お墓にまつわるトラブルの事例とその解決方法を状況別に解説!

日本人にとって、お墓を含めた先祖供養というのは生活の一部でした。しかし、今はその形態が変わ自由が増えてきています。ただ自由度が増している分、トラブルも多くなっています。ですから、お墓に関わるトラブルについて、確かな知識を押さえておくのは重要です。

目次

  1. お墓でのトラブルが起こったら
  2. どんなトラブルが起きるのか
  3. お墓のトラブルはどこに相談すればいい?
  4. お墓のトラブルを避けるには
  5. お墓のトラブル まとめ

お墓でのトラブルが起こったら

お墓

日本人が大切にしてきたことに先祖供養というものがあります。
もっとも身近な先祖供養の目的として、自分たちのご先祖様を大切にすることで自分や家族、そして将来の家系の健康と繁栄を願うということが挙げられます。
これは庶民の生活の中に必然的に根付いてきたものだともいえます。

先祖供養において一番簡単に行えるのがお墓を大切にすることです。
日本人には、少なくとも年に4~5回ほどお墓参りをする風習がありました。
それは命日、春・秋の彼岸、そして迎え盆と送り盆です。
もちろん、今ではこれらの風習が簡素化されていたり、略式にて行われることも多くあります。
それでも心の中のどこかで、これらの風習を大切に想ってきたことに変わりはないかもしれません。

だからこそ、自分が「お墓」に対して考えてきたことや行いたいと思っていたことなどと違うことを提案、或いは意見、また行われてしまった時には、トラブルに発展することが多いものです。
この傾向は主に家族や親族の中で表されていくものですが「お墓」を対象とした場合、関係してくるお寺や石材店などとのトラブルも多くみられます。

そこで終活ねっとでは今回、お墓に関係して起きやすいトラブルを挙げ、その対処方法やトラブルを避ける方法を次のようにご紹介していきます。

  • どんなトラブルが起きるのか
  • お墓のトラブルはどこに相談すればいい?
  • お墓のトラブルを避けるには

それでお墓関連のトラブルについて詳しくみていきましょう。

どんなトラブルが起きるのか

お墓

お墓に関するトラブルは多種多様です。
ここではお墓に関するトラブルの中でも特によくあるものをいくつか紹介します。

親族とのトラブル

お墓という特性上、家族親族が関わってくるトラブルが一番多く相談されています。
代表的なトラブルを例にあげて、解決方法まで考えてみましょう。

どういったトラブルが多いのか

一番多く聞かれるトラブルは、ズバリ誰がお墓に入るかという問題です。
比較的若い人たちは「誰でもいいんじゃないの?」と思うかもしれませんが、昔ながらの風習を大切にしてきている人達には、絶対的に譲れない線というものがある場合があります。

まずは夫婦間に起こりやすいトラブルについてご紹介します。

日本では基本的にお墓は一家に一つあることが多いのですが、一家には一世代だけが暮らしている訳ではありません。
祖父母、父母、子供達兄弟という代表的な例を挙げても、三世代が暮らしています。
一般的に旦那と妻、つまり配偶者は同じお墓に入るものとされてきました。

しかし、今このしきたりに疑問が投げかけられ、大きなトラブルへと発展しています。
これは「実家のお墓に入りたい」「一人でお墓(納骨堂)に入りたい」という妻からの申し出によって引き起こされているのです。

妻がなぜそう言うのかという理由については、色々あるようです。
例えば以下のような理由があります。

  • 死んでまで旦那と一緒に居たくない
  • 夫婦別姓が認められている世の中なのだから、配偶者であっても別々のお墓に入るのは自由

この理由については、生前いろいろあったんだろうなぁと想像しながらも、あまり深くまで突っ込んではいけないような理由です。

では、別の理由はどうでしょうか。

  • 知らない先祖のお墓に入るのはイヤだ
  • 旦那はいいけど家族が嫌い

こうなると、旦那さん個人ではなく旦那さんを取り巻く親族の環境に、悩みを抱いてきたのだろうなぁと感じますね。

余談ですが、基本的に配偶者の片方が亡くなればその段階で婚姻関係は終了します。
しかしその後、亡くなった配偶者(主には旦那さん側)の親族と付き合いたくない、或いは旦那の親の介護をするのがイヤだ、という人が増えているというのです。
この場合「姻族関係終了届」という届出を市町村に行うと、配偶者の血族との姻族関係を終了させることが出来るというのです。
今、この届けを提出する人が右肩上がりに増えているという統計が出ています。

つまり、それほど親族の間でトラブル自体が生じやすくなっているのです。

また、妻に別の理由がある場合もあります。

  • お墓が縁もゆかりもない土地にある

この理由の場合には、旦那さんや親族との人間関係というよりも、単純に土地、場所の問題だといえます。

いずれにしても、この様な理由から夫婦で同じお墓に入ることを拒む時代となっていることから、トラブルへと発展していく現状があるのです。

では次に、夫婦ではなく兄弟間で起こりやすいトラブルについて考えましょう。
前述したとおり、お墓というのは基本的に一家に一つなので、代々受け継ぎ守っていくものです。
とはいっても、複数の兄弟がいる場合には誰が受け継ぐのかという問題が出てきます。

今までは、一般的に長男が跡を継ぐものとされてきたので、次男など他の兄弟は家を出て、自分で家庭をもった先で自分たちのお墓を建てることで、特にトラブルも発生していなかったと思われます。

ただ、最近では長男が家を継がないことも多く、他の兄弟が家を継いだりするケースも増えてきました。
また一人息子であっても家を継がず、実家を出て離れて暮らし自分の家庭をもつケースも増えています。
一人息子の場合には、実家のお墓に入ることになったとしてもトラブルには発生しにくいものですが、兄弟の場合には事情が違ってきます。
というのも、実家から出てしまった長男がお墓は実家のものに入りたいというケースがあるのです。

実家を継いでいるのは他の兄弟ですから、当然その兄弟たち家族もお墓に入ることになります。
遺骨を納める場所が広ければトラブルにはならないかもしれませんが、沖縄のお墓のように大規模なお墓を建てている家庭はそうはありません。
そのため、誰がお墓に入るかという問題でもめ事が起こることとなってしまうのです。
また、長男が実家の跡を継いだとしても、次男や三男が実家のお墓に入りたいと希望するケースもあります。

トラブルの解決方法

まず、夫婦間のトラブルの解決方法について考えましょう。
一言でいえば話し合いしかないといえます。
夫婦といえども違う人間ですから、死後のことについて違う考え方をもっていても当たり前ではないでしょうか。

一昔前は、とてもじゃありませんが妻が旦那にそんな考えを伝えることなんて決して許されませんでしたから、トラブルがなかったというよりもトラブルにまで発展するような自由がなかった、と言い換えた方が正しいかもしれません。
希望があっても、押し殺してきたわけです。
しかし、今は違います。
完全ではありませんが男女平等がうたわれる中で、女性も自由に意見できる機会が家庭でも開かれています。
ですから、このトラブルの解決方法は「話し合い」なのです。
しかも、出来るだけ早いうちに行っておくことがトラブル回避のコツともいえます。
とかく老齢になると、考え方に柔軟性をもてなくなりやすく、相手の言うことよりも自分の考えを押し通そうとする傾向が多くみられる場合があります。

その段階で話し合いをしようとしても、お互いに解り合えにくいのが実情です。
ですから、遅くともどちらかが定年を迎えるなどの転換期を利用して、よく話し合っておきましょう。

もっと若いうちから結論を出しておくのも良い方法といえます。

次に、兄弟間のトラブルの解決方法です。
これも「話し合い」が重要ですが、もしもお墓の収骨部屋に余裕があるのなら、区画分けを行うとか以前の遺骨を少し整理するなどの対処方法もあります。
またお墓の敷地に余裕があるのなら、地下の納骨部だけを広げることも可能です。
そうすれば、話し合いで解り合えずに解決に至らない場合でも、妥協案として提案することが出来ます。
トラブルを解決するために、いくつかの案を用意しておくことは非常に重要です。
そして、兄弟間であっても早いうちからお墓についての考え方を伝え合うのも、トラブル回避のためには重要です。

家族や親族の場合には、第三者よりも話し合いの機会が早めにもてることがメリットです。
お互いの考え方を尊重するためにも、早いうちに手を打っておくことをお勧めします。

お墓の契約・購入に関するトラブル

お墓

次に、お墓の契約購入に関するトラブルをみていきましょう。

このトラブルも、比較的多く発生しています。

どういったトラブルが多いのか

ひとことで言えばお金に関わるトラブルが一番多いといわれます。
国民生活センターに寄せられているお墓に関する苦情の相談や、一般社団法人日本石材産業協会のサイトをみても一目瞭然です。

例えば、下記のような相談が寄せられています。

  • 石材店をお墓購入の契約を締結し、申込金を払ったのにその後、石材店の方から「白紙撤回させて欲しい」と言われ契約を解約したけれど、申込金が戻ってこない。
  • お墓の値段を下げてくれたのはよいけれど、全額前払で支払うことが条件というのだがどうすれば良いか。
  • お金を払い終わっているのに、いつまで経っても完成しないだがどうすれば良いのか。
  • 菩提寺から、お墓の場所を移動させて欲しいという申し出があったので了承したのだが、囲いを変えたことによる費用請求が数十万円きた。お寺の方から提案されたことだし、その時の説明で追加の費用がかかるとも言われていないし、細かい見積もりや明細もないのだが、支払わなければならないのか。
  • ある霊園にお墓を建てようとした際、最初の説明では「お墓の前で読経してもらいたければ、ご家族が希望される宗派の僧侶をこちらで手配しますよ」と言われていたのに、いざ希望すると手配してくれない。だから自分たちで僧侶をお願いしたら「違約金がかかります」と言われた。

また、事業主と約束したのにそれが果たされないというトラブルも生じています。
例えば、次のようなトラブルです。

  • お墓を購入し、建ててもらったは良いけれど、引き渡されて細かく見てみたら納骨室の一部が欠けていた。すぐに事業主に連絡すると「直します」との事だったのだが、しばらく経っても直してもらえない。
  • 追加で費用が発生してでも良いから、と墓石の彫刻方法を指定してあったのに、引き渡されたお墓を見てみると、通常の彫刻方法になっていた。

トラブルの解決方法

まず、ほとんどのトラブルを解決するための最も有効な手段としては契約書をきちんと取り交わすということになります。

「約束したのに」という苦情相談が寄せられる場合、確認してみるとそれは口約束であり、書面にして取り交わしているケースがほとんどないことに気づかされます。
口約束は、あくまで記憶に頼るものなので、仮に約束した内容が果たされなかったとしても後から追及しても逃げられてしまうだけです。

ですから墓石や霊園区画を購入する時など、実際に購入することを決めたら全ての約束を契約書や覚書の中で取り交わすようにしましょう。

覚書はそれが書かれた時間や場所、署名してある人物などによっては効力を発しない場合がありますので一番良いのは契約書になります。
墓石販売や霊園販売などの事業主には必ず契約書がありますから、事業主が嫌がるとしても契約書を締結しておくべきです。
ただ契約書の様式は、だいたいひな形に沿って作られています。
ひな形には、細かい内容まで記す箇所がない場合もありますので、それは「契約書別紙」という形式でもとって契約書と一緒に綴じ、事業主と契約者双方で割り印を押し合えば完璧です。

契約書で必ず押さえておきたい内容として、次のものが挙げられます。

  • 契約日と納期(引き渡し日)などのスケジュール
  • 費用の総額と、手付金、内金、中間金、残代金などの内訳
  • 費用の支払い方法とそれぞれの支払い日程
  • 購入する墓石等の商品名と、材質や仕様(彫り方)などの詳細

気をつけたいのは、お金の支払いに関することです。

契約書を締結したとしても、支払方法が別れている場合があります。
代表的なものとして「手付金」「内金」「中間金」「残代金」などで、契約する段階で支払うのが「手付金」と「内金」になります。
支払う額と支払期限は事業主によって異なりますが、一般的には「手付金」は総額の10%程度を、「内金」は総額の20%程度を、契約日から1週間~1ヶ月以内の間に支払います。
契約の際には、大体の引き渡し日が記されますから、引き渡し期限の中間ぐらいまでに、残代金が30~50%になる様に「中間金」を支払ます。

そして、お墓が実際に建てられる日まで(引き渡し日ではない)に「残代金」を支払うのです。
家を建てる場合と似てますよね。

もしも途中で解約したい場合には、さらに注意が必要です。
内金は解約時に戻ってきますが、手付金は戻ってきません。
もちろん、両方とも実際の工事が着工される前に解約することが前提です。

さきに触れた実際のトラブル事例の中で、事業主からの白紙撤回という相談がありましたが、この場合には手付金の2倍の額を事業主が支払わなければならないこととされています。

