葬儀の返礼品にカタログギフトはNG?金額相場や送り方も解説!

葬儀の返礼品で迷うことありますよね。葬儀の返礼品にカタログギフトを利用することが思い浮かぶかもしれません。今回終活ねっとでは、葬儀の返礼品としてカタログギフトを利用してもいいのか、返礼品の費用相場や送り方までご紹介いたします。

目次

  1. 葬儀の返礼品のカタログギフトについて
  2. 葬儀の返礼品の種類
  3. 返礼品にカタログギフトを利用してもいいの?
  4. 葬儀後の返礼品の送り方
  5. 葬儀の返礼品のカタログギフトまとめ

葬儀の返礼品のカタログギフトについて

葬儀

葬儀の返礼品を選ぶ際に、何を送るか悩んだ経験はありませんか?
迷った時はつい、便利なカタログギフトが思い浮かびますよね。
そもそも、カタログギフトって葬儀の返礼品としてよいのでしょうか?

また、どのくらいの値段設定のものがいいのかも気になりますよね。
そこで終活ねっとでは、葬儀の返礼品としてのカタログギフトについて、以下の項目を中心に解説します。

  • 返礼品にはどんな種類があるの?
  • 返礼品にカタログギフトを利用してもいいの?
  • 返礼品はどうやって送ればいい?
  • 返礼品のカタログギフトのまとめ

葬儀の返礼品としてカタログギフトを利用する際の疑問と、費用や送り方についてまとめてみましたので、参考にしてみてください。

葬儀の返礼品の種類

葬儀

返礼品とは、通夜や葬儀に参列した方への感謝の気持ちとしてお渡しする品物です。
葬儀の返礼品の種類として、「会葬御礼品」や「香典返し」について解説します。

他にも、通夜に来て通夜振る舞いに出席しなかった人への「通夜返し」や、法事に参列した人へのお礼の「引き物」、葬儀のお手伝いを行ってくれた人へのお礼などがあります。

会葬御礼品

会葬御礼品は、通夜や葬儀に参列してくれた人にお礼状を添えて渡す品物のことです。
香典の有無に関わらず渡します。
費用は500円〜1000円くらいが目安です。

会葬御礼品で多いのは、お茶・コーヒー・ハンカチ・タオルなど、持ち歩いてもあまり重くない物が選ばれています。

お礼状には、故人のためにわざわざ時間を割いて来てくださったお礼と、生前にお世話になった感謝の気持ちをなどを書きます。

葬儀社が用意した雛形を利用する場合が多いのですが、中には故人が生前に用意した文章を元に作られたものや、遺族の想いを文章にしたお礼状もあります。

お礼状と共に「清め塩」が入っていることが多いのですが、宗派によっては「清め塩」がない場合もあります。

また、遠方などの理由で参列はできなかったけれども弔文をいただいた方にも、会葬礼状をお礼として送ります。

香典返し

香典返しは、お礼の意味を込めてお返しする品物のことです。
会葬御礼品とは別のものになります。
費用は、いただいたお香典の1/3から半分程度が目安になります。

不祝儀のお返しとしては「消えもの」(食べ物や飲み物などの食品、石鹸や洗剤などの消耗品、後に残らないもの)が一般的ですが、それ以外の日常品も用いられています。

タブーとしては、お肉や魚(忌明けまで控えている場合)、お酒類(神事や慶事を連想させるもの)などがあります。

香典返しを送らない場合もあります。
通夜や葬儀のときにお香典やお供え物をお断りした場合や、残された子供がまだ小さい場合、いただいたお香典を寄付した場合などが該当します。

その他にも、会社や町内会などの決まりごとで「香典返しは不要」と言われた場合があります。
このようなときにも、感謝の気持ちやお礼を伝えたり、挨拶状を送ります。
寄付の場合は手紙に、お礼と、寄付の報告をする方がよいでしょう。

返礼品にカタログギフトを利用してもいいの?

葬儀

それでは、葬儀の返礼品としてカタログギフトを利用してもいいのでしょうか?
結論として、弔辞用のカタログギフトなら失礼にあたりません。
包装やデザインも控えめになっており、内容も香典返しにふさわしいものになっています。

カタログギフトというと、結婚式の引き出物や内祝い、出産の内祝いが思い浮かびますが、最近は葬儀の返礼品としてのカタログギフトの利用も増えています。

また、送り先の相手が自身の好みやニーズによって選んだ品物が届くので、不要なものを選ぶ心配がありません。
商品券などの金券は金額がわかってしまい失礼な気もしますが、カタログギフトだとそれが解消されます。

カタログギフトの内容は充実しており、弔辞用として送っていいか悩ましい品物も、カタログギフトなら本人が選ぶので気を遣う心配がありません。

先ほどの、一般的にタブーとされ選びにくいお酒や肉類や魚介類も、カタログギフトなら相手が選べるので便利です。
商品の種類は豊富で、あらゆる年代の人に対応しているものが多いでしょう。

しかし、内容を見て決めたい場合は、ネットで注文する場合もデジタルカタログで見ることができるので利用してみてください。

弔辞カタログの特色として、弔辞用のアイテムのパールや袱紗なども載っており、お食事や日帰り温泉・クルーズ体験・DVDや本・福祉活動への寄付などがあります。

カタログギフトの金額相場

カタログギフトの場合も通常の香典返しと同じで、例えば一万円のお香典に対し、半返しなら五千円程度のものになります。
ただし、システム利用料が含まれている場合がありますので、それを除外して考えてください。

なお、身内や目上の人などから葬儀や遺族のために使って欲しいという気持ちが込められた高額なお香典は、その方の気持ちを汲み取り、半返しにこだわらなくてもよいとされています。

親族と相談してから決めましょう

香典返しとしてカタログギフトは一般的になってきましたが、家庭によっては色々な意見があります。
故人の意向を託された方もいらっしゃる場合もありますので、親族と相談して決めるようにしましょう。

葬儀後の返礼品の送り方

葬儀

葬儀後の返礼品については、「いつごろ送ったらいいのか」「お礼状はどうすればいいのか」という疑問があるでしょう。
ここでは、葬儀後の返礼品の送り方について説明します。

送るタイミング

返礼品の送るタイミングは、忌明け後や四十九日法要後、一ヶ月以内にお渡しします。
四十九日法要の当日にお渡しするものではありません。
喪主が直接訪問して挨拶と共にお渡しするか、または挨拶状を添えて郵便で送ります。

最近は葬儀の当日にお返しする「当日返し(即日返し)」も多くなってきました。
当日返しの場合の費用はだいたい3千~5千円程度になります。

この場合、当日返しで用意した香典返しよりも高額の香典をいただくことがありますので、その時は改めて忌明けに香典返しを送る方がよいでしょう。

宗派によって若干、香典返しの時期が違う場合もあります。
浄土真宗の場合は初七日後、神式の場合は50日祭後、キリスト教では追悼ミサや昇天記念日後、それぞれ1ヶ月以内に送ります。

カタログギフトの場合はお礼状を添える?

カタログギフトの場合もお礼状(挨拶状)を添えます
お礼状もカタログギフトを購入する際に、定型文から自由に記入できるものまでが用意されています。

宗派によって表現の仕方が異なる場合がありますので、テンプレートや例文を参考にしてみてはいかがでしょうか。

葬儀の返礼品のカタログギフトまとめ

葬儀

今回終活ねっとでは葬儀の返礼品のカタログギフトについて見てきましたが、いかがでしたか?
この記事の内容をまとめると以下になります。

  • 返礼品の種類には主に会葬御礼品と香典返しがある。
  • 香典返しにカタログギフトを利用してもよいが、親族と相談すること。
  • 香典返しは一般的に、四十九日法要後の1ヶ月以内にお礼状を添えて送る。

最近は、返礼品としてカタログギフトを利用することが多くなっていますが、決める前に親族と相談することは大事なことですね。

また、カタログギフトは相手の好みで選べるので便利ですし、タブーを気にしないでいいメリットがありますので、選択肢の一つとして検討してみてはいかがでしょうか。

終活ねっとでは、他にも葬儀や法事について解説している記事が多数ありますので、ぜひそちらの方もご覧になってください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらも読まれています

葬儀の費用相場はいくらなの?内訳や葬儀形式による違いを解説

終活では、葬儀関連も取組まれる方の多いテーマのひとつです。葬儀にかかる費用についても多くの方が気にされる点です。葬儀にかかる費用について知っておくことで、必要資金の把握・準備が出来ますし、余計な出費やトラブル防止などにも繋がります。ぜひご覧ください。

「葬儀・返礼品・カタログ」に関連する記事

ランキング

  • 葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

    葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

    葬儀を執り行う際に気になるのが費用についてですが、平均でいくら費用がかかるのでしょうか?今回終活ねっとでは、葬儀にかかる費用について、相場や内訳、費用を抑える方法をはじめ、葬儀費用を誰が負担するのかや、香典・相続などについても詳しく解説していきます。

    1
  • 家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

    家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

    家族葬の費用はいくらなのでしょうか?家族葬イコール安いというわけでもありません。安いと思って家族葬を選択したら、一般葬よりも高くついてしまったということもあります。一方、家族葬の費用を安く抑える方法もあります。家族葬にかかる費用について、全てをご紹介します。

    2
  • 直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

    直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

    一般によく言われる葬儀はお通夜やお葬式を経て火葬や埋葬を行うというものです。しかし、中には火葬や埋葬のみを行う直葬というものがあります。この直葬は実は普通の葬儀よりも費用を抑えることができるというメリットがあります。実際の直葬の費用はどのくらいなのでしょうか?

    3
  • 香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

    香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

    香典とはお線香やお花の代わりにお供えする現金のことをさし、遺族を経済的に助けるという意味もありますのでマナーには十分気を付けたいところです。香典袋の書き方には様々なルールがあります。大切な方との最後のお別れの場に知っておきたい香典袋の書き方をまとめてみました。

    4
  • 礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

    礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

    お葬式への参列、黒ければ何でもいいと思って出かけてはいませんか?礼服には格がありますので正しい装いを知っていれば何かと安心です。礼服と喪服との違いから礼服の種類までお葬式にふさわしい装いをご紹介しますので、ぜひ終活の一つとして確認しておきましょう。

    5
  • 葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

    葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

    葬儀を行う時には必ずお布施が必要ですよね?しかしお布施の正確な扱い方については知らない方も多いのではないでしょうか?そこで人には聞きにくい葬儀で渡すお布施の相場やマナーを解説しますので、覚えて置いて知らない人にぜひ説明してあげてください!

    6

シェアする

事業主の方はこちらから

今後事業を大きく広げていくので、葬儀関連をはじめとする、あらゆる事業主の方の事前登録を受け付けております。

関連する記事

「葬儀・返礼品・カタログ」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説のサムネイル画像

初盆のお返しにふさわしい品物とは?金額相場や贈り方のマナーも解説

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!のサムネイル画像

家族葬での会葬返礼品・香典返しはどうする?おすすめの品物も紹介!

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!のサムネイル画像

香典返しに適した時期とは?宗教別の時期や即日返しについても解説!

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介のサムネイル画像

新盆に渡す返礼品の金額相場とは?いくつ用意する?適した品物も紹介

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!のサムネイル画像

法事で渡す返礼品の選び方は?のしの書き方や渡すタイミングを解説!

人気のキーワードの記事一覧

キーワード記事一覧へのリンクです

ランキング

よく読まれている記事です

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説のサムネイル画像

葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説

1
家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!のサムネイル画像

家族葬の費用っていくらなの?費用の内訳や支払い方法もご紹介!

2
直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説しますのサムネイル画像

直葬(ちょくそう)の費用っていくらなの?内訳や注意点も解説します

3
香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介のサムネイル画像

香典袋の表書きの正しい書き方は?名前や金額の書き方についても紹介

4
礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!のサムネイル画像

礼服って何?お葬式に着る礼服についてご紹介します!

5
葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説のサムネイル画像

葬儀のお布施の渡し方とは?費用相場や包み方から書き方まで解説

6

関連する記事

「葬儀・返礼品・カタログ」についてさらに知りたい方へ

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめのサムネイル画像

葬儀を行う上での施主と勤務先会社の注意点まとめ

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説のサムネイル画像

葬儀のお返しの方法とは?送る相手や品物からマナーについても解説

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説しますのサムネイル画像

香典返しは当日にした方がいいの?メリットやマナーも解説します

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明しますのサムネイル画像

香典返しを郵送してもいいの?マナーや贈る時期について説明します

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介のサムネイル画像

法事のお返しについて解説!人気の品物からお礼状の書き方までご紹介

このページの先頭へ

終活ねっと  Copyright© 株式会社 終活ねっと