家族葬の葬儀は香典を送っていい?供花・弔電や喪主側のマナーも解説

家族葬の葬儀は香典を送っていい?供花・弔電や喪主側のマナーも解説

最近では葬儀に家族葬を選択する方も増えています。家族葬は家族や親族や親しい友人たちとゆっくりと故人を偲ぶ時間が持てる葬儀の形ですが、香典や供花や弔電などに家族葬ならではのマナーがあります。今回は家族葬での香典のマナーについて、供花・弔電とあわせてご紹介します。

最終更新日: 2020年02月28日

家族葬の葬儀での香典について

葬儀

最近では、ご遺族の高齢化や故人を偲ぶ時間をゆっくり取りたいなどの要望から、家族葬を選ぶ方が増えています。
家族葬は、一般の葬儀よりも形式にとらわれず行うことができますが、家族葬ならではのマナーもあり、悩まれた方もいるのではないでしょうか。

今回「終活ねっと」では、家族葬の葬儀での香典について下記の点を中心にご紹介いたします。

  • そもそも家族葬とはどんな葬儀?

  • 家族葬に香典を送ってもいいの?

  • 家族葬で香典を送る場合について

  • 家族葬に供花・供物を送ってもいいのか?

  • 自分が喪主になった場合、香典の辞退はどうする?

以上の点を中心にご紹介いたします。

家族葬では香典のマナーについて悩まれる方も多いのではないでしょうか。
この記事では家族葬での香典のマナーと供花・弔電についてもご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

「DMMのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

家族葬とはどのような葬儀?

葬儀

最近では、ご遺族の高齢化や故人を偲ぶ時間をゆっくりと持ちたいなどの理由で、家族葬を選択する方が増えています。

そもそも家族葬とは何なのでしょうか?

もともとは家族のみで行う葬儀のことでしたが、近年では、ご遺族・近親者・親しい友人などの本当に親しい人たちのみで行う葬儀を指す言葉になっています。

家族葬のメリットとしては、一般の葬儀よりも形式にとらわれず自由にできる点や、主催者の負担が軽減される(精神的・金銭的にも)点、故人を偲ぶ時間がゆっくりとれるなどが挙げられます。

以下の記事では家族葬のメリット・デメリットについて解説しております。
あわせてご覧ください。



家族葬に香典を送ってもいいの?

困った人々

一般の葬儀では、香典を送るのが一般的ですがご遺族・近親者・親しい友人などの限られた人たちで行われる家族葬での香典はどうなっているのでしょうか?

家族葬での香典を送る送らないについては明確にマナーが決まっているわけではありません。
あくまでも、参列者の考え方によりますが、故人・遺族の気持ちを尊重して考えることが大切です。

それでは、家族葬での香典のマナーについて見ていきましょう。

故人・遺族の気持ちを尊重しましょう

家族葬を選ばれたご遺族の気持ちには、ゆっくりと故人を偲ぶ時間を持ちたいとの想いを持っているご遺族が多くいます。

もし、一般の葬儀のように香典を受け取るのであれば、受付にて参列者の対応や、香典返しの手配などの対応に追われてゆっくりと故人を偲ぶ時間がもてないのではないでしょうか。

そのため、家族葬では香典を辞退するご遺族が多いようです。
訃報の連絡時や、電話で香典辞退の連絡を受けたら、故人・ご遺族の気持ちを尊重しましょう。
無理に香典を渡そうとする行為は、マナー違反となってしまうので気をつけてください。

香典辞退と書かれていなくとも送らない

家族葬の案内があった際に、香典辞退の案内が無くても香典は送らないほうが良いでしょう。
事前に香典辞退の案内が無くても、受付にて香典辞退の案内看板などが出ている場合もあります。

もし、事前に香典辞退の案内が無くて悩まれる場合は、香典を用意して葬儀に持って行き、受付に香典辞退の案内板が出ていないか、または受付で他の方がどうされているか確認してから判断するのも一つの方法です。

また、ご遺族側として香典辞退の意思がある場合は、明確に香典辞退の意思をあらかじめ伝えておくことが大切です。
ご遺族側からあらかじめ香典辞退の意思が示されている場合は、その意思を尊重される方がほとんどです。
香典辞退の理由は故人の遺志だからという理由であれば失礼にはならないでしょう。

家族葬で香典を送る場合

葬儀

家族葬では香典辞退をするご遺族が多いですが、すべてのご遺族が香典辞退をするわけでもありません。
故人を偲ぶ方からの故人への気持ちを無下にはしたくないとの思いもあるからです。
家族葬で香典を送る場合は、事前にその旨を伝えてご遺族の考えを尊重しましょう。

それでは、家族葬で香典を送る場合について見ていきましょう。

家族葬での香典の金額相場

家族葬での香典の金額相場は、故人との間柄によって異なりますが一般的な葬儀と同程度が望ましいでしょう。

目安・参考までに下記に一般の葬儀での香典の金額相場をご紹介します。

  • 故人が自分の両親の場合

    香典は5~10万円。

  • 故人が配偶者の両親の場合

    香典は3~5万円。

  • 故人が兄弟姉妹、またはその配偶者の場合

    香典は3~5万円。

  • 故人が祖父母の場合

    香典は1~3万円。

  • 故人が親しい友人の場合

    香典は1~3万円。

一般の葬儀での香典の金額相場を上記のようになります。

あくまでも、家族葬で香典を送る場合の参考としてご紹介しています。
家族葬に参列するのは親しい間柄ばかりなので、一般の葬儀よりも多めにするという考え方もありますので目安として参考にしてください。

また、香典の金額は自分の年齢が上がるほど上がるという考え方もあります。
不安に思ったときは、親族の方に相談することをおすすめします。

香典の金額相場についてより詳しく知りたいという方は、以下の記事をご覧ください。

香典を送る際のマナー

家族葬で香典を送る際のマナーは、一般の葬儀で香典を送るマナーと違いはありません。
一般的な葬儀で香典を送るマナーとしては、下記のようなマナーがあります。

  • 表書きについて

    表書きは「御霊前」や「御香典」と書きます。
    その他にも「御香料」「御仏前」と書く場合もあります。
    宗派によっては使えない表書きがありますので注意が必要です。
    文字は薄墨で書きます。

  • のし袋と水引について

    黒白または双銀の水引きを選びます。

家族葬だからという理由で、一般の葬儀や法要での香典と大きな違いはありません。
しっかりマナーを守りましょう。

以下の記事では、香典に関する基礎知識やよくある疑問をまとめています。
家族葬の焼香のやり方のついて紹介している記事もございますので、香典の基本的なマナーや焼香の
やり方について知りたい方は、あわせてご覧ください。

家族葬に供花・供物を送ってもいいのか?

葬儀

家族葬に供花・供物を送ってもいいのかについては、基本的にダメということはありません

家族葬でご遺族の故人をゆっくりと偲ぶ時間を持ちたいという気持ちや、故人にはお世話になったから、香典や供花・供物を送りたいと思う参列者の気持ちもどっちも大切な気持ちです。

しかし、ご遺族の気持ちを尊重するのが一番大切ですので遺族が困らない程度のものにしましょう。

供花・供物も香典同様、お返しが必要になってしまうのであまりにも高価なものや、大きすぎるものは控えたほうがいいです。
あくまでも、ご遺族の気持ちを尊重した上で、ご遺族に相談してからが望ましいでしょう。

外来語がそのまま定着していることも多い花の名前ですが、日本語の「和名」を知ることで、より深くその花を知ることができるのではないでしょうか?身近な花の、美しい「和名」について気になるという方はこちらの記事も併せてご覧ください。

家族葬に弔電を送ってもいいか?

葬儀

弔電とは通夜や葬儀に参列できない場合にお悔やみの気持ちを伝えるものですが、家族葬に弔電を送ってもいいのでしょうか?

ご遺族から弔電のお断りなどが無かった場合には、弔電を送っても問題ありません
ご遺族の気持ちを尊重して、お悔やみの気持ちをあらわすのは失礼にはならないでしょう。

弔電は香典や供花などの他のお供え物にくらべてお返しの必要もないですし、お悔やみの言葉を直接表すことができるので一番良いと思われます。

家族葬で送られた香典を辞退する場合は?

困った人々

ここまでは、自分が参列者側として、家族葬に参列することになった際の香典のマナーについて主に解説してきました。
ここでは、家族葬における喪主側の香典のマナーについて解説していこうと思います。

自分が喪主側となって葬儀を執り行うということは多くないとは思いますが、もし葬儀を行うことになった際、家族葬についての知識はあって損はしません。
ひとつずつ確認していきましょう。

そもそも、香典を辞退していいの?

そもそも自分が喪主側となって家族葬を行う際に送られた香典を辞退していいのか、という疑問についてですが、結論から言うと、辞退すること自体は問題ありません

しかし基本的には香典というのは参列者の方からの哀悼の意であったり、ご遺族の負担を少しでも軽減して欲しい、という意を表すものです。
これを無下にしないような断り方をすることが、香典を送る側、受け取る側どちらにとっても損のない香典辞退といえるでしょう。

具体的には「香典はいりません」といった強い言い方ではなく、「ご厚意はありがたいのですが…」や「申し訳ないのですが、故人の意向で…」というように、香典を送られる方へ感謝と謝罪が伝わるような言葉を選ぶのがよいと思われます。

辞退する際の方法について

香典辞退を伝える際の方法は状況によって変化するものですが、それらに共通して重要なのは、香典を辞退するかどうかをうやむやにせず、明確に香典辞退の意思を伝えることです。

しかし葬儀において香典は必須のものである、という考え方は根強いものであり、そのような考え方の元に香典を送られる方もいらっしゃることと思います。

その場合は基本的に、故人の意向により辞退するという旨を伝えることで、気分を害することなくお断りすることができるでしょう。

家族葬をする際、香典を巡ってご遺族の中で不満が出てきてしまっては本末転倒です。
辞退方法についても、家族間で確認をしておくことが大切といえます。

ハガキ・電話などで訃報と共に伝える

香典辞退の意思を明確に表す方法でもっとも確実なのは、訃報や葬儀の詳細を伝える際に一緒に連絡するということです。

具体的な方法で言うと、ハガキ・電話・メールなどで訃報や葬儀の日程・内容などを伝えるとき、そこに香典を辞退するという旨をしっかりと記しておくということになります。

またその際、家族葬に参列する方以外には葬儀会場を伏せておくと、香典ならびに弔問といったことを辞退する意思を明確に表すことができるでしょう。

葬儀当日に伝える

葬儀当日に香典辞退の旨を伝えるという方法もあります。

これは具体的には、故人の意向により香典を辞退する、という旨を明記した看板などを葬儀会場の入り口に立てておくなどです。
同様に、受付担当の方にも香典辞退の意思を伝えてもらうとさらによいでしょう。

しかし、中にはどうしても香典を送りたいという参列者の方もいらっしゃると思います。
これは葬儀の当日となってから香典を辞退する意思を表している以上、仕方のないことではあります。

前述したような言葉遣いで辞退を申し出るのがよいと思いますが、それでも香典を受け取ってほしいと伝えられることもあるでしょう。
その際は、葬儀会場の受付で香典に関する問答をするのも相手には失礼にあたりますし、素直に受け取っておくのがよいといえます。

辞退を伝える文例は?

ここでは香典の辞退を伝える際の文例を紹介していきます。
ですがまず、香典を辞退する際の文章についてはあらかじめ正解の文例があるわけではないということを頭に入れておくとよいでしょう。

そのうえで、家族葬を行うために香典を辞退することや、それが故人や遺族の意思によるものである、ということが明確に分かる文章にするのが第一です。

また前述したとおり、家族葬に参列する方以外には葬儀会場などの詳細を伏せておくことで、辞退の意思をより明確に表すことができます。

葬儀の際、口頭で伝える場合

誠に申し訳ないのですが、故人の意向により、ご香典については頂けないことになっています。

今日は、〇〇さまのご厚意のみ、ありがたく頂戴いたします。

手紙やハガキで伝える場合

謹啓
○月○日 父〇〇〇〇は ~によって永眠いたしました

ここに生前のご厚誼を感謝し 謹んでご通知申し上げます

尚 誠に勝手ながら 本葬儀は故人ならびに遺族の意向により 近親者のみの家族葬と致します

御香典・御供花・御供物の義についても固くご辞退申し上げることをお知らせいたします
                                                   敬具

喪主 〇〇〇〇

電話で伝える場合

突然のお電話となってしまい申し訳ございません。○○○○の息子の〇〇と申します。
父の○○ですが、○月○日、~によって亡くなりました。
生前、○○さまには大変お世話になりましたのでお知らせいたしました。

そして、葬儀に関してなのですが、父の意向により、近親者のみによる家族葬でおこないます。
つきましては、ご香典やご供花についてもご辞退申し上げます。

家族葬の葬儀での香典のまとめ

葬儀

いかがでしたか?
今回「終活ねっと」では、家族葬の葬儀での香典についてご紹介してきました。

内容をまとめると以下のようになります。

  • 家族葬とは、ご遺族・近親者・親しい友人などの本当に親しい人たちのみで行う葬儀である。
    家族葬のメリットとして、故人を偲ぶ時間をゆっくりと持てることや、ご遺族の負担の軽減などがある。

  • 家族葬での香典については、ご遺族が香典辞退するケースが多く、基本的には家族葬では香典を送らないのが一般的である。
    事前に、香典辞退の案内が無い場合も送らないのが一般的だが、どうしても迷う場合は香典を用意して行き、受付などで判断するのも一つの方法となる。

  • 家族葬で香典を送る場合の金額相場は、一般の葬儀と同程度がよい。

  • 家族葬に供花・供物を送っても問題はない。
    ご遺族の気持ちを最優先で考えることが大切である。

  • 家族葬に弔電を送っても問題はない。
    しかし、事前に弔電の断りがあった場合などはご遺族の気持ちを汲み、弔電は控える。

  • 自分が喪主となり家族葬を行う立場となった場合、香典を辞退する方法については電話・ハガキ・メールなどの他に、当日に口頭で伝える方法もある。
    ただしいずれの方法にしても大切なのは、香典を辞退するという意思を明確にすること、故人の遺志により香典を辞退すると伝えること、香典を送ってくれる相手の厚意を無下にしないことである。

以上のような内容についてご紹介してきました。

家族葬を選ばれたご遺族の気持ちも、故人を偲ぶ参列者の気持ちも大切なものです。
香典などのマナーに関しては、受け取る側のご遺族の気持ちも尊重しつつ、お渡しする側の気持ちとのバランスが大切なのではないでしょうか。

「終活ねっと」では家族葬の香典に関する記事を多数掲載しています。
下記の記事では、家族葬の香典について詳しく解説していますので、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
DMMのお葬式では、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

DMMのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事