納骨法要のお布施の金額相場・マナーは?|表書き・渡し方

納骨法要のお布施の金額相場・マナーは?|表書き・渡し方

納骨法要のお布施金額っていくら位が妥当なの?もしかして納骨法要のお布施以外にもお金って必要なの?そんなよくわからない納骨法要やお布施についてのあれこれ、そもそも納骨法要を行わないことについてご紹介します。

最終更新日: 2020年12月17日

納骨法要について知りたい

お墓

納骨法要とは何なのでしょうか?
あまり経験することじゃないので、正直何もわからないですよね。
中でも、お坊さんに渡すお布施の値段は特に気になるところです。

終活ねっと運営スタッフのサムネイル画像

終活ねっと運営スタッフ

この記事では、納骨法要時のお布施のことを中心に、納骨法要とは何なのかというところから説明していきます。
最後まで読んで、納骨法要の際に失敗しないようにしましょう。

納骨法要の基礎知識

お通夜、お葬式で故人の供養はしたので納骨まで法要する必要がないと思われる方もなかにはいるかと思います。

現在、納骨法要は四十九日法要と同時に行われることが多いです。
これは四十九日というのは亡くなった方の魂が旅立つ日と言われているためです。
この四十九日に魂は旅立ちますが、お墓には肉体の魂が宿ると言われています。
そのお墓で安心して安らかに眠って頂けるようにと、遺族の方が集まり故人を供養していきます。

納骨法要を行うと

  • 故人の供養をきちんとした形で残せる

  • 納骨法要を行うことで残された遺族の方も節目として気持ちの整理をつけることができる

上のようなメリットがあります。

現代では納骨をしないで散骨を希望される方、また手元供養、永代供養を希望される方などさまざまな形があり、考え方も人それぞれ違ってきています。

ですが、納骨法要を行うことで故人の供養はもちろん、遺された遺族、親戚がそこには集います。
悲しみに直面した遺族、そして親戚がこれからもお互い助け合い、支えあっていこうと意識を新たに持つことが出来る、というのも納骨法要をするメリットともいえます。

納骨法要の流れ

お墓

一般的な納骨法要の流れはどのような流れになっているかご紹介します。

  • ご遺族代表挨拶

  • 納骨

  • 読経・焼香

  • お供え

  • 会食

このように納骨法要では、僧侶の方に読経していただき故人の魂を供養していきます。
そして納骨法要で来ていただいた僧侶の方へお布施をお渡します。

納骨法要はどのくらい時間がかかる?

四十九日法要で約30分、納骨法要で同じく約30分ほど長くても1時間以内です。
合わせて1時間~1時間30分程度と見ていればよいでしょう。

納骨法要の後、会食を開く場合も

またわざわざ遠くから来て参列頂いた方や僧侶の方へのお礼を含め皆で会食を開く場合もあります。
皆で食事を取りながら故人の思い出話などをし偲びます。
会食を開く場所は自宅やホテル、レストラン、割烹料理屋などさまざまな場所があります。

納骨法要のお布施について

まず「お布施」というのは亡くなった方の供養のために読経をしていただいたお礼として僧侶の方へお渡しするものと思われていますが、実はお礼ではなく、本来の意味はお布施とは本尊(仏壇の中央に供えられているもの)に対してお布施をするものだとされています。

納骨法要の際のお布施も同じく、僧侶の方へお渡ししますがこれは読経のお礼ではなく、本尊に対してお布施する、という意味を持っています。

表書きの書き方

僧侶の方へお渡しするお布施ですが、白い封筒でお渡しします。
熨斗袋と混同されるかもしれませんが熨斗袋ではありませんのでご注意ください。

用意した無地の白い封筒の上側に「お布施」と黒い墨で書きます。
下側には差し出す方の名前を書きます。
奉書紙という和紙で出来た紙がありますが、その奉書紙でお札を包みます。
こちらを使用するとより丁寧な印象を持たれます。

お布施の相場金額はいくら?

保険・相続

お布施の相場金額は一般的には3万円~5万円と言われています。

お布施は旧札?新札?

お通夜、お葬式などで渡す香典は旧札を使用しますが、お布施に関しては新札を使用します。

香典に新札を使うと不幸を待っていた、という意味にあたり失礼なこと、と昔から伝わってきましたが、お布施に関しては前もって決まっていたことなので気にしなくて結構です。
むしろ新札のほうが好印象でしょう。

お布施はどうやって渡すの?

白い封筒を直接僧侶にお渡しするのはNGだと思ってください。
お布施を菓子箱の上に乗せて一緒にお渡しする、お盆の上にお布施を乗せてお渡しする、袱紗に包むなどの方法でお渡しします。

お布施以外に必要なお金は?

たとえばお墓が少し離れた場所にあり、移動が必要な場合には、僧侶の方にも移動をお願いする形となります。
ですので、お布施とは別でお車代として5000円~1万円程度準備しておくのがよいでしょう。

お墓を新しくたてた場合

たとえばお墓を新しく建てた場合では開眼供養、開眼法要というものを行います。
この時は納骨法要のお布施とは別に、開眼法要のお布施として準備しておくのも忘れないようにしましょう。
参考までに開眼法要のお布施は3万円~5万円ほどです。

納骨法要のお布施まとめ

いかがでしたでしょうか。
納骨法要のあれこれ、お布施についてなどをご紹介してきました。
お布施は僧侶の方への読経に対してのお礼ではなく、本尊に対してお布施をしているという意味があったり、と知っているようで知らなかったお布施のことなどもご紹介してきました。

この記事が少しでもお役にたてば幸いです。

お墓をお探しの方は
「DMMのお墓探し」で

DMMのお墓探しでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

  • お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像 1
    お墓や墓石の値段相場はいくらなの?費用の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回「終活ねっと」では、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!のサムネイル画像 2
    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説!

    近年、自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ方が増えてきています。皆さんは、樹木葬を行う際にかかる費用がどのくらいかご存知ですか?今回は、樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに詳しく紹介していきます。

  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像 3
    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

  • 納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!のサムネイル画像 4
    納骨堂に納骨する際の料金はどのくらい?費用の相場を詳しく紹介!

    近年、永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえることから大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にかかる料金の相場を、納骨堂のタイプ別に詳しく紹介していきます。

  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法のサムネイル画像 5
    墓じまいの費用相場はいくらなの?|作業・流れ・抑える・方法

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回「終活ねっと」では墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像 6
    東京都で人気の墓地霊園ランキング12選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓(墓石タイプ)をランキング形式で紹介しています。「終活ねっと」では、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事