納骨式を行う時間帯は?所要時間は?する時期はいつ?

納骨式を行う時間帯は?所要時間は?する時期はいつ?

葬儀の後は納骨式を執り行います。ただ、どれくらい時間を置いてから行うものなのか見当がつきますか?また、納骨式後に大事な予定が入っていた場合、納骨式にどれくらいの時間がかかるかの気になります。今回は、納骨式にかかる時間について調べてみました。

最終更新日: 2020年02月11日

納骨式の時間にまつわる話

お墓

納骨式はお葬式が終わって、どれくらい時間がたってから行われるのでしょうか。
また、納骨式はどれくらいの時間がかかるものなのでしょう。

納骨式に参列することはなかなかないため、わからないことも多くあると思います。
今回、「終活ねっと」では納骨式を行う時期や所要時間などについて、以下の事柄を中心に解説していきます。

  • 納骨式を行う時期に決まりはある?

  • 納骨式の所要時間は?

  • 納骨式を行うのに適した時間帯はある?

  • 納骨式に参列する際の服装はどうする?

  • 香典は用意する?

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

「終活ねっと」運営スタッフ

納骨式のを行う時期や所要時間だけでなく、参列する際の服装や香典が必要かについても解説していきます。
ぜひ最後までお読みください。

納骨の方法

納骨する方法としては

  • 故人のお墓を新しく建てる

  • 先祖代々のお墓に納骨

  • 納骨堂に納骨

  • 合葬墓に納骨

など、様々な方法があります。
また、納骨をしないで手元供養として家に残しておくという方法があります。
故人の遺志や残された家族の考えによって納骨の方法が変わります。

納骨式をする時期はいつ?

お墓

納骨式は、お葬式からどれくらいの時間がたってから行われるものなのでしょうか?
新しいお墓を建てるのか、それまでのお墓に納骨をするのか、納骨堂などに納骨するのかによって、納骨式が行われるタイミングが異なります。
しかし、一番大切なのは残された家族の心に区切りがついた時に行われるものということです。

四十九日の法要の時

宗教によっても違いますが、納骨式は四十九日の法要と同時に行われることが一般的です。
しかし、宗教・宗派によっても考え方は違いますので、絶対に葬儀から何日経ったこの日に納骨式をしなければならないという日はありません。

仏教での納骨式

仏教では納骨式を、故人がお亡くなりになってから四十九日の時間が経ってから行うことが一般的です。
四十九日という時間は、亡くなった方があちらの世界に旅立ち、喪に服した時間が終わる区切りの日という意味があり、この日を忌明けと呼びます。

神道での納骨式

神道では一般的に、故人が亡くなってから五十日の時間がたった日を五十日祭として納骨します。
この日が忌明けとされ、新たな出発としてこの日が選ばれます。
また、神道では死はけがれであるとして、神社の中にお墓を作ることはなく、霊園にお墓を作ります。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
神道での納骨についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

キリスト教での納骨式

キリスト教での納骨式は、亡くなってから一か月の時間がたった追悼ミサの時に納骨が行われます。
カトリックでは追悼ミサと呼び、プロテスタントでは昇天記念日と呼ばれます。
霊園や宗教に関係なく受け入れてくれる公営霊園や民営霊園などにお墓を作り納骨をします。

「終活ねっと」では、キリスト教のお墓について解説した記事もご用意しております。
ぜひあわせてお読みください。

結局はみんなで話し合って、、

亡くなってからどれくらいの時間がたってから納骨式を行うのかというのは、どの宗教・宗派においても厳密に決められているわけではありません。
心の整理がついてから落ち着いて考えれば問題ありませんし、お墓を新しくする場合、すぐに納骨式を行えるわけではないからです。

また、心が落ち着き、故人に向き合える時間というのは人によって違います。
親族家族が故人が亡くなったことと向き合い、話し合って納骨式を行う時間を決めるのがおすすめです。

納骨式にかかる時間はどれくらい?

納骨式はお墓に納骨をするための時間と、喪主の方の挨拶や会食などを含めた時間とで大きく変わります。
また、地域によっても大きく違いがありますので、どうしても納骨式の後に予定があって時間が気になる場合は、会食は遠慮させてもらうなどの事前連絡をしておくと安心です。

納骨式自体にかかる時間

納骨式自体の時間は、宗派・宗教によっても多少は時間が異なりますが、長くても30分ほどで終わります。
親戚の方の人数が多ければ時間もかかりますが、通常の時間は20分ほどです。
納骨式の終わった後に会食が行われることがあるので、余裕を持っておくと安心できます。

納骨式の流れ

納骨式は宗教・宗派によっても行われることが違います。
仏教・神道・キリスト教で行われる納骨式の流れを大まかに紹介します。
宗派・宗教によって細かい流れは異なります。
どの宗教であっても、納骨をする場所を清めるために神職の方によるお祓いなどが行われます。

仏教の納骨式の流れ

仏教での納骨式の一般的な流れです。
(宗派や地域によって細かい違いがあります。

  • ご遺族代表の挨拶

  • 納骨

  • 読経・焼香

  • お供え

  • 会食

基本の流れです。
檀家になっているお寺や霊園などに納骨されます。

神道での納骨式の流れ

神道では納骨式を埋葬祭とも呼びます。
大まかな流れは仏教と同じですが、神職の方が神式にのっとって行われます。

  • 神職の方のお祓い

  • 納骨

  • 祝詞

  • 玉串奉奠

  • 直来

玉串奉奠は、神職の方だけが行う場合と、親族の方も行う場合もあります。

キリスト教での納骨式の流れ

カトリックなのかプロテスタントなのかによっても細かい流れが異なるので、基本となる大まかな流れをご紹介します。

  • 聖職者の方の聖書朗読

  • 讃美歌

  • 納骨

  • 献花(白い花を手向けます。)

  • 祈り

霊園や宗教に関係なく受け入れてくれる墓地にお墓がつくられます。

式を行うのに適した時間帯

霊園が開いている時間帯に行われます。
宗教関係者の都合と参列者の方の都合も考え、早朝や夕方の時間帯を避けて行われます。
納骨後に会食を用意することが多いことも合わせて、昼食や夕食前の時間帯に合わせて行われます。

決まりがあるわけではない

納骨式をどの時間に行うのかということは細かく決められているわけではありません。
参列してくれる人の都合を重視したいという事であれば、宗教関係者の方に誠実に話をすれば対応してもらうことも出来ます。

会食がある場合

会食がある場合は、あらかじめ納骨式の日にちと時間を知らせるためのはがきに記載されています。
特に何かを用意しておかなければいけないということはありませんが、納骨式だけに出席するのであれば、事前に施主に知らせましょう。

地域によっては会食がない

地域によって、会食がないところもあります。
一般的には懐石料理が用意されることが多いのですが、一部地域ではお弁当を用意して持ち帰ってもらいます。
地域や宗教・宗派によって違いが出るので、地域の葬儀会社などで相談すると地域ごとの事情に詳しく応えてもらえます。

納骨式の服装はどうしたらいい?

葬儀

納骨式の服装は、亡くなってからどれくらいの時間が経っているのかによって違います。
忌明けの法要と合わせて行われる納骨式の場合は、喪服がいいとされます。
亡くなってから時間が経ち、1年後にする納骨式の場合は略式喪服か平服とされています。

男性の服装

男性の服装は、基本は黒いスーツで白いシャツで黒いネクタイであれば問題ありません。
気を付ける点としては、夏場でもジャケットを着るということです。

納骨式の時間だけでもジャケットを羽織ります。
靴は革靴で問題ありませんが、落ち着いた風合いの色を選びます。

女性の服装

忌明けの法要と同時に行われる納骨式であれば、黒い色のワンピースや黒いストッキングを身に付けます。
1年たった後の納骨式でも、黒・紺・茶のワンピースやスーツが無難です。
黒いストッキングは必須で、肌の露出を控えて、香水も控えます。

持ち物の注意点

革製品は殺生を連想するので、靴やカバンも布製のものを持っていきます。
また、装飾品として真珠のネックレスはしてもいいとされていますが、2重にするのは悲しみが重なるとして避けます。

子供の服装

制服があれば、制服で問題ありません。
ない場合には、白いシャツに黒や紺を合わせます。
男の子でも女の子でも、基本は同じ、白と黒と紺でまとめるように心がけます。
常に用意してあるものではないので、原色を避けて控えめな色合いを心がけていれば大丈夫です。

赤ちゃんの服装

赤ちゃんの服に関しては、細かい規定がある訳ではありません。
季節に合ったベビー服で、白い色に近いものを選びます。
お墓は山の中腹にある場合気温が低いこともあるので、念のために1枚多く持っていき、赤ちゃんが快適に過ごせるようにベビー服を選びます。

香典を用意しましょう。

納骨式と忌明けの法要が別々に行われても、御香典は持っていく必要があります。
故人へお供えするという意味と、残された家族に対して葬儀のお金を援助するという意味合いも含まれています。

「終活ねっと」では終活に関する様々な記事を紹介しています。
納骨式の香典についてもっと詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

香典の金額は?

香典は故人とどれくらい親しい間柄だったのかによっても、包む金額が変わってきます。
金額の相場は大体5000円〜1万円ですが、4と9のつく金額にはならないようにします。
親族で関係の近い人ほど包む金額が多くなるのが一般的です。

表書きとのし袋

宗教・宗派によって表書きやのし袋も変わります。

のし袋(仏教)

仏教では白黒の水引もしくは相銀の水引が使われます。
表書きは御霊前と書きますが、四十九日以降は薄墨ではなく普通の墨で表書きします。

のし袋(神道)

神道でも、のし袋については仏教と同じものを使います。
白黒か、相銀の水引を使います。
表書きは、御玉串料・御霊前・御榊料などと書かれます。
五十日霊祭までは薄墨で書き、1年ほど時間がたってから納骨式が行われる場合は普通の墨で書きます。

のし袋(キリスト教)

キリスト教ではのし袋に細かい規定はなく、宗教的に象徴とされる十字架やユリの花が印刷された封筒が主に使われます。
表書きは御霊前・御花料と書かれます。
薄墨や普通の墨という使い分けはありません。

納骨式の時間まとめ

お墓

いかがでしたか?
今回、「終活ねっと」では納骨式を行う時期や所要時間を中心に、以下の事柄を解説してきました。

  • 納骨を行う時期は一般的に四十九日法要の時だが、宗教によって風習が違う。また無理して四十九日までに納骨しなければならないということもない。親族で話し合い、全員の都合の良い時に行うのが良い

  • 納骨式の所要時間は大体20分で、長くても30分である。宗教によって式の流れが大きく異なる

  • 納骨式を行う時間は特に決められていないが、会食がある可能性もあるため、昼食や夕食前に行われることが多い。納骨式の案内を受けとった方は、会食がある場合も考慮して人数把握に協力するためにも、出欠をあらかじめ連絡しておくと良い

  • 納骨式の際の服装は基本的に略喪服か地味な平服で良い。子供は制服があれば制服、赤ちゃんは白に近いベビー服を選ぶ

  • 納骨式に参列する際は基本的に香典を持参する。香典の金額相場は大体5000円〜1万円といわれるが、故人との関係の近さによって包む金額は変わる。

納骨式は亡くなってからどれくらいの時間がたってからするのかは、特に決まりはありません。
どこに納骨をするのかによっても違います。
あまり出席する機会のない納骨式だからこそ、故人の冥福を祈るために、細かいところにも気を配りたいものです。

「終活ねっと」では他にも終活や法事についての記事を多数掲載しております。
ぜひ、あわせてお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事