このような知識があれば、きちんと事業主に請求することが可能ですよね。

お寺とのトラブル

お墓

それでは、次にお寺とトラブルになりやすい事例をご紹介します。
お寺とお墓とは切っても切れない縁ともいえます。

だからこそ、出来るだけトラブルを起こしたくありませんよね。

檀家問題

日本の核家族化問題は、戦後しばらくしてからの高度成長期にはすでに発生していました。
核家族化によって問題になるのが、実家をどうするのか、また実家が関わってきたご近所付き合いをどうするのかということです。
その中には、代々付き合ってきたお寺との関係、つまり檀家関係も含まれています。
というのも、実家に戻るのならまだしも実家を離れ自分たちで住居を構え、そこを本拠地とする場合、実家の父母が亡くなった後は檀家として継続していかなくても良くなるからです。
言い方を換えるなら、出来る限り檀家を止めたいと思う人が増えていると言えます。

いくらお墓があって永代供養をしてもらえるといっても、毎年かかるお布施などの費用を足していけば、相当の額になってしまうこともあります。

檀家を止めたいと申し出た場合どうなるのでしょうか。
檀家を止めるということは、管理してもらっていた墓石を撤去する必要も出てきますので、そのお寺で供養してもらってきた先祖代々の遺骨を引き上げるということになります。

当然ですが、この費用は申し出た側が負担することになりますが、実はお墓以外にも費用がかかることが一般的です。
それが離檀料というもので、一般的には10~20万円と言われています。
要は「今までお世話になりました」という感謝の気持ちを示すお布施ということになります。
ここで、まれに悪徳業者ならぬ悪徳坊主だと「最後なんだからふんだくってやろう!」と数十万円~100万円程の離檀料を請求してくることもあります。

トラブルの解決方法

檀家問題はお寺との問題になりますから、石材店と一般市民とのトラブルとはまた違ってきます。
この問題の解決方法はとにかく円満な話し合い以外は難しいです。
檀家が払っている管理料やお布施などのお金は、法律で定められているものではありません。

しかしながら、お寺は檀家からこれらの費用をもらわなければ運営していくことが出来ないのです。

当然ながら、円満な話し合いをするには月日を要することを覚悟しておいた方が良いですし、いきなり「明日から檀家を止めたいのですが」と言うのはあまりにも失礼です。

なので、檀家を止めたいことを真剣に考えているということを早めに住職に相談するようにしましょう。
そうすれば、必要のないトラブルを避けることにもつながります。

最悪の場合は第三者に相談する必要もあります。

お墓のトラブルはどこに相談すればいい?

困った人々

お墓のトラブルにどのようなものがあるかを見てきました。

ここではお墓のトラブルはどこに相談するのがいいのか解説します。

石材店

先に述べたとおり、お墓のトラブルは多くの場合は墓石を販売・建墓する石材店などの事業主やお寺が相手となります。
ですから、石材店と発生したトラブルを他の石材店に相談するのは控えた方が良いかもしれません。

お寺とのトラブルであれば、檀家とよくトラブルを起こすお寺の情報も石材店として把握していることが多いので、トラブルになってしまった他の家族の対処方法などを教えてもらうことも出来ます。

行政書士・司法書士・弁護士

一番確実にトラブルを解決させる方法は、やはり行政書士・司法書士・弁護士といったトラブル解決の専門家に依頼することです。

これらの業種の方には、看板にこそ掲げていませんが得意とする分野があり、お墓やお寺トラブルを専門とする事務所も存在します。

お墓のトラブルを避けるには

お墓

お墓に関するトラブルを避けるためにはどうしたらいいのでしょうか?

ここではトラブルを回避するための様々な方法をご紹介します。

親族間での話し合い

起きやすいトラブルをご紹介した項目で、親族と発生しやすいトラブルをみてみました。
解決方法のところでも触れましたが、とにかく誠心誠意話し合うことが大切です。
しかも、何かの事柄が発生した時に話し合っても冷静に考えることが出来にくいので、出来るだけ早いうちから話し合っておきましょう。

そうすれば、お互いに意見がすり合わせられ、妥協し合える点がきっと見つかるものです。

また、誠心誠意話し合うのですから、極力腹を割って話し合いましょう。
言いたいことを抑えての話し合いでは、わだかまりが残ったまま話し合いを終えることになりますから、結局トラブルの原因となります。

もちろん、腹を割って話し合う時、言葉や言い方に気を付けることが必要です。
同じ内容のことを伝えるとしても、相手を尊重して話すのか自分の主張だけを伝えるのかによって、相手の反応は全然違ってくるものです。

こうした点に注意して、親族間で十分な話し合いをもつようにしましょう。

契約内容を前もってしっかり確認する

同じように、お墓の契約・購入について発生しやすいトラブルの解決方法のところでも述べましたが、お金が関係する場合には特に売り手側と買い手側の双方が取り交わす約束を契約書に記し、契約内容を確実に確認しておく必要があります。

こうすることで、起きやすいトラブルの半数以上は回避できると共に、もしトラブルが起きたとしても買い手側として不利になることを防ぐことが出来ます。

お墓や墓地の購入などを行う際、仮に相手側が「契約書を締結して欲しい」というこちらからのお願いに対し眉をひそめる事業主なのだとしたら、手付金などを支払う前にその話を白紙に戻した方が賢明です。

いくら口では「うちは信用でもっている会社ですから、そんなことをしなくても大丈夫ですよ!」と言われたとしても、悲しいですが信じてはいけません。
ここまでしておいてそれでもこの事業主から購入するのであれば、その後何が起こっても文句は言わない覚悟で行った方が良いでしょう。

契約書の締結は最も大切な手続きの一つです。

お墓のトラブル まとめ

お墓

いかがでしたか。
お墓にまつわるトラブルについて、起きやすいトラブルとその解決方法などを詳しくみてきました。

  • 親族との間で起きやすいトラブルは、兄弟がいた場合に代々受け継いできた実家のお墓に誰が入れるのか、実家の跡を継がない兄弟も入れるのかという問題がありました。また、お墓を受け継ぐはずの息子が亡くなった後、配偶者である妻が同じお墓に入りたくない場合や、そもそも生前から一緒のお墓には入りたくないという意志をもつ場合の問題もありました。これらの問題を解決する方法の一つとして、とにかく早いうちから親族間で話し合いを重ねておく必要があります。
  • お墓の購入に関して、事業主とのトラブルも発生しています。多くはお金に関するトラブルで、手付金や内金を払ったのに着工してくれないとか、全ての費用を払ったのに完成がお遅い、またお寺が管理する墓地でお寺側の都合でお墓を移動したのに、それにかかる意味不明な費用を請求されてしまった、などです。墓石の彫刻方法についての約束が違うというような、仕様に関してのトラブルもあります。こういった問題を解決する方法、或いはトラブルを未然に回避する方法の最大の方法は、契約書を確実に取り交わすということです。契約書にはひな形があり、記しておく内容が大体決まっていますが、それについても細かく確認しておく必要があります。
  • お寺とは、檀家問題でトラブルに発展することがありました。特に、今はお墓や先祖から引き継いできた宗教にあまり関心がないため、毎年の費用がかかる檀家から辞退したいという希望が続出しているようです。この時、それまで境内などで管理してもらっていたお墓も片づけなければならないため、その時に法外な費用を請求されるというトラブルがありました。解決方法の一つは、檀家を辞めたいということをあらかじめ余裕をもって住職に相談しておくことです。
  • お墓に関するトラブルが発生した際、相談できるところとして石材店、行政書士・司法書士・弁護士、そして相談所などがありました。相談できる内容や相談・解決にかかる費用などに差がありますので、特性に応じて相談先を考えた方が良いです。
  • お墓のトラブルを避けるには、なんといっても親族間でしっかり話し合いをしておくことと、契約書を確実に確認し取り交わしておくことが重要です。

お墓は、今の世の中では必ず必要なものです。
納骨堂といった選択肢もありますが、特に地方都市などでは先祖代々のお墓を大切にしたい、という想いを大切にする人も多くいることでしょう。
また、亡くなった後のことでトラブルが発生するのは、やはりなんだか忍びない気もします。
ですから、加納な限り事前にトラブルを回避する方法をとり、またトラブルに発展してしまったとしても穏やかに、そしてスムーズに解決を図る方法を押さえておくことは重要です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

終活ねっとでは「お墓にまつわるトラブル」に関する記事以外にも、終活にまつわる記事をたくさん紹介しています。ぜひそちらの方もご覧ください。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・トラブル」に関連する記事

  • お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!のサムネイル画像

    お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!

    終活において重要であるお墓に関すること。生前にお墓を建てたり、承継者がいない方は墓じまいを考える必要もあります。そんな時、お墓に関するトラブルは避けたいものですよね。そこで今回の終活ねっとでは、お墓のよくあるトラブルについて具体例や解決策を含め解説します。

  • 終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!のサムネイル画像

    終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!

    最近では終活を積極的に行いたいという方が増えてきています。終活を行う方法は人それぞれですが、中にはトラブルに発展する場合もあります。そこで終活で起こりうるトラブルについて解説します。トラブルを避ける方法もご紹介しますのでぜひ参考にしてください。

  • 墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこうのサムネイル画像

    墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこう

    少子化が進み、先祖代々のお墓も管理を引き継ぐ人がいなくて、お墓が荒れ放題ということも少なくない昨今。ワイドショーでも「墓じまい」を特集することもありますが、そんな「墓じまいに関するトラブル」も発生しています。今回はそんな墓じまいに関するトラブルを紹介します。

  • 墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介のサムネイル画像

    墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介

    墓じまいを考えている人が、年々増えてきています。また、ご親族や菩提寺に相談もせず、墓じまいや改葬を勝手に行ったことで、さまざまな問題を抱えている方もいるのではないでしょうか?ここでは、改葬を行ったことで発生した問題点や対処方法について詳しく解説します。

  • 葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

    葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

    故人の死を悼みお見送りするための儀式である葬儀において、近年トラブルが増えていると言われています。葬儀でのトラブルには一体どんなものがあるのでしょうか。今回終活ねっとでは金銭面や親族間のトラブル事例や対策などを詳しく解説していきます。

  • お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?のサムネイル画像

    お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

    出来ることなら避けて通りたい、巻き込まれたくないお墓の問題やトラブル。実際のところ、一体どのような問題やトラブルがあるのでしょうか?起こり得る問題やトラブルを知っておくことは、有効な自己防衛策にもなります。お墓の問題やトラブルについて知っておきましょう!

  • お墓の購入の詐欺・トラブルの例を紹介します!のサムネイル画像

    お墓の購入の詐欺・トラブルの例を紹介します!

    遺骨を埋葬するためにはまずお墓の手配が必要です。 でもお墓のことは知らないことが多く、どう進めたらよいのか心配ですね。 特に最近はお墓の設置をめぐる詐欺やトラブルが多発していますので、詐欺やトラブルにあわないよう、起こりうる問題やトラブルと対策について解説します。

  • 寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!のサムネイル画像

    寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!

    一言で墓地と言っても、その種類や形態は様々です。今回は寺院墓地で起こり得るトラブルについてご紹介します。また、寺院墓地でトラブルを起こさないためには、どのようなことに注意すればよいかについても解説していきます。

  • よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

    よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

    お墓に関して詳しいという方はなかなかいないでしょう。もしお墓について疑問があっても、周りに聞いても誰もわからないということもあるでしょう。そこで今回終活ねっとでは、よくあるお墓に関する疑問を一挙に解決しますので、ぜひ参考にしてください。

  • お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

    お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

    子供に迷惑をかけたくない、後継者がいないなど様々な理由により、お墓をいらないと考える人が増えてきてる今、従来のお墓やお葬式といった制度にとらわれない自由な供養の形に注目が集まっています。お墓がいらないと思った時、どのような選択肢があるのかご紹介します。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・トラブル」についてさらに知りたい方へ

お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!のサムネイル画像

お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!

終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!のサムネイル画像

終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!

墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこうのサムネイル画像

墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこう

墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介のサムネイル画像

墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?のサムネイル画像

お墓にまつわる問題まとめ!一体どんなトラブルが多い?

お墓の購入の詐欺・トラブルの例を紹介します!のサムネイル画像

お墓の購入の詐欺・トラブルの例を紹介します!

寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!のサムネイル画像

寺院墓地でのトラブルとは?改葬時の注意点についても紹介します!

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!のサムネイル画像

よくあるお墓に関する疑問をこの記事で一挙解決します!

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介のサムネイル画像

お葬式もお墓もいらない 新しい供養の形をご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・トラブル」についてさらに知りたい方へ

お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!のサムネイル画像

お墓のよくあるトラブルまとめ!具体例と解決策についてご紹介!

終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!のサムネイル画像

終活で起こりうるトラブルって何?トラブルを避ける方法も解説!

墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこうのサムネイル画像

墓じまい・改葬をする前に、起こりうるトラブルを知っておこう

墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介のサムネイル画像

墓じまいで生じる問題とは?問題が起こる要因や対策方法を詳しく紹介

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説のサムネイル画像

葬儀でのトラブルとは?金銭面や親族間のトラブル事例・対策を解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと