お墓の維持費ってどのくらい?払えなかったらどうなるの?

お墓の維持費ってどのくらい?払えなかったらどうなるの?

お墓に維持費がかかるということを知っていましたか?知らなかったという人も多いのでは?そこで今回はお墓の維持費とは、またどのくらいかかるのかなど気になることについて紹介していきます。

2018-10-06

お墓の維持費の相場はどれくらい?

車に維持費がかかるように、実はお墓にも維持費があるということを知っていますか?
お墓は一度購入すれば、お金はもうかからないと思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし実は、お墓には維持費がかかるんです。
ではその金額はいくらくらいなのでしょうか?
また、維持できない場合はどんな選択肢があるのでしょうか?

この記事ではそんな疑問について解説していきたいと思います。
お墓の維持費のことが分かると、これからお墓選びをする方にも役立ちますし、自分の家のお墓の将来を考えるきっかけにもなりますね。

維持費とは?

お墓の維持費とは、多くは管理料のことをいいます。
たとえば、お墓掃除に使うための水道の水道代や墓地全体の道の整備などにかかってくるのです。
その他に行事がある場合は行事の参加料、またお寺の場合は寄付金なども必要となってきます。

お墓の維持費は場所で変わる?

お墓の維持費は場所によって大きく変わります。

お寺の場合

まずお寺の場合ですが、お寺は維持費がかなりかかります。
お寺の維持費にかかる費用の平均は、年4,000円~14,000円です。
しかしそこにさらに行事への参加料や寄付金などもかかってきます。
そのため管理料だけでは済まないケースが多いようです。
またお寺は関係が密になればなるほど、維持費がかかってくるようです。
お寺にお墓を建てようとしている時は、維持費も頭に入れ決めるようにしましょう。

公営霊園の場合

公営霊園の場合ですが、お寺に比べると公園霊園の方が維持費は安い傾向にあります。
公営霊園の維持費にかかる費用の平均は、年4,000円~10,000円くらいになります。
維持費は管理料のみになっているので、維持費は安いのです。
そのため費用を気にする人は、公営墓地にお墓を建てるといいでしょう。
しかし維持費が安いという理由からか公営墓地は空きが少ない場合が多いです。

民営霊園の場合

民営霊園は、公営霊園よりも料金がやや高いです。
民営霊園の維持費にかかる費用の平均は、年5,000円~14,000円となっています。
なぜ公営よりも民営の方が高いのかというと、公営は法要そして納骨を行う時の業者を自分で手配しなければならないので手間がかかります。
しかし民営の場合は、全て管理事務所に依頼することができるので手間がかかりません。
手続きなどが苦手だという方は、民営霊園がおすすめです。
民営霊園の維持費にかかる費用は、平均2万円~8万円くらいとなっています。

室内霊園の場合

室内霊園とは、建物の中にある霊園のことをいいます。
駅から近いなどアクセスのよい場所にあることが多く、仏壇と骨壺を組み合わせた納骨檀が置かれているのです。
室内霊園はお墓を建てるわけではないので、お金があまりかからずにすみます。
しかし維持費は高くつくのがデメリットとなっています。
室内にあるので、電気代、冷暖房も完備してあるので維持費がかかってきます。
また、室内霊園自体が老朽化した場合、建て替えなければなりません。
その時は建て替え費用を、負担しなければならないのです。
そのため維持費が一番高いのが、この室内霊園になるのです。

お墓の維持費は誰が払う?

お墓の維持費は、嫌な言い方かもしれませんが、そのお墓に次に埋葬されるであろう人が払うのが一般的です。
もし男兄弟などで、このお墓に入るであろう子供が何人かいる場合は、兄弟で負担し合うというケースもいいですね。
しかし一般的には、お葬式の時に喪主を務めるであろう人(長男など)が支払うケースが多いようです。

法律で決まってはいない

といっても、お墓の維持費を誰が払うかということは法律で決まっていません。
家族で話し合い、納得されれば誰が支払っても問題ありません。
しかしお金のことになるのでもめてしまうことがおおいようです。

維持費を払わなかったらどうなる?

