墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?|処分・移動・自宅

墓じまい後のご遺骨はどうすればいいの?|処分・移動・自宅

墓じまいを考えている方としては、お墓の中にあるご遺骨をどのようにしようかと悩む方も少なくないかと思います。そこで今回は墓じまいの後にご遺骨をどのようにすればよいのかについていろいろと見ていきたいと思います。いくつか方法がありますので、ぜひ参考にしてみてください。

最終更新日: 2020年02月19日

墓じまい後のご遺骨について

お墓

近年、先祖代々のお墓についてそれを引き継いでくれる人が見つからないために、墓じまいを検討している人が少なくありません。
たしかに、墓じまいをすることでそれまで守ってきたお墓について一区切り整理をつけることができます。

ただし、その際にもう一つ大きな問題が発生してきます。
それは、そのお墓に納骨した故人のご遺骨をどのようにするか、というものです。
実際のところ、ご遺骨をどうするかという問題で悩んでいるという方も少なくないかと思います。

そこで今回は、墓じまいの際にご遺骨をどのようにすればいいかについて見ていきます。

具体的には、

  • 墓じまいをした後に、ご遺骨を新しいお墓に移す場合はどうすればよいか?

  • 墓じまいの際にご遺骨を管理できない場合はどういう方法をとればよいか?

  • きちんと墓じまいしない場合、納骨してあるご遺骨はどうなってしまうか?

について詳しく見ていきたいと思います。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

時間がないという方やお急ぎの方も、知りたい情報をピックアップしてお読みいただけます。
墓じまいの際にご遺骨をどうしようか悩んでいる方は、ぜひともこの記事を検討の際の参考材料にしていただきたいです。

ぜひ最後までお読みください。

また、実際に改葬・墓じまいを検討されている方は、「終活ねっと」の墓じまい代行サービスをぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き

  • ご遺骨改葬先の手配

  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)


「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
墓じまい・改葬の費用ややり方について詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

墓じまい後にご遺骨を新しいお墓に移す場合

お墓

それまでの先祖代々のお墓を墓じまいした後の選択肢としてよく見られるのが、新しく建てた別のお墓に移す、いわゆる改葬というものです。
しかし、改葬には決まった手順や手続きを踏む必要があります。

ここでは、改葬の際に踏むべき手順や手続き、そして改葬の際にご遺骨をまとめる際の方法について見ていきましょう。

改葬の手順

改葬の手順については端的に説明すれば、以下のような順序になります。

地区によって提出書類が異なることもあるので、各地区に合わせた書類の準備を心がけてください。

  • 移動先を決めて移動先墓地の管理人に「受入証明書」を発行してもらう
    (納骨時期を逆算してお墓建立の契約しておく)

  • 既存の墓地の管理人に「埋蔵証明証」を発行してもらう

  • 既存の墓地のある地区の役所で「改葬許可証」の発行
    (葬許可書発行手数料は1000円程度)

  • 役所に改葬許可申請書・埋葬証明書・受入証明書などを提出

  • お骨取り出し⇨移動・納骨

手順にはないですが、親族や寺院や霊園への相談も大切です。

特に、親族への相談は前もってきちんとやっておかなければ、あとあとトラブルのもとになります。
この際に改葬の目的や理由、お墓の移転などに必要な費用の分担などをよく相談するようにしましょう。

そして、それまでお墓を管理してくれた寺院や霊園への相談も綿密かつ慎重に行いましょう。
というのは、寺院や霊園にとって改葬というのはあまりうれしい話ではなく、むしろ檀家や顧客が1つ減るようなマイナス要素の話と考えるためです。

このため、あまり感情的にならずに向こうの気持ちを汲み取りつつ、穏やかに話を進めるようにしましょう。

ご遺骨をまとめる場合

改葬の際にお墓の中に納骨してあった故人のご遺骨が多く、移転先のお墓に入りきらないというケースも少なくありません。
このような場合は一体どうしたらよいのでしょうか?

この場合はご遺骨をまとめるという選択肢がとられますが、そのための方法は2つ挙げられます。

1つめは、骨壺を納めるカロートの土に直接接している部分に、ある程度古くなった(三十三周忌や五十周忌)ご遺骨を取り出して広げるというものです。
こうすることにより、お墓の土という自然の中に還すことができます。

もう1つの方法は、古くなったご遺骨を1つの骨壺にまとめて納めるという方法です。
この方法は、上記の方法をとろうにもカロートに土の部分が全くないという場合に使うことができます。

この方法をとる場合、取り出したご遺骨を骨壺に入れる前に粉骨すれば、それだけ多くのご遺骨をまとめて納めることが可能です。

いずれの方法を用いても納骨に必要な骨壺が減る分、カロートのスペースにも余裕が出てくるため、将来的に新しく納骨することになってもスペースの心配がなく安心することができます。

墓じまい後にご遺骨を管理できない場合

お墓

それまでのお墓を墓じまいした後、新しいお墓に改葬できるという場合であれば安心ですが、墓じまいをする際にご遺骨を管理することができないというケースも少なくありません。

ここでは、そのような場合にどのような方法があり、それぞれどのようなメリットやデメリットがあるかを見ていきます。
どの方法も一長一短があるので、どの方法が最も故人が喜びそうか、また遺族にとって適したものかをよく吟味することが大切です。

永代供養する

ご遺骨を管理できない場合によくとられる方法の1つが永代供養です。
永代供養とは、お墓の管理者がお墓の管理だけでなく供養までを一括してまかせられる方式の供養のことで、近年お墓の供養ができない人が増えている状況を受けて利用者が増えています。

このため、供養や管理に関しては料金さえ払っていれば、あとは定期的にお参りするだと手間がほとんどかかりません。

なお、「永代」という言葉から、未来永劫にわたって故人のお墓の管理や供養をやってもらえると誤解する人も多いのですが、ここでいう「永代」とはあくまでもある程度の一定期間(三十三回忌や五十回忌までなど)であるため、契約の際は契約内容をよくチェックしておくようにしましょう。
また、管理者が倒産した場合は、契約の途中でも永代供養が打ち切りになるので注意が必要です。

さて、永代供養ではご遺骨は合祀墓(永代供養墓)や、個人墓もしくは納骨堂に納められます。
どのタイプの納骨をされるかによっても料金が大きく異なってきますので、その点はあらかじめ留意しておきましょう。

そして、合祀墓に納骨された場合は、途中で取り出すことができませんので、それについても注意が必要です。

永代供養ができる霊園・墓地をお探しの方は、「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。

永代供養をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

手元供養する

いっそのこと、自宅で個人のご遺骨を供養する、手元供養という方法をとる人もいます。

具体的には、ミニ骨壺などにご遺骨を入れて毎日のように管理・供養するというものです。
故人を身近に感じつつ毎日を過ごしたいという人にとってはこの方法が合っているといえます。

ただし、永代供養に比べると自分たちでいろいろと供養しなければいけない要素が強いため、そういうことにまめな人に向いているといえます。

散骨する

近年では、葬儀の方法も多様化しているため、散骨という方法でご遺骨を処理するという人も増えています。
散骨で特に多いパターンが、海に還す海洋散骨や、山奥で散骨する山岳散骨です。

故人が自然に還したいという遺志があった場合や、これ以上お墓の管理が難しいという場合にとることのできる方法といえます。

ただし、散骨を行うには、散骨する場所の管理者や利用者などに対する配慮が必要です。
例えば、海洋散骨を行う場合は海水浴場の近くや漁場などで行うと、そこの利用者と民事上のトラブルになりかねませんので、トラブルが起こりそうになり海域で散骨することが大切です。

さらに、散骨に先立って粉骨という処理が必要です。
粉骨とは、ご遺骨を2㎜以下の大きさにまで細かくすることです。

そして、散骨の方法によっては天候などに左右される場合もあるので、あらかじめ理解しておくようにしましょう。

樹木葬にする

ご遺骨を自然に還す、樹木葬も近年注目されている方法です。
これは、墓石代わりに樹木(低木)を植えて、そのたもとにご遺骨を埋葬するというものです。

墓地に専用の区画を設けて、そこで樹木葬をするパターンが多く、個人用のスペースから家族用のスペースまでいろいろ用意されているため、納骨し直す骨壺の数に合わせて選ぶことができます。

自然に還すという方法の1つであるうえ、里山保全にも一役買う方法であるため、環境意識の強い人に特に向いているといえます。
ですが、地方の山奥での樹木葬は、アクセスなどの問題も発生することがありますので、場所の選定で悩む場合があるということも留意しておいてください。

樹木葬ができる霊園・墓地をお探しの方は、「終活ねっと」のお墓探しをぜひご利用ください。

樹木葬をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、樹木葬の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「終活ねっと」では、関連する記事を多数公開しています。
樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

墓じまいをしないと無縁墓になってしまう

お墓

もしも、お墓の跡継ぎがいなくて墓じまいそのものができない場合、そのお墓や中に納められているご遺骨はどうなるのでしょうか?

この場合、その墓のある墓地の管理者(寺院や霊園)は法律(墓埋法=墓地、埋葬等に関する法律)に基づいて1年の期限で縁故者を探すことになります。
具体的には、役所の出す官報や墓地の中に立てる立札にお墓に眠る故人の縁故者を探している旨を記載します。

もし、この周知にもかかわらず縁故者が見つからないまま1年が経った場合は、そのお墓に眠る故人は無縁仏として扱われます。
そして、ご遺骨がとりだされた後で、無縁仏供養塔に合祀され、お墓も撤去されます。

なお、一度合祀された無縁仏のご遺骨は取り出すことはできません。

無縁仏にしないためには、改葬をして、永代供養にするのがおすすめです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

「終活ねっと」では、墓じまいの相談を承っております。
墓じまいに必要な行政手続きから、改葬先の永代供養の手配までしっかりとサポートいたします。
墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ「終活ねっと」の墓じまいをご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き

  • ご遺骨改葬先の手配

  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)


墓じまい後のご遺骨まとめ

お墓

墓じまいの際のご遺骨の取り扱いについていろいろと見てきましたが、いかがでしたか?

今回の記事の内容をまとめると、以下のようになります。

  • 改葬する場合、移転元のお墓の管理者から埋葬証明書を、移転先のお墓の管理者から受入証明書を発行してもらい、それに改葬許可証申請書を添えて役所に提出する。数日後に発行される改葬許可証を入手して、初めて改葬ができる。

  • 墓じまいの後でご遺骨を管理できない場合は、永代供養や散骨などの方法がある。いずれの方法も一長一短があるため、どの方法が最も故人が喜びそうか、またご遺族にとって適したものかをよく吟味することが大切。

  • 墓じまいすらできない場合は、そのお墓のある墓地の管理者が法律に基づいて、1年間縁故者を探すことになる。1年経っても縁故者が見つからない場合、ご遺骨は無縁仏として合祀され、お墓も撤去される。

このように墓じまいを行った後のご遺骨の取り扱いについてはさまざまな方法がありますが、どの方法が適切であるかは遺族のケースによりけりです。

そのため、墓じまいを検討する段階で親族同士やお墓を管理する寺院・霊園と綿密に相談や検討をすることが大切といえます。

「終活ねっと」ではご遺骨が大切に供養されるように願っております。
皆様の、そして皆様の大切なお方の終活のお役に立てましたら幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す