お墓を建立するまでの流れとは?建立祝いやお布施のマナーも解説

皆さんが終活をしていく中で、生前にお墓を建てるべきかどうかは重要な問題ですよね。では、お墓はどのような流れで建立すれば良いのでしょうか?今回は、お墓の建立の流れを中心に、開眼法要や建立者の名前の彫り方、建立祝いのマナーなどについて詳しく解説します。

目次

  1. お墓の建立って何?
  2. お墓の建立までの流れ
  3. 納骨式とお墓の建立を同時に行う場合
  4. お墓の建立者の名前はどうする?
  5. お墓の建立祝いについて
  6. お墓の建立時のお布施
  7. お墓の建立に関するまとめ

お墓の建立って何?

お墓

お墓の建立とはその名の通り、お墓を建てることです。

お墓の建立にはルールがあり、好き勝手に建立することはできません。
お墓を建てられる場所には決まりがありますし、墓石の手配や僧侶の手配も必要となります。

既に先祖のお墓があり、自分もそこに入ることになっていれば問題ありません。
しかし、いつか自分でお墓を建立しないといけない場合は、建立までの流れが分からないと不安ですよね。

今回終活ねっとでは、お墓を建立するまでの流れを中心に、建立者の名前の彫り方やお布施のマナーなどについて詳しく紹介していきます。

  • お墓を建立するまでの流れとは?
  • 建立者の名前はどうやって彫ればいいの?
  • 納骨とお墓の建立を同時に行う場合はどうする?
  • 建立祝いのマナーとは?
  • お布施のマナーとは?

以上の項目を軸にご解説いたします。

現在終活をしている方や、これからお墓を建てようと考えている方にとっては非常に参考になる記事となっています。
ぜひ最後までご覧ください。

また、終活ねっとのお墓探しでは、全国の墓地霊園を簡単に比較することが出来ます。
新しくお墓を建立しようとお考えの方は、ぜひこちらもお試しください。

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

お墓の建立までの流れ

お墓

お墓を建立しようと考えていても、実際にどのような手順で行えばいいのかわからないという方も多くいらっしゃいますよね。

ここでは、お墓を建立するための流れを詳しく見ていきましょう。

墓地・霊園の決定

基本的にお墓は、墓地や霊園などの決められた場所にしか建立できません。
たとえ自分の土地であったとしても認められていません。

日本には「墓地、埋葬等に関する法律」が存在しています。
保健所や自治体、都道府県知事が認めた墓地・霊園以外は、ご遺骨の入ったお墓を建てることはできません。
墓地・霊園は、収益を目的としない宗教法人や公益・社団法人が経営を認められています。

大昔は日本でも、個人の山に土葬することが主流でした。
現在では法律によって、墓地・霊園にお墓を建立するのが基本になりました。

ですから、お墓を建立する際には、まず墓地や霊園から決める必要があります。

墓地・霊園を決める際には、管理が行き届いていること、自分たちの価値観にあった法人であることがポイントになります。
宗教を大切にしている場合は、自分たちの宗教に沿った宗教法人が経営していることが前提となります。

また、交通の便の良いところでないと、お参りに行く足が遠のいてしまいますよね。
そのため、交通アクセスの良さも考慮する必要があります。

墓石の決定

お墓を建てる墓地・霊園が決まったら、次に墓石を選びます。

墓石は大まかに分けて4種類あります。

  • 花崗岩(かこうがん)
  • 閃緑岩(せんりょくがん)
  • 斑レイ岩(はんれいがん)
  • 安山岩(あんざんがん)

墓石の種類によって値段は大きく異なります。
しかし、高ければ高いほど、石の質が良いというものではありません。

墓石には様々な特徴があります。
和型墓石に適している石材や洋型墓石に適している石材など、自分の好みに合ったものを選ぶと良いでしょう。

また、お墓は雨風に晒されるものです。
墓石が劣化しにくい素材であるかどうかも、選ぶ際には重要なポイントとなります。

墓石の費用相場について詳しく知りたい方は、こちらの記事も併せてご覧ください。

こちらも読まれています

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

また、お墓きわめびとの会では、日本の伝統であるお墓文化の継承を目指し、最高品質の国産墓石を提供しています。
国産墓石の購入を考えている方は、ぜひこちらもご覧ください。

お墓を建立する時期は?

お墓を建立する時期は、法律で定められているわけではありません。
そのため、いつお墓を建立しても構いません。

最近では終活の一環として、生前墓を購入される方も増えてきました。
生前から自分の好きな墓地や墓石を選んでおくと、残された人も困らなくて済みますよね。

墓地や墓石には相続税がかからないので、生前にお墓を建立しておく人もいます。

親族が亡くなってしまった場合は、故人の一周忌までを目安にお墓を建立する人が多いです。

しかし、法的な縛りは何もありません。
自ら納得のいく墓地や霊園、墓石を決めてからお墓を建立すると良いでしょう。

入魂式と納骨式

お墓を建立したら、入魂式(開眼法要)と納骨式をする必要があります。

入魂式は、故人の魂をお墓に迎え入れる準備をするための儀式です。
納骨式は、故人のご遺骨をお墓に収める儀式です。

お墓は、入魂式をして初めてお墓としての意味を持ちます。
つまり、お墓を建立したと言っても、そのままだとただの石が立っているだけなのです。

入魂式には故人の家が建ったという意味もありますから、お祝いにあたる行為となります。

開眼法要は家族だけで行っても構いません。
しかし、親族を集めて入魂式をしてあげると、故人もきっと喜ばれることと思います。

納骨式とお墓の建立を同時に行う場合

お墓

先ほども述べましたが、お墓の建立の際には入魂式(開眼法要)と納骨式を行います。
では、納骨式と同時に入魂式を行う場合は、一体どうすればいいのでしょうか?

実は、納骨と入魂式(開眼法要)は同時に行うのが一般的とされています。
ただ、お墓が建立されていないと納骨をすることはできません。

納骨式や入魂式に関しては、いつまでにしないといけないという規則は特にありません。
そのため、納骨法要と入魂式の日程は、自分たちで都合の良い時に決めて良いのです。

お墓の建立を最優先し、お墓が建立したら入魂式(開眼法要)と納骨式を行いましょう。

お墓の建立者の名前はどうする?

お墓

墓石には、建立者の名前や建立日を彫るようにできています。

では、具体的に建立者の名前を墓石に彫る際には、どのような決まり事があるのでしょうか?

ここでは、建立者の名前の彫り方について詳しくご解説します。

誰の名前を彫ればいいの?

墓石には建立者の名前を彫りますが、一体家族の中の誰の名前を彫ればいいのでしょうか?
実は、建立者の名前を彫る際の決まりごとはありません。

建立者の名前として彫刻されるのは、一家の大黒柱であることが多いです。
そのため、多くの家庭では父親の名前を彫ることになります。

父親が亡くなられてお墓を建てた場合は、父親の名前の横に跡継ぎとなる息子の名前を彫ります。
跡継ぎがいない場合は、配偶者である母親でも良いですし、父親のみでも構いません。

中には、親子3代まで名前を彫る家系もあります。
墓石に彫る名前は、親子でお墓を守っていく決意の表れであるとも言えますね。

事前に家族でよく話し合ってから決めるようにしましょう。

名前は連名で書いてもいいの?

一般的に、墓石に建立者の名前を連名で書くことは問題ないとされています。

しかし、宗派やお寺によっては、連名で書くことを嫌う場合もあるとされています。
これは、お墓の建立者の名前は、そのお墓の継承者であると考えられているためです。

建立者の名前を彫る際には、事前に確認するようにしましょう。

朱は入れるの?

時々、お墓の建立者の名前の部分に朱が入っているのを見かけますよね。
これは、まだ存命の人の名前を彫ったときに、朱を入れるようになっています。

建立者の名前で、まだ存命の人物の名前を彫ったときや、生前からお墓を建てた場合などに朱を入れます。

お墓の建立祝いについて

お墓

先ほど申しました通り、お墓の建立とはお祝いにあたります。
親族の方が、お墓の建立祝いを場合もありますよね。

ここでは、お墓の建立祝いの書き方や金額相場、建立祝いのお返しなどについて見ていきましょう。

書き方は?

もし、お墓の建立が生前だった場合は、建立祝(こんりゅういわい)や「建碑祝い」と書きます。
お祝いに当たりますので、祝儀袋を用いるようにしましょう。

お墓の建立が故人の死後だった場合は、御仏前と書きます。
お墓の建立はめでたいことではありますが、この場合は不祝儀袋を使用します。

金額相場は?

気になる建立祝いの金額相場ですが、家族の場合は3万円~10万円となっています。

親族の場合は2万円~3万円、友人や知人の場合は1万円程度が相場とされています。

建立祝いのお返しは必要?

お墓の建立祝いを頂いた際には、お礼としてお返しをする必要があります。

お返しには、建立祝いで頂いた額の半額程度のものを贈ります。
タオルやお茶などの消耗品や商品カタログ、商品券などを贈るのが一般的です。

お墓の建立が故人の死後だった場合は、表書きに「志」と書きます。
生前墓の場合は、「内祝い」と書きます。

お墓の建立時のお布施

お金

お墓を建立したら、入魂式(開眼法要)や納骨式を行います。
僧侶に法要を行ってもらった際には、お礼の気持ちとしてお布施をお渡しします。

ここでは、僧侶に渡すお布施に関して詳しくご説明いたします。

熨斗(のし)や水引の種類は?

入魂式(開眼法要)を行うだけでしたら、紅白の水引で熨斗なしのものを使用します。

入魂式と納骨式を一緒に行う場合は、黄色の水引で熨斗なしのものを使用します。

どちらの場合も、「結びきり」もしくは「あわび結び」の水引を使用します。

書き方は?

入魂式(開眼法要)のみでも納骨式を同時に行ったときでも、表書きは御布施で問題ありません。

入魂式のみで「御布施」を使用するのに抵抗がある場合は、開眼法要御礼や「御入魂御礼」と記載しましょう。

金額相場は?

入魂式(開眼法要)のお布施の相場は、大体3万円~10万円といわれています。

しかし、宗教によって違いもありますし、地域によって価格差が出るものです。
いくら包むか迷った場合は、同じ檀家の人や地域の方に尋ねてみるのが一番良いでしょう。

また、入魂式と納骨式を同時に行った場合は、どちらにもお布施を用意する必要がありますので注意しましょう。
2つの法要を同時に行う場合は、合計金額を1つの不祝儀袋に入れてお渡しする人も多いようです。
しかし、できれば入魂式のお布施と納骨式のお布施を分けた方が良いです。

入魂式と納骨式を同時に行った場合は、少し入魂式の金額を高めにするのが一般的です。

また、霊園・墓地まで僧侶に来てもらった場合は「御車代」や、法要後の会食に不参加の場合は「御膳料」の準備を忘れないようにしましょう。

入魂式と納骨式を同時に行った場合、「御車代」や「御膳料」は一式ずつで構いません。

お墓の建立に関するまとめ

お墓

いかがでしたでしょうか。
今回終活ねっとでは、お墓の建立の流れに関して詳しくご紹介してきました。

今回の記事の内容のまとめは以下のようになっています。

  • お墓を建立するまでの流れ

    まず墓地・霊園を決定してから墓石を決め、入魂式・納骨式を行う。
    お墓を建立する時期には特に決まりがない。

  • 納骨式と入魂式を同時に行うとき

    一般的に納骨式と入魂式は同時に行うが、別々の日に行っても良い。

  • 建立者の名前の彫り方

    お墓には建立者の名前を彫るが、一家の大黒柱である父親の名前を刻むのが一般的である。お寺によっては連名を嫌う場合があるので注意する。

  • 建立祝いのマナー

    建立祝いの表書きは、生前墓の場合は「建立祝」と書き、死後に建てた場合は「御仏前」と書く。金額相場は、家族の場合は3万円~10万円となっている。

  • お布施のマナー

    お布施を包む際は、熨斗がついていない結びきりのものを選び、表書きには「御布施」と書く。入魂式のお布施の金額相場は、3万円~10万円と程度とされている。

今回の記事では、お墓を建立する際の流れやマナーについて詳しくご紹介いたしました。

故人が亡くなってから、霊園・墓地の選定や墓石の購入を一度にやるとなるととても大変です。
できれば今のうちから終活の一貫として、自分のお墓について向き合ってみてもらえれば幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

お墓を建てたいけどどうすればいいかわからない方へ...

お墓をお探しの方は「終活ねっと」で

終活ねっとでは、安心して終活を始めるために、お墓の値段(見積り)やアクセス・特徴を比較した情報をまとめております。資料請求や電話対応も無料で承っておりますので、是非ご利用ください。

「お墓・建立」に関連する記事

  • お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性のサムネイル画像

    お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性

    和型や洋型などお墓のスタイルは多様化しています。どんなお墓を選んだ場合でも必要になるのが、お墓の建立者の名前です。今回はお墓に彫る建立者の名前について詳しく説明します。建立者の連名は可能なのか?赤字で名前を彫るのはどのような場合か?といった疑問にお答えします。

  • お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!のサムネイル画像

    お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!

    お墓の建立祝いについて、詳しいことはご存知ですか?お墓の建立祝いに参加する際、どんなマナーがあるのか等、知っておきたい点は多くありますよね。今回はお墓の建立祝いについて、知っておくべき基本知識やマナーについて解説します。最後までじっくりご覧ください。

  • 様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

    様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

    死後遺骨を納める場所として最も一般的なお墓ですが、昔と比べて様々な形式のものが生まれています。お墓を建立することができる場所からお墓の形、お墓の在り方などに変化があります。この記事ではお墓に関する色々な形式と違いをまとめ、比較してみました。

  • お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!のサムネイル画像

    お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!

    お墓を新築した際には建碑祝いというお祝い事が行われるのをご存知でしょうか。仏事に様々な礼儀やマナーがあるのは周知の事実、この記事ではお墓の新築に関する礼儀やマナーについてご紹介します。また、お祝い金の相場やのし袋の書き方などもご紹介します。

  • お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

    お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

    お墓を建立するためにかかる費用についてご紹介いたします。お墓の建立には一体どのぐらいの費用がかかり、どのような費用が発生するのかも合わせてご紹介いたします。いざというときのための参考になさってください。

  • お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

    お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

    お墓を建てる手順はご存知ですか?いつから準備を始めるのか・どのように建てるのか・費用はいくらかかるのか、気になることが多いかと思います。今回の記事ではお墓を建てるときの流れやポイントを解説していきます。相場についてもご紹介しますので、ぜひお読みください。

  • お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

    お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

    お墓を購入することは家と同じで「一生の買い物」といわれています。しかし、以前お墓を購入したことがある方や、周りにお墓の購入について詳しく知っている人がいるという場合は少ないと思います。今回はみなさんが安心してお墓を購入できるよう、お墓の購入に関して解説します。

  • 新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

    新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

    お墓を建てることは、日本の習慣として以前より続いてきました。 お墓を建てる時、お墓を建てる場所や、霊園の種類、かかる時間や費用など 気になるポイントを集めてわかりやすく説明いたします。参考にしてください。

  • お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

    お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

    お墓を建てることは、単に故人のご遺骨を納骨する場を用意するというだけでなく、そのご家庭の心のよりどころを用意するということでもあります。ただ、お墓はいつまでに用意すればよいのか気になる方も多いでしょう。今回はお墓をいつまで建てればよいのかについて見ていきます。

  • お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

    お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

    お墓といえば一家で1つ持つものと考えている方は多いのではないでしょうか?しかし、実はお墓は別に1つでなくても2つ以上あっても差し支えはないといえます。今回は、お墓を2つにするための方法やそれにまつわる理由について見ていきましょう。

この記事に関するキーワード

ランキング

  • お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

    お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

    墓地・霊園でお墓の購入をする際に一番気になる費用。墓石や土地代など、一体何にいくらかかるのかでしょうか?今回終活ねっとでは、お墓の費用相場や値段の内訳・購入のコツまで、お墓の費用に関する疑問点を全て解説します。ぜひ最後までご覧ください。

    1
  • 樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

    樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

    近年自然葬の一種である樹木葬を供養方法として選ぶ人が増えてきています。樹木葬をするためにかかる費用はどれくらいかかるのでしょうか?この記事では樹木葬にかかる費用相場がどれくらいなのか、料金の内訳や形態による違いとともに解説していきます。

    2
  • 永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

    永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

    近年永代供養という言葉を耳にする機会が増えてきました。永代供養という言葉は知っていても、費用はいくらかかるのか?お墓との違いがわからないという方も多いと思います。今回はそんな永代供養にかかる費用の相場はいくらなのかを内訳や料金が上下する要因とともに解説します。

    3
  • 納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

    納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

    近年永代供養という供養方法が注目を浴びています。特に納骨堂での永代供養は、お参りのしやすさと料金の安さ、そして個別で遺骨を管理してもらえる事から大人気です。今回は、そんな納骨堂に納骨する際にいくらくらいの料金がかかるのかを、納骨堂のタイプ別に解説していきます。

    4
  • 墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

    墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

    近年、様々な理由から墓じまいという選択をする人が増えています。墓じまいをするためにはどのような手続きが必要で、一体平均どれくらいの費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは墓じまいをするために必要な費用について、手続きの方法や納骨先の探し方とともに解説。

    5
  • 東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

    東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

    東京都で人気の霊園・墓地・お墓をランキング形式で紹介しています。終活ねっとでは、東京都にある墓地・霊園を料金・口コミ・アクセスなどで比較して探すことができます。見学予約・資料請求も可能です。お墓の値段相場や東京都のお墓事情も解説しています。お墓を購入・建てる際に参考にしてください。

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「お墓・建立」についてさらに知りたい方へ

お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性のサムネイル画像

お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性

お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!のサムネイル画像

お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介のサムネイル画像

お墓を建てるのにはいくら費用が必要?建立の流れ・ポイントを紹介

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説しますのサムネイル画像

お墓を購入する人必見!お墓を建てる流れや注意点について解説します

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!のサムネイル画像

新しくお墓を建てるときに気になるポイントを紹介!

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情のサムネイル画像

お墓はいつまでに建てればいいの?新しくお墓を建てる際の納骨事情

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説のサムネイル画像

お墓は2つあってもいいの?やり方・理由などを詳しく解説

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介のサムネイル画像

お墓や墓石の費用相場はいくらなの?値段の内訳や購入のコツもご紹介

1
樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説のサムネイル画像

樹木葬の費用相場はいくらなの?内訳や料金を左右する要因を解説

2
永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説のサムネイル画像

永代供養の費用相場はいくら?内訳や料金が安いと言われる理由を解説

3
納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?のサムネイル画像

納骨堂に納骨する時の料金相場はいくらくらい?

4
墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介のサムネイル画像

墓じまいの費用相場はいくらなの?改葬の方法や納骨先の探し方も紹介

5
東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求のサムネイル画像

東京都で人気の墓地霊園ランキング13選!お墓の値段相場・資料請求

6

関連する記事

「お墓・建立」についてさらに知りたい方へ

お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性のサムネイル画像

お墓の建立者について解説!名前を彫る順番と赤字で彫る必要性

お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!のサムネイル画像

お墓の建立祝いって一体何?マナーや服装・持ち物などを解説します!

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方のサムネイル画像

様々なお墓の形式を紹介!従来とは違う新しいお墓の在り方

お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!のサムネイル画像

お墓を新築したらお祝い金が必要?お墓の新築に関する疑問を解決!

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!のサムネイル画像

お墓の建立にはどのくらいの費用がかかるの?相場をお教えします!

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと