事故死の場合の葬儀までの流れとは?顔の損傷や費用負担の責任も解説

一般的にご遺族は故人が亡くなった後、葬儀の準備などで忙しくなります。ただ、死因が事故死だった場合、葬儀までの流れはどのように変わるのでしょうか。この記事では、事故死の場合の葬儀までの流れや顔の損傷などについて解説しています。

目次

  1. 事故死による葬儀について
  2. 事故死から葬儀までの流れ
  3. 事故死で顔への損傷が大きい場合
  4. 事故死の場合の葬儀費用
  5. 加害者の葬儀への参列
  6. 事故死による葬儀についてまとめ

事故死による葬儀について

葬儀

人が亡くなった後、一般的にご遺族は葬儀の準備などで忙しくなります。
訃報の連絡や葬儀社との打ち合わせなど、葬儀までにやるべきことは大体決まっています。
しかし、それは故人が病気やケガなどで亡くなった場合の話です。

故人が事故死だった場合、他界されてから葬儀までの流れにはどのような変化があるのでしょうか。
他にも「事故で損傷した顔に対する処置にはどんなものがあるのか」「加害者に葬儀費用を請求することは可能か」など、疑問に感じる点は数多くあることと思います。
死因が事故だと取れる対応も変わってくるので、いざという時のために何ができるかを覚えておきましょう。

今回の終活ねっとでは、事故死による葬儀について

  • 事故死の場合に葬儀までに行うこと
  • ご遺体の顔の損傷が大きい場合にすべきこと
  • 事故死の場合に関する葬儀費用
  • 葬儀に加害者が参列する場合

以上のことを解説していきます。
事故で顔へのダメージが大きいご遺体の処置方法についてもいくつか触れていますので、ぜひ最後までご覧ください。

終活ねっとが運営する「終活ねっとのお葬式」

「終活ねっとのお葬式」では、追加料金不要の低価格なお葬式プランを提供しております。

明確な料金体系

お葬式に必要な品目が全てプラン料金に含まれているため初めてお葬式を執り行うという方にも安心してご利用いただけます。

親切な電話対応

担当スタッフが丁寧に電話対応致しますので、安心してご依頼いただけます。

事故死から葬儀までの流れ

葬儀

事故で亡くなった人の葬儀に参列することはあっても、ご遺族として対応することは初めてという人が多いと思います。
事故死の場合、ご遺族はどんなことをすれば良いのでしょうか。
ここでは事故死から葬儀までの流れについてご紹介します。

臨終

事故死から葬儀までの流れで違いが一番大きいのはご臨終後です。
ここではご臨終後の流れをご説明します。

警察による検死

医者に看取られずに亡くなった場合、必ず警察による検死が行われます。
ご遺族がいない場所で亡くなった際は警察から連絡がきます。
事故の現場に居合わせていた場合は警察に通報した後、犯罪への関与の疑いをかけられないようにするため、ご遺体を動かすなどの行為は控えてください。

検死が行われる時期は早ければ亡くなった当日、時間を置いて翌日以降になる場合もありますが、いずれにしろご遺族の了承を取った上で行います。
しかし、検死は死因を明確にするために行われるものなので、ご遺族が拒否することはできません。
状況によっては司法解剖も行われますが、詳細については後述します。
検死が終わったら、死体検案書を発行してもらえます。

遺体の確認

警察からご家族が事故死したという連絡を受けて駆け付けた後、先にご本人の体の特徴や身に付けていたもの、持っていた物などの質問をされます。
質問に一通り答えた後は遺体安置室に案内され、遺体の確認を求められますので、事故でご遺体が損傷していることを覚悟の上で確認しましょう。

身元が確定して検死も終えたら、先述したように死体検案書を発行してもらえます。
しかし、ご遺体の顔の損傷が激しいなどの理由から、ご家族が確認してもご本人かどうかの区別をつけられない場合があります。
そういった場合はDNA鑑定で身元を割り出すこともできますが、結果が出るまでに一週間前後かかるため、ご遺体の引き取りはその分だけ遅れることになります。

司法解剖

先述したように、事故死は検死だけでなく、司法解剖も行われることがあります。
事故の状況やご遺体の様子から犯罪性の疑いがある場合に、加害者の犯行の立証や死因の詳しい究明などを行うためです。
ただ、司法解剖はご遺体の損傷具合や解剖場所への移動距離次第で時間がかかる場合が多く、一日で終わることもあれば、一週間以上かかることもあります。
ご遺体がいつ戻って来るのか分からなければ、葬儀の準備にも支障をきたしかねないため、あらかじめ警察にご遺体の引き取り日を確認しておきましょう。

司法解剖が行われる場所は裁判所から依頼された大学の医学部です。
基本的に法医学者が司法解剖を行い、ご遺体を詳しく調べます。

葬儀社の車で搬送

警察による検死や司法解剖が終われば、ご遺体を別の場所に移す必要があります。
そのため、葬儀社の車でご遺体を搬送します。

警察から検死、または司法解剖が終わったという連絡を受けたら、ご遺体の引き取りに向かいます。
この時に注意すべき点は葬儀社が決まっているかどうかです。
決まっている場合は葬儀社に連絡し、ご遺体の搬送を依頼します。

もし決まっていなかったとしても、ご遺体の搬送だけでも引き受けてくれる葬儀社はありますので、搬送後に改めて依頼したい葬儀社を吟味するという方法もあります。
警察が葬儀社を紹介してくれることもありますが、紹介料が上乗せされているため、他社よりも高額になる可能性が高いです。

納棺

納棺はご遺体を棺の中に納めることですが、事故死の場合はご遺体が戻ってくる時間や納棺する場所が状況によって変わってきます。
ここではご遺体の引き渡しの時間と納棺が可能な場所をご説明します。

遺体の引き渡しにかかる時間

ご遺体の引き渡しにかかる時間は、ご遺体の状況で変わってきます。
先述したようにご遺体の身元が不明の場合はDNA鑑定、犯罪性の疑いがある場合は追加で司法解剖が行われます。
両方合わせて行う場合、短くても2~3日、長くて二週間近くかかると思った方が良いでしょう。
また、ご遺体の引き渡しの際に必要なものは、引き取りに来た人と故人、それぞれの身分証明書と印鑑です。

そして事故死されたご遺体は通常よりも激しく損傷していることが多いため、腐敗の進行も比較的早いです。
DNA鑑定や司法解剖などで時間がかかっている場合はなおさらでしょう。
そのため、警察署から火葬場へ搬送し、すぐに火葬する「火葬式」を行う場合もあります。

納棺できる場所

通常はご自宅か安置室のある斎場で納棺を行うことが多いため、病院で亡くなった場合は葬儀社にご遺体を搬送していただいてからになります。
事故で亡くなった場合も同じですが、ご遺体の損傷があまりにも酷い場合は司法解剖後、解剖室で納棺することも可能です。
亡くなった故人が小さな子供だった場合、父親や母親が火葬場までご遺体を抱っこし、納棺を火葬前に行うという方法もあります。

納棺を行う際はご遺族だけでなく、ご親族やご友人も参加するのが一般的です。
しかし、ご遺体の損傷が激しい場合、ご遺族以外の人は対面を断られることがあります。
また、納棺の際にはご遺体の腐敗の進行を遅らせるため、ドライアイスを入れる処置がされます。

死亡通知

通常は亡くなったと分かった時点でご遺族が近親者へ訃報の連絡を行います。
しかし、事故死の場合はどのような流れになるのでしょうか。
ここでは死亡通知に関することをご説明します。

親族などへの通知

事故で亡くなった場合でも、ご親戚やご友人などにはすぐに連絡をします。
しかし、問題は訃報を伝えるタイミングです。

連絡を受けた方々がすぐに駆け付けたとしても、DNA鑑定や司法解剖などでまだご遺体の引き渡しが出来ない場合もあります。
ただでさえ故人が事故死したという事実に動揺している中、ご遺体と対面することができなければ、混乱から言い争いに発展する可能性も考えられます。
そのため、警察から事前に事故の状況を聞いておくなど、他の人たちに説明するための用意をしておいた方が良いでしょう。

死亡届の提出

人が亡くなった時は市役所に死亡届を提出することが義務付けられています。
他の死因であれば死亡診断書、事故死の場合は死体検案書も一緒に提出します。
この手続きをすることで、火葬を行うために必要な火葬許可証が発行されるのです。

さらに死亡届の提出を本籍地以外の市役所で行ったとしても、本籍地の役所に通知がされるため、届け出は1回だけで済みます。
また、ご遺族が精神的なショックで手続きができる状態にない場合、代理人を立てることができます。
ご親族だけではなく、ご友人や葬儀社も代理人になれますが、手続きの際には代理人の印鑑が必要です。

通夜・葬儀

事故死の場合でも、一般的なお通夜・葬儀を行うことを推奨されています。
お通夜・葬儀の内容を従来のものと違う形式にした場合、訃報が急だったことも合わさり、参列者を混乱させてしまうためです。

事故死で顔への損傷が大きい場合

葬儀

事故で亡くなった人は多くの場合、他の死因よりもご遺体の損傷が大きいです。
特に顔の損傷が激しい場合、ご遺族は強い衝撃を受けることでしょう。
ここでは事故死で顔への損傷が大きい場合の対応をご紹介します。

葬儀で顔を見ることはできない?

顔への損傷が大きかった場合、参列者は葬儀で顔を見ることができないことが多いです。
通常の葬儀では法要が終わった後、出棺前に棺の蓋を開けてご遺体にお花などを添え、最後のお別れをします。
しかし、損傷の激しいご遺体を参列者へ見せることに抵抗のあるご遺族がいた場合、参列者はご遺体と対面せずにお別れすることになります。

できる限りの処置

通常はご遺体が生前の姿に近づけるように整えますが、顔の損傷が大きい場合は今以上に悪化させないようにする処置が重視されます。
ここでは処置の内容についてご説明します。

湯灌は不可能な場合が多い

湯灌とはご遺体を洗い清めるため、納棺前に入浴させることをいいます。
事故で亡くなった場合でも湯灌をすることはありますが、損傷が大きければ湯灌をしないことの方が多いです。

理由としては感染症や腐敗の進行が早まるリスクなどが挙げられます。
損傷が大きい状態で湯灌をすると細菌が繁殖しやすいため、腐敗の進行が早くなり、結果的にはご遺体の状態を悪化させてしまいます。
さらに細菌が増えることで、湯灌をする側は感染症にかかるリスクが高くなります。

特殊メイク

顔の損傷が激しい場合は特殊メイクを施すこともあります。
他の死因では薄いメイクをするだけで十分なのですが、顔の損傷が大きい場合は特殊メイクの出番です。
本来は映画の演出などで使われる技術ですが、ご遺体に施す特殊メイクでは傷の修正を目的に行われます。

ただ、火事などで皮膚だけでなく、骨格などもなくなっている場合は特殊メイクでも生前の姿に近づけることは難しいです。

包帯で巻く

特殊メイクではどうにもならない、または修正する範囲が広くて人工的な印象になることをご遺族が嫌がる場合もあります。
その時は顔の部分だけ包帯で巻く処置が取られます。
さらに包帯の上には故人の顔写真をかぶせる、体全体を毛布で巻いて顔を隠すこともあります。

包帯で巻くのは息苦しいだろうというご遺族の意向により、造花や手当てで顔を隠すなど、処置方法はさまざまです。

事故死の場合の葬儀費用

お金

葬儀は故人を見送るために必ず行う儀式ですが、何かと費用がかかります。
香典があってもご遺族の経済的な負担は大きいです。
しかし事故死だからといって、加害者に葬儀費用を請求することは可能なのでしょうか。

ここでは事故死の場合の葬儀費用についてご紹介します。

加害者に請求できる?

故人の事故死に加害者がいた場合、相手側に葬儀費用を請求することは可能です。
葬儀後に相手の加入している保険会社から連絡があるので、損害賠償請求をします。
ただ、葬儀費用の証明として領収書の提出は不可欠なので、葬儀後も捨てずにとっておきましょう。

自賠責保険

自賠責保険は自動車を運転する上で必ず加入することが法律で決められている保険です。
慰謝料や葬儀費用などを合計し、1人につき最高限度額は3千万円となっています。
加害者が任意の自動車保険に加入していた場合、自賠責保険で足りなかった分はこの保険から支払われます。

示談金

保険会社を通して話し合い、決定した損害賠償金のことを示談金といいます。
葬儀費用に関してはお通夜から四十九日までの法要にかかった費用、埋葬関連の費用なども示談金に含まれます。
請求できる限度額は100万円です。

加害者の葬儀への参列

葬儀

ご遺族は大きな悲しみに暮れながら、葬儀を執り行います。
その葬儀に加害者が謝罪の気持ちを抱えつつ、参列することになった場合、香典は持参した方が良いのでしょうか。
ここでは加害者の葬儀への参列の際の香典と量刑への影響についてご紹介します。

香典は必要?

加害者が葬儀へ参列する場合でも香典は必要です。
しかしご遺族によって受け取りたくないと拒絶する人もいれば、誠意を示しているとして受け取る人もいます。
そのため、香典は必要ですが、ご遺族に拒否されたら無理に渡すのは止めましょう。

量刑への影響

加害者が葬儀に参列しただけで、量刑が軽くなることはないとされています。
影響があるのは加害者が通常よりも高額の香典を渡した場合です。
そのため、香典は適切な金額を意識して包むようにしてください。

事故死による葬儀についてまとめ

葬儀

いかがでしょうか。
今回の終活ねっとでは、事故死による葬儀について、以下のことを解説してきました。

  • 事故死の後は「警察の検死」「ご遺体の確認」、犯罪性の疑いがあれば「司法解剖」、最後に警察からご遺体を引き取って葬儀社に搬送してもらう
    ご遺体の引き渡しにかかる時間は2日~2週間程度
  • 納棺できる場所はご遺体の状態が酷ければ解剖室や火葬場
    ご親族などへの死亡通知は事故の状況を把握してから行うのが良い
    死亡届は死体検案書とともに市役所へ提出、お通夜・葬儀は従来通りに行う
  • 顔への損傷が大きい場合、ご遺族の意向によっては葬儀で故人の顔を見ることができない
    感染症や腐敗が早まるリスクから、ご遺体を洗う湯灌ができない場合が多い
    特殊メイクで傷の修正をするが、不可能な場合は包帯で巻くなどの処置がされる
  • 葬儀費用は加害者に請求可能、自賠責保険で1人につき3千万円まで支払われる
    葬儀費として請求できる限度額は100万円
    加害者が葬儀に参列する場合、香典持参は必要だが、高額だと量刑に影響がある

ご遺体の状態によっては、検死や司法解剖などで引き渡しに時間がかかることが分かりました。
必要なこととはいえ、すぐに葬儀を行えないことはご遺族やご親族にとって辛いことかと思います。
そんな時は無理をせず、できるだけ多くの人の手を借りて、葬儀の準備を行いましょう。

終活ねっとでは、他にも葬儀に関する記事を数多く掲載しております。
以下の記事では、葬儀の費用に焦点を当てて詳細な解説をしていますので、こちらも合わせてご覧ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「事故死・葬儀」に関連する記事

この記事に関するキーワード

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「事故死・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!のサムネイル画像

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀後の死亡通知の方法や例文って?書き方の注意点や送る時期も紹介のサムネイル画像

葬儀後の死亡通知の方法や例文って?書き方の注意点や送る時期も紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介のサムネイル画像

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

葬儀代が無い時はどうする?給付金の申請方法や安くする方法を解説のサムネイル画像

葬儀代が無い時はどうする?給付金の申請方法や安くする方法を解説

葬儀の流れ・香典のやり方とは?日蓮宗や曹洞宗などの葬儀もご紹介のサムネイル画像

葬儀の流れ・香典のやり方とは?日蓮宗や曹洞宗などの葬儀もご紹介

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説のサムネイル画像

葬儀は亡くなってから何日後?遺体の保存方法や葬儀までの流れも解説

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介のサムネイル画像

お葬式と葬儀の違いとは?混じりやすい通夜・告別式との違いもご紹介

葬儀とお葬式の意味の違いは?葬儀の流れや服装・香典マナーをご紹介のサムネイル画像

葬儀とお葬式の意味の違いは?葬儀の流れや服装・香典マナーをご紹介

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「事故死・葬儀」についてさらに知りたい方へ

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!のサムネイル画像

葬儀をする日にちはいつが良い?決めるポイントや葬儀の流れを紹介!

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説のサムネイル画像

葬儀の際のお別れの言葉の内容は?弔辞の例文や寄せ書きについて解説

葬儀後の死亡通知の方法や例文って?書き方の注意点や送る時期も紹介のサムネイル画像

葬儀後の死亡通知の方法や例文って?書き方の注意点や送る時期も紹介

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介のサムネイル画像

葬儀用の封筒の選び方や書き方とは?宗派ごとの違いや金額相場も紹介

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介のサムネイル画像

葬儀でのお花の手配の方法は?お花の種類と相場費用についてもご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと