓地や寺院にあるお墓に安置していた遺骨を、自宅で安置し管理する供養の方法です。

でも、遺骨を自宅で保管することは法律の面で問題ないのでしょうか?

「墓地、埋葬等に関する法律」では「埋葬又は焼骨の埋蔵は、墓地以外の区域に、これを行つてはならない」とされています。
この「墓地以外の区域」とは、例えば自宅の庭先や他人の土地などを指します。
自宅の中の仏壇などに安置するのは、法律で禁止されていません。

従って、遺骨をアクセサリーに加工すること法律違反ではありません
安心して遺骨をアクセサリーにすることができます。

遺骨を手元供養する場合、次の2つの方法があります。

  • すべての遺骨と遺灰を自宅にて保管する

  • 墓地や寺院にあるお墓に納骨し、残った遺骨と遺灰を自宅にて保管する

遺骨の手元供養では、ほとんどの場合2の方法を取ります。
2の方法は、遺骨を分けるため分骨(ぶんこつ)と呼びます。

遺骨をアクセサリーに加工するにあたり、遺骨を全部使う必要はありません。
分骨をしたうえで、遺骨や遺灰の一部をアクセサリーに加工するのが一般的です。

また、遺骨は専用の器械で粉砕し、粉末状にしてアクセサリーに使います。

遺骨アクセサリーの種類と作り方

人々

遺骨をアクセサリーにする技術は年々進んでいます。
また、アクセサリーのバリエーションも豊富になってきています。

遺骨を加工して作るアクセサリーの種類とその作り方について、詳しく見ていきましょう。

遺骨をブレスレットにする

遺骨をブレスレットにする際によく用いられるのが、ブレスレットについたネジ式のシリンダー部またはカロート部に遺骨を納めるデザインです。
チタンでできたチェーン式や水晶玉を使った数珠のようなデザインなどがあります。
ブレスレット本体に刻印ができるタイプが人気です。

また、最近では細身のバングルタイプのものも出ています。

ブレスレットは老若男女問わず着用できるのがメリットです。

デメリットとしては、遺骨を納めたカロート部のネジがゆるむ可能性が挙げられます。
しかし、専用のネジゆるみ防止剤や接着剤を付けて固定することで、ネジのゆるみを防止できます。

ブレスレットを手首に着けることで、いつでも故人の存在を感じることができます

遺骨を指輪にする

ふだんアクセサリーをほとんどつけない方に好評なのが、遺骨を指輪にする方法です。
常に身につけていても、指輪なら邪魔になりません。
最近では、遺骨を指輪にする方も増えています。

指輪のデザインはシンプルでさりげないタイプから、可愛らしいデザインで女性用のピンキーリングなどもあります。
粉末状にした遺骨を指輪の内部に納めてから、ジュエリー加工の技術で蓋をする方式がほとんどです。
蓋には小さな窓があり、遺骨そのものを目で確かめられることがメリットです。

指輪の内側に名前や好きな文字を刻むこともできます。

遺骨をペンダントにする

遺骨で作るペンダントは、遺骨をアクセサリーに加工する中で、最も種類が豊富です。
多種多様なデザインの中から、自分の好みのペンダントを選ぶことができます。

ほとんどのデザインでは、粉末状にした遺骨をペンダントのトップ部分に納めます
その場合、納める部分はネジ式のカロートとなっています。
ネジのゆるみが気になる方は、専用のネジゆるみ防止剤の使用がおすすめです。

ここでは遺骨のペンダントで多く使われる2つの素材に注目して説明します。

チタン製の遺骨ペンダント

軽くて耐久性が高いことから、チタンは医療器具にも使われている素材です。
アレルギー性が低いので、チタン製のペンダント金属アレルギーが起きにくいというメリットもあります。

また、常に身に付けるペンダントでは、傷の付きやすさが気になります。
チタン製は傷が付きにくく、錆びないという点も大きなメリットです。
衛生面でも高い評価を得ています。

チタン製の遺骨ペンダントは、シンプルなロケット型を基本に、花やハートをモチーフにしたデザインなどがあります。

ステンレス製で防水の遺骨ペンダント

ステンレスは傷の付きにくさと錆びないことから、身近な生活用品全般に多く使用されている素材です。
ステンレスは貴金属としての価値は高くありません。
しかし、その実用性の高さから、遺骨ペンダントの素材としてはとても優秀と言えます。

ステンレス製の遺骨ペンダントは、金属アレルギーの心配がなく、常に衛生的に使用できるメリットがあります。

遺骨をダイヤモンドに加工する

ダイヤモンドは最も輝きが強く、また硬い貴金属の素材です。
ダイヤモンドの輝きは多くの人々を魅了してやみません。

合成ダイヤモンドの製作は、約50年前にアメリカで始められました。
現在では、遺骨や遺灰から炭素を抽出・精製し、ダイヤモンドに加工することができます。

遺骨で作るダイヤモンドは、その永遠の輝きから、メモリアルダイヤという名称もあります。
天然のダイヤにも負けない美しさが特長です。
亡くなった方の存在をダイヤモンドにすることで、いつまでも色あせない形で保管できます。

一方、デメリットもあります。
一旦ダイヤモンドに加工した後はDNAが残っていないため、本当に故人のものか判断する方法がないという点です。
また、出来上がるダイヤモンドは小さいため、うっかり紛失しやすいという点も挙げられます。

しかし、大切な方との思い出を永遠の輝きとして残せることから、遺骨のダイヤモンド加工に注目が集まっています。

気になる費用の相場としては、ダイヤモンド0.5カラットで約100万円です。
製作期間は、業者・事業主によっても異なりますが3か月から6か月が目安となります。

もっとも安い遺骨アクセサリーとは?

お金

遺骨アクセサリーは、一般のアクセサリーと同様に、素材によって価格に幅があります
遺骨のごく一部分を気軽にアクセサリーとして身に付けたいという方には、リーズナブルなタイプがおすすめです。

例えば、シルバーの素材のペンダントタイプは比較的安いお値段で購入できます。
ロケット型のトップの部分に、遺灰や粉骨を自分で入れて完成です。
この時に開口部が広めのものを選べば、遺骨を細かい粉末に砕く必要がなく、そのまま遺骨を納められます。
このようなシルバー素材のペンダントは1000円ほどから買うことができます。

また、アクセサリーという形式にこだわらず、自分でケースを買って保管することもできます。
遺骨の一部を納めるケースは、ピルケースで代用することも可能です。

一度埋葬した遺骨をアクセサリーにできる?

お墓

一般的には、四十九日の法要の場で納骨を行ないます。
その時点ではすべての遺骨を納骨したものの、納骨後に遺骨をアクセサリーに加工したくなった場合は、どうしたらよいでしょうか?

大抵の場合、一度埋葬した遺骨でもアクセサリーにすることができます

石材店に依頼して、骨壺から遺骨を取り出して分骨し直すことが可能です。

分骨して遺骨の一部を取り出した後は、通常のケースと同様です。
用意した遺骨アクセサリーに自分で遺骨を納めたり、遺骨を業者・事業主に加工してもらいアクセサリーにすることができます。

ただし、埋葬してからの期間によっては、骨壺の中の遺骨が傷んでいる場合があります。
その時は、遺骨をきれいに洗浄する骨洗浄を業者・事業主に依頼するとよいでしょう。

遺骨を洗浄乾燥することで、アクセサリーへの加工がしやすくなります。
骨洗浄を行なう業者では、遺骨の粉砕も行なっています。
粉末状にした遺骨を加工して、ペンダントのトップやブレスレットの作成までを依頼できる業者・事業主もあります。

ご遺骨をアクセサリーにすることに、遅すぎることはありません
思い立ったその時に、希望のタイプのアクセサリーに加工できると言えます。

遺骨を身に着けることはよくないの?

困った人々

大切な方やペットの存在をいつまでもすぐそばに感じられる遺骨アクセサリーですが、年配の方を中心に、遺骨を身に着けるのはよくない、という意見もあります。

仏教のしきたりでは、遺骨は四十九日の法要の場で納骨をします。
これは、四十九日の後に、故人の魂が肉体である遺骨を離れて天国へ旅立つという由来からきています。
遺骨自体はその人の魂ではないため、執着して身に着けるのはよくないとする考え方です。
特に年配の方は、これまで長く馴染んできたしきたりを守らないことに抵抗があるかもしれません。
また、遺骨アクセサリーを身に着けることで、いつまでも故人のことを考えてしまい、前向きに暮らすことが困難になってしまうという見方もできるでしょう。

しかし、時代の変化とともに、近年ではいつまでもそばにいたい気持ちの現れとして、遺骨をアクセサリーにする選択肢がクローズアップされています

ここで問題となるのが、もし身近に遺骨アクセサリーに反対する方がいる場合です。
その場合は、従来からのしきたりは重要なものとして尊重しながら、選択肢の一つとして遺骨のアクセサリー加工があることを丁寧に説明してみてはいかがでしょうか?

また、埋葬方法としての分骨は、例えば仏教の本山と地元の寺院墓地などで、古来から行われているものです。

死者に関する感覚や感情は、宗教や宗派の問題もあり、人によって違ってきます。

遺骨をアクセサリーにしたうえで持ち歩くかどうかは親族や大切な方々とともに話し合って決めることが重要です。
遺骨のアクセサリーを常に身に着けるのではなく、アクセサリーの形で自宅に保管するというやり方もあります。

終活が盛んになった現代では、時代の変化にアンテナを張ることが重要になってきます。
故人を大切に想う気持ちに加えて、現在、共に生きている親族や大切な方々との関係性も大切にする必要があると言えるでしょう。

遺骨アクセサリーの注意点

葬儀

実際に遺骨をアクセサリーに加工した場合、どのような点に気をつけたらよいでしょうか?

注意点は主に3つです。

遺骨アクセサリーの紛失に気を付ける

常に身に着けるということは、自宅の外にも外出するため紛失の可能性があります。

ネジのゆるみやチェーンが切れてしまうことにも注意が必要です。
ネジの部分には専用のゆるみ防止剤や接着剤を使いことがおすすめです。

特に女性に多いようですが、チェーンが切れることが心配だからと言って、バッグの中などにアクセサリーを入れて持ち歩くことはよくありません。
バッグの中で他の荷物と混ざってしまい、紛失する可能性があります。

また、素材の貴金属が変質する可能性があるため、長い時間水に浸すのは避けましょう
温泉や海水浴では、遺骨アクセサリーを外します。

遺骨アクセサリーのその後を決めておく

もし自分の身に万一のことがあった場合に、自分が身に着けていた遺骨アクセサリーをどうしたらよいのか決めておく必要があります。

いつまでも故人と一緒にいたい気持ちから、遺骨アクセサリーも自分と一緒の棺に入れたいという声もあります。

肌身離さず身に着けたいものだからこそ、自分の身に何かあった時の対応を親族に話しておきましょう。

親族との話し合いが大切

遺骨アクセサリーを持っていることを、ふだんから家族や親族と話し合っておくことが大切です。

これは、お墓から一部を分骨して作った遺骨アクセサリーの場合でも同様です。
遺骨アクセサリーの存在を積極的に親族に知らせておくと、万一の場合にも安心できます。

ペットの遺骨もアクセサリーにできる?

犬

大切なペットの遺骨をアクセサリーに加工することはできるのでしょうか?

犬も猫も家族の立派な一員です。
何年もの間一緒に過ごす大切なペットは、亡くなった時の悲しみがペットロスとして問題にもなっています。

そんな中、近年ではペットの遺骨をアクセサリーにしたいという方がとても増えています。

もちろんペットの遺骨もアクセサリーに加工することが可能です。

遺骨を思い出の品としてアクセサリーにすることで、ペットロスを軽減し、悲しみを癒すことができます。

愛犬や愛猫の遺骨加工したアクセサリーは、さりげない形でいつでも身に付けることができます。
生前の可愛かった姿をいつまでも思い出すことができます。

遺骨アクセサリーまとめ

人々

供養の新しい形としての遺骨のアクセサリー加工について説明してきました。
今回の記事をまとめてみると、

  • 遺骨アクセサリーは手元供養の一種であり、法律違反にはならない

  • 遺骨アクセサリーの種類(ブレスレット、指輪、ペンダント)とその作り方

  • もっともリーズナブルな遺骨アクセサリーはシルバー製のペンダントである

  • 一度埋葬した遺骨を取り出し殺菌洗浄してアクセサリーに加工できる

  • ペットの遺骨をアクセサリーに加工することができる

  • 遺骨を身に着けることはよくないとする意見もある。親族との話し合いが重要である。

以上のことがおわかりいただけだと思います。

時代と共に、亡くなった方を供養する方法はさまざまな形に変化しつつあります。

終活という大きなテーマでとらえた際に、供養の方法は従来通りのお墓や納骨堂だけとは限りません。
遺骨をアクセサリーに加工することは、いつでも、いつまでも、亡くなった方と一緒に過ごしたいというごく自然な気持ちの現れです。

また、お墓を持たない方が増えている現在では、永代供養が注目を集めています。
遺骨をアクセサリーに加工して手元で供養する方法は、永代供養の一つと言えます。

この機会に、遺骨アクセサリーを選択肢の一つとして検討して、供養の方法についてもう一度考えてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「遺骨・アクセサリー」に関連する記事

  • いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレスのサムネイル画像
    いつでもどこでも大切な人やペットを想う遺骨ネックレス

    故人やペットの遺骨をネックレスに封入して、身に付けることができる「遺骨ネックレス」が近年「手元供養」の1つとして注目を浴びています。デザインも材質も素材も様々な種類があります。故人やペットを常に身近に感じられることが人気の理由の1つです。

  • お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えていますのサムネイル画像
    お墓にとらわれず遺骨を自宅で供養する手元供養が増えています

    遺骨や遺灰をお墓とは別に自宅などで供養する手元供養が増えています。常に遺骨を身近に置き、故人を偲ぶことができる手元供養について解説します。

  • アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎのサムネイル画像
    アクセサリーにほんの少し遺骨を入れて得られる心の安らぎ

    もし亡くなった方が、あなたにとってかけがえのない方だったら、生前よりもその方の存在を大きく感じるのではないでしょうか。傍にいることが当たり前だったら、その喪失感はきっとはかり知れないでしょう。そんな時は遺骨をほんの少しアクセサリーにして身に着けてみてください。

  • 遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!のサムネイル画像
    遺骨をブレスレットに?新しい供養の形を探ります!

    手元供養にもいろいろなスタイルがあります。ブレスレットなどアクセサリーに遺骨を入れて身に着ける形、骨壺に入れて家で管理する形。遺骨が入っているとは思えないブレスレットデザインで今の生活スタイルにあう供養の形を紹介します。

  • いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。のサムネイル画像
    いつでもどこでも一緒にいられる。遺骨ネックレスについて。

    大切な家族が亡くなった時に、どうしても遺骨と離れたくない、いつでも近くに感じたい。そんな場合には、遺骨ネックレスはいかがでしょうか。手元供養にもなるので、注目されつつある、遺骨ネックレスのあれこれをご紹介します。

  • 遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜のサムネイル画像
    遺骨の【手元供養】を徹底解説〜いつでも故人と共に〜

    遺骨の「手元供養」はお墓のいらない新しい感覚の供養方法です。お墓離れという言葉もある現在、遺骨の「手元供養」が注目を集めています。今回は遺骨の「手元供養」についてご案内します。アクセサリーやプレートなど、手元供養にぜひおすすめのアイテムも紹介していきます。

  • 遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介のサムネイル画像
    遺骨の手元供養ってどうするの?方法・メリット・注意点を紹介

    大切な人を、亡くなった後もずっと身近に感じられたなら…そう思ったことはありませんか? 遺骨を手元供養すればそれが可能になります。 終活ねっとでは遺骨の手元供養について具体的な種類や方法を紹介します。 ぜひあなたに合った形を見つけてくださいね。

  • 新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説のサムネイル画像
    新しい供養として手元供養を選ぶ方々が続出!その概要と注意点を解説

    昨今の墓地事情や宗教観の変化により遺骨を身近な処で供養する手元供養を選ばれる方々が年々増えています。 新しい供養の在り方として注目を浴びていますが、注意点も存在します。 ここでは手元供養の概念と方法、そして注意点を解説いたします。

  • 手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?のサムネイル画像
    手元供養の際に必要な「遺骨加工」って何?

    亡くなった方が生前身に着けていたものを形見として身に着けるのが今までの一般的な形見でしたが、近年亡くなられた方の遺骨を加工して手元供養をしたり、形見にすることが出来るようになりました。この記事ではその手元供養に必要な遺骨加工について掘り下げていこうと思います。

  • ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダーのサムネイル画像
    ペットの遺骨はどう供養する?|自宅・埋葬・アクセサリー・パウダー

    最近はペットも家族の一員として葬儀を挙げ、火葬をして忌う方が増えています。では、火葬後のペットの遺骨はどのように供養すれば良いのでしょうか?一昔前は庭先に埋めるが一般的でしたが、今は様々な弔い方があるようです。今回は、ペットの遺骨供養についてお話しします。

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す
女性オペレーターの画像

墓地・霊園に関するご相談はこちら

call 0120-585-045

まずはWEBからお墓を探す