芳名帳の意味とは?芳名帳とは何か、解説いたします

最終更新日: 2018年02月07日

芳名帳とは

読み方 ほうめいちょう

芳名帳は、儀式などやパーティの出席者の名前と住所を記録するために使用されます。
芳名帳は会場の受付に置き、入場前に記入してもらうのが一般的です。
このように芳名帳は主宰者が出欠確認と、後日のお礼状やお返しなどを送る連絡先として利用します。

芳名帳 書き方について

芳名帳は、結婚式や披露宴、二次会やお茶会、各種セミナーやパーティなどに出席する来賓が連絡先住所と名前を記帳するノートのことで「ゲストブック」とも呼ばれています。

出席者に事前に招待状を贈って招待する場合は、連絡先など主宰者にはわかっていますが、不祝儀のお通夜やお葬式の場合参列した方の連絡先が必ずしもわかっているとは限りません。

お通夜やお葬式の場合、当日は大勢の友人知人や取引先などの人が出入りします。
主催者側もすべての会葬者のことを知っているわけではなく、後でお礼状や御返しが必要な場合の確認に使用します。

芳名帳には、実際にお通夜やお葬式に会葬した人が名前を記します。
個人名だと遺族が解りにくい場合は、所属している組織名、会社名などを併記しておくといいでしょう。

お通夜やお葬式の場合、芳名帳とは別に香典帳というものが用意されていることがあります。
参列できない人の香典を預かってきた場合、香典帳がある場合は芳名帳には名前を記さず香典帳で管理します。

あくまで芳名帳は参列、参加者の把握ですので香典を共同で出して持参しない場合も記名をします。
後日、遺族が挨拶や御礼など「礼を失しないために」必要だからです。

芳名帳 名前のみやカード形式も

事前に結婚式や披露宴など招待状を出した相手のみが参加する場合でも、芳名帳は記入してもらうことが一般的です。
参加者が多く受付が混雑する場合は名刺を渡したり、名前のみ記入するフォーマットのものもあります。

関連する記事

関連する記事

  • 御朱印帳袋は必要なの?どのような袋がいいの?のサムネイル画像
    御朱印帳袋は必要なの?どのような袋がいいの?

    御朱印集めをするために御朱印帳を購入しようとすると、一緒に袋が売られていることが多いです。この御朱印帳袋、購入したほうがいいのでしょうか。またどういう意味があるのでしょうか。ここでは、御朱印帳袋の種類とおすすめのタイプをまとめてみました。ha

  • 過去帳の【値段の相場・役割・記入費用】などを解説!のサムネイル画像
    過去帳の【値段の相場・役割・記入費用】などを解説!

    大切な人を失った後、遺族にはどうしてもしておかないとならないことはあるものです。その一つに、過去帳の記入があります。過去帳の意味、そして過去帳そのものの値段、過去帳に記入していただくときの値段について、ご紹介いたします。

  • 葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説のサムネイル画像
    葬式の受付係に必要なマナーとは?事前にやることや仕事内容も解説

    葬式に参列すると式場の入り口に受付があり、受付係は故人の関係者が務めています。もし、あなたが受付を任された場合に、マナーを守り、仕事をこなせるでしょうか。そこで、今回は受付係に必要なマナー、葬式の前にやっておくことや仕事内容についても解説していきます。

  • 葬儀の受付ってだれがするの?受付の時間や仕事内容や注意点も解説!のサムネイル画像
    葬儀の受付ってだれがするの?受付の時間や仕事内容や注意点も解説!

    葬儀に参列する際に最初に目にするのが、葬儀の受付係です。この受付係、実は葬儀場のスタッフではありません。自分が葬儀の受付係をお願いされる可能性もあります。今回はそんな葬儀の受付係について、受付の仕事内容や注意点などとともに解説します。

  • 葬儀の香典の金額相場は?香典に関するマナーや表書きについても解説のサムネイル画像
    葬儀の香典の金額相場は?香典に関するマナーや表書きについても解説

    葬儀の際に持って行くものといえば香典です。香典の金額は故人との関係によって異なりますが、一体いくら包めばよいのかご存じでしょうか。今回は葬儀における香典の金額相場だけでなく、香典の表書きや包み方・渡し方、さらには香典返しなどの香典マナーについて紹介します。

よく読まれている用語

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連用語

よく読まれている用語

関連する記事