お別れの会の意味とは?お別れの会とは何か、解説いたします

最終更新日: 2018年08月09日

お別れの会とは

読み方 おわかれのかい

別名 偲ぶ会 送る会

お別れの会とは、家族葬や直葬のように故人の遺族・親族のみで葬儀を執り行ったあとに、後日改めて故人の知人や友人を招いて行われる会のことを言います。

また、お別れの会は「送る会」や「偲ぶ会」とも言われます。

お別れの会の流れについて

困った人々

お別れの会の流れは規模の大きさによって違いますが、一般的な流れは以下の通りです。

  • 参加者による献花・開会の辞

    参加者が会場に入りそれぞれ献花を行い、喪主や代表が開会の辞を行います。

  • 故人の紹介

    故人のスライドや映像を流したり、略歴などを紹介します。

  • 黙祷

    参加者全員で故人に黙祷を捧げます。

  • 献杯と会食

    代表者が献杯を行った後会食をします。故人の好きだった食べ物やお酒などが用意される場合もあります。

  • 閉会の辞

    喪主や代表者が参加をしてくださった皆様に挨拶をし、閉会します

  • 写真撮影・お見送り

    最後に故人を中心に参加者と写真撮影をし、参加者のお見送りを行います。

お別れの会の参列者のマナー

ではお別れの会の参列者のマナーについてご説明いたします。

お別れの会の服装は平服?喪服?

お別れの会の服装は喪服である必要はありません。
基本的に平服で構いませんが、その際は喪服や礼服ではない、黒や紺などの色の比較的地味な服装で参加するようにしましょう。

弔電は送ってもいいの?

お別れの会では一般的に弔電は送りません。
弔電は葬儀に参加できない場合、お悔やみの言葉を伝えるものとなっているためお別れの会の趣旨と違っているためです。

供花は送るべき?

供花は必ず送らなくてはならないということはありません。
供花を辞退される場合も多いので、送る前にきちんと確認をしておきましょう。

お別れの会での献花のマナー

参列者は個人的にお花を持ち込むのはマナー違反となります。
献花は遺族の用意したものにしましょう。

また、献花の場合には合掌は行わないようにしましょう。
花を両手で受け取り遺族へ一礼、祭壇へと進みまた一礼をし、花のほうを自分に向けて献花台に供えするようにしましょう。

香典は必要?

お別れの会でも香典をお包みします。
金額の相場は約1万円~約2万円となっていますが、案内状に香典辞退と記載されている場合もあります。

数珠は必要?

基本的にお別れの会は法要ではないので数珠は必要ありません。

お別れの会の喪主のマナー

ここからは喪主のマナーについてです。

案内状はいつ送るの?

案内状はお別れの会を行う日にちが決まったら、できるだけ早く送りましょう。
お別れの会の約1ヶ月前ならば、参加される方も予定を立てやすいでしょう。

香典は辞退した方がいい?

香典をいただく場合には必ず香典返しが必要となります。
香典返しの準備などに手間をかけないように、今では香典を辞退する場合も多くなっています。

お別れの会の喪主の挨拶例文

お別れの会の喪主の挨拶分の形としては、簡単な挨拶とお礼の言葉→故人の生前の様子(趣味や習慣などを簡単に紹介)や思い出など→亡くなるまでの様子→最後の締めの言葉を基本とし、スッキリまとめましょう。

例文を記載いたします。
挨拶は5分~10分程度を目安にあまり長くならないように心がけましょう。

本日はお忙しい中太郎を偲ぶ会にお集まりいただき誠にありがとうございます。
遺族を代表いたしまして、一言ご挨拶をさせていただきます。

御承知の通り太郎は生前、仕事が休みの日になると趣味の釣りやゴルフに没頭する毎日でした。
私たち家族もよく一緒に釣りをし楽しんでいました。
また仕事の面では真面目すぎるとろこもあり、皆様にご迷惑をかけたこともあると思います。

そんな中今年に入り体調を崩してから入退院を繰り返し治療をしておりましたが、5月のはじめに再び体調不良を訴え○月○日に家族に見守られながら息を引き取りました。

入院中は皆様からのたくさんのお励ましの言葉に太郎も大変喜んでおりました。
誠にありがとうございました。

本日は太郎が生前お世話になった皆様と、太郎との思い出などをお聞かせいただければと思います。
そして今後とも故人同様、ご指導、ご鞭撻のほどお願いいたします。

簡単ではございますが遺族代表の挨拶とさせていただきます。

本日は誠にありがとうございました。

お別れの会の費用相場は?

お別れの会は人数によって金額が変動します。
その為約1万5千円~約2万円×参加人数が費用相場となります。

一般的なホテルを利用する場合の平均金額は約5万円となっていますが、広さや借りる時間帯によっても金額は変動します。

関連する記事

関連する記事

  • 後悔しない別れのために 故人を偲ぶ方法とはのサムネイル画像
    後悔しない別れのために 故人を偲ぶ方法とは

    年を取るにつれて少しずつ周囲の友人や知人が亡くなっていくということはめずらしいことではないことになっていきます。とても悲しいことですが、故人のために残された私たちができることは忘れないために故人を偲ぶことです。そこで今回は故人を偲ぶ方法についてご紹介します。

  • 納骨式での食事の疑問を解決!お店選びから、挨拶、席順までのサムネイル画像
    納骨式での食事の疑問を解決!お店選びから、挨拶、席順まで

    亡くなった人の遺骨を納めるための納骨式。その後にみんなで食事ををする機会ってよくありますよね。一体どのように段取りをすればよいのでしょうか?お店の選び方や挨拶、席順など気になる納骨式後の食事について解説していきます。

  • 喪主の挨拶はどうするべき?通夜・葬儀・告別式での例文も紹介!のサムネイル画像
    喪主の挨拶はどうするべき?通夜・葬儀・告別式での例文も紹介!

    近しい人が亡くなった場合、突然の悲しみにくれる暇もなく葬儀の手配をしなければなりません。自分が喪主となった時、どのような挨拶をすべきなのでしょうか?今回は通夜・葬儀・告別式で喪主の挨拶を立派に務めるポイントとタイミングを例文を使ってご説明します。

  • 家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!のサムネイル画像
    家族葬で弔電は断る?送る?断り方や送り方、香典や訃報連絡も解説!

    家族葬は身内だけで行う葬儀です。葬儀に参列しない場合は弔電を送るなどして弔意を示しますが、家族葬では弔電を送ってもいいのでしょうか。また、弔電を受け取るべきなのでしょうか。今回は家族葬での弔電について、断り方や送り方のマナー、香典についても含めて解説します。

  • 葬儀での挨拶を解説!例文・挨拶のポイント・忌み言葉についても紹介のサムネイル画像
    葬儀での挨拶を解説!例文・挨拶のポイント・忌み言葉についても紹介

    葬儀の際、喪主は様々な場面で挨拶をしなければなりません。告別式での喪主の挨拶以外にも、お通夜で僧侶を迎える際や出棺時に挨拶が必要になります。今回は葬儀時の挨拶ポイントや例文などをご紹介していきます。葬儀での挨拶で不安を解消するためにも参考にしてください。

よく読まれている用語

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連用語

よく読まれている用語

関連する記事