お墓の維持費がかかってしまうという話は先ほどしました。
維持費は決して安くなく、払えなくなってしまったというケースもあります。
では維持費を支払えなくなったらどうするのか、支払われなくなってしまった場合、撤去処分となってしまいます。
お墓にはご先祖様の遺骨が眠っています。
しかし撤去処分となれば全て処分されてしまうのです。

お墓まいりにかかる費用

お墓参りにも費用がかかります。

お供え物など

お墓参りに行く際には、お供え物をしなければなりません。
お線香やお花が一般的です。
お線香やお花も決して安くありません。
また食べ物をお供えするという人もいるでしょう。
このようにお供え物にも費用がかかるのです。
しかし、お供え物にどのくらいかけるかは人によって異なります。
いくらかければよいというものもありません。
大切なのは気持ちです。

移動のための費用

自分の出身地とは違う、遠いところに住んでいるという人もいます。
その場合、お墓が遠いという人も多いのではないでしょうか?
お墓が遠いと、お墓参りに行くための費用がかかります。
この費用は住んでいる場所によって変わります。
お墓参りのたびに交通費がかかるという人もいます。
しかしお墓が自宅の近くにある人ももちろんいますので、移動のための費用は人によります。

お墓を維持できない時はどうする?

維持費を支払えない、また相続する人がいないとなった場合はどうすればいいのでしょうか。

墓じまいする

寺院にお墓がある場合

墓じまいをする場合は、お寺にお墓がある場合は寺院にしっかり伝えなければなりません。
もしかすると離檀料を取られる可能性もありますので、伝え方には注意しましょう。
もしあまりにも理不尽に高額な金額を要求された場合は、しかるべきところに持って行きますと伝え相談してみるということも可能です。
トラブルのもととなるケースもあるということを頭に入れておいて下さい。

公営・民営霊園の場合

公営・民営霊園の場合は、寺院と違ってスムーズに墓じまいの手続きを進めることができるでしょう。
公営や民営の場合、1つ区画が開いてもまたすぐに誰かがお墓を建てるケースが多いのです。
人気の墓地であれば、飽きを待っているなんてところも…。

墓じまい専門の業者も

墓じまいですが、墓じまいを専門に行う業者もあります。
墓石を撤去し、墓地をきれいに整備し次の人がすぐにお墓を建てることができる状態に戻さなければなりません。
業者にまかせるとスムーズにやってくれるので、費用はもちろんかかりますがおすすめです。
ちなみに費用は、お墓の大きさや墓地の広さにもよりますが、5万円~10万円くらいでしょう。
もちろん業者によって金額は異なります。

墓じまいには準備がたくさん

墓じまいを行うためには、お墓のある市町村の役場で改葬許可申請書をもらわなければなりません。
墓じまいするためには、遺骨を取り出す必要があります。
たとえ業者に頼んだとしても、この改葬許可申請書がないと遺骨を取り出すことはできないのです。
そのため墓じまいが決まり、業者を決めたらすぐに改葬許可書を取りに行きましょう。
そして遺骨を取り出す際には供養してもらわなければなりません。

終活ねっとの墓じまい代行サービス

墓じまい・改葬をお考えの方は、ぜひ終活ねっとのお墓じまいをご利用ください。
面倒な手続きや、改葬先の手配まで充実のサポートで丁寧にお手伝いさせていただきます。
ぜひご利用ください。

墓じまい・改葬をお考えの方は「終活ねっと」で

全国対応の終活ねっとの墓じまいなら、以下3点をお手軽にできます。

  • 墓じまいに必要な行政手続き

  • ご遺骨改葬先の手配

  • 墓じまい後の「海洋散骨」「粉骨」「洗骨」も可能(別途料金必要)


お墓の場所を変える

お墓の維持ができなくなった時に、どこか別のお墓に入るという選択もあります。
たとえば、親戚のお墓に入るなどです。
しかしこの場合、親戚同士で話し合いもしなければなりませんし、トラブルになる恐れもあります。

永代供養墓に

永代供養墓とは

永代供養墓とは、お墓を継いでくれる人がいないという人におすすめのお墓のスタイルです。
不特定多数の人と合祀されるお墓のことを、永代供養墓といいます。
ちなみに、永代供養墓はまだ歴史としては浅く、なんと1980年代に登場したお墓のスタイルなのです。

今後需要は増えていくだろう

近年少子化の影響もあり、お墓を継承していくということが難しくなってきました。
また子供がみんな女の子でお墓を継ぐ人がいないといったケースもあります。
そのため今後ますます、この永代供養墓の需要は高まっていくことでしょう。

また実際に永代供養を探している・購入を検討している方は、終活ねっとのお墓探しをご利用ください。
全国の永代供養を費用・アクセス・口コミなどから比較することができます。
下のボタンから無料で資料請求が可能です。

永代供養をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、永代供養の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

維持費を払いたくない人はどうしたらいい?

お墓に維持費がかかる、維持費が払えなくなったら墓じまいしなければならない。
お墓は建てるのにもお金がかかります。
お金をかけたくない人は、お墓を持たずに納骨堂といった選択もあります。
納骨堂はお墓を購入するよりもうんと安いです。
しかし納骨堂には年間料などはかかります。
このようなお金を払いたくないという人も少なからずいるでしょう。

自然葬という選択

散骨や樹木葬の場合、維持費やメンテナンス費用はかかりません。
費用を負担したくないという方に自然葬はおすすめです。
しかしまだ日本ではあまりメジャーではありません。
まだまだ行っている人は少ないといえるでしょう。

散骨

散骨は行われている場所が決められています。
基本は山や海で行われますが、どこの山や海でもいいというわけではないので注意して下さい。
また散骨の料金は、まく場所によっても変わってきます。
とくに海にまく場合、船にのって立ち会うか全てお願いするかによっても料金が変わってきます。
遺族の立ち合いなしでお願いする場合が費用がかかりません。

樹木葬

樹木葬も木の周りであればどこでも埋葬していいかというとそうではありません。
樹木葬は、まだ全国的に実施可能な都道府県は少ないです。
しかし樹木葬は今後増えていくと思われます。
お墓はないですが、埋葬した樹木にお参りすることができるので、散骨よりも選択される方が多いようです。
ちなみに樹木葬の料金は10万~50万ほどです。
お墓を建てる費用に比べるとかなり費用を押さえることができます。

実際に樹木葬をお探しの方は、ぜひ終活ねっとのお墓探しをご利用ください。

樹木葬をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、樹木葬の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

樹木葬について更に詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

お墓の維持費について まとめ

この記事では、

  • お墓の維持費はいくらくらいかかるのか

  • 維持費は誰が払うのか

  • 維持費を払えなくなった場合について

  • 墓じまいやお墓を作らないという選択肢について

などについて説明しました。


お墓の維持費はどうしても負担になってしまいます。
そのためしっかりと家族でどう払っていくか決めていく必要があるのです。
もしなんらかの事情で、お墓を維持できなくなってしまった場合は、墓じまいをしましょう。
お墓にはご先祖様の遺骨が眠っています。
そのためやはり撤去処分になることは避けていただきたいです。
しっかりと墓じまいをし、ご先祖様の遺骨も納めてあげて下さい。
誰も来てくれない悲しい無縁墓はこれから増えていくかもしれません。
そうならないためにもしっかりと、墓じまいをしていきましょう。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は
「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・維持費」に関連する記事

この記事に関するキーワード

よく読まれている記事一覧

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

place 都道府県から霊園を探す
終活ねっとで霊園を探す

お墓・霊園を
お探しの方はこちら

全国から自分にあったお墓を探す
エリア・条件から絞り込み