葬儀代の支払い方法は?支払いの種類や時期・注意点などを解説します

葬儀代の支払い方法は?支払いの種類や時期・注意点などを解説します

葬儀には高額の費用がかかるというイメージをお持ちの方は多いと思います。その葬儀代はどのように支払いをすればよいのでしょうか?支払いの方法や種類・時期・注意点など、葬儀代の支払い方法について分かりやすく解説していきます。

最終更新日: 2020年06月26日

葬儀代の支払い方法について

お金

人生の中で葬儀に参列する機会は結構あるものだと思います。
しかし自分自身が喪主になるなど、葬儀を行う立場になる機会はあまりありませんよね。
いざ葬儀を行う立場になった時、疑問に思うことの1つが葬儀代の支払い方法ではないでしょうか?

今回「終活ねっと」では、そんな葬儀代の支払い方法について詳しく解説していきます。
人が亡くなるタイミングはさまざまですから、いつ葬儀を行う立場になるか分かりません。
急遽、ということも起こってくるかもしれません。
そんな時に慌てないよう、葬儀代の支払い方法について知っておきましょう。

  • 葬儀代の支払いにはどんな方法がある?

  • 葬儀代を支払うタイミングはいつ?

  • 葬儀代を支払う時に注意することは?

  • 葬儀代を安く抑えるにはどのような方法がある?

以上4項目について一緒に見ていきたいと思います。

2017年の調査では、葬儀にかかる平均費用は195万円となっています。
かなり高額な費用です。

その費用は誰がいつどんな方法で支払うのでしょうか?
ぜひ最後までお読みいただき、葬儀代の支払い方法について知っていただければと思います。

「終活ねっとのお葬式」では、状況やご要望に合わせて選べる豊富なセットプランをご用意しております。
葬儀・お葬式についてわからないことがある方は、お気軽にご相談ください。

葬儀にかかる費用についてわからないことがある方は、「葬儀費用の相場はいくら?内訳や料金を安くする方法、注意点まで解説」をご覧ください。

葬儀代の支払い方法の種類

葬儀

葬儀代の支払い方法には主に、現金振り込み・クレジットカード・ローン・コンビニ決済の4種類があります。
それぞれについて、その方法を見ていきましょう。

現金振り込み

キャッシュレス化が進んでいる現代でも、葬儀代の支払いは現金の振り込みか手渡し一括払いが多いようです。
葬儀場によっては、現金や振り込み以外の支払いができないところもあります。

葬儀のためのお金をあらかじめ用意でき、すぐに引き出せる状態であれば手渡し一括払いか現金振り込みが一番簡単な方法と言えます。
目に見えるところで支払いができるので、支払う側にとっても安心できるのです。

しかし人が亡くなると葬儀代以外にもその他多くの費用が必要になります。
お世話になった病院の費用、お墓に関する費用、遺品整理にかかる費用、相続にかかる費用などその種類は多岐に渡ります。

その他思いもしなかった出費があるかもしれません。
そのようなことを想定し、支払いができるかどうか考えてから決めることをおすすめします。

もし現金で手渡し一括払いをする場合、特別なものに包む必要はありません。
業者に支払うのですから、普通の封筒を用意すれば大丈夫です。
振り込みの場合は高額ですから、手数料も考慮しておきましょう。

クレジットカード

すぐに現金を用意できない、という方にはクレジットカード払いが便利です。
最近ではクレジットカードで支払う方法を選択する人も増えています。
ただ、先述したようにクレジットカード払い不可の葬儀会社もありますから、事前に支払い方法について確認を取っておきましょう。

クレジットカードで支払う場合は、普段買い物をする時にクレジットカードを使うのと同じ方法で大丈夫です。
一括で支払うか分割で支払うか、ボーナス払いにするかも選択できます。
しかし高額の支払いを分割払いにすると、その分利息も発生しますので、そのことも頭に入れて、支払い方法を決めましょう。

また、クレジットカードのポイントを貯めることができるという利点もあります。
支払いに行く際、現金を持ち歩く必要がないので安心ということもあります。

クレジットカードに利用限度制限をかけている場合は、支払いが不可能な場合もあります。
そんな時は利用限度を一時的に引き上げることもできます。
クレジットカード会社に理由を話し、相談してみてください。

ローン

高額な葬儀代を一気に支払うことが不可能な場合は、ローンを利用することもできます。
大きな葬儀会社では、大体の場合ローンに対応しています。
中小の葬儀会社は対応していないところもありますので、こちらもあらかじめ確認を取っておく必要があります。

ローンですので、もちろん利息が発生します。
利息分を考えた返済計画を立てるようにしましょう。
支払いの際に発生する手数料などについても考えておくとよいですね。

コンビニ決済

最近ではコンビニエンスストアでの決済を可能にしている葬儀会社も出てきました。
請求書が到着してから支払い期間がしばらくあるので、その間にお金を用意することも可能です。
すぐに持ち合わせがなくても、猶予がある分お金の準備に余裕を持てるのです。

また、高齢者などクレジットカード払いに慣れていない人でも、葬儀会社から届いたハガキを持ってコンビニエンスストアに行けば支払いを済ませることができます。
コンビニエンスストアは色々なところにあり、24時間営業であることが多いです。
時間や距離を気にせずに支払いに行けるのも便利です。

いつ葬儀代を支払えばいい?

困った人々

葬儀費用を支払うタイミングについては、葬儀会社によって異なりますが、ほとんどの場合は「葬儀を行ってから1週間以内」と定めているようです。
中には葬儀を行ったその日や、翌日という会社もありますので、支払い期限に注意しましょう。
葬儀の依頼が決定した段階で、頭金として先にいくらか納めておくという葬儀会社もあります。

葬儀代が高額であり、支払いが大変なことは葬儀会社も理解しています。
常識の範囲で支払いを待ってもらえることもあります。
どうしても期限内に支払いが無理な場合は、葬儀会社に相談してみましょう。

自宅の近くの葬儀場を選ぶことが多く、今後も依頼する可能性もあることから、支払い計画はしっかりとしておきましょう。
家族を亡くして大変な時期ですが、お金関係のことは冷静になって判断できるとよいと思います。

葬儀代の支払い時の注意点

葬儀

では葬儀代を支払う際にはどのようなことに注意すればよいのでしょうか?

保険金がおりるまで時間がかかる

亡くなった人が死亡保険などに加入している場合、その保険で葬儀費用を賄おうと思っているかたもいるでしょう。
書類を事前に準備しておけば、すぐに保険金がおりることがほとんどです。

しかし、書類に不備があったりという場合には、保険金がおりるまでに時間がかかることがあります。
最悪の場合、保険金を支払ってもらえないというケースも出てきます。
そのような最悪の事態も想定し、葬儀費用を別に取っておくなどの対策が必要です。

また、故人の口座から支払う場合は預金口座が凍結される前にお金を引き出しておく必要があります。
いったん凍結されてしまうと、相続人の同意書など様々な手続きが必要になり、お金を引き出すまでに時間がかかってしまいます。

葬儀代を安く抑えるためには?

困った人々

冒頭でお伝えしたように、葬儀にかかる費用の平均相場は約195万円となっています。
葬儀にかかる費用をもっと費用を安く抑えるためには、以下のような方法があります。
ぜひ参考にしてください。

家族葬

家族葬は故人の家族やごく親しい友人だけに参列してもらい、お見送りをする葬儀です。
この家族葬を選択する人は、近年増加傾向にあります。
参列者が少ないので、葬儀にかかる費用を抑えることができます。

家族葬の全国平均相場は約58万円だそうです。
一般的な葬儀の平均相場と比べて、半分以下にもなるのですね。

業者や葬儀内容によって10万円台~140万円台くらいまで様々な価格があるようですが、それでも一般的な葬儀の平均相場よりはかなり安価に葬儀を行えると言えるでしょう。

また、家族葬の際に飲食なしの簡潔なものにするなど、他にも費用を抑える工夫ができます。
しかし弔問客が少ない分香典も少なくなりますから、自分たちの持ち出しは増えます。
そのあたりも十分に計算して、家族葬を選択するとよいと思います。

火葬式

一般的な葬儀の場合、通夜、葬儀、告別式などの儀式があります。
しかし火葬式の場合は式場での葬儀を行いません。
つまり、火葬のみの葬儀ということになります。

火葬場に直接集まり、短いお別れの儀式を済ませた後、すぐに火葬されます。
場所に限りがあるため、参列してもらうのも家族とその他一部の人たちだけです。

葬儀場の利用がない分、葬儀にかかる費用が安くなるのです。
火葬式の平均相場は20万円~30万円程となり、一般的な葬儀に比べるとかなり費用を抑えることができます。

葬儀代を払えない場合は?

葬儀

ここまで葬儀代の支払い方法や葬儀の費用を安くする方法についてご紹介してきました。
しかし、もし様々な事情により、葬儀代を払うことができない場合はどうすればよいのでしょうか?
2つの方法を見てみましょう。

葬儀ローン

前項でローン支払いの方法をお伝えしましたが、他にもローンを組む方法があります。
クレジットカード会社と提携した「葬儀ローン」を組むのです。
これは冠婚葬祭にかかる費用を支払うためのローンで、冠婚葬祭時のみしか利用できません。

例えば「オリコWebクレジット」など葬儀会社と信販会社が行っている葬儀ローンを利用すると、1回払いから36回払いまで支払い回数を細かく選択できて便利です。
一応ローン審査がありますが、その日に審査してもらうことも可能です。

金利はどの会社もだいたい8%~18%くらいのようです。
少し高めだと感じる方もいるかもしれませんが、申し込みに出向かなくてもインターネットから申し込みができることや、必要書類が少ないことが利点です。

葬祭扶助制度

生活保護を受けていて葬儀費用を負担する余裕のない方などのために、最低限の葬儀費用を負担してもらえる制度を「葬祭扶助制度」と言います。
遺体の検案・運搬・火葬・埋葬・その他葬儀にかかる費用を負担してもらえます。

この場合一般的な葬儀ではなく、火葬式の形態となりますので注意が必要です。
また、故人が生活保護受給者であっても、葬儀を執り行う喪主や家族に生活力があると判断された場合、この葬祭扶助は受けられません。

ほとんどの場合、葬儀を執り行う本人自身も生活保護受給者であったり、故人が生活保護受給者で家族や親族がいない場合に葬祭扶助制度を使うことになります。

申請は故人の住民票がある自治体の福祉事務所に行います。
どうしても葬儀代を準備できない場合は、以上のような制度を利用する方法を考えてみましょう。

葬儀代の支払い方法のまとめ

お金

いかがでしたか?
今回の記事では、葬儀代の支払い方法や葬儀代を安くする方法、どうしても葬儀代が支払えない場合はどうすればよいかについて見てきました。
ここからは記事の中の大事なポイントを振り返っていきましょう。

  • 葬儀代の支払いには現金振り込み、手渡し現金払い、クレジットカード、ローン、コンビニ決済などの方法がある。

  • 現金払いは目にえる支払いができるので安心だが、葬儀代以外の経費も考えて支払いをするよう気を付ける。

  • クレジットカードやローンはすぐに現金が用意できない時に便利だが、利息分加算されることを考慮する必要がある。

  • コンビニ決済は支払いまでの猶予期間が長いので、余裕をもってお金を準備することができること、24時間いつでも支払い可能なことなどが利点である。

  • 葬儀費用を支払うタイミングは葬儀会社によって異なるが、大体の場合葬儀を行ってから1週間以内である。

  • 葬儀代を保険で支払おうと考えていても、申請等で保険が下りるまでに時間がかかることがある。

  • 葬儀代を安くするには、家族葬や火葬式という選択も考えられる。

  • どうしても葬儀代を準備できないときは、葬儀ローンや葬祭扶助制度の利用を考えることができる。

以上のようなことが分かってきましたね。
葬儀代の支払い方法について詳しく知っていただけたでしょうか?

急に葬儀を執り行うことになった場合でも慌てないよう、事前に金銭面の準備をしておくことが大切ですね。
どうしても葬儀代に困った場合は、行政機関に相談してみるのもよい方法です。

「終活ねっと」では、その他にも葬儀に関する記事をたくさん公開しています。
ぜひ他の記事もご一読ください。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

葬儀をご検討の方へ

安らかに送り、送られる葬儀をするためには、事前の準備が大切です。
終活ねっとでは、葬儀についての疑問・不安のある方や、もしものときのために、24時間365日ご相談を受け付けております。
経験豊富なスタッフがていねいにサポートいたしますので、お気軽にお問い合わせください。
また、葬儀をするにあたって必要なあらゆる知識を記事にまとめています。
あわせてご覧ください。

終活ねっとのお葬式 keyboard_arrow_right

費用を抑えて満足のいく葬儀をするために必要な知識まとめ

keyboard_arrow_right

関連する記事

こんな記事も読まれています

よく読まれている記事一覧

この記事に関するキーワード

カテゴリーから記事を探す

人気のキーワードの記事一覧

関連する記事

よく読まれている記事一覧

関連する記事