御仏前の意味とは?御仏前とは何か、解説いたします

読み方 ごぶつぜん

別名 ご仏前 御沸前

御仏前とは

「御仏前」は仏前の丁寧語で、主に四十九日法要後の香典の表書きに使われます。
浄土真宗の場合は、通夜や告別式の時にも「御仏前」を使います。

また、「御霊前」は浄土真宗以外では四十九日法要前に使われます。
「御霊前」と「御仏前」を混同しないように気を付けましょう。

御仏前の意味

仏壇

「御仏前」とは、仏前の丁寧語です。
仏式の法事などで、香典袋やお供物の上書きに使います。

御仏前と御霊前の違い

「御仏前」は忌明けに使用し、四十九日までは「御霊前」を用います。

仏教では、人は亡くなると「霊」になります。
そして四十九日に閻魔大王の裁きが下り、「成仏」して極楽浄土に行くとされています。

つまり、四十九日までは霊の状態にあるので「ご霊前」とします。
私塾日後は仏になるので、「御仏前」とします。

ただし浄土真宗の教義では、亡くなられた方はすぐに仏になるとされています。
ですから御霊前とは言わずに、最初から御仏前とします。

御仏前の書き方

香典袋の表書きでの、御仏前の書き方について説明しましょう。

薄墨で書くの?

葬儀では薄墨で書きますが、四十九日の忌明け後は普通の濃い墨で書きます。

名前はどう書く?

名前は、氏名を香典袋の表書きの下段の中央にフルネームで書きます。

夫婦など連名の場合は?

名前は連名で書くこともあります。

御仏前を夫婦で出す場合も、夫の名前だけでもよいです。
共通の知人などの場合は、連名でも差し支えありません。

連名の場合は、表書きの下段中央に夫の氏名をフルネームで書きます。
そして、夫の氏名の左側に妻の名前を書き添えます。

一周忌の場合も御仏前でいいの?

一周忌の法要の場合も、御仏前で問題ありません。

御仏前の包み方

御仏前の包み方は、次のようにします。

包むのは封筒?のし袋?

御仏前は、不祝儀用ののし袋を使いましょう。

新札は使わない?

新札は、基本的に使わないようにしましょう。
もし手元に新札しかないときは、折り目を入れてから使うようにしましょう。

御仏前の金額相場

御仏前は、法要などの時期や故人との関係、出される方の年齢や立場などにより異なります。
一般的には、5千円~1万円位が多いでしょう。

御仏前のお返しの時期

御仏前をいただいたときは、遅くならないうちにお返しをしましょう。

法事・法要に出席いただいた方であれば当日、引き出物としてお返しするとよいでしょう。
それ以外の場合は、1月以内を目途にお返しするとよいでしょう。

関連する記事

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

関連する記事

関連する記事はこちら

「ご霊前」と「ご仏前」の違いは四十九日じゃなかった!のサムネイル画像

「ご霊前」と「ご仏前」の違いは四十九日じゃなかった!

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!のサムネイル画像

香典袋に御霊前と書くのはどんなとき?御仏前との違いも解説します!

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介のサムネイル画像

法事で使う御仏前の書き方はどうする?金額の書き方や渡し方もご紹介

四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説のサムネイル画像

四十九日後の香典の書き方はどうする?表書きや中袋の書き方を解説

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説のサムネイル画像

四十九日法要で渡す香典の金額相場は?香典の入れ方や書き方も解説

